【綾野剛×杉咲花】『悪人』『怒り』『64 -ロクヨン-』に続く“サスペンス大作”遂に公開!『楽園』

Filmarks公式

フィルマーくま

悪人』(2010)、『怒り』(16)と映像化が続くベストセラー作家・吉田修一の新たな最高傑作「犯罪小説集」が、『64 -ロクヨン-』(16)を大ヒットさせた瀬々敬久監督により映画化。容疑者の青年、傷ついた少女、追い込まれる男―。3人の運命が、二つの事件を軸に絡みあっていく衝撃のサスペンス大作!主演の綾野剛、そして杉咲花が作品の魅力を語った。

信じた人は殺人犯なのか―

a

「心の深い部分で引かれ合う二人はとても強烈な関係」綾野 剛さん

GO AYANO/2003年俳優デビュー。『夏の終わり』(13)、『横道世之介』(13)で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞。『日本で一番悪い奴ら』(16)で第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。主な出演作に映画『新宿スワン』シリーズ、『怒り』、ドラマ「コウノドリ」など。

a

「そばに行って一緒にいたい豪士は放っておけない存在」杉咲 花さん

HANA SUGISAKI/2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・新人俳優賞、ブルーリボン賞ほかで助演女優賞を受賞。18年、「花のち晴れ~花男 Next Season~」で連続ドラマ初主演。NHK大河ドラマのほか、映画出演作も多数。

偶然の出会いから変わっていく二人

a

─12年前、地方の小さな集落で起きた少女失踪事件。その犯人と噂される豪士(綾野剛)と、消えた少女の親友だった紡(杉咲花)が出会うことから物語は動き出します。事件の真相は、真犯人は誰かという謎を追うサスペンスであると同時に、登場人物の繊細な心の揺れを丁寧に描く人間ドラマとしても見応えがあります。難しい役をどのように演じましたか。

綾野:豪士は外国に生まれ日本に渡ってきた移民で、もともと地域に受け入れられていたとは言い難い。むしろ集落の人にとっては、ずっと「見えない」存在だったと思います。母親さえも異国で生きることに必死で、本当の意味では息子を見ていない。でも紡だけが、彼を見つめてくれた。彼女に会って初めて豪士は、自分が存在していることを実感できたんだと思います。

杉咲:紡についての最初の印象は、いろんなことを「諦めている」子。親友がいなくなった責任をずっと背負っていて、自分だけが幸せになってはいけないという思いが強い。だから、ただ今日が終わって明日が来て……ということのほかには何も期待していないように感じました。

綾野:二人とも、自分が暮らすコミュニティーに居場所がない点で共通している。どこか似た部分を持つ人たちが引き付け合うというのは、吉田修一さんの作品に特徴的な構図かもしれません。

─二人の関係をどう捉えていましたか。

杉咲:紡は豪士に対して、どこか母性的なものを感じていた気がします。「大丈夫じゃない」人が目の前にいる。その人を包み込んであげるほどの余裕は自分にもないけれど、そばにいて一緒に立っていたい、というような。二人の出会いが、彼女が周囲に少しずつ目と心を開いていくきっかけを作ったんだと思います。

綾野:杉咲さんとは一度、彼らの関係はlikeなのかloveなのか、というような話をしたことがあります。はっきりした答えは出なかったけど、もしも豪士が一緒にどこかに行こうと言っていたら、彼女はどこまでもついてきてくれた気がするんです。少なくとも彼らは必死でどこかにたどり着こうとしたし、全然違う場所に行ける可能性もあった。作品を客観的に見られるようになった今では、ここに描かれた二人の関係はとても強烈なものだと感じます。

紡はどこかでまだ楽園を信じている

a

─俳優としてのお互いをどうご覧になりますか。

杉咲:綾野さんは自分を厳しく追い込んで、現場でも一人で役と向き合う時間が長い方なんだろうというイメージを勝手に持っていたんです。だからあまりお話もできないと思っていたら、クランクインの日にお会いしたとき「こっちへおいでよ」とそばに呼んでくださって。いろんなお話をさせてもらって、すごくうれしかったです。

綾野:なんだか彼女がすごく所在なげだったもので(笑)。誰にでもそんなふうに声をかけるわけではないですが、俳優さん一人ひとりが芝居しやすい環境を僕はなるべく作りたいんです。この現場でいえば、むしろ僕も杉咲さんに助けられた部分が大きいと思っています。彼女の目線と言葉に素直に反応しているだけで僕も豪士という役を生きられたし、紡を演じたのが杉咲花で本当によかったと思っています。

─彼らにとっての『楽園』とは何だったのだと思いますか。

杉咲:演じる間それをずっと考えていて思ったのは、少なくとも紡は楽園をどこかで信じているんだなあということです。それを探す最後の力が残っていたからこそ、明日が来ることを受け入れられた。物語を理解して役を考えるうえで、私はこのタイトルにすごく助けられました。

綾野:豪士にとっては残酷なものですよね。彼はずっとそれを探していて、でも結局どこにもないことも知っていて。ただ僕のそんな理解の仕方も、時間が経てばまた変わるかもしれない。いろんな受け止め方のできる映画ですので、多くの人に観て、感じて、考えてほしいです。

◆『楽園』information

楽園

■STORY■ 孤独な青年・豪士(綾野剛)は、12年前にY字路で消息を絶った少女の親友だった紡(杉咲花)と知り合う。次第に心を通わせる二人だが、再び同様の失踪事件が起こり、周囲は豪士に疑いの目を向ける。善次郎(佐藤浩市)は近所の人とともに少女の捜索に加わり、怯えたように立ちすくむ豪士の姿を見つける……。

10月18日(金)全国ロードショー

出演:綾野 剛、杉咲 花/佐藤 浩市
主題歌:上白石萌音「一縷」(ユニバーサルJ)
作詞・作曲・プロデュース:野田洋次郎
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)
監督・脚本:瀬々敬久
配給:KADOKAWA
公式サイト:rakuen-movie.jp
(C)2019「楽園」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • こういち
    3.6
    綾野剛の振り幅がすごい。 「怒り」「悪人」「パレード」等々。 吉田修一の原作作品は本としても面白いし、映画化しても面白いので期待値高まってた。 今作は、限界集落を舞台に引き起こされる殺人事件を通して罪や罰が描かれる。 正直、「怒り」や「悪人」と違って、インパクトは薄いし、わかりづらいのでガツーンってくる感じではない。 だけど、じわじわと感じるものもあるし、真相が丁寧に描かれるのではなくて、あやふやなままだからこそ想像の幅が広がり、楽しめる。今作はなんだかんだ真相はわかってしまうけど。 どんな人間って、ふとしたことで変わってしまう。何をするかなんてわからない。 地方の怖さって、追ってくる怖さと拒む怖さがあって、綾野剛が追われた時と佐藤浩一が除け者にされたときにそれが表れてた。 作中には色んなところに住んでたひとが出てくる。彼ら彼女らにとって、この村は離れたい場所で、楽園を探すが、そんなものないのかもしれない。
  • ふくすけ
    4.0
    相変わらず重たい内容でしたね。 綾野剛さんの演技もすごいけどやっぱり柄本明さんはさすがですね。
  • りさこ
    4.0
    1番怖いのは、人の思考。 失望しかない世の中で、一縷の希望を失わずにどこまで生きてけるんだろうね。
  • ドジガヅくん
    2.5
    綾野剛にこういう役やらせたら間違いないよね。 作品のジャンル的に暗いのは仕方ないんだけど、 モヤモヤしか残らないのはちょっとね。 想像を全く越えない展開にガッカリ。
  • inotomo
    3.8
    1997年夏。長野に近いある田舎の村で、少女が失踪する事件が起きる。事件は解決せず、少女は行方不明のまま12年が経過する。少女が行方不明になった時に、直前まで一緒にいた紡は、自責の念を抱きながら村で生活していた。同じ村で、リサイクル品を売りながら生活している孤独な青年豪士と紡は、とある出来事がきっかけで心を通わせるようになる。しかし、12年前と同じような少女が行方不明になる出来事が起きる。村人が捜索にあたるが、12年前の豪士がとったある行動から、豪士が犯人として疑われてしまう。村の人からの非難の声に、逃げ出してしまう豪士。そして村人の中には、12年前の事件が起きた時に、村にやってきた善次郎がいた。 ネタバレあるかもなので、未見の方はご注意を。 この作品は、吉田修一の「犯罪小説集」の中から2篇を原作として組み合わせて作った作品。吉田修一の原作を映画化した作品はいくつか見てるけど、原作を読むとその内容を映画で昇華しきれてないなと感じたものもあった。この作品も、観念的というか、抽象的な描写が多く、少女失踪事件の犯人を明確に語ってないこともあり、最後までモヤモヤした感じが拭えなかった。尺も長いし、救いがない(あまり感じられない)ラストの展開もどうかなと思うが、人が人を間接的に殺してしまうという点で、人が人を傷つけることの恐ろしさがよく伝わる人間ドラマだった。ラスト近くに、豪士の母が紡に語る言葉が全てを表していると思うけど、誰かが誰かを攻撃したりすることで、無意識に自分達を救おうとしたり助けたりしてるのだと思う。善次郎が村八分になり、追い詰められ、ある行動に出るのだけど、人間の優しさより恐ろしさを感じる作品だった。 主演は豪士を演じた綾野剛。紡を演じた杉咲花もそうだけど、ナイーブな演技がうまい。その佇まいから歩き方まで、豪士になりきっていた。クレジットのトップが綾野剛だったので、一応主演なのかなと思うけど、もう少し彼の出る場面が多かったら良かったのにと感じた。他の俳優では、片岡礼子が元気にスクリーンで演技しているのが嬉しかったし、黒沢あすかの好演も印象に残った。 ラストは事件の真相にせまる、ある場面が描かれる。紡が東京で出会う、ある出来事も、真相を匂わせるものだったけど、ここの解釈は人によって異なってくるかも。原作がどんな感じなのか、ちょっと気になります。
「楽園」
のレビュー(3741件)