【発表】映画『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknown』初日満足度ランキング1位獲得

111

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、ユーザーが投稿した★スコア・レビュー数をもとに、「5月第2週公開映画の初日満足度ランキング」を発表。先週末に公開され、高い評価を集めた最新映画6作品がランクインしました。

6位『ザ・フォーリナー/復讐者

ザ・フォーリナー/復讐者

[★★★☆☆3.55/レビュー数:304件]

ジャッキー・チェンが製作と主演を担当するサスペンスアクション作品。ロンドンでレストランのオーナーとしてつつましい生活を送るクァン・ノク・ミン。たったひとりの愛する人である高校生の娘が政治的なテロにより命を奪われたことで、クァンは復讐の怒りに煽られ、長い間隠してきた過去が爆発する。犯人を探すうちに、北アイルランド副首相リーアム・ヘネシーにたどり着く。彼は、官僚としての現在の仕事を、過去に抱えた問題に脅かされていた。正義、報復、贖罪が刺激的なストーリーの中心となり、二人の男の隠されていた過去が徐々に暴かれていく……。

ザ・フォーリナー/復讐者

5位『ドント・ウォーリー

ドント・ウォーリー

[★★★☆☆3.57/レビュー数:358件]

オレゴン州ポートランド。アルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハンは、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていく彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた……。2010年、59歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話。

ドント・ウォーリー

4位『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー

[★★★☆☆3.61/レビュー数:56件]

新旧のスーパー戦隊が共演する「VSシリーズ」の第25作品目。「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」と「宇宙戦隊キュウレンジャー」がコラボレーションした特撮アクション。ルパパトの世界にキュウレンジャーが現れ、悪の連合から地球を救うために合わせて3つの戦隊が力を合わせて戦う。伊藤あさひ、結木滉星、濱正悟、横山涼、岐洲匠、岸洋佑ら各作品のキャストが集結することでも話題。

ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー

3位『映画 賭ケグルイ

映画 賭ケグルイ

[★★★☆☆3.69/レビュー数:539件]

人気コミックを原作にしたドラマの劇場版。二年華組・蛇喰夢子は、生徒会長・桃喰綺羅莉とのギャンブルを心待ちにしていた。二人の勝負の期待が高まる中、学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団・ヴィレッジが台頭、生徒会との対立が深まる。ヴィレッジ解体と夢子潰しを企む生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させるギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言するのだった……。

映画 賭ケグルイ

2位『名探偵ピカチュウ

名探偵ピカチュウ

[★★★☆☆3.73/レビュー数:4,539件]

かつてポケモンのことが大好きな少年だったティムは、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり、家に戻らなかった父親・ハリーとポケモンを、遠ざけるようになってしまった。ある日、大人になったティムの元に、ハリーが事故で亡くなったという知らせが届く。荷物を整理するため、ハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウだった。かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故で記憶を失っていたが、一つだけ確信をもっていることがあった……。「ハリーはまだ生きている」。ハリーは何故、姿を消したのか? ライムシティで起こる事件の謎とは? 二人の新コンビが今、大事件に立ち向かう!

名探偵ピカチュウ

1位『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknown

[★★★★☆4.42/レビュー数:57件]

大人気アニメ「KING OF PRISM」シリーズ第3弾で全4編で構成される劇場版アニメの最終章。ステージで華やかなパフォーマンスを繰り広げるプリズムスタァの候補生たちを描く。本作では、天性の輝きを持つ一条シンと、そのシンをプリズムショーに導いた謎の美少年・如月ルヰにスポットを当て、鮮やかなプリズムショーの世界に熱いバトルを融合させた新たなストーリーを映し出す。ボイスキャストには、寺島惇太、蒼井翔太、斉藤壮馬らが名を連ねる。

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknown

 人気アニメーションの劇場版最終章

6作品がランクインする中、KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknownが初日満足度1位を獲得。

プリズムシリーズの集大成と言える作品」「プリズムショーのCGがいままで以上にすごい」「予想していた斜め上を飛び越えていく展開」「多くのキャラ達の複雑な心情が垣間見れた」など、本作を高く評価するレビューが投稿されています。

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknown

国外作品では、名探偵ピカチュウが最上位にランクインする結果となりました。

■全国動員ランキングもチェック

興行通信社調べ、2019年5月4日〜5月5日の全国動員数ランキングTOP10は以下の通り。※( )内の矢印は先週からの変動

1位(↑)『名探偵コナン 紺青の拳[4月12日公開]

2位(↓)『アベンジャーズ/エンドゲーム​​』[4月26日公開]

3位(NEW)『名探偵ピカチュウ​』[5月3日公開]

4位(↓)『キングダム​』[4月19日公開]

5位(↓)『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン-失われたひろし-​​』[4月19日公開]

6位(NEW)『映画 賭ケグルイ[5月3日公開]

7位(↓)『シャザム!​』[4月19日公開]

8位(↓)『翔んで埼玉[2月22日公開]

9位(NEW)『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknown』[5月4日公開]

10位(↓)『映画ドラえもん のび太の月面探査記​』[3月1日公開]

■初日満足度ランキングとは

Filmarksの初日満足度ランキングは、前週に公開された映画を対象に、公開日から公開週の週末のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順に算出したものです。

※ 前週の初日満足度ランキングをみる

【あわせて読みたい】

※ 第1位は『アメリカン・アニマルズ』!5月公開映画の期待度ランキングTOP10発表
※ 2019年公開予定の最新おすすめ映画40本【邦画篇】
 2019年公開予定の最新おすすめ映画50本【洋画篇】

※本ランキングは公開日から5月7日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。 ※本ランキングは公開日から5月7日までのレビュー数(Mark!数)が50件以上の作品を対象としています。※Mark!及び★スコアは、メンバー登録から一定期間Filmarksを利用しているユーザーから投稿されたものを対象にしています。※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品が上位となります。※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。 ※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1人1件までです。※本記事に掲載されているFilmarksユーザーのレビューは2019年5月7日時点のものです。

(C)2017 SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION STX FINANCING, LLC WANDA MEDIA CO., LTD.SPARKLE ROLL CULTURE & ENTERTAINMENT DEVELOPMENT LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.、(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC、(C)2019 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)2018 テレビ朝日・東映AG・東映、(C)019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会、(C)2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.(C)2018 Pokemon、(C)T-ARTS/syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ/キングオブプリズムSSS製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS