若き天才イケメン監督:グザヴィエ・ドランと『Mommy/マミー』の魅力

2016.01.03
映画

主に映画と音楽の生活

赤毛のケリー

弱冠19歳にして監督・主演・脚本デビュー映画界に衝撃を与えた男ことグザヴィエ・ドラン監督をご存知でしょうか。

知らない方はぜひ一度、画像検索をしてみて下さい。

あら、ハンサム。俳優さん?モデルさん?と思われる方が大半なのではないでしょうか?

幼少期から子役として映画やテレビ番組に出演。17歳の時に自ら書いた脚本を19歳で監督として完成させた『マイ・マザー』は第62回カンヌ国際映画祭・監督週間部門で上映され世界に衝撃を与えました。

実は、私も彼の大ファン。しかし、彼の美貌に惚れた訳ではありません。

彼を知った最初の作品は、『わたしはロランス』(監督・脚本)。

私はロランス

なんとなくタイトルとジャケットが気になって鑑賞しました。

この映画は、女性として生き始めた男とそのガールフレンドの10年に及ぶ波乱に満ちた歳月を映し出す人間ドラマ。作品の内容はもちろん、撮り方や音楽・ファッションなど全てがおしゃれで今までにない感覚に衝撃を受け、鑑賞後数日経ってからも余韻が抜けず、映画のシーンが頭の中でぐるぐると回っていました。

一体この作品の監督は誰だろうと調べた結果がグザヴィエ・ドラン監督だったのです。

安心してください。彼の美貌に惚れて紹介する訳ではございません。

ちゃんと彼の才能に惚れて今回の記事では『Mommy/マミー』を紹介させて頂きます。

愛と希望 どちらを捨てるか

マミー

(C) 2014 une filiale de Metafilms inc.

 

あらすじ

2015年、架空のカナダで起こった、現実——。 とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣は公共医療政策の改正が目的でS18法案を可決する。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。

発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。

15歳の息子スティーヴを育てる気の強いシングルマザーのダイアン・デュプレの運命は、この法律により大きく左右されることになる。彼はADHD(多動性障害)のため情緒も不安定で、普段は知的で純朴だが、一度スイッチが入ると攻撃的な性格になってしまう。

そんな息子との生活に右往左往していたダイアンだが、隣家に住む引きこもりがちな女性教師カイラと親しくなったことから、少しずつ日々に変化が訪れる。精神的ストレスから吃音に苦しみ休職中だったカイラも、スティーヴの家庭教師を買って出ることで快方に向かっていくが……。

見どころ①「母と子」

グザヴィエ・ドラン監督は初監督の作品『マイ・マザー』でも「母と子」をテーマにしています。彼の作品には必ず「母親」の存在があります。重要な役のようではないけれど作品の中に印象を残す母親。

彼曰く、「母親こそ、僕らの原点」。

「マイ・マザー」では、母を愛せない少年の戸惑う思春期の苦悩が描かれていますが、この作品では、トラブルキッズを抱える母親の苦悩が描かれています。19歳で撮った『マイ・マザー』と6年後に撮った本作を比べて観るのも面白いと思います。

マイ・マザー

(c)2009 MIFILIFILMS INC

見どころ②ドラン流・撮影技法

この作品でも、彼の作品の特徴と言える撮影技法が使われています。代表的なところで、ストップモーションとスローモーション。『わたしはロランス』ではスクリーンいっぱいに舞うお洋服。『胸騒ぎの恋人』では空から降ってくるマシュマロ。この作品で使われているこの技法は是非ともご自身で確認ください。

また、画面のサイズが正方形、アスペクト比1:1が用いられています。画角の変化と登場人物の心理とリンクさせており、1:1の正方形の世界からフルスクリーンに広がるシーンは、鑑賞している側にも解放的に感じ取ることができます。

そしてなにより、作品の色調が温かみの伝わるパステルカラーということです。多くのシーンで夕暮れ時や、マジックアワーに撮影されているため、内容が少し重くても、そう感じさせない美しい色調にうっとりさせられます。ダークな話でも表層は明るく輝かせたいという彼のこだわりのひとつ。

見どころ③音楽

もしかすると、作品も観てなくてもこのシーンだけはYoutubeなどで観たという方もいらっしゃるかもしれません。このシーンで流れる Oasisの「Wonderwall」は卑怯です。これ観たさにもう一度映画館に足を運んだと言っても過言ではありません。

“ 映画を観ている人それぞれこの曲に思い入れがあり、劇中からこの曲が聴こえてきた瞬間、個々の記憶が蘇ると、映画はたちまち、作り手の意図をはるかに超えたところに到達してみせる。”

このような事をドラン監督が語ってます。

彼が言う通り、劇中で流れた瞬間、うわーっとこみ上げてくる何かがあって勝手に涙がぽろぽろと流れ落ちていました。

本作の音楽は「スティーヴが肌身離さず持っている家族の思い出をコンパイルしたカセット・テープ」をコンセプトに組まれたそうです。スティーヴが亡き父との思い出が詰まった曲で母とダンスしてみたり、カラオケで歌ったり・・・。

つまり“映画の中で音楽を流す”ってこういうことなんですね。

まとめ

何度も言いますが、ビジュアルだけじゃないんです。きっとこの作品を観れば、グザヴィエ・ドラン監督の魅力に憑りつかれる事間違いなしです。今後も若き天才に目が離せません。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • たかこ
    4.2
    1.15 授業にて 『たかが世界の終わり』を鑑賞した時に感じた、ドランの持つ世界に対しての陰鬱な印象が後味悪く残っていたから、はじめは少し不安な気持ちで講義室の硬い椅子に座っていた。(フランス人ってみんなこんな風に怒鳴ったりヒステリックになったり互いに唾を飛ばして罵倒し合うのかな‥)と良くない偏見を抱きそうになりながらフランス映画では見慣れた暴力的なまでの口論シーンを見守っていたら、この親子の口論はひとつのコミュニケーションのかたちを取っていることがわかりホッとした。 しかし、物語が進むにつれてその口論も掴み合いの喧嘩も一時的な癇癪も総て「ああまたやってるよ笑」では済まされない、決定的な出来事へ繋がっていたことに気が付き、勝手に安心してお気楽な気分でいた自分が途端に恥ずかしくなった。みんなにとって『なんてことない』事象でも、誰かにとっては『重大な』事象になり得るって、そんなの分かりきっていることじゃあないか。 わたしはこの世の愛というものの大部分を信じていなくて特に恋人同士の間で交わされる揃いの指輪や誓われる愛の言葉ほど無価値なものはないとさえ思っている。 けれども、わたし個人の経験の中で、誰にも揺るがすことができず最も強く失われることのない愛というのはつまり母からの愛であり父からの愛であり祖母からの愛であると思うのだ。わたしが彼らを嫌悪し憎悪し裏切る未来が来たとしても、彼らはわたしを愛してくれると思う。それはまさしく紛れもない、無償の愛というもので。 別に家族愛が絶対だと主張したいのではない。家族とか血縁とかそういうものは信じていないし、わたしが愛されたように将来自分の子供に還元しよう、愛のある家庭を築こうなんて微塵も思っていないのだから。 けれども、ここで言いたいのは、そういうわたしの面倒くさい感情やら理屈やら世間やらそういうもの総てを無視して、母や父や祖母の、わたしに対する愛は優先されているということなのだ。 Mommyで述べられていた、愛とは、こういうもののことを言うのでは無いだろうか。総てに優先される愛、自己犠牲が素晴らしいのではなく対象を無償で愛するというその覚悟こそが愛の現れなのだ。
  • AustinJames
    2.9
    この世界に残された希望はわずか
  • けいと
    3.8
    重度発達障がい児のスティーヴと、その母親ダイアンが、どう生きるか。 発達障がい児の親が、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障する法律が可決された架空のカナダでのおはなし。 美しい映像と素敵な音楽とのリンク、 アスペクト比1:1の正方形の画面の中ですすむ物語、 人の顔がぼやけたり、突然音が遠ざかったりする不思議な映像効果、 と、この映画を語るのに多く意見されるであろう工夫たちは 素敵な映画にするための創意工夫なんかでは全くなくて グザヴィエドラン彼自身にみえている世界そのものなんだろうな、と思った。 画角が狭いのは、それだけ彼が世界を窮屈に感じていて 且つものすごくひとの表情だけに焦点をあてて物事を捉えているから、のように感じたし、 わたし自身もADHDだから、人の顔がぼやけたり、音が遠ざかったりして感じるのは、経験がある。 ものすごくつらいシーンなのに、ものすごく美しく描かれていて その分、事実以上にとっても悲しく感じました。 あとこれ、母親のダイアンも相当にADHDだしアスペだと感じたのだけど、ほかの方のレヴューみててもそう書いてる人は見当たらなくて、どうなんだろう。 私の思い込みかしら。 救いもないけど、絶望もなくて、つらいことといいことがだらっと続くのが人生なのですよね。 そんなことを突き付けられたような気がして、わたし自身この先生き続けるのがしんどくはなったのですが。。 おもしろい映画、だいすきな映画、というかんじではないけど、 本当に観てよかったし、人生でもう何度か観たいなと思う映画でした。 ラナデルレイのBorn to dieのdieは「死」であり「母ダイアン」なのだと気付いた瞬間は、まるでそのふたつの意味が殆どイコールだと言っているようで、それが一番つらかった。
  • Y
    3.7
    グザヴィエドラン最高!
  • lemon
    4.7
    記録
「Mommy/マミー」
のレビュー(28443件)