シリーズ史上最も難解な事件に挑む!WOWOWオリジナル『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』

Filmarks公式

フィルマーくま

あの大ヒットクライム系サスペンス「殺人分析班」シリーズ待望の第3弾、『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』がいよいよ放送に! シリーズ史上もっとも難解な猟奇殺人事件に殺人分析班メンバーが挑み、木村文乃演じる主人公・如月塔子役の成長や葛藤も描く大期待の一作だ。そこでFilmarksでは、『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』を徹底解剖する!WOWOWの連続ドラマWを代表するドラマとなった同シリーズの魅力を解説。そして殺人犯が遺体の首に活ける“青い花”が意味するものとは――。

「殺人分析班」シリーズとは?

a

この「殺人分析班」シリーズとは、麻見和史による大人気原作をベースに、2015年の『石の繭』、2016年『水晶の鼓動』と過去に2回、WOWOWオリジナルドラマとして映像化。警視庁捜査一課の犯罪捜査を扱い、そのいずれもが高い評価を獲得している本格クライム・サスペンスだ。捜査一課十一係の刑事となった新人・如月塔子(木村文乃)が、相棒である先輩刑事・鷹野秀昭(青木崇高)をはじめとする捜査一課のメンバーとさまざまな猟奇殺人事件に立ち向うストーリーで、<ドラマのWOWOW>の定評を裏切ることなく、硬派で骨太な展開も見もの。そして2019年、最新作にして第3弾では、シリーズ史上もっとも難解な猟奇殺人事件が描かれる。

  • ■ 麻見和史さんの人気警察小説シリーズ「警視庁殺人分析班」の第一作を木村文乃さん主演でドラマ化した本作では異常な猟奇殺人事件が出てきて、耳目を集める奇異さ、荒唐無稽さはあるものの、作品にリアリティーがあって見応えがある。機会に恵まれてスクリーンで全5話一挙上映会に参加したが、途中でダレルことなく最後までハラハラ、ドキドキしながら鑑賞した。(MasaichiYaguchiさん)
  •  
  • ■  目が離せなくなりました!最終話で伏線をしっかり回収された印象で、観てる側にも考える余裕を与える間があり、ミステリー初心者に優しいドラマだと感じました。また、一番初めのシーンでは、わ!グロいかもやばいかも…と思ったものの、最後まで見ることができてよかったです。(きらきらスパンコールさん)

シリーズ最新作『蝶の力学』の魅力とは?

a

最新作『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』では、資産家の天野秀雄が、自宅で惨殺される事件が発生する。しかも遺体には切り裂かれた首に“青い花”が活けられた状態で発見され、秀雄の妻・真弓は事件の日から行方不明に……というシリーズ史上もっとも難解な猟奇殺人事件だ。そしてタイトルの<蝶の力学>とは、映画などでもたびたびモチーフになる、ほんのわずかな初動の差が最終的に大きな事象を引き起こしてしまうという力学上の<バタフライ効果>を示唆。捜査が難航を極めるなか、はたして塔子や殺人分析班は、この猟奇殺人事件を解決することができるのか――

また、主人公・塔子を取り巻く環境が、劇的に変化していくドラマも今作でのポイント。塔子がもっとも信頼する先輩刑事・鷹野の公安部への異動が決まり、ドラマオリジナルの新キャラクターで法医学者・相羽町子も登場する。シリーズの最初では新米だった塔子が先輩たちも驚くほどに成長を遂げる一方、これまで常に寄り添ってくれていた鷹野が退くなど、大きな転換点となっており、深みを増すヒューマンドラマも見逃せない。

  • ■ シリーズ化が納得の作品。出演の木村文乃さんが特に良い。強さと弱さの絶妙なバランスがお見事!主人公の塔子の成長が楽しみ。最終回は、特に面白かった。(たけさん)
  •  
  • ■ 1日毎に進行する全5話でわかりやすい構成。警察ドラマとしても、推理ドラマとしても見ごたえのある作品でした。 特に推理の部分は良く練られていて、伏線も丁寧に回収されていき、驚きつつも気持ち良い☆ 人間ドラマの部分は主人公の葛藤や、犯人の悲しみなど重みがあって、警察仲間同士の繋がりが出来ていく過程も含めて温かさもあり、良いバランスでした。(ジジョさん)

いまから『蝶の力学』に追いつく!

a

最新シリーズからでも楽しめる「殺人分析班」だが、過去作を観ることでグッと面白さが増す!なんとWOWOWではシリーズ2『水晶の鼓動』11/10(日)夜6:00 〜 一挙放送が決定! また、11/17(日)の『蝶の力学』初回放送第一話は無料放送を実施と11月は「殺人分析班」を楽しむ企画が盛りだくさん。この機会にハマるしかない!

◆『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』information

a

あらすじ:警視庁捜査一課十一係で刑事・如月塔子(木村文乃)が最も信頼する先輩刑事、鷹野秀昭の公安部への異動が決まり、その異動まであと1週間をきっていた。そんな中、資産家宅で惨殺事件が発生。遺体の首は切り裂かれ、“青い花”が活けられていた。資産家の妻・真弓は行方をくらましており、「クラスター16」と名乗る犯人から新聞社宛に、真弓の居場所を示唆するメールが届く。
次々と起こる殺人事件と犯人に翻弄され続ける警視庁と殺人分析班。鷹野の異動があと数日に迫るなかで、塔子に寄せられる期待と責任も大きくなってゆく。しかし、期待とは反対に事件の捜査は難航し、袋小路にも思える展開に、塔子は焦りと不安が募る。
果たして、塔子や殺人分析班はこの猟奇殺人事件を解決することが出来るのか―!?そして最後の最後に誰にも予想できない、驚愕のラストが待ち受ける―!

放送日:2019年11月17日(日)よりスタート 毎週日曜よる10:00
配信元:WOWOW
公式サイト:https://www.wowow.co.jp/dramaw/rikigaku/
(C)2019 WOWOW INC.

Filmarksレビュー引用:シリーズ1『石の繭』一挙上映会より

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS