劇中で実際に使用された時計も展示! Filmarks主催の『インターステラー』ファンイベントをレポート

Filmarks公式

フィルマーくま

映画『インターステラー』ファンイベントの模様をお届け!

インターステラーイベント2

2019年4月5日(金)、映画『インターステラー』ファンイベント Supported by HAMILTONを東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンターイベントスペースで開催しました。

本イベントのために劇中で実際に使用された2本の時計が展示され、ケースの壁面には、本作のキーとなる“五次元”をイメージした映像が流れ、幻想的な雰囲気を演出していました。

さらに、映画パーソナリティの伊藤さとりさんが司会進行を務め、映画コメンテーターの有村昆さんによるトークショー、豪華景品のあたるクイズ大会も実施。大盛況に終わったイベントの様子をレポートします!

映画『インターステラー』とは?

インセプション』などで知られるクリストファー・ノーラン監督による2014年公開のSF超大作。

人類滅亡の危機に元宇宙飛行士のクーパー(マシュー・マコノヒー)が「居住可能な新たな惑星を探す」ミッションを受け、娘のマーフィー(マッケンジー・フォイ)の反対を押し切り、アメリア博士(アン・ハサウェイ)らとともに未知の銀河系へと旅立つ……というストーリー。

インターステラー』は、Filmarksでもベストムービー(トレンドより集計)に選出されるほどの人気作。

ノーラン監督は好きな監督第1位で、多くのファンを抱えています(2019年4月時点)。

インターステラーイベント4

有村昆さん、伊藤さとりさんによる『インターステラー』ファントーク!

お二人とも作品の大ファンというだけあり、トークは聞き応え抜群。

印象的なシーンを映像で振り返ると、伊藤さんは、「宇宙が舞台の映画はたくさんあるけど、『インターステラー』は地球から離れれば離れるほど時間の差があることを思い知らされる。職人技的な映画」と惚れぼれ。

有村さんは「宇宙空間という最大限の世界と、家族という最小限の世界を同時に描ける稀な監督。言葉で表せないものを具現化するのが非常にうまい。その意味では監督は世界を作り出せる神様なのかも」とベタ褒めでした。

インターステラーイベント1

次に、話はマーフウォッチについて。マーフウォッチはストーリーの鍵を握る重要なアイテムで、ハミルトンは劇中に登場したモデルを忠実に再現。唯一劇中登場モデルと異なるのが、秒針にプリントされたモールス信号で表した「Eureka」の文字。映画ファンのみが楽しめる装飾が施されています。

マーフウォッチ画像2

さらに、本作のプロダクションデザイナーを務めたネイサン・クロウリーと限定のスペシャルボックスを制作。

何層にも重なったカラフルなストライプが、劇中に登場する五次元の“テッセラクト”(高次元空間)を再現しています。(※スペシャルボックス版は完売につき、現在はスタンダードボックス版のみの発売)

スペシャルボックスの2,555個限定という数について、有村さんは「クーパーたちが行くミラー星の1時間が地球の7年に相当する。7年は2,555日だから」と解説。「1歳の息子と、いつか親子で両モデルをつけたい。今日、予約します!」の宣言も飛び出しました。

インターステラーイベント4

イベント後半では、「『インターステラー』クイズ大会」を実施。「脚本家のジョナサン・ノーランは、監督とどういう関係?」(正解は兄弟)など大多数が正解した問題がある一方、数々のチームを悩ませる難題も続出しました。

「映画の上映時間は何分?」の問題に、正解の「169分」と答えたツワモノのチームが! これには会場の全員が拍手喝采。

インターステラーイベント3

最後は、最も正解の多かった2チームのじゃんけんで優勝チームが決定。映画チケットなど景品が有村さんから全員に手渡され、大盛り上がりのクイズ大会は閉幕となりました。

来場者へのおみやげは、トートバッグ、ノート、スマートフォンプロジェクターキット。すべてハミルトンのオリジナルグッズです。

■来場者コメント

  • ・インターステラーのイベントに参加させて頂き、特にクイズの問題の時に周りの方々の知識の豊富さに驚かされました。 Filmarks 主催のイベントだからこそ映画に詳しい方々が集まったんだなと思いました。 またこういうイベントがありましたら是非参加させて頂きたいです。
  • ・とても楽しいイベントでした!『インターステラー』大好きなので、興味深く、お話も何度も観ている作品なので感慨深い!映画と時計、興味深いです!こんなにたくさんの映画にハミルトンの時計が使われていたとは知りませんでした。 クイズ大会も楽しくバラエティ豊かで楽しかったです!
  • ・本当に、すごく楽しかったです…!司会の方と有村さん、お話が楽しくてずっと聞いていたいくらいでした。こんなに素敵なイベントに参加出来てラッキーでした〜〜!!本当にありがとうございました。

 

商品名:
Khaki Filed Murph Auto / カーキ フィールド マーフ  オート(スタンダードBOX版)

※限定スペシャルボックス版はご好評につき完売致しました。現在はスタンダードBOX版のみお買い求め頂けます。商品の入荷状況は入荷お知らせメールにてご連絡いたします。ご登録がお済でない方は下記より入荷お知らせメールのご登録をお願いします。

予価:110,000円+税

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Yuri
    4.0
    5次元の世界のシーンとかは難しいんだけど、結局最終的に大事なのは どんな局面においても、どんな未来が待ってようとも、愛より強く人を動かすものはないということなんだとおもう。
  • missileman
    3.6
    好き。良くできていて面白い。 TARSとアン・ハサウェイ可愛い。 難しいであろう次元の視覚表現が巧かった。
  • 5.0
    こんなに泣かされる映画とは思わなかった。映画館で見ていたら顔面が大惨事となっていただろう。 もはや五次元の世界とか重量と時間の関係とかワケワカメだが、それらが吹っ飛ぶほど面白くて時間があっという間に過ぎた。 無音部分の使い方が上手く、音楽が綺麗。 tarsとcaseが万能で、特にtarsのユーモアはふふっと笑える。
  • みーへー
    4.3
    85点 よ 246 好きなキャストだらけなだけでも良い映画なのにストーリーも面白い。長めだけどあっと言う間に終わった感。
  • あーこ
    4.5
    科学の力で踏み出した計画ではあったけど、約束や愛が大事な局面を動かした。 どんな場面でも悪いやつは悪いし、そういうやつほどしぶといのは世界共通。
「インターステラー」
のレビュー(102082件)