【発表】映画『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』初日満足度ランキング1位獲得

111

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、ユーザーが投稿した★スコア・レビュー数をもとに、「8月第5週公開映画の初日満足度ランキング」を発表。先週末に公開され、高い評価を集めた最新映画8作品がランクインしました。

8位『やっぱり契約破棄していいですか!?

やっぱり契約破棄していいですか!?

[★★★☆☆ 3.52/レビュー数:187件]

死にたい小説家とクビ寸前の殺し屋が繰り広げる追いかけっこを描いたブラック・コメディ。青年小説家ウィリアムを『ダンケルク』のアナイリン・バーナード、殺し屋レスリーを『イン・ザ・ベッドルーム』『エターナル・サンシャイン』などトム・ウィルキンソン。

(C)2018 GUILD OF ASSASSINS LTD

7位『引っ越し大名!

引っ越し大名!

[★★★☆☆ 3.64/レビュー数:676件]

「超高速!参勤交代」シリーズを手がけた土橋章宏の時代小説を犬童一心監督がメガホンをとり、星野源、高橋一生、高畑充希の共演で実写映画化。姫路藩の書庫番を務める引きこもり侍たちが、移動人数10,000人、距離600kmという藩まるごとの引っ越しの大仕事に挑む姿を描く。

引っ越し大名!

6位『トールキン 旅のはじまり

トールキン 旅のはじまり

[★★★☆☆ 3.76/レビュー数:331件]

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの原作者として知られる作家J・R・R・トールキンの半生を、『女王陛下のお気に入り』や『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』のニコラス・ホルト主演で描いた伝記映画。FOXサーチライト設立25周年記念の第1弾作品。

トールキン

5位『ガーンジー島の読書会の秘密

ガーンジー島の読書会の秘密

[★★★☆☆ 3.83/レビュー数:110件]

第二次世界大戦直後のイギリスの島を舞台に、ある作家が魅了された読書会の秘密をめぐるミステリー。女性作家ジュリエットが、ガーンジー島の人々の心の支えとなっていたある読書会に迫り、その謎が解けた時、観る者を幸せな気持ちで満たす。

ガーンジー島の読書会の秘密

4位『ブラインドスポッティング

ブラインドスポッティング

[★★★★☆ 4.03/レビュー数:229件]

親友同士の2人の青年、保護観察期間の残り3日間を無事に乗り切らなければならない黒人青年コリンと、その幼なじみで問題児の白人青年マイルズ。ある事件をきっかけに、人種の違いや貧富の差から生じる現実問題を突きつけられ、二人の関係が試される様を描くヒューマン・ドラマ。

ブラインドスポッティング

3位『おしえて!ドクター・ルース

おしえて!ドクター・ルース

[★★★★☆ 4.04/レビュー数:70件]

90歳にして現役のセックス・セラピストである「ドクター・ルース」ことルース・ウェストハイマーを追ったドキュメンタリー。孤児、元スナイパー、シングルマザー、3度の離婚と、時代に翻弄されながらも自分らしく学び、戦い、働き、恋をしてきた彼女の生きるヒントに溢れる作品。

おしえて!ドクター・ルース

2位『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

[★★★★☆ 4.06/レビュー数:7,957件]

ロマン・ポランスキー監督の夫人であり女優のシャロン・テートが、狂信的カルト集団によって殺害された事件を題材にした、クエンティン・タランティーノ監督最新作。落ち目の俳優とその親友でありスタントマンの二人の友情と絆を中心に、ハリウッド黄金時代の光と闇を描く。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

1位『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説

この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説

[★★★★☆ 4.11/レビュー数:223件]

異世界に転生した少年カズマと個性的なメンバーたちによる冒険を描いた、暁なつめの人気ライトノベルを原作にしたTVアニメシリーズの劇場版。冒険の最中、彼らの前に故郷の危機を訴える紅魔女の少女ゆんゆんが現れ、カズマたちも紅魔の里へ向かうことになるが……。監督、脚本はじめ、TVシリーズの主要スタッフが制作を手がける。

この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説

人気ファンタジーコメディの劇場版がNo.1

★4.0(5点満点)以上の作品が4本ランクインする中、原作のシリーズ累計発行部数が850万部を突破している『この素晴らしい世界に祝福​​』の劇場作品が初日満足度1位に輝いた。

テレビシリーズの面白さを損なわず、このすばの世界観バッチリだった初見でもまったく問題なく楽しめるあたり異世界ものは秀逸なものばかりはじめて触れる『このすば』の世界に驚き」「映画館であんなに笑いがおきてるの久々だったかも」「皆で笑いながら観れるハートフルな映画など、本作を高く評価するレビューが投稿されています。

この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説

海外作品では、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという二大スター共演の話題作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が最上位にランクイン。レビュー数でも同作が最多という結果になりました。

■全国動員ランキングもチェック

興行通信社調べ、2019年8月31日〜9月1日の全国動員数ランキングTOP10は以下の通り。※( )内の矢印は先週からの変動

1位(→)『天気の子』[7月19日公開]

2位(→)『ライオン・キング』[8月9日公開]

3位(→)『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~​』[8月23日公開]

4位(→)『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』[8月9日公開]

5位(NEW)『引っ越し大名![8月30日公開]

6位(NEW)『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド[8月30日公開]

7位(↓)『トイ・ストーリー4』[7月12日公開]

8位(NEW)『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説[8月30日公開]

9位(↓)『ロケットマン』[8月23日公開]

10位(↓)『二ノ国​』[8月23日公開]

■初日満足度ランキングとは

Filmarksの初日満足度ランキングは、前週に公開された映画を対象に、公開日から公開週の週末のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順に算出したものです。

※ 前週の初日満足度ランキングをみる

※本ランキングは公開日から9月2日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。 ※本ランキングは公開日から9月2日までのレビュー数(Mark!数)が50件以上の作品を対象としています。※Mark!及び★スコアは、メンバー登録から一定期間Filmarksを利用しているユーザーから投稿されたものを対象にしています。※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品が上位となります。※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。 ※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1人1件までです。※本記事に掲載されているFilmarksユーザーのレビューは2019年9月2日時点のものです。

(C)2018 GUILD OF ASSASSINS LTD、(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会、(C)2018 GUILD OF ASSASSINS LTD、(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation、(C)2018 STUDIOCANAL SAS、(C)2018 OAKLAND MOVING PICTURES LLC ALL RIGHTS RESERVED、(C)暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS