【みんなの観たい映画No.1は?】9月公開映画の期待度ランキングTOP10発表

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)が、ユーザーのClip!数[観たい映画として登録している数]を集計し、2019年9月公開映画の期待度ランキングを発表。注目の最新作TOP10をチェック!

10位 『WEEKEND ウィークエンド​

WEEKEND ウィークエンド

5,401Clip! [9月27日公開]

『さざなみ』『荒野にて』のアンドリュー・ヘイ監督が2011年に製作した男性同士の恋愛を描いたラブストーリー。一夜限りのパートナーを求めて訪れたクラブで出会ったラッセルとグレンが、一緒に週末を過ごすうちにお互いのこだわり、秘密、切実さを学んでゆくさまが描かれる。

WEEKEND ウィークエンド

9位 『タロウのバカ

タロウのバカ

6,476Clip! [9月6日公開]

『日日是好日』『セトウツミ』の大森立嗣監督・脚本による刹那的に生きる3人の少年を描く青春ドラマ。生まれてから一度も学校に行ったことがなく、自分の年齢すら知らない、それでも自由に生きている少年タロウが、年上の少年と出会い、初めて「世界」を知っていく。

タロウのバカ

8位 『宮本から君へ​

宮本から君へ

7,538Clip! [9月27日公開]

新井英樹の原作マンガを『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也監督がメガホンをとり、池松壮亮と蒼井優の共演で実写映画化。人一倍正義感が強い超不器用な熱血営業マン・宮本浩の暑苦しくも切ない生き様を描いた人間讃歌エンターテイメント。

宮本から君へ

7位 『僕のワンダフル・ジャーニー​

僕のワンダフル・ジャーニー

7,880Clip! [9月13日公開]

愛犬と飼い主の運命の再会を描いた感動作『僕のワンダフル・ライフ』の続編。何度も生まれ変わる犬のベイリーの新たな“犬生”を通して、犬と人間の絆を描く。前作メガホンをとったラッセ・ハルストレム監督が製作総指揮を務める。

僕のワンダフル・ジャーニー

6位 『アイネクライネナハトムジーク​

アイネクライネナハトムジーク

8,506Clip! [9月20日公開]

伊坂幸太郎のベストセラー恋愛小説集を『愛がなんだ』の今泉力哉監督が実写映画化。宮城県・仙台市を舞台に、10年に渡って人々の想いが交錯する様子を描くラブストーリー。三浦春馬と多部未華子は4年ぶり3度目の共演。主題歌・音楽を斉藤和義が担当する。

アイネクライネナハトムジーク

5位 『記憶にございません!

記憶にございません!

8,598Clip! [9月13日公開]

三谷幸喜の長編映画監督8作目。史上最低の支持率を叩き出した総理大臣を主人公にした政界コメディ。一般市民が投げた石が頭にあたって記憶喪失になり、金と権力に目がない悪徳政治家から一転、善良で純朴な普通のおじさんになった総理大臣が繰り広げる騒動を描く。

記憶にございません!

4位 『アド・アストラ

アド・アストラ

10,320Clip! [9月20日公開]

エリート宇宙飛行士が、地球外知的生命体の探索に出たのち32億キロ離れた太陽系の彼方で行方不明となった父の謎を追う姿を描くSFスリラー。宇宙飛行士役をブラッド・ピット、父役をトミー・リー・ジョーンズが務める。

アド・アストラ

3位 『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ​

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ​

12,915Clip! [9月20日公開]

生まれた時からWebやSNSが存在するデジタルネイティブなティーン世代たちの葛藤や恋、家族との関係、そしてその成長を痛烈かつユーモラスに描いた青春ドラマ。全米では4館からの上映スタートであったが、口コミで評判が広がり、1,000館以上に拡大ヒットを記録した。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

2位 『アス

アス

18,240Clip! [9月6日公開]

『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督・脚本最新作。バカンスを楽しむウィルソン一家が自分たちとそっくりの謎の存在と出くわし、恐怖に襲われる様を描くサプライズ・スリラー。製作は『ハッピー・デス・デイ』などのジェイソン・ブラムが務める。

アス

1位 『人間失格 太宰治と3人の女たち

人間失格 太宰治と3人の女たち

19,068Clip! [9月13日公開]

作家・太宰治が死の直前に発表して遺作となった「人間失格」。その誕生秘話を『ヘルタースケルター』の蜷川実花監督がフィクションとして映画化。小栗旬演じる太宰治の恋と生き様をサスペンスフルに描く。

人間失格

太宰治のスキャンダラスな恋と人生を描く話題作がNo.1

蜷川実花監督の最新作『人間失格 太宰治と3人の女たち』が9月の期待度ランキングNo.1を獲得。太宰をめぐる女たちを宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみが演じるほか、藤原竜也、高良健吾、成田凌、千葉雄大、瀬戸康史ら豪華キャスト陣が顔を揃える。

試写会などで先行して鑑賞したFilmarksユーザーからは、「小栗旬の命かけた芝居は凄い!」「赤、青、黄、緑、白、黒、そして光の使い方が鮮やかでした」「作品の切り口が私にとっては新鮮でおもしろかった」「太宰をとりまく3人の女性たちにはそれぞれ共感できる点はあった」「服や髪形のハイカラだけでもみててたのしい」といったレビューが寄せられている。

人間失格 太宰治と3人の女たち

海外作品No.1は『アス』。アカデミー賞脚本賞を受賞した『ゲット・アウト』の鬼才ジョーダン・ピール監督最新作。前作に続き、驚愕の展開、結末が待ち受けるという触れ込みで注目を集めている。

アス

11位以下も注目作がランクイン

11位:『見えない目撃者』4,743Clip![9月20日公開]

12位:『HELLO WORLD』4,219Clip![9月20日公開]

13位:『アナベル 死霊博物館』4,207Clip![9月20日公開]

14位:『いなくなれ、群青』3,898Clip![9月6日公開]

15位:『ホテル・ムンバイ』3,320Clip![9月27日公開]

16位:『惡の華』3,150Clip![9月27日公開]

17位:『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~​』2,945Clip![9月6日公開]

18位:『ある船頭の話』2,511Clip![9月13日公開]

19位:『ヘルボーイ』2,381Clip![9月27日公開]

20位:『フリーソロ』2,066Clip![9月6日公開]

《期待度ランキングとは》

FilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録した数)を集計し、ランキング化したもの(Clip!は1作品につき1人1件まで)。

※本ランキング及び記事内のClip!数及び★スコアは2019年8月29日時点のものです。

(C)Glendale Picture Company MMXI、(C)2019映画「タロウのバカ」製作委員会、(C)2019「宮本から君へ」製作委員会、(C)Universal Pictures and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.、(C)2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.、(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会、(C)2019 フジテレビ/東宝、(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation、(C)2018 A24 DISTRIBUTION, LLC、(C)2018 Universal Studios All Rights Reserved. (C)Universal Pictures、(C)2019 『人間失格』製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS