この秋開催の第32回東京国際映画祭!上映作品が鑑賞できる見放題の“映画祭公式パス”プレゼント

Filmarks公式

フィルマーくま

※本プレゼントの応募受付は終了いたしました※

2019年10月28日(月)から9日間にわたって六本木ヒルズ・EXシアター六本木ほかで開催される「第32回東京国際映画祭」。Filmarksユーザー限定でマスコミ向けに開催される特別上映の鑑賞ができる映画祭公式パスを今回も特別にご用意。年に一度、アジア最大級の映画祭を楽しもう!

東京国際映画祭

東京国際映画祭とは?

毎年、才気あふれる新人監督から熟練の監督まで、世界中から厳選されたハイクオリティなプレミア作品が集まる、まさに日本を代表する映画フェス。日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭です。コンペティション、アジアの未来など、さまざまな部門・特集があり、世界各国の映画作品が上映されます。

東京国際映画祭

今年注目の上映作品は!?

今回の目玉として、オープニング作品には公開から50周年を迎える国民的映画シリーズ50作目『男はつらいよ お帰り 寅さん』、映画祭中盤の柱となるGALAスリーニング(※)作品に名匠・周防正行監督の最新作『カツベン!』、特別招待作品にはハリウッドの巨匠マーティン・スコセッシ監督初のNetflixオリジナル映画『アイリッシュマン』が上映予定。

※GALAスクリーニング…映画祭期間中のハイライトとして、観客および世界に注目してほしい作品をセレクトして上映する

男はつらいよ お帰り 寅さん(オープニング作品)

東京国際映画祭

原作・監督:山田洋次/出演:渥美清、倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子、前田吟、池脇千鶴 ほか/2019年12月27日公開

「一人の俳優が演じた最も長い映画シリーズ」としてギネス世界記録を現在も保持している、日本が世界に誇る映画シリーズ、22年ぶりの新作。

寅さんの甥の満男(吉岡秀隆)と、満男の初恋の相手イズミ(後藤久美子)のその後の物語を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)、そして「くるまや」を囲むいつもの面々のいまが描かれる。あの寅さんの奇跡の帰郷にも注目。オープニング曲を桑田佳祐が担当することでも話題を集めている。

※こちらの作品はスペシャルパス対象外です

カツベン!(GALAスクリーニング作品)

東京国際映画祭

監督:周防正行/出演:成田凌、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、音尾琢真、竹野内豊、竹中直人 ほか/2019年12月13日公開

今からおよそ100年前の日本、「映画(活動写真)」がまだサイレントでモノクロだった頃、活動弁士を夢見る一人の若き青年を主人公に、日本映画の未来を夢見た人々を描く。アクション、恋、笑いの要素を織り交ぜたノンストップエンターテインメント。

七色の声を持つ天才的な活動弁士の主人公には、映画初主演となる成田凌が抜擢。永瀬正敏、高良健吾ら周防組初参加の面々に加え、竹中直人、渡辺えりなど周防作品おなじみのキャストも集結。

アイリッシュマン

東京国際映画祭

監督:マーティン・スコセッシ/出演:ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ ほか

全米トラック運転組合のリーダー、ジミー・ホッファの殺人に関与した容疑をかけられた実在の凄腕ヒットマンであるフランク・“The Irishman”・シーランの半生を描いた物語。第二次世界大戦後のアメリカ裏社会で生きた、ある殺し屋の壮絶なドラマが重厚で危険な緊張感と共に映し出される。昨年本映画祭で上映され、第91回アカデミー賞で外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門を受賞したNetflix作品『ROMA/ローマ』に続く注目作品。

※こちらの作品はスペシャルパス対象外です

その他、役所広司主演の世界最高峰・エベレストを舞台にした日中合作によるスペクタクル超大作『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』、アリシア・ヴィキャンデル、小林直己、ライリー・キーオら豪華キャスト陣で東京を舞台に繰り広げられるサスペンス・ミステリー『アースクエイクバード』などの上映が発表されています。

さらに、稲垣吾郎主演で二階堂ふみとの共演が話題の手塚眞監督作『ばるぼら』、濱田岳と水川あさみ共演で倦怠期の夫婦を描いた足立紳監督作『喜劇 愛妻物語』などにも注目が集まる。

東京国際映画祭

東京国際映画祭

映画祭に関する最新ニュースや上映作品の発表は、東京国際映画祭の公式サイトでチェックできます。

Filmarksユーザー限定!東京国際映画祭公式パスをプレゼント

※本プレゼントの応募受付は終了いたしました※

今回、東京国際映画祭 × Filmarksタイアップの特別プレゼントとして、スペシャルパスを限定5名様に抽選でプレゼント。 東京国際映画祭でマスコミ向けに開催される特別上映を鑑賞することができます。 話題作はもちろん、各部門の良作を発掘・先取り鑑賞して、ぜひFilmarksにあなたの熱いレビューを残してください!

応募資格、注意事項をご確認いただき、下記応募フォームより必要事項を記入の上、ご応募ください。

※会場の混み具合によっては入場をお断りする場合があります
※マスコミ向け特別上映がない作品は鑑賞できません。記事内に掲載した作品が対象とならない場合がありますので、あらかじめご了承ください
※当選者には、パス発行のためにお名前と顔写真データ(ご本人と確認できるもの)をご提供いただきます

《応募締切:2019年9月29日(日)23:59までのご応募分有効》

【応募方法および当選者の発表】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください
・当選の発表は、当選者へのメール連絡をもってかえさせていただきます
・抽選に関してのお問い合わせには、お答えできかねます。あらかじめご了承ください
・ご応募はお一人様一回限りとさせていただきます
・応募フォームに記入いただく氏名(漢字・カタカナ・英表記)/メールアドレス等の情報は、抽選および当選された方へのご連絡、賞品発送にのみ利用いたします

【応募資格】
・Filmarksメンバーで日本在住の方
・映画祭期間中に映画祭上映作品のレビューを投稿していただける方

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・映画祭会場までの交通費はご本人様ご自身でご負担ください
・応募内容に不明な点があった場合や当選後の連絡が不通となった場合、応募・当選を無効とさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください
・お1人の方による複数アカウントを利用しての応募があった場合は、運営側の判断により応募を無効とさせていただく場合がございます
・お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方) その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくかお使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください

(C)2019 松竹株式会社、(C)2019「カツベン!」製作委員会、(C)Netflix、(C)2019『喜劇 愛妻物語』製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS