<スパイダーマン集大成>『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』【「誇大宣伝はおとといきやがれ」第5回】

あのトッキー西川口の!「誇大宣伝はおとといきやがれ」第5回:本当に面白い映画のしがらみのない紹介を偏りがちな趣味視点で始めますよ!

この仕事をしていると「おすすめ映画は?」としょっちゅう聞かれますが、正直、わからないです。だって、観る側の映画偏差値、映画リテラシーによって面白い映画は変わってくるわけで、万人が楽しめる映画がわかれば今頃名プロデューサーくらいにはなっているぞい。あのレリゴーだって前前前世だって、あそこまでのメガヒットは誰もが予測不可能だったことを踏まえまして、筆者のモノサシで現状の素敵映画を雑にご紹介! そこにピンと来た方、バチッとハマった方はきっと楽しめる。知らんけど。それでは参りましょう、トッキー西川口の、本当に面白いがコレだ!

こちらも集大成!『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

誇大宣伝

FILMAGAがお届けする『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』最速レビューは、一言で強引に説明すると、『アベンジャーズ/エンドゲーム』同様、ネタバレ厳禁の集大成的意味合いも濃い感動巨編! <自分のことを誰よりも信じてくれた人>がいない世界でヒーローとして葛藤するスパイダーマンを描く本作は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』がMCU10年間の集大成だったように、SPEで展開してきた<スパイダーマンの集大成>的側面も少なくなく、ソコは受け取り方の差こそあれど、MCUフェーズ3完結作として、これ以上ないほど気持ちよく終幕。それゆえ、これまで応援し続けたファンは、もはやネット断ちして早めの鑑賞がマスト! そして、思っていた以上に情報量が多い作品だったので、映画を観たファン同士、鑑賞後にあれやこれや語り合いたくなること請け合いだ!

誇大宣伝

前代未聞の高校生が、すべてを覆していく『町田くんの世界』

誇大宣伝

FILMAGAでも本作に出演した演技派・池松壮亮さんと、石井裕也監督にツーショットインタビューを敢行した『町田くんの世界』は、『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞・最優秀作品賞を含む計6部門を受賞。“史上最年少”での最優秀監督賞受賞となった石井監督の最新作で、前代未聞の豪華キャスト×現役高校生の超新人を主演に迎えて人間賛歌を描いた異色の作品。クライマックスの展開に賛否があるようなものの、そこにいたるまでの人間ドラマは、窮屈でネガティブになりがちな現代社会に響くテーマが満載で、鑑賞するすべての人が我がごとのように自分に当てはめ、考えてしまうに違いない良作品。演技経験ほぼゼロという超新人で、1,000人超オーディションを勝ち抜いた主演・細田佳央太と関水渚の存在感も素晴らしく、先の人生で定期的に観返したい一本と言っても過言ではない。

誇大宣伝

観てないけれど、いろいろな意味で気になる注目作!

『トイ・ストーリー4』

誇大宣伝

「あなたはまだ本当の『トイ・ストーリー』を知らない」というコピーに動揺してしまう『トイ・ストーリー4』は、ご存知ディズニー/ピクサーの超人気シリーズの最新作。すでに三部作で完結していたが、作る意味があるアイデアが生まれたと息まいていたジョン・ラセターも去ってしまい、非常に内容が気になる作品。ちなみに19年ぶりにボー・ピープが復活ということで、世界中のディズニー・パークスでライブキャラクターが登場して宣伝展開をしているが、我らが東京ディズニーリゾートには……。

誇大宣伝

(C)安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会、(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS