【試写会】〝家族〟とは何か。越川道夫 監督作『夕陽のあと』

Filmarks公式

フィルマーくま

『夕陽のあと』Filmarks試写会を53名様にプレゼント。応募締め切りは、2019年10月28日(月)まで。

“産みの親“と“育ての親”ー母であるために彼女たちが選んだこと―『夕陽のあと』Filmarks試写会へご招待します!

夕陽のあとmain

 

夕陽に染まった海原の向こうに、ふたりの“母”の願いが交差する。

養子縁組と血のつながり、悲願と現実。選択と決断の狭間で生まれる未来への希望――鹿児島最北端の島、長島を舞台に、家族のあり方と親子の絆をあらためて問いかけた骨太なヒューマンドラマ

茜役を演じるのは『くちづけ』の貫地谷しほり、五月役には『アレノ』の山田真歩。対照的な人生を歩む二人の女性を、映画やテレビドラマの第一線で活躍する二人の女優がひたむきに演じる。監督は『海辺の生と死』の越川道夫

Filmarksユーザー53名様をご招待!

■日時:2019年11月5日(火)18:30 開場/19:00 開映
■上映時間:133分
■会場:シネアーツ(東京都新宿区市谷本村町2-5 AD市ヶ谷ビル地下

【応募資格】
・Filmarksユーザーで当日ご参加いただける方
・対象作品をClip!(観たい)している方
・試写会参加日から2日以内に対象作品のレビューを投稿していただける方

【応募方法】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください

【当選発表】
・応募締め切り後当選者へのメールをもってかえさせていただきます

応募締め切り:2019年10月28日(月)23:59までのご応募分有効

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とする場合がございます
・試写会場までの交通費はご本人様ご自身でご負担ください
・開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております
・会場内でのご飲食、写真撮影、録音、録画はお断りします
・お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方) その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認ください
・当選通知のメールが迷惑フォルダに入らないよう、キーワード「@filmarks.com」を含むアドレスの受信設定を推奨します。設定方法はお使いのサービスサポートにてご確認ください
・会場内でのご飲食、写真撮影、録音、録画はお断りします

◆『夕陽のあと』information

夕陽のあと_1

あらすじ:豊かな自然に囲まれた鹿児島県長島町。1年前に島にやってきた茜は、食堂で溌剌と働きながら、地域の子どもたちの成長を見守り続けている。一方、夫とともに島の名産物であるブリの養殖業を営む五月は、赤ん坊の頃から育ててきた7歳の里子・豊和(とわ)との特別養子縁組申請を控え、“本当の母親”になれる期待に胸を膨らませていた。そんな中、行方不明だった豊和の生みの親の所在が判明し、その背後に7年前の東京のネットカフェで起きた乳児置き去り事件が浮かび上がる……。

上映時間:133分
公開日:11月8日(金)新宿シネマカリテほか全国順次公開!
配給:コピアポア・フィルム
公式サイト:http://yuhinoato.com/
(C)2019 長島大陸映画実行委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS