【発表】映画『見えない目撃者』初日満足度ランキング1位獲得

111

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、ユーザーが投稿した★スコア・レビュー数をもとに、「9月第3週公開映画の初日満足度ランキング」を発表。先週末に公開され、高い評価を集めた最新映画7作品がランクインしました。

7位『アド・アストラ

アド・アストラ

[★★★☆☆ 3.45/レビュー数:2,963件]

エリート宇宙飛行士が、地球外知的生命体の探索に出たのち43億キロ離れた太陽系の彼方で行方不明となった父の謎を追う姿を描くSFスリラー。人類の未来をかけたミッションの行方は!? 宇宙飛行士役をブラッド・ピット、父役をトミー・リー・ジョーンズが務める。

アド・アストラ

6位『HELLO WORLD

HELLO WORLD

[★★★☆☆ 3.53/レビュー数:845件]

映画『時をかける少女』『サマーウォーズ』で助監督を務め、人気アニメ「ソードアート・オンライン」シリーズを手がけた伊藤智彦監督の最新作。近未来の京都を舞台に、未来で結ばれる相手が事故死すると知らされた内気な男子高校生が、運命を変えようと奮闘する姿を描いたSF青春ラブストーリー。

HELLO WORLD

5位『アナベル 死霊博物館

アナベル 死霊博物館

[★★★☆☆ 3.54/レビュー数:614件]

アメリカの博物館に厳重に保管されている、実在する呪いの人形アナベルをめぐるホラー映画。ケースに厳重に封印されていたアナベル人形が、ふとしたきっかけでケースの外に放たれてしまい、3人の少女たちに死霊の博物館と化した館で最恐の呪いが襲いかかる。

アナベル 死霊博物館

4位『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

[★★★☆☆ 3.75/レビュー数:425件]

生まれた時からSNSが存在するデジタルネイティブな10代の葛藤や恋、家族との関係、そしてその成長をユーモラスに描いた青春ドラマ。全米では4館からの上映スタートであったが、口コミで評判が広がり、1,000館以上に拡大ヒットを記録。世界で60以上の映画賞を受賞している。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ​

3位『おいしい家族

おいしい家族

[★★★★☆ 3.84/レビュー数:97件]

第40回すばる文学賞佳作を受賞するなど、映像と文学の両分野での活躍が期待される新鋭・ふくだももこの監督長編デビュー作。実家に帰ると父が母になっていた……!? 新しい“家族”の在り方を、主演に松本穂香を迎え、ほがらかなトーンで描いた作品。

おいしい家族

2位『アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

[★★★★☆ 3.87/レビュー数:706件]

伊坂幸太郎のベストセラー恋愛小説集を『愛がなんだ』の今泉力哉監督が実写映画化。宮城県・仙台市を舞台に、10年に渡って人々の想いが交錯する様子を描くラブストーリー。三浦春馬と多部未華子は4年ぶり3度目の共演。主題歌・音楽を斉藤和義が担当している。

アイネクライネナハトムジーク

1位『見えない目撃者

見えない目撃者

[★★★★☆ 3.88/レビュー数:832件]

韓国で230万人動員の大ヒットを記録した2011年の韓国映画『ブラインド』を、『重力ピエロ』などの森淳一監督が吉岡里帆主演でリメイク。視力を失った元女性警察官が、不意の接触事故に遭ったことをきっかけに連続誘拐事件の真相に迫っていくサスペンス・スリラー。

見えない目撃者

韓国スリラーのリメイク作がNo.1を獲得

人気女優・吉岡里帆が本格スリラーに初挑戦し、恐怖と衝撃の結末が待つ作品『見えない目撃者』が初日満足度1位に輝いた。

エンタテインメント性も高く、精緻な完成度を誇る良作」「スリル半端ない「緊迫感最高」吉岡里帆さんの演技が本当に上手くて引き込まれた」「最近のオススメの邦画として堂々と推薦できますなど、本作を高く評価するレビューが投稿されています。

見えない目撃者

海外作品では、『レディ・バード』の制作陣と『ムーンライト』の気鋭スタジオ「A24」による『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』が★3.75で最上位にランクイン。レビュー数では、ブラッド・ピット主演のSF映画『アド・アストラ』が最多という結果になりました。

■全国動員ランキングもチェック

興行通信社調べ、2019年9月21日〜9月22日の全国動員数ランキングTOP10は以下の通り。※( )内の矢印は先週からの順位変動

1位(→)『記憶にございません[9月13日公開]

2位(→)『かぐや様は告らせたい -天才たちの恋愛頭脳戦-』[9月6日公開]

3位(NEW)『アド・アストラ』[9月20日公開]

4位(↓)『天気の子』[7月19日公開]

5位(↓)『人間失格 太宰治と3人の女たち​』[9月13日公開]

6位(NEW)『HELLO WORLD』[9月20日公開]

7位(↓)『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~​』[8月23日公開]

8位(↓)『ライオン・キング』[8月9日公開]

9位(NEW)『見えない目撃者』[9月20日公開]

10位(NEW)『アナベル 死霊博物館[9月20日公開]

■初日満足度ランキングとは

Filmarksの初日満足度ランキングは、前週に公開された映画を対象に、公開日から公開週の週末のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順に算出したものです。

※ 前週の初日満足度ランキングをみる

※本ランキングは公開日から9月23日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。 ※本ランキングは公開日から9月23日までのレビュー数(Mark!数)が50件以上の作品を対象としています。※Mark!及び★スコアは、メンバー登録から一定期間Filmarksを利用しているユーザーから投稿されたものを対象にしています。※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品が上位となります。※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。 ※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1人1件までです。※本記事に掲載されているFilmarksユーザーのレビューは2019年9月23日時点のものです。

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation、(C)2019「HELLO WORLD」製作委員会、(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved、(C)2018 A24 DISTRIBUTION, LLC、(C)2019「おいしい家族」製作委員会、(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会、(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ(C)MoonWatcher and N.E.W.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS