超実写版『ライオン・キング』で吹き替え 「自慢のお父さん」「一族の代表になれた」佐藤二朗☓ミキ・亜生【インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

日本興収100億円を突破した『アラジン』を超え、全世界興行収入が14億ドル突破! 歴代トップ10に入る快挙を成し遂げている『ライオン・キング』が、ここ日本でも大好評だ。夏休みの映画館には幅広い層の観客が駆けつけ、動員284万人を突破&国内興行収入は40億円を記録するなど、まさしく、<キング・オブ・エンターテインメント>の栄誉を獲得している。

ライオン・キング

その大ヒットを祝して、FILMAGAでは本作のプレミアム吹替版でプンバァを演じた名優・佐藤二朗、ティモン役の亜生(ミキ)へ、ツーショットインタビューを実施。その見事な掛け合いへの評判も高まるなか、ディズニー・ファミリーの一員となった感想など、さまざまな話をうかがった。

ライオン・キング

ライオン・キング

『ライオン・キング』はディズニーのエッセンスと最新技術を融合した“超実写版”ージョン・ファブロー監督<来日インタビュー>

ーー<超実写版>の『ライオン・キング』ということで、まずは映画の魅力について教えてください!

佐藤 それはもう最先端の技術を駆使して、本当にサバンナの中にいるような、放り込まれたような錯覚に陥る映像美ですよね。没入観、没頭できることに尽きると思います。風にそよぐ草、空に浮かぶ雲、岩も川も、全部CGによるものです。これはもうスクリーンで観ると絶句だと思います!

亜生 途中でCG映像であることを忘れ、本物の動物がしゃべっているような感じに思ってしまうほど、すごい映像です。シンバやムファサがしゃべっている姿を観て、「これは現実なんや!」って感じになる。これはすごいです。だから、映画を観た後に動物園に行ったら、ホンマはしゃべるんじゃないかって勘違いする子が出るかも(笑)。夢があります!

ライオン・キング

ーーティモンとプンバァの吹替え、掛け合いが面白いと早くから評判でしたが、それぞれのキャラクターの魅力についても教えてください。

佐藤 プンバァは思ったことを全部口に出す一方で、ティモンの言うことにすぐ同調するようなところもあって、非常にかわいらしい。誰に遠慮もなく楽しもう、とは言葉で言うことは簡単ですが、なかなか実際には難しいこと。ですが、それが彼はできているので、うらやましい存在です。

亜生 でも、実はプンバァが正しいことを言っていて、ティモンのほうがいい加減なところがあるんですよ。そしてティモンは口が悪いけれど、どこか憎めない。地元にもおったなこんな奴、みたいな。嫌な奴やねんけど、結局遊んでしまうような子。親近感がティモンには沸きました。演じていてもシンクロしたというか、自分に偽りなくできました。

ライオン・キング

ーーどこに一番共感したのでしょう?

亜生 普段、兄弟のコンビでお笑いやらせてもらってて、お兄ちゃんがけっこうプンバァ系と言いますか、僕がチャキチャキもの言うけれど、けっこう間違っていることが多いんですね。立ち位置が似ていたので、イメージがしやすかったですね。

ライオン・キング

佐藤 一説によると、お兄ちゃんが僕の役を狙っているという。今からでもまだ間に合うって言っていたので、体を張って食い止めようと。

亜生 お兄ちゃんが二朗さんに「体調悪くなってください!」とずっと言ってて(笑)。

佐藤 仮にそうなったとしても、別にお兄ちゃんに代わることはないの。もう撮り終わっているの(笑)。

亜生 でもお兄ちゃんはずっとすごいすごいって、言ってくれています。

ライオン・キング

ーーこれでディズニーのファミリーになったわけで、ファンにしてみれば最高にうらやましい出来事ですからね。

佐藤 周囲に「プンバァやるんですね!」というリアクションの人たちが、本当に多かったです。めちゃくちゃ多かった。特に『ライオン・キング』は、20代・30代がアニメーションで知った世代ということで、注目度が高いそうなんです。普段オレがどういう役を演じようと何も言ってこないのに、「プンバァやるんですね!」とテンションが上がる方は多かったな。

ライオン・キング

亜生 正直に言いますと、「売れた!」って思いました。ディズニーの声優をできるということは、なかなかのことで、選ばれた人しかできないことじゃないですか。あとは、アニメーションがドンピシャの世代なんで、三ツ矢(雄二)さんがやられていたプレッシャーも一緒に来ました。喜びと不安と、偉大すぎる三ツ矢さんのイメージも壊さず、新しいティモンに挑戦する。そのプレッシャーは凄まじかったです。

佐藤 これだけ長く世界中で愛されていて、それこそ『ライオン・キング』を知らない人はいないのではないかというくらいのなか、そういう作品に参加できることは、もちろん光栄です。しかもマスコット的なティモンとプンバァの一翼を担えたということで、いやもう光栄です。息子と一緒に映画を観に行きます! ※佐藤さんは、公開後に行われたイベントにて、実際にお子さんと一緒に劇場へ観に行かれたというエピソードも披露されました。

ライオン・キング

ーー自慢のお父さんですよね!

亜生 そりゃもうお父さんはプンバァですからね!

佐藤 『インサイド・ヘッド』でビンボンというキャラクターを演じたことがあり、彼もマスコット的な存在で、その時に初めて息子とふたりで映画館に行ったんです。これで2回目。ディズニーさんには感謝です。

ーー亜生さんの場合は、自慢の弟になるわけですよね。

亜生 お兄ちゃんのほうがSNSで告知してくれています(笑)。それはもうめちゃくちゃありがたいことです。

ライオン・キング

ーー今後、どうディズニー界で活躍したいですか?

亜生 いやいや(笑)。でも子どもが生まれたら、「これお父さんやで」と言いたいかな。

佐藤 それ。それはいいことよ。

亜生 それはすごく夢がありますよね。一個、夢が増えたなって思いました。ホンマに家族全員喜んでくれているんで。おかんからミキ一族を代表していってらっしゃいと言われていたので、これはもうありがたいです。

佐藤 ディズニーの作品は年齢、性別関係なく、みなが楽しめる作品なので、僕が関わる関わらない関係なく、家族で楽しみたいです。

ライオン・キング

ーー最後に、この『ライオン・キング』、初めて観る方々へメッセージをお願いいたします!

佐藤 長きに渡り世界中で愛されている作品ですので、そういうものって、言うまでもないけれど、何かものすごい宝のようなものが埋まっていると思います。映像や音楽が圧巻だという話になりがちで、まさにそれはそれでその通りなんですが、ストーリーこそが素晴らしい。それは国境を越えて共感できるテーマだと思うので、この物語を初めて知る方が僕はうらやましい。あの感動を今、映画館で初めて体験できるわけですから!

亜生 アニメーションを知っている世代からしたら、いい意味で全部超えてきている作品なので、期待してください。さっきも言いましたけど、ホンマに実写と錯覚してしまう映像。そこだけ注意してほいしい。「これはフルCGやぞ!」ということをもっと言っとかんとアカンくらい(笑)。だから、初めて観る人には最高の映画やと思います!(取材・文=鴇田崇/写真=映美)

ライオン・キング

映画ライオン・キング』は現在大ヒット公開中。

出演:ドナルド・グローヴァー、セス・ローゲン、ビヨンセ ほか
監督:ジョン・ファブロー
脚本:ジェフ・ナサンソン
公式サイト:
https://www.disney.co.jp/movie/lionking2019.html
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • にしやま
    3.6
    結構話忘れてたから展開面も楽しめた あと俺はティモンとプンバァが大好き
  • Honami
    4.0
    悲しみ抱えながらもたくましく生きるシンバに励まされる。 動物の動きがとてもリアルだし、草食動物の暮らす森が緑豊かで綺麗ですごく好きだった。
  • shihoho
    4.0
    IMAX3D価値あった
  • RyokiOnozuka
    4.2
    ハクナマタタ!
  • hiroki
    3.5
    記録
「ライオン・キング」
のレビュー(29744件)