AIに負けたことは人類の負けではない?【小出教授の白熱講座vol.3】

2016.03.16
雑学

Don’t think, Feel!

小出一富

かつてアインシュタインも愛したという「囲碁」。囲碁AIの「Alpha Go」と韓国のイ・セドル九段の世紀の対決が話題となっています。

2016年3月15日に、Google系のAI部門DeepMindが開発した人口知能、囲碁AIの「Alpha Go」と韓国のイ・セドル九段の世紀の対決の最終局がおわりました。

このイ・セドル棋士は、過去10年で世界で最もタイトルを多く獲得した棋士で、「棋界の魔王」ともあだ名される超一流棋士です。これまで「囲碁でAIが人類に勝利にするには最低でも10年ではかかる」といわれていました。

全5局が終了し、試合結果は、イ・セドル九段が第4局で勝利するものの「Alpfa Go」に4対1で軍配があがりました。

この試合結果が意味するものは?

試合内容的にいえば、AIの強さは異常でした。時々、何を考えているか分からない手を打つのですが、それさえもあとでちゃんと回収していきます。そして、一局ごとに強さが増していく印象を受けました。
そのAIにイ・セドル九段が、しかも負け続きの第4局の中で一勝できたことは本当にスゴイことなのです。

囲碁02

しかしAIが人類に勝利した、ということばかりが報じられ、セドル九段の最終局を終えたコメントが余り知られていないのは非常に残念です。

イ・セドル九段は、「かつて自分が本当に囲碁を楽しんでいるのか疑問に思ったこともありましたが、今回のAlphaGoとの対局は5戦とも楽しいものでした。AlphaGoとの対局で、旧来の定石についても疑問をもつことができました。またこれから学ぶことが増えました」(拙訳)と、述べています。

そうです、セドル九段は「楽しんだ」のです。Alpha Goは楽しんで碁を打っていたのでしょうか。苦戦しながらも「楽しむ」ことができる。これが人類です。

人類の囲碁の歴史を語るには外せない人物

さて、そんな人類の中で囲碁の天才と謳われた呉清源という人物をご存知でしょうか?

2014年、享年100才で死去した呉清源。川端康成は「耳や頭の形から貴人の相で、これほど天才という印象の明らかな人はなかった」と評し、世間では「碁の神様」「百年に一人の天才」とも呼ばれた人物です。

碁は格子状の盤面に黒と白の石を置いて、陣地取りをする古代中国発祥のゲームです。日本に伝わってきたのはおそらく奈良時代。天皇御物を収めてある正倉院に碁盤と碁石が伝わっています。

室町時代から今の囲碁のような形になっていき、江戸時代には幕府お抱えの家元制度も確立され囲碁が身分の上下を問わず普及していきます。そして囲碁は昭和期に新たな局面を迎えます。天才棋士・呉清源の登場です

『呉清源 極みの棋譜』(2006)

chr06

呉清源という人はどこがすごいのか?

しいて云えば「碁」というものを変えた人です。

新布石という、それまで盤面の隅の地を重んじていたスタイルから、盤面中央の地へと展開していく全く新しいスタイルを木谷實(映画では川谷拓三の息子・仁科貴が演じています)と考案、確立します。れはまさに囲碁の革命的発想でした。

連綿と培われてきた江戸時代の碁を脱却して、近代碁という新たな世界の扉を開いた棋士。あの「Alpfa Go」もこの新布石の系譜に連なります。近代碁を作った男、それが呉清源なのです。

ここでは、呉清源の著作『中の精神』を原作にした映画『呉清源 極みの棋譜』(2006)についてご紹介します。

『呉清源 極みの棋譜』を楽しむ2つのキーワード

ちなみにこの映画は、ある程度予備知識があった方が楽しめる作品です。

例えば、阪東妻三郎主演の『王将』(1948)のように阪田三吉や将棋を一切知らなくても楽しめる映画というよりは、呉清源の人生とその時代をかみしめながら味わう芸術映画となっています。

この映画は、呉清源の宗教的な入信と彷徨いという心の放浪が一つの主軸になっています。その中で出てくる2つのキーワードについて解説したいと思います。

その1.紅卍会(こうまんじかい)

呉清源の日本での庇護者であった西園寺公毅卿が亡くなると、彼は精神的ショックから試合を放り出して中国に帰国してしまいます。その時に中国で入ったのがこの紅卍会。時折、紅卍「教」とメディアで紹介されることもありますが、これは誤りです。

紅卍会は、道院という中国山東省で生まれた宗教団体の組織であって、宗教そのものではありません。
道院の教えはイスラーム・キリスト教・仏教・儒教・道教を世界五大宗教だと考え、これらを一つのものとして調和させていこうという考えを持っています。
調和、和合という考え方と呉清源との間に非常に親和性が高かったのでしょう。


その2.璽宇教(じうきょう)

この作中で「ジコウ」という耳慣れない言葉が聞こえてきます。ジコウとは璽光尊。璽宇教の女教祖、本名大澤ナカ、別名長岡良子(ながこ)の宗教名です。呉清源は紅卍会の次に、この璽光尊の璽宇教に入信します。
敗戦後、璽光尊は新しい「霊寿」という元号を定めたり、作中にもあるように石川県金沢に信者を率いて「金沢遷宮」とよばれる大移動をしたりと世間を大きく騒がせます。やがて璽光尊は食糧管理法違反の容疑で金沢で警察官から取り締まりを受けます。映画の中では警官隊相手に大柄な人物が抵抗する様子が描かれていますが、おそらくこれは第35代の名横綱・双葉山定次ではないかと思われます。
実は呉清源の他に双葉山も璽宇教に入信しており、この時に璽宇と一緒に双葉山も逮捕されています。(これを璽光尊事件といいます)。

映画では、呉清源の宗教への傾倒が大きな主軸の1つとなっています。一見するとこの宗教入信のエピソード群は要らないようにも見えますが、私は当時の世情や呉清源という人を主人公とする上で非常に重要なテーマだと思っています。

社会の奔流の中で「調和」を追い求めた呉清源の姿

呉清源は中国でも碁の天才少年として名高く、その天賦の才能を見込んだ棋士・瀬越憲作によって14歳で来日します。そして呉は西園寺公毅卿の勧めで日本に帰化することになります。

しかしそれは、碁によってのみ作られた人生であり、碁を打ち勝ち続けることによってのみ存在意義を認められたのとほぼ同義と呉清源には思えたのかもしれません。勝利を至上とする呉清源とは異なる価値観で動く碁という勝負の世界。

呉清源がいかに勝負の世界から身を引こうとしようとも、彼に与えた天与の才能ゆえに師・瀬越憲作らもそれを許しませんでした。

囲碁03

やがて時代は日中戦争へと突入します。呉清源にとって中国は生まれた国。それどころか帰化したのは呉清源のみで、彼の母や兄弟は中国人のままでした。帰化した自分の国と自分の祖国。

それは引き裂かれる自分自身でもあります。そして日本は敗戦となり、価値観は旧来とは大きく変容していきます。

 一個人では何ひとつとしてどうしようもできない時代と社会の奔流の中で、作中で登場する川端康成や師の瀬越憲作のように自死ではなく生き永らえて「調和」を追い求めた呉清源の姿。

呉清源先生との思い出

私の曾祖母が江戸時代の囲碁の家元四家のうちの井上家の縁続きだというのもあって、私も小学校の頃は碁のプロを目指していた少年たちの一人でした。そして私が小さい時に数回、この呉清源先生にお会いしたことがあります。

囲碁01

その時、おそらく私は「どうやったら碁が強くなりますか?」と聞いたんだと思います。
すると呉清源先生が仰った言葉、今でも脳裏に残っています。

「碁は勝負じゃないよ。調和の世界だよ」

極めて個人的な見方にはなりますが、その言葉に至るまでの呉清源先生の人生と心の軌跡を思うと涙が出ます。呉清源という人を通じて、価値観のない世界の中で一人の人間がどう生きるのか、ということを今改めて問いかけてくるような作品です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
「呉清源 極みの棋譜」
のレビュー(29件)