大人気ペア・森川葵×矢本悠馬「再現不可能だと思ってた」『映画 賭ケグルイ』で白熱の演技バトル【インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

シリーズ累計500万部を突破した人気コミックの実写化『賭ケグルイ』が2シーズンのドラマを経て、大スクリーンへと舞台を移した。FILMAGAでは、『映画 賭ケグルイ』の魅力を深堀りすべく、ドラマから続投して強烈なキャラクターを演じた森川葵×矢本悠馬を第一陣、映画オリジナルの人物としてクールに降臨する宮沢氷魚を第二陣と、それぞれのインタビューをお届けしたい。

賭ケグルイ

本作は、ギャンブルの強さのみが自分の階級を決める「私立百花王学園」に通う生徒たちによる、己の運命を懸けた壮絶な勝負を描いた一大エンターテインメント。映画版では、生徒会が一括で管理するギャンブル制度に異を唱える非ギャンブル集団「ヴィレッジ」を解体させ、さらに異端のギャンブラー・蛇喰夢子を破滅させようと、全校生徒を巻き込んだ決死のギャンブルイベントが幕を開ける。

主人公の夢子を演じた浜辺美波、夢子の同級生・鈴井涼太役の高杉真宙と共に、ドラマ版から人気を下支えした、早乙女芽亜里×木渡潤に化けた森川×矢本。撮影ではギャンブルならず演技で火花を散らしながら、絶妙な息の合い方も見せた。取材では一転、「ほっこり」という表現がぴったりのムードを醸すふたりに、稀代のギャンブルシーンについて、作品への思い入れについて、たっぷりと話を聞いた。

賭ケグルイ

――再現度が高く、特に人気のおふたりにご登場いただきました。

矢本 まじですか(笑)?

森川 ありがとうございます(笑)!

――出演への手ごたえは、おふたりも感じていらっしゃいますか?

森川 ほかの現場に行ったときに、「『賭ケグルイ』が面白すぎてシーズン1を一気観しちゃった!」とか言われたりもします……! ほかの作品でこんなに言われたことがないというくらい、周りからの反響はありますね。

賭ケグルイ

矢本 確かに! この組のスタッフさんと別の現場で仕事もするんですけど、そのときにストレートプレイをしていると違和感を持たれることもあって……。「今回もやっちゃうっしょ? やるっしょ?」みたいな空気が漂うんだけど、そういう役じゃないから、って(笑)。「俺、普通に芝居できるんだよ!」っていう(笑)。

賭ケグルイ

――期待を寄せられるんですね。ドラマから映画の撮影までは時間が空いていたと思いますが、すぐに『賭ケグルイ』の世界に戻れましたか?

森川 私はすぐにはできなかったです。現場に行って、みんなと会って「あ、そうだ、こういう感じだ……!」と掴みました。

矢本 俺、再現不可能だと思っていました。

森川 本当に! まさか復活するとは……。

賭ケグルイ

矢本 続くと思っていなかったから、シーズン1で割とやり切ったというか。「木渡、バイバイ!」みたいな気持ちでいたんですよ。また会うと思っていなかった(笑)。

賭ケグルイ

森川 実際、「また芽亜里をやれるのか!」という気持ちと、「またできるかな……」という両方の気持ちがありました。ちょっと空いてから、もう1回同じ役をやる経験がなかったので、「あそこのテンションまで戻せるかな」という心配もあったりして。

矢本 うん、わかる。現場へのプレゼントをシーズン1でほぼあげちゃっていたから「やばいんじゃないか……何をもっていけばいいんだ……」と。あまりにもなくて、クローゼットがすっからかんの状態だったので、「どうしよう」みたいな気持ちでした。それこそ、俺、シーズン1を観返しましたし。

賭ケグルイ

――と言いつつ、さすがのおふたりでパワーアップしていますよね。

矢本 (笑)。ひとりでホテルにいるときは、「どうしよう……」という感じでしたけど、スタッフさんの顔を見たら、いろいろアイデアが出てきたりもしました。それに、原作では木渡はサブキャラ中のサブキャラじゃないですか。シーズン1であそこまでやらせてもらったのが、すごくうれしかったですし、映画に出ると言っても、友情出演というか、1~2シーンくらいだろうと思っていたんです。それが……がっつり(笑)。ちょっと震えましたよ。

森川 (矢本が)ずっと「どうやろうか……、お花!…違うな……お花!」って台詞を永遠にやっていて(笑)。

矢本 どれが一番おもろいかなって探していたんだよね(笑)。

賭ケグルイ

――見せ場ともなった賭場のシーンは、どう呼吸を合わせていかれたんですか?

森川 自然と、ですよね?

矢本 自然と。だけど不安もあったから「今、どういう顔してる?」、「今、どれくらいの顔?」と聞いたりはしたよね。最初の顔のボリュームだけチューニングを合わせておけば、信頼している女優さんなので、絶対に合わせてくれるという信頼感のもと、俺はやっていました。

賭ケグルイ

森川 もちろん、ついていきますよ、先輩!

――矢本さんのあの表情を間近で受けて、それでも演技ができるところに森川さんの凄みを感じます。

森川 いえいえ! もう……急に「ちょうちょ~」とか(矢本が)言い出すから……「うわ、なんか持ってきた!!」と、笑いをこらえるのに必死だったんです!!

賭ケグルイ

――矢本さんの「ちょうちょ」の一連はアドリブだったんですか?

森川 そうなんですよ! だから、みんなで笑うのを我慢して……(笑)。本当にきつかったです、本当に!

矢本 「ちょうちょ」のシーンは、カメラワークでどこまで映っているかと、言葉尻だけはスタッフさんに伝えていたので、ほかはやりたいことをやりました(笑)。

賭ケグルイ

森川 ふたりで散らばりすぎて、「フレームに入らないから、もうちょっと内側でやってくれる?」とかも言われましたしね(笑)。

矢本 勝負の後にも、いろいろやっていたんだよねえ。使ってほしかったの、いっぱいある!

――俳優さん同士でも、合う、合わないがあるかもしれないんですが、おふたりは最初からぴったりだったんですか?

森川 何気に、長いですもんね?

矢本 うん。若いときに共演しているから。ドラマでもやっていますし、この作品のノリはわかっているので、不安とかはまったくなかったです。

――逆に言うと、どんなことをやっても森川さんなら受けてくれる、というか。

矢本 そうですね。居てくれるほうが楽でした。

森川 (笑)。

賭ケグルイ

――ほかの方々との共演については、どんな印象でしたか?

矢本 シーズン1からのシーズン2なので、仲良くしているんですけど、その分ライバル心もあった。浜辺美波、高杉真宙、葵は安定して出ているけど、毎話ゲストで闘う僕、生徒会とかあたりは、やっぱり自分の回を面白くしたいという熱量はあったと思うんです。暗黙で「負けたくないな」というのがあったから、パフォーマンスのエネルギーに切り替わっていたと思います。さらにシーズン2では、シーズン1をみんなも見てきているから、より自分が出ているシーンを盛り上げてやろうという、いい競争感のある現場でしたね。

賭ケグルイ

――特に、映画版では宮沢氷魚さん、福原遥さんとニューキャストの参戦でした。そこでも競争感のある撮影でしたか?

森川 遥ちゃんに関しては、声が透き通っていて、初めて対面して台詞を言われたとき、スーッと自分の中の悪いものが全部消えていくような感覚でした……! すごかったです。氷魚さんは存在感があるので、いい感じにもっていかれた、というか。すっごくゆっくり歩きながら入ってきたり、いいところで黙って見ていたり……あの存在感は、映画から入ってきて出すのはなかなか大変だと思うんです。本当に誰にも負けていなかったと思います。

賭ケグルイ

矢本 この作品って、暴れ倒すイメージが強いじゃないですか。けど、あのふたりはポジション的にクールな役割を求められていたんです。……だから、たぶんフラストレーションがたまっていたと思いますよ。目の前で葵ちゃんと俺が、こんなこと(※派手なパフォーマンス)をしているから、やりたいはずなんですよ。そこをグッと抑えて役に徹しているのを見て、「ああ、いい俳優さんだな」と思いました。絶対にふざけないほうが、ふたりは立つから「頑張れ」と思っていましたね。俺が若かったら……無理ですね。周りがおいしい役をやっていて、自分は逆で突っ込みや、静かなほうの役回りのときって、ありますからね。

――すごく興味深いです。結果的に引き立たせ合う役同士として、きちんと収まっていらっしゃいますよね。

矢本 それに、こっちもふざけさせたいな、と思わせなきゃいけないと思っていたんです。そんな感じでやっていましたね。

――ハートに火をつけるというか。

矢本 そうですね。新参者には、負けないぞ♥って(笑)。いやいや、一生懸命でしたよ!(取材・文=赤山恭子、撮影=映美)

賭ケグルイ

映画 賭ケグルイ』は、2019年5月3日(金・祝)より全国公開

賭ケグルイ

出演:浜辺美波、高杉真宙、森川葵、矢本悠馬、宮沢氷魚、福原遥 ほか
監督:英勉
公式サイト:
https://kakegurui.jp/
(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ 「映画 賭ケグルイ」製作委員会

森川葵さん✕矢本悠馬さん直筆サイン入りチェキを2名さまにプレゼント!

賭ケグルイ

応募締切 2019年5月6日(月)23:59までのご応募分有効

【応募資格】
・Filmarksの会員で日本在住の方

【応募方法および当選者の発表】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください
・当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • マサ
    2.0
    原作も何もかも見ずに突撃!同じスクウェアエニックスだし、何か咲の実写版と同じ匂いがするな。じゃんけんの金髪のお兄さんは勝ちじゃなくてアイコを狙いにいけや!1番謎なのは、なぜ準決と決勝の賭け事が一緒なんだ!?普通決勝はまた違う賭け事じゃないの!?
  • yui
    4.0
    とりあえず浜辺美波が可愛い ストーリーも面白しい ハラハラ要素もあって良かった
  • めんたるぷりん
    1.7
    ライアーゲーム劣化版。生徒会長への異常な愛で何でも通しすぎ。 浜辺美波はまじで可愛かった。これは浜辺美波のコスプレを見る映画
  • 310
    4.1
    アニメ、ドラマを見て 満を持しての映画。 後にも先にもここまで キャスティングのハマり具合最高な実写ないのでは?!と思ってしまう オリジナルストーリーとあって ビレッジ関連の 無理矢理感が否めなかったのが惜しい でも勝負のシーンは快感に至る 夢子はやっぱり強いなぁ、、、
  • なるやん
    3.8
    オラも浜辺と一緒に賭ケグルイてぇぞ。 オラドラマ見てねえけといけたぞ! 若手注目俳優たちの演技幅増幅キャンペーン企画。 どこへ行こうとしてるんだ俺の浜辺美波。いいぞもっとやれ。 そしてよく頑張った福原遥。いいぞもっとやれ。 途中から某カメラを止めるなのロケ地が出てきて集中できなくなるw あ、ここはあのシーンのとこや!あ、ここもや!というふうにw ああいつか私もエライザ様の手下になりたい。
「映画 賭ケグルイ」
のレビュー(1868件)