ドラマ『3年A組』のブレイク女優・堀田真由、最新主演作で監獄実験の被験者に【インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

衝撃が広がったドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』などで鮮烈な印象を残す女優の堀田真由が主演の映画、『プリズン13』が公開となる。監獄実験の被験者となり、看守と囚人に別れた12人の男女が、理性を奪われた極限状態のなか、壮絶なゲームを繰り広げるソリッド・シチュエーション・スリラーだ。

プリズン13

その被験者となる主演の堀田は「この作品は観る人の人生のタイミングによって感想や受け取り方が違うと思う」と主演作をアピール。センセーショナルな題材をどう受け止めたのか話を聞く。

プリズン13

ーー監獄実験という衝撃的な題材ですが、脚本を手にした時の印象は?

台本をいただいた時に、文字で見ただけでも心に感じるものがいくつもありましたが、実際にそれがどう映像化されていくのかということへの楽しみもありました。文字の状態ではつかみきれない挑戦的なこともあるような気がして、どう映画が完成するのか、そちらのほうが気になりました。

プリズン13

プリズン13

ーー女性にはキツそうな題材かと思いましたが、それは大丈夫でしたか?

はい(笑)。わたし自身はテイストが苦手なジャンルではないので、怖いとは思わなったですね。でも、この監獄実験がスタンフォード大学の実験結果ということを、この作品に出ることになってから知り、世の中でこういうことが行われているのかと、真実ってすごく怖いなあと思いました。

プリズン13

プリズン13

ーー完成した映画を観て、いかがでしたか?

この作品は観る人の人生のタイミングによって感想や受け取り方が違うと思うので、本当にいろいろな世代・性別の方々に観てほしいなって思いました。あとは、マリは<ザ・日本人>な感じがするので、海外の方がどう受け取っていただけるかは気になりますね。感想がすごく気になります。

プリズン13

プリズン13

ーー人の極限状態を描くという、テーマについてはいかがでしたか?

看守と囚人に分かれ、人間を極限状態にまで追いつめるような心理学的なテイストの作品は、これまでの日本映画では少なかったような気がしますね。そういう意味で主人公を演じたこと、10台以上のカメラを自分たちでも回すことも含めて、新しい試みだと思いました。撮影現場では臨場感と緊張感をすごく大切にしていたので、それが作品を通して伝わればいいなと思いました。

プリズン13

プリズン13

ーー演じたマリ役については、どのようにアプローチしましたか?

今回のマリについては、いままでと役作りの入り方が逆でした。いつもなら「マリはどうするか?」で考えていたのですが、スタンフォード大学の実験結果が前提としてあったので、「人というのはこう変わるのだ」ということがある前提でマリはどう変わるのかという逆の入口で入りました。

ーーと言いますと?

たとえば彼女には姉ユマがいて、親は作品には出てこない。いつもの作品であれば、親が出てこないということはこういうことだろう、みたいな考え方をしますが、今回はスタンフォード大学という実験結果があるので、「こういう人たちがいた」という結果がまず事実としてある。その実験に参加した人たちにはナルシシズムが多かったらしいのですが、それは彼女とは違うなとか、結果という決まっている材料から考えたという感じです。

プリズン13

プリズン13

ーーそれは面白いですね。俳優という仕事の醍醐味でもありますか?

そうですね。俳優の仕事は終わりがないというか、どこまでも続いていく感じがしています。最初は自分が目標にしているものにたどり着く、そこまでの過程が楽しかったので、お芝居をすることも楽しかったですけれど、自分が掲げたハードルを越えていくという、自分自身への挑戦みたいなものもありましたね。それは大変ですが、楽しみなことでもあります。

プリズン13

ーー今年は出演作も続いていますが、どういう心境でしょうか?

今回の『プリズン13』を含め、6作品が公開になりますが、やらなくてはいけないことがたくさんあるなあと思っています。そして、満足していないことを忘れていない自分に、どこか安心していたりもするんです。すごく周囲の方々に助けてもらっているので、頑張っていこうと思います。

プリズン13

ーー『プリズン13』で、女優としてステップアップしたでしょうか?

そうですね。主人公を演じたことの責任感はありますね。それまでは主人公を支えながら、どう自分の色を出すかを考えていましたが、主人公を演じるとなると作品全体を考え、アンテナを張っていかないといけない。そのための責任感も大きくなり大変なことですが、すごくいい経験でした。(取材・文=鴇田崇/写真=映美)

映画プリズン13』は2019年8月30日(金)より、シネマート新宿・心斎橋ほかにてロードショー。

プリズン13

出演:堀田真由中島健岩井拳士朗 ほか
監督:渡辺謙作
脚本:渡辺謙作
公式サイト:prison13.com
(C)2019「プリズン13」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • なご
    2.5
    出演者の理解に追い付けない。。みんな子供のようにわがままで自分のことしか考えれない その登場人物たちのバカさ加減で置いて行かれる。。寄り添ったとしても、は?となる事が多すぎる エンドロールにボクシング指導とあったが要るのか、、、? 観たいところを観れないもどかしさが残った スタンフォード大学の実験として実際にある事なのか知らないが、実験を映画(作り物)として披露するのは難しいと思った 初日だったこともあり渡辺監督は上映前舞台挨拶にわざわざ来ていた、彼的にも自信が無いような感じだった とにかくヘドが出るほど、登場人物の馬鹿さにムカつく ソフィアは誰?みたいな主題に途中から変わるのだが、正直そこはどうでもよくて、 監獄実験という状況下で見ず知らずの十二人がどう成長していくのかまたはどうら滑落していくのかが観たかった。何一つ救えない結果となって、オチはともちんがヒーローもののごとく来て意味不明のお涙頂戴(?)的な感じ、だけど本当に意味不明。いやいやともちん来なくていいってと切に思った とりあえずふむふむ
  • ant
    3.0
    心理学実験「スタンフォード監獄実験」をベースにした物語。今ぽくVチューバがこの実験映像を配信するという設定の妙が、絶妙の演出で面白い映像的になってる。精神追い込み状態が怖い絵面に武闘に長けた姉役の板野友美って味付が程よくて良かった。
  • 湯卯樹
    3.0
    色々モヤモヤは残るが、舞台で観るとより面白かったと思う。キャストは良かった。
  • にっきい
    2.2
    結局"13"の意味は???????? 前にシネマートで予告見て公開待ってた作品。 1度観に行こうとしたけど電車に間に合わずに断念…。 100万円稼いで一人暮らし!って話し。 ひゃー、酷かったー。 多分今作を見ようなんて人は殆ど居ないだろうから、ネタバレ有りで書いても良いですかね?w ネット上で集められた12人の男女が、看守と囚人に分かれて、1週間獄中生活をおくった時、精神的、肉体的にどんな変化が起きるか?って実験なんやけど、こんなの個人でやったら犯罪になりかねん。 勿論運営側から暴力は禁止されてるんやけど、本人がどう思ったかとか曖昧な基準でやってる自体がもう実験として成り立ってない。 更にこの犯罪まがいの実験をYouTubeで配信してるだけでも運営側の危機感の無さは相当なもんやのに、努力してなったわけでもない、たまたま選ばれて看守になった奴らが勝手に規則を作って、勝手に囚人に懲罰を与えてる。 この時点でもう運営側のコントロールが効いてないのに実験続けちゃアカンやろ? しかも看守ってHM名乗ってるけど顔晒してるんやから、犯罪の証拠を自ら残してるバカとしか言いようがない。 人間の尊厳を失わすような皆の前で脱糞さしたり、女性囚人の全裸をネットに晒したりって懲罰、もう拷問とかわらん。 被験者の権利である自らの申告による実験からの離脱を認めなくなったら、それは実験ではなく単なる"監禁"、完璧に犯罪になってるやん。 それと看守役の個室、中から鍵かけれるようになってんやけど、それって立て籠もったら実験の意味なくなるのにw と危機感の無い運営が、グダグダな規則の実験をやってるんだが、これってそもそも実験するような事やないんだよねー。 だって現実世界には刑務所があって、看守と受刑者がいるわけで、刑務所を調査すれば済むだけのこと。 元ネタになったスタンフォード監獄実験の結果自体、近年の調査で捏造である事がわかってるんやから。 この前に大阪十三で1本映画観て終わったのが19:50頃。 そっから阪急、地下鉄と乗り継いでこれ観たシネマート心斎橋に着いたのが22:24。 地下鉄の駅から早歩きで行ったから、もう汗ダクでしたよ!w *******鑑賞記録******* 鑑賞日:2019年9月5日 鑑賞回:20:30〜22:00 劇場名:シネマート心斎橋 座席情報:劇場① J-3 上映方式:2D 通常 レーティング:G 上映時間:87分 備考:TCG会員サービスデー *******************
  • あちゃラカモクレンきゅーらいす
    3.0
    清順さんの亡霊を見てるような気分に襲われました。人間がモノとして扱われ、しかもぞんざいに扱われる細かな演出が、ひたすらに面白い映画を撮りつづけていたあの監督を思わせました。 ファーストシーンの板野友美と堀田真由の人物の動き方、輪ゴムを弄びながら、素足のまま、ゆったりと過ごす様子から傑作だと確信致しました。 辻褄なんぞ合うはずもないし、合わせる気もない、高らかに宣言したまぎれもないサスペンス映画。
「プリズン13」
のレビュー(31件)