人と語りたくなるラストを味わって!新感覚ラブストーリー『COMET/コメット』

2015.12.18
映画

映画好きをこじらせLAへ

MaryK

12月12日よりヒューマントラストシネマ渋谷にて公開中の映画『COMET/コメット』。

題名にもなっている彗星を意味する"Comet" が降り注ぐLAで偶然出会った二人の6年間を、時間と空間をランダム使って表現したちょっと不思議なラブストーリーです。

comet

(C) 2014 COMET MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

本作で長編映画監督デビューをしたのがサム・エスメイル。IMDbでの8.9点という高評価を記録している新作海外ドラマ『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』という大注目シリーズも手がけており、今後どのような作品を生み出していくかとても楽しみな監督の一人でもあります。

では、さっそく今作のあらすじから見所に迫ってみましょう。 

あらすじ 

数多くの歴代有名俳優が眠る墓地、Hollywood Forever Cemeteryで行なわれる彗星観測を訪れていたデルは、偶然知り合ったキンバリーに一目ぼれをしてしまいます。

彼女のあまりの美しさに見とれていたために、車に轢かれそうになってしまったところを助けられるという、なんとも情けない出会い方でした。

 

キンバリーには一緒に来ていた男性がいましたが、自己愛性人格障害であるデルのちょっと変わったアプローチに引き込まれていってしまいます。この二人が出会ったその時を超え、次々と映し出される未来のエピソード。

友人の結婚式のために訪れていたパリのホテルでの出来事や、NYにいるデルに衝撃の告白をする会話。デルに別れを告げたあと電車で偶然再会する二人、そして夢なのか現実なのかわからないキンバリーのアパートでのやり取り。6年間の二人の物語がまるで走馬灯のように映し出され、見ている観客をどんどん引き込んでいきます。

あの時の会話は?そのあとに何をしたの?そう思っていると次々と移り変わるシーン。夢なのかパラレルワールドの中にいるのか、現実なのか?ラストシーンは人と語りたくなること間違いありません。

心にジーンとくるラブストーリー

タイムラインがランダムであるという手法や、独特な色味の映像美も幻想的でその儚く切ない恋をうまく表現しており、『エターナルサンシャイン』や『Her/世界でひとつの彼女』といった作品が好みの方にはどんぴしゃな映画ではないでしょうか。

会話がとても重要である今作品。どのセリフにも意味があり、この後の二人はどうなるのだろう?とずっと推測し続けることになります。男性の視点から感じるキンバリーのセリフ、女性の視点から聞くデルの一言。見る側の性別や、その人が持っている恋愛に対する考え方によっても解釈が違うはずです。

ポスターに書かれている「やっぱり、君とはいられない。」という絶対に愛する人から言われたくない言葉... どうして二人はそうなってしまったのか?その経緯を映画館で見届けてきてください。

主演二人の今後の出演作

最後に、主演を務めた二人(ジャスティン・ロングとエミー・ロッサム)の日本で見られる今後の作品にも注目していきましょう!

『Mr. タスク』- ジャスティン・ロング

mrtask

(C)2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc. All Rights Resereved.

2016年1月6日にレンタル開始予定のホラー映画『Mr. タスク』。『クラークス』や『ドグマ』のケヴィン・スミス監督作品。

ポスターの画像にあるセイウチ+人間=Mr. タスクとありますが、嫌な予感しかしないですね。新しい関係といわれても、そんな恐ろしい関係知りたくありません。ムカデ人間といった作品も過去にありましたが、今回はセイウチ人間ときたものです。我慢できずに画像を検索してしまった自分を恨みたい... 

そっち系がお好きな方はぜひご覧になってみてください。カメオとして大物人気俳優が出演しているそうなので、お見逃しなく!

『サヨナラの代わりに』- エミー・ロッサム

sayonara

(C)2014 Daryl P.phpe Productions, Ltd. All Rights Reserved.

11月7日より全国で公開中の『サヨナラの代わりに』。何をやらせてもうまいオスカー女優のヒラリー・スワンクと共演をしています。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)に冒された女性と介護のために雇われた大学生と心を通わせていくお話。フィルマークスでも泣けた!というレビューが圧倒的に多い感動作品です。『オペラ座の怪人』でその美声を披露しブレイクしたエミー・ロッサムが今作品でも歌を披露しています。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • tatw3love
    3.0
    ちょいちょい寝たけど 安っちぃ演出の中にある可愛さみたいなものがよかった
  • Fumi
    3.2
    It’s kind of like mr. nobody meets romance. Although the story was cute, the guy is so creepy if it was real life. 2人とも個性的で面白い!なんか言ってることが地味に面白い。 “I don’t have a good relationship with gravity”
  • おやすみなみ
    1.5
    期待しすぎてしまった パラレルワールドの設定にワクワクしたけど主人公のふたりのキャラクターが愛せなかった。 映像は綺麗で新しかったけど。 ミニシアターで観るのを渋ってよかった。
  • ベイビー
    3.7
    星は瞬かない 地上の大気のせいで揺らいで見える 真実は歪まない 人の心のせいで歪んで見える… ーーーーーーーーーー "ある男女の6年にわたる物語が、交差するパラレルワールドの中で進行する" という、オープニングクレジットから物語は始まります。 愛を信じない男デルが、愛を信じる女キンバリーに一目惚れをし、彗星が降り注ぐなか恋に落ちた男女の物語。5つの時間が交錯し合い、一つの答え(未来)を導き出します。 真実という名の未来は一つだけなのに、男と女は違う感覚で時間を歩んでいきます。まさにそれがパラレルワールド。地球と彗星のように離れては近づき、近づいては離れてを繰り返し、決して交わることはないのです。 二人が歩む歩幅。本音と嘘。過去の記憶の食い違い。男と女。愛を信じない心と信じる心… 同じ時間の中で、自分と他人は違う人生を生きる。あたり前のことですが、他人が生きるパラレルワールドの中へ他人が入ることは出来ません。 愛するが故に、相手の価値観を無理に支配しようとすれば、それは"愛"でなくなり"自己愛"になってしまいます。 当然、二人の未来のベクトルは違う方向を指し、交錯していたパラレルワールドもすれ違いの方向へ向かいます。そのすれ違った彗星は、いずれまたこの星に戻って来るのでしょうか… ーーーーーーーーーー この作品の約90分間ほとんどが、デルとキンバリーの二人のクセが強く理屈っぽい掛け合いが続きます。それを5つの時間が交錯し合って、見事に独特の世界観を表現しています。 キンバリー役のエミー・ロッサムがとてもキュートで、デルが恋する気持ちも分かります。 総合評価は低いですが、僕は好きな作品でした。
  • Q
    -
    勢いが重要だったり後悔だったり あああああ
「COMET コメット」
のレビュー(1424件)