あの超人気俳優〇〇〇が出演!?豪華すぎる松田龍平主演『泣き虫しょったんの奇跡』を深掘り

Filmarks公式

フィルマーくま

将棋界の「プロ棋士へのタイムリミットは26歳」という常識を初めて覆し、35歳でプロ編入という偉業を成し遂げた“脱サラ”将棋棋士の瀬川晶司六段。そんな瀬川自らが半生を記した原作の映画化『泣き虫しょったんの奇跡』のDVD&Blu-rayが、11月27日(水)にリリースされる。映画では、本作の魅力を深掘り!劇場公開時に本作を観た人もそうではない人にも、改めて本作の魅力を紹介する。

泣き虫しょったんの奇跡

 

贅沢過ぎるキャスティング!藤原竜也はなんと〇〇〇で出演!

映画『青い春』、『狼煙が呼ぶ』など骨太な人間ドラマに定評のある豊田利晃監督のもとに集ったのは、主演の松田龍平をはじめ、RADWIMPS・野田洋次郎永山絢斗松たか子國村隼染谷将太ら人気・実力ともに日本映画界を代表する豪華面々。松田と野田はプライベートでも友人同士という関係で、劇中でも親友という設定で初共演している。「恥ずかしかった」と口をそろえる松田と野田の初々しい演技にも注目。さらに数シーン出演のみのキャラクターに早乙女太一妻夫木聡上白石萌音石橋静河らが配されるなど、奇跡的なキャスティングが実現。藤原竜也に至っては、たったの1シーンだけのカメオ出演という贅沢過ぎる起用。その登場の仕方には驚くこと間違いなし。

泣き虫しょったんの奇跡_1

泣き虫しょったんの奇跡_3

  • ■ あれしか映ってないのに、藤原竜也が出た瞬間悪いことが起きる予感しかしない。さすが(よだれドリップさん)
  • ■めちゃくちゃ豪華なキャスト。ばっこばこ泣いた。(cotelogueさん)
  • ■ 将棋界を描いてるのに、あの名作『青い春』と同じ空気を体感出来て感動!(NaokoHansenさん)

将棋の指し手のような深みのある胸アツ人間ドラマ

名だたる俳優陣が集結したのは、これまで質の高い作品を手掛けてきた豊田監督というブランド名の効力もさることながら、物語の持つ力の功績も大きい。将棋をテーマにしながらも描かれるのは、夢を追い続ける男たちの光と影の群像劇という普遍的な物語。才能の枯渇、叶わぬ夢、夢破れて去っていく者たち。しかし諦めずに食らいつく者。松田演じる晶司はプロ棋士の卵たちのシビアな現実をこう語る。「やめる者はみな、ある日突然、消えるようにいなくなる」。去る者たちの姿は、同じ境遇にある晶司たちの未来の姿かもしれない。そして迫りくる年齢というタイムリミット。本編全体を通して、将棋の碁盤には収まり切らない胸アツな人間ドラマと人間讃歌が展開する。

泣き虫しょったんの奇跡

泣き虫しょったんの奇跡_5

  • ■ キャストの演技が素晴らしい、最近じゃ1番感動した邦画。(しょうやさん)
  • ■全体的にとても緊張感があって凄く良かった。指先だけのカットからもとてもいい緊張感(映画的に)が流れていたし、試験の時の緊張感も良かった。(露草さん)
  • ■ 夢を追っかけてる人、夢に疲れてる人。 ひとりぼっちだと思ってる人、たいせつなひとがいる人。 皆さん観てください。是非。(かなたさん)

実話だからこそのまじりっけなしの感動

成功だけのサクセスストーリーにならないのも、実話ベースならでは。なんと晶司は満26歳までに四段になることができず、奨励会退会という憂き目に。将棋一筋で生きてきた彼にとって、プロ入りの夢が閉ざされることは、死の宣告と同じ。無に等しい存在になってしまった晶司は、夢も希望も目標もない抜け殻状態。ついには将棋そのものを憎むようになってしまう。そこにさらなる人生の大きな転機が訪れる。

夢を諦めず、実力を発揮した晶司の出現により、日本将棋連盟は奨励会を経なくても実力のある者を対象としたプロ編入試験の規定を誕生させた。常識を破りプロ入りした晶司の奇跡は、将棋界の奇跡であり、晶司に関わったすべての人々に“奇跡は必ず起こる”ことを知らしめた奇跡でもある。あなたは『泣き虫しょったんの奇跡』からどんな奇跡を受け取りますか?

泣き虫しょったんの奇跡_6

泣き虫しょったんの奇跡_4

  • ■ 全編を通じてじわじわと涙が出てきていたが、彼の周りの人が、気持ちを一つにして応援する最後の場面は、かなり泣けた。(まっちゃんさん)
  • ■  キャストの演技が素晴らしい、最近じゃ1番感動した邦画。(しょうやさん)
  • ■ しみじみ良かった。豊田監督作品の中で一番好きだな。奇跡の実話に涙。(slvさん)
 

◆『泣き虫しょったんの奇跡』information

泣き虫しょったんの奇跡_main

あらすじ:26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。 小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。 「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

上映時間:127分
配給:東京テアトル
公式サイト:http://shottan-movie.jp/
(C)2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ナホ
    3.5
    将棋好きな息子と一緒に鑑賞。 最近ハードなやつばっかりだったからほのぼの❤︎ 最後の野田陽次郎の しょったん、泣くなよ でまさか終わるとは。 わかりやすい、すっきり。 野田陽次郎と上白石萌音がいたらもっといい音楽つけれたろー イッセー尾形の自然な感じがいい。
  • nana
    3.7
    26歳。 26歳までに四段に昇格出来なければ退会。 厳し過ぎるプロ将士の世界。 26歳までの壁を超えられなかった昌司。(泣き虫しょったん) 彼は異例の奇跡を起こし、業界の常識を変えた。 実在する異色の脱サラ将士の瀬川晶司さんの自伝を元にした実話。 自らもプロ将士を目指していた「青い春」「火花」の豊田利晃監督が制作。 プロ将士。 私が全く知らない世界だった。 彼らは幼少の頃から鍛錬を積み、青春の全てを将棋に注いで生きてきた人達。 そのストイックはアスリートに近い。 目指す中でプロ将士として協会からの報酬で生活が出来るのは一握りのエリートだけ。 どんなに頑張っても相手が強ければ負けてしまい、昇格出来ない。 過酷な世界だ。 主人公の昌司(松田龍平)。 小学校の担任(松たか子)に“しょったん”とあだ名をもらう素直な男の子。 鹿島先生(松たか子)。 優しくて、ちょっと面白い。いそうな感じで自然な演技。 仲間たちとの友情と和気あいあいのアパートのシーンが良かった。 みんな将棋が好きなんですね。 ライバルと、こんなに仲良く思い合うって素敵だった。 脱落していく加藤。 抑えきった早乙女太一の人前で出せない感情。上手い。 対局中の新井浩文演じる清又のお尻… 「監督が振れっていうから」 「振れって言ったけど、あんまり振るから下品で」 舞台挨拶で作りを聞いたけど大爆笑だった😂 妻夫木聡、藤原達也、染谷将太…。脇を固める主役級の俳優たち。 豪華俳優で丁寧に作られた作品。 負け〜の人生の勝ちを掴んで行く展開は心から応援できた。 大人になってもトイレで隠れて泣く泣き虫しょったん。 諦めても逆転のある人生。 素敵だ。 知らない世界を映画で知る事ができる。 感謝。 この日の舞台挨拶は主要キャストの男性俳優ばかりで面白すぎるお話いっぱい。 笑った😅🤣😂 窪塚愛流さんの映画デビュー作で初の舞台挨拶。 お父さんの窪塚洋介さんが私の真後ろにいて、カッコ良すぎて緊張した💦 そしていつもながらのご自身のファンに対しての松田龍平さんの優しすぎる対応。この日も感動する。 舞台挨拶とティーチンで2回参加。   ~~~~~~~そして~~~~~~ 今日はバレンタインデー💖 忙しかった。 チョコレートは誰にも買っていない。 朝からLINEを数人に。 「nanaは決めた。あなたにチョコをあげないことを」 「なんでよ〜😭😭」 そんなやりとりをいくつかして😜 😂🤣 恵比寿や代官山、麻布なんかにはこの時期しかないお洒落なチョコレートが店頭に並び、とても楽しい。 自分用に欲しいものを購入してご機嫌💓🥰🤣 綺麗なものって好き💖 バレンタインデーにはあげない。 でもホワイトデーにはもらう。   ぽやみ🍑
  • たいぴー
    3.7
    2020.2.13
  • MayumiI
    4.3
    小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司(松田龍平)の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんだったが…。 サラリーマンからプロ棋士になった実話。監督は「青い春」の豊田利晃。ちなみに、豊田監督は昔、奨励会に所属していたとのこと。 とにかく爽やかだった。幼い頃から将棋一筋のしょったん。一度は諦め、自暴自棄になるが大学に入り直し、会社勤めをする。そこで改めて「将棋が好き」であることに気づく…。 夢を叶えられる人はほんの一握り。 「自分のためだけの将棋」から「人のための将棋」へ。 好きなことをしろと言ってくれた父(國村隼)、将棋道場の主席で、しょったんに夢を託す工藤さん(イッセー尾形)、先生のくれたはがき…。それぞれの熱い思いが伝わってきた。
  • nobby
    4.0
    松田龍平にびったりな役。 キャストも豪華。 これ、瀬川さん本人の脚本なんですね。 すごい、、。だから、なんかしっくりきたのかー。 どうして将棋なんかやってしまったんだ。 この言葉響くなぁ。。 どんなに好きなことでも、自分がうまくいかない時って、それすらも全否定したくなる気持ち、ほんとよくわかる。 鹿島澤先生の手紙、感動したなー。 まわりの皆の協力を得て、前例にない奇跡をおこすなんて、しょったんの人望だよね。 しょったんだから起きた奇跡。 しょったん、おめでとう。 結末はわかってるし、だいたいのストーリーは読めちゃうけど、それでも良い作品でしたー。
「泣き虫しょったんの奇跡」
のレビュー(2267件)