【この夏観たい映画No.1は?】8月公開映画の期待度ランキングTOP10発表

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)が、ユーザーのClip!数[観たい映画として登録している数]を集計し、2019年8月公開映画の期待度ランキングを発表。この夏注目の最新作TOP10をチェック!

10位 『引っ越し大名!

引っ越し大名!

5,013Clip! [8月30日公開]

「超高速!参勤交代」シリーズを手がけた土橋章宏の時代小説を『のぼうの城』の犬童一心監督が、星野源主演で実写映画化。姫路藩の書庫番を務める引きこもり侍たちが、藩まるごとの引っ越しという一世一代の大仕事に挑む姿を描く。

引っ越し大名!

9位『カーライル ニューヨークが恋したホテル

カーライル ニューヨークが恋したホテル

5,055Clip![8月9日公開]

世界中のセレブやスターたちに愛され、ニューヨーク・タイムズ紙が「秘密の宮殿」と称した伝説の超高級クラシックホテル「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」。世界初の5つ星となったこのホテルの魅力に迫るドキュメンタリー。

カーライル ニューヨークが恋したホテル

8位『メランコリック

メランコリック

5,267Clip![8月3日公開]

2019年の東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門 監督賞受賞作。「人を殺す場所」として貸し出されている銭湯を舞台に、ふとしたことから人生が大きく動き始める人々の顛末をサスペンス、アクション、シニカルな笑いの要素をちりばめながら描いた青春ドラマ。

メランコリック

7位『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~

8,618Clip![8月23日公開]

2018年、社会現象的な人気を博したTVドラマ『おっさんずラブ』の劇場版。モテない独身男・春日(田中圭)、誰もが憧れる理想の上司・黒澤(吉田鋼太郎)、イケメンのドS後輩・牧(林遣都)に新たな“おっさん”2人が参戦し、五角関係のラブ・バトルロワイアルが繰り広げられる。

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~

6位『ワイルド・スピード/スーパーコンボ

ワイルド・スピード/スーパーコンボ

14,208Clip![8月2日公開]

世界的人気を集める「ワイルド・スピード」シリーズ最新作。過去シリーズの中でも強烈な個性を放つルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)とデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)の二人がタッグを組み、謎の強敵と戦いを繰り広げる。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ

5位『HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ

14,834Clip![8月16日公開]

1991年のアメリカを舞台に、父親を亡くした少年の人生を大きく変えたひと夏の体験を描いた青春映画。きらめくような夏は最大級のハリケーンの到来とともに、劇的な結末を迎えることになる。主演は、Filmarks発表の2019年上半期人気No.1海外俳優に輝いたティモシー・シャラメ。

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ

4位『ロケットマン

ロケットマン

15,546Clip![8月23日公開]

グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの波乱万丈の半生を、「ユア・ソング」などの数々のヒット曲にのせて描くミュージック・エンターテインメント。エルトン・ジョンを演じるのは『キングスマン』のタロン・エガートン。

ロケットマン

3位『永遠に僕のもの

永遠に僕のもの

23,168Clip![8月16日公開]

1971年のアルゼンチンで12人以上を殺害した連続殺人事件の犯人である少年をモデルに描いたクライム青春ムービー。思春期を迎えて窃盗が天職だと気づいた青年カルリートス、そして彼を魅了するもうひとりの青年ラモン。二人の蛮行は徐々にエスカレートしていく。

永遠に僕のもの

2位『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

31,833Clip![8月30日公開]

クエンティン・タランティーノ監督最新作。1969年、黄金時代を迎えたハリウッドの光と影を、過去の栄光を取り戻そうと奮闘する俳優と彼のスタントマンを軸に描く。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

1位『ライオン・キング

ライオン・キング

34,894Clip![8月9日公開]

ライオンの王子シンバの大冒険を描いたディズニーの人気アニメーション『ライオン・キング』を新たな映像表現で実写映画化。監督は『ジャングル・ブック』を手がけたジョン・ファブロー。シンバの声を、ラッパーとしても活躍する俳優のドナルド・グローヴァー、シンバの幼なじみナラの声をビヨンセが担当している。

ライオン・キング

ディズニー名作の“超実写版”がNo.1

ディズニー最新作『ライオン・キング』が8月の期待度ランキングNo.1を獲得。超実写版と銘打たれたフルCGによる圧倒的な映像表現は早くも話題を呼んでおり、映画ファンからの期待値は高い。

試写会などで先行して鑑賞したFilmarksユーザーからは、「泣ける!圧倒的な映像美!動物たちの毛の一本一本までが繊細に描かれていて圧巻」「動物のドキュメンタリー映画を見ているよう」「動物の動きや風景、星空がとても綺麗で感動しました」「笑って、泣いて、感情を揺さぶられる、愛に溢れた温かい作品」といったレビューが寄せられている。

ライオン・キング

邦画No.1は『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』。3人の男たちの恋愛を描き、2018年の新語・流行語大賞トップテンに選ばれるなど、話題を集めた人気TVドラマの劇場版。新キャストとして、沢村一樹と志尊淳が加わる。

おっさん

11位以下も注目作がランクイン

11位:『サマー・オブ・84』4,261Clip![8月3日公開]

12位:『ブラインドスポッティング』3,912Clip![8月30日公開]

13位:『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』3,876Clip![8月2日公開]

14位:『トールキン 旅のはじまり』3,825Clip![8月30日公開]

15位:『ONE PIECE STAMPEDE』3,522Clip![8月9日公開]

16位:『ダンスウィズミー』2,986Clip![8月16日公開]

17位:『二ノ国』2,589Clip![8月23日公開]

18位:『命みじかし、恋せよ乙女』2,400Clip![8月16日公開]

19位:『あなたの名前を呼べたなら』2,295Clip![8月2日公開]

20位:『世界の涯ての鼓動』2,169Clip![8月2日公開]

《期待度ランキングとは》

FilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録した数)を集計し、ランキング化したもの(Clip!は1作品につき1人1件まで)。

※本ランキング及び記事内のClip!数及び★スコアは2019年7月30日時点のものです。

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会 、(C)2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 、(C)One Goose、(C)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会、(C)Universal Pictures (C)2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved. 、(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.、(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO、(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS