スター・ウォーズのカイロ・レン役で大注目!でも、アダム・ドライバーって一体誰?

2016.01.02
女優・俳優

映画好きをこじらせLAへ

MaryK

2015年の最大の話題作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がついに公開され大ヒット中ですね!多くのファンが劇場に集まり大盛り上がりを見せています。3Dで見たあとは劇場を変えて次は4DXで、なんて方もお正月休みにはいらっしゃるのではないでしょうか?

ここまで世界中で盛り上がる超大作なので、出演した俳優たちの今後の活躍に期待ができます。

そんな彼らの中でも、特に注目をしていただきたいのがアダム・ドライバー。『フォースの覚醒』では、ダース・ベイダーを受継ぐ存在である悪役のカイロ・レンを演じています。

劇中で見せるその素顔にどうやら賛否両論のようではありますが...。カイロ・レンとしてのアダム・ドライバーではなく、俳優としてのアダム・ドライバーをぜひ知ってみてください!彼の持つちょっと独特なセクシーさにハマる女子が続出すること間違いありません。

スター・ウォーズに出演するまでの経歴

1983年カリフォルニア州サンディエゴ生まれの32歳。

高校卒業後、俳優を目指しロビン・ウィリアムズなどの多くの名優を生み出した名門ジュリアード音楽院へ応募するも不合格。俳優への道は諦め、母親の再婚相手が牧師だったこともあり教会の集まりで掃除機を売ったり、テレマーケティングの仕事をするものの、満足のいく生活はできないままでした。

その後、継父の勧めでアメリカ同時多発テロ事件のすぐあとに海兵隊へ入隊。怪我のため2年8ヶ月で除隊し、再びジュリアードへの入学に挑戦し、見事合格。それから演劇を学んだという異例の経歴を持つ人物です。

2009年の卒業後には、ブロードウェイやオフ・ブロードウェイの小さな役をもらいながら、レストランでウエイターをしていたことも。映画デビューとなったのは2011年の『J・エドガー』でのウォルター・ライル役でした。

その後、映画監督としてもお馴染みジャド・アパトー監督プロデュースの海外ドラマ『Girls/ガールズ』のヒロインのボーイフレンド、アダム役で2012年に大ブレイク。精神状態が不安定で難しい役を演じ、エミー賞にもノミネートされました。

既にアダムのファンだよ!という人たちは、きっとこの『Girls/ガールズ』の彼にやられた方たちですよね?絶対に付き合ってはいけないダメ男の代表的なようなキャラクターでしたが、話が進むにつれその外見とはまったく違う繊細な一面を出していき、その魅力に気が付いたら虜になってしまったという女子は多いはず!

プライベートでは2013年に長年のガールフレンドであったジョアンナ・タッカーさんと結婚。ロサンゼルスのスター・ウォーズプレミアには奥様を連れての登場でした。

では、続いてアダム・ドライバーの今までの出演作品をご紹介していきます。カイロ・レンで虜になってしまった方はぜひ過去の作品でのアダム・ドライバーもご覧になってみてください。

『フランシス・ハ』

frances_ha

(C)Pine District, LLC.

NYでバレエ・ダンサーを目指し日々葛藤する27歳のフランシスを追った作品。恋愛もキャリアもダメだけど、好きなことに突っ走るフランシスに共感を覚えた20代の女性は多いはず!

アダム・ドライバーはお金に困ったフランシスをルームメイトとして受け入れるLevというキャラクターを演じてます。モノクロ映画ではありますが、191cmもあるアダムはその体格の良さからか只者ではないオーラを既に感じることができます。スタイリッシュな出で立ちにも注目です。

『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

llewyn

Photo by Alison Rosa (C)2012 Long Strange Trip LLC

多くの根強いファンを持つジョエル&イーサン・コーエン監督監督作品。ボブ・ディランが憧れたフォークシンガー、デイヴ・ヴァン・ロンクの自伝にヒントを得ています。

主演を演じたオスカー・アイザックは『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』にも出演しているので、今作品でアル・コーディ役を演じたアダム・ドライバーとは再共演ということになります。実はこの二人、ジュリアードで演劇を学んだという共通点もあったりするんです。

『奇跡の2000マイル』

2000miles

(C)2013 SEE-SAW (TRACKS) HOLDINGS PTY LIMITED, A.P. FACILITIES PTY LIMITED, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, SCREEN NSW AND ADELAIDE FILM FESTIVAL

「自分探し」のためにラクダと愛犬を引き連れ、2000マイル(約3200キロ)にも及ぶ砂漠を徒歩で横断した女性の体験を実写化した作品。

主演となる実在の人物ロビン・デヴィッドソンを演じたのはミア・ワシコウスカ。アダム・ドライバーも実在する人物であるナショナルジオグラフィックの写真家リック・スモーランを演じました。

『もしも君に恋したら。』

whatif

ハリー・ポッターでお馴染みのダニエル・ラドクリフが超草食系男子を演じた不器用なラブストーリー。ダニエルが恋する相手は文系女子が良く似合うゾーイ・カザンです。失恋の傷を今でも抱える男子が恋した相手には彼氏がいて... 友人でいることを約束するもやっぱり気持ちは隠せないというなんとも切ないお話です。

アダム・ドライバーはダニエル演じるウォルスの悪友を演じています。脇役ではありましたが、思わず引いてしまうような強烈なセリフを吐いたりと、主演の二人よりも存在感がありました。

『あなたを見送る7日間』

thisiswhereileaveyou
父親の死をきっかけに、三男一女の子供たちが実家を訪れユダヤ教の伝統にのっとりシヴァと呼ばれる喪の7日間を一緒に過ごすというもの。決して仲が良い家族とはいえず、トラブルだらけの一週間を送ることになりますが、家族の大切さや人生で誰もが経験するような問題を描いた作品です。

アダム・ドライバーはアカデミー賞主演女優賞を二度も受賞しているジェーン・フォンダの息子役として出演。4人いる子供たちの仲でも末っ子ということもあり、久々に合う母親や歳の離れた兄弟に認められたいという気持ちを、運転する車だったり、歳の離れた彼女だったり、そういったところで末っ子なりの葛藤をうまく表現しています。

2016年の新作にも期待!

しばらくはスター・ウォーズのカイロ・レンの人という形で語られることが多くなるかとは思いますが、今後の出演作にも期待ができますよ!

『スター・ウォーズ エピソード8』はもちろんですが、『フランシス・ハ』でタッグを組んだノア・バームバック監督の新作『While We're Young (ホワイル・ウィア・ヤング)』は2016年に日本公開予定。

また、遠藤周作の「沈黙」をマーティン・スコセッシ監督が映画化した『Silence (サイレンス)』ではリーアム・ニーソンや浅野忠信と共演をしています。

俳優としてどう成長していくのか今後の活躍が本当に楽しみです。

[[Logly Link]]

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • nori417
    4.5
    Love STARWARS
  • nameless
    4.2
    スターウォーズは幼い頃から観てました。エピソード3を当時劇場で観て衝撃を受けまして、もうアナキンロスに陥りまして、それはそれまでのシリーズを忘れるほどで、「スターウォーズ?知らん。アナキンは好き」と偏った印象になっておりました。なので新シリーズが出ると知った時もなかなか手をつけないままでした。 最近フォローさんのレビューでエピソード7が評価高く、面白そうでウズウズしてきたので観る事にしました。 面白かったです。 私の中のスターウォーズはネガティブなのですが(エピソード3しか記憶が無いので)、今回はとてもポジティブな印象を受けました。こんな軽い気持ちで観て良かったっけ?とちょっと焦りました。 もちろん映像は懐かしさもありとても良かったのですが、興味引かれるキャラクターが良かったです。 とにかくBB-8が可愛くて可愛いい!んです。階段を降りる動作とか、ホログラムを写す時の見上げる動作とか、もう本当にキュンキュンするんです。たかが球体をこれだけ可愛く見せる制作の方々凄いですね。 「主人公女かぁ…」と思っていたレイも、可愛いんです。女臭さが無くて、野生児の如くガニ股で飛び回って、良い意味で小学生みたいなんですよね。とても純粋そう。この子がジェダイになるというなら素直に応援できそうです。 レンも完璧な悪ではなく、まだ不安定で物悲しいところがアナキンを垣間見て、こういう敵って好きだなぁと思いました。 ルークが出てきたときは、エピソード4〜6で終わったと思ったストーリーがまだ続くんだ!と実感し嬉しくなりました。そういえば昔はルーク好きだったんだっけ。 なんかまだまだ感想とか思い出とか書きたいことあるけど、全然纏める事が出来ないのでやめときます。 今回の作品を観ても、エピソード3は揺るぎないものですが、スターウォーズをネガティブな印象からポジティブへ変えてくれ、続編も観たいなと思わせてくれました。観て良かったです。
  • なつ
    4.0
    8に向けた予習をすることにしました。
  • ぴよぴよ
    4.1
    来たる12月15日の為の復習✨ あの音楽と共にファーストシーンの文字が画面に現れただけで鳥肌が立ってしまい、ドキドキワクワクが止まらない💓 あれから2年…自分の忘れっぽい頭脳を喜ばしいと思えた2時間。砂漠にたたずむレイとBB-8のなんて絵になる立姿✨ 1977年から続く壮大でロマン溢れる物語に改めて胸を熱くする🔥 ハンソロ、レイア、ルーク、チューバッカ、C-3PO、R2-D2、ミレニアムファルコン号…みなさん随分お年を召されたけど、画面に登場するだけでそのオーラと背負った物語を思い出し涙が止まらない💦 新しい登場人物も魅力的✨勇敢でエネルギッシュなレイ、包み込む様なあたたかさが優しいフィン、動きの全てが可愛らしくて目が離せないBB-8、宿命の一族の血統を引き継ぐレン。もうすぐ公開の物語にすべて引き継がれると思うと期待が高まり又泣けてくる💦 も〜!どうしちゃったんだろう!私こんなにスターウォーズ好きだったっけ?この魔力✨1〜6と見続けてきて、物語が7に結びつく喜びに改めて浸っちゃいました😍 レイの差し出したライトセイバーに、振り返ったルークがどう応えるのか…12月15日が待ちきれなくなってきました💓
  • HELLOPANDABOOK
    2.5
    マイフェア・ポップコーンムービー🍿
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
のレビュー(54745件)