【映画監督の仕事の話】「映っていないけど、映っている」を意識して映画と向き合おう

2016.02.25
雑学

映画館に頻繁に出没する横分けメガネゴリラ

YMG

漫画や小説などの書物や音楽などを選ぶ際、多くの方がその"作り主(アーティスト)"を意識されると思います。

例えば漫画は、絵の描き方や人物の造形に「一貫性」がありますし、ボーカルのある音楽も「他のアーティストとの違い」をその歌声ではっきりと掴むことができます。

物理的に作り主の「仕事」が明瞭になっている上記したような媒体において、作り主を意識するのは容易といえます。

一方で映画ではどうでしょう?映画における“作り主”は監督ですが、実際に映っているのは俳優ですし、構図やカメラワークを作り出しているのはカメラマンです。北野武監督やシャマラン監督のように自ら出演をする監督は多くはないので、音楽におけるボーカルのように監督の物理的な「仕事」を意識するのは簡単なことではありません。

とは言っても、意識することは可能です。監督の「仕事」を意識すると、映画はより一層味わい深いものになるので、それを簡単にではありますがご紹介したいと思います。

監督の二つの仕事

監督が現場で行う仕事は山ほどありますし、監督によってそのやり方は千差万別です。その一方で全ての監督が避けられない仕事が少なくとも二つあります。

まず、撮影台本が完成しスタッフが決定すると、監督は完成像のイメージを各部スタッフに伝えます。

それを受けてスタッフは完成像を物理的に準備し整えます。美術部は、セットの完成図を見せ、衣裳部はメインキャストのシーンごとの衣裳を見せ、制作部はロケ地の候補を提示します。それらは美術打ち合わせ、衣装合わせ、メインロケハンという行事を繰り返し、監督が一つひとつをジャッジして完成像へ近付けていきます。

この一連のイメージ&ジャッジの作業は、上記した準備段階だけでなく撮影現場でも行われます。俳優にイメージを伝えて芝居をやってもらい、ジャッジ。カメラマンにイメージを伝えてカメラポジションや構図が決まったら、ジャッジ。

イメージ&ジャッジを無数に繰り返すことで映画は完成するので、上映される映画の最初の1秒目のシーンからラストカットの1秒まで監督のイメージ&ジャッジした「仕事」映っていないけど映っていると言えます。

次では具体的にどのような形で「仕事」が具現化されているかを探ってみます。

監督の映っていないけど映っている仕事

ロボコップ』という映画をご存知でしょうか。あまりにも有名なのであらすじは割愛しますが、監督はオランダ出身のポール・バーホーベンです。

ロボコップ

劇中でバーホーベン監督の「仕事」が最もわかりやすく意識できるのは、登場人物たちの死に際の描かれ方にあります。

アイアンマン』くらいキャッチーで子ども向けの面構えでありながら、登場人物たちの死に際はプライベート・ライアンさながらに目を背けたくなるほど残虐で悍ましく、痛々しいのです。

監督は幼少期を第二次世界大戦下のオランダのハーグ市で過ごしましたが、街は味方である連合軍によって破壊され、瓦礫の山となり道端にはバラバラの死体がゴロゴロ転がっていたそうです。

残虐な戦争と死を間近で見て育った監督に、嘘っぱちの「死」や、社会が決めた常識やモラルに収まる描写が描けるはずがありません。

ロボコップの現場ではカメラが壊れるほどの爆薬を使い、銃弾で人が死ぬ時は、蜂の巣になった死体がその衝撃で踊るほどの描写にし、その仕事には徹底した残虐性で一切の容赦もないのです。

ロボコップの後も一見楽しげに見えるSF活劇スターシップ・トゥルーパーズを、戦争を擁護する者を鼻で笑うようなシニカルな映画に仕上げ、透明人間映画インビジブルでは社会的に裁かれない環境下(戦争と一緒)で人がいかに残酷非道になるかを強烈な描写で描いています。

表面的に描かれている事柄はどれも異なりジャンルも違う一方で、監督がイメージ&ジャッジした「仕事」にははっきりと一貫性があり、「映っていないけど映っている」バーホーベン監督を意識する事ができるのです。

スティーブン・スピルバーグ監督、アン・リー監督、コーエン兄弟監督、日本だと橋口亮輔監督や是枝裕和監督など枚挙に暇がありませんが、いずれの監督も「一貫性」があり「他のアーティストとの違い」があるのです。

監督の仕事を知って、どうなる?

「映っていないけど、映っている」ことが、監督のイメージ&ジャッジした「仕事」であることをご理解頂けたでしょうか。そこには他の媒体と同じように、監督の何らかの意図や考え、信念や願望が作品全てに宿っています。

「映っていない」からこそ「映っている」ことを通して、なぜそれを監督はイメージ&ジャッジしたのかを逆算・想像する事で、「映っていない」監督の意図や考え、信念や願望に触れることができます。それはいうならば映画を介して監督と非言語でコミニュケーションを取るようなものです。

「映画の終わりが、実は始まりなんだ」

小津安二郎監督はそうおっしゃっていますが、映画鑑賞が一過性で終わる事なく、観客の中で何かが始まることを映画監督は望んでいるのかもしれません。

そうやって映画と向き合えばたとえ2時間で終わる映画も、頭の中で延々と続くのではないでしょうか。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • marumame
    3.3
    ロボコップいっき観~~!! 今更ながらに初鑑賞!こんなシリーズ化されたとゆうことは、当時なかなか人気がありましたよね?当時勝手ながらロボコップ役はシュワちゃんだと思い込んでました! かなり無敵な感じかと思っていたんですが、そうでもなくて俊敏さは皆無。 でも動きがかっこいーです!コロッケの五木ひろしロボを思い出してしまいますが。 └[°罒°]┘ テレビのニュース番組やその間に流れるCMがかなりむちゃくちゃで笑えます。
  • naf
    3.7
    巨悪に立ち向かう悲劇のヒーロー・ロボコップ。痛快。 最強すぎて、敵がどんな武器を持っていようが安心感がある。無駄な抵抗をするギャングたちが哀れだ。
  • ジンサン
    3.0
    当時、ひょうきん族が『ロボコップ』をパロって、『イナカッペ』てやってたような…。足から出てくんのが銃じゃなくて大根やねん。あれ、おもろかったなぁ…。 ああ、この映画もB級感まる出しでおもろかったで。
  • ド根性
    3.0
    ジャジャジャジャーンジャーンジャーンジャーン♪ ジャジャジャジャーンジャーンジャーンジャーン♪
  • エニックユース
    -
    パールバーホーベン映画だけにさすがの特殊メイク技術。ニュースの間に挟むCM考えるのスゴイ楽しそう。どこか醒めていて、全てを皮肉にしか捉えてないこの近未来は毎回笑える。いや、笑えないのかもしんない。 話の進め方とかチャッピーはオマージュしてんだろうなぁと感じた。
  • 上海十月
    3.8
    ヤマハのスポーツ心臓とアン・ルイスに驚き。
  • あやっち
    3.3
    ……いゃん、意外とグロテスクぅ(/ω\)  なんでサイボーグが流血するんだ(T_T) 言わずと知れた80年代ヒット作。タイトルは知っているけど見たことないって作品はとても多い。この作品もその一つ。だけど悲しいかな、この時代のハリウッド作品ってどうも自分とは肌が合わないのが多いかも(*_*) 自分の趣味かどうかは別として、続編が作られる程のヒット作なら、その理由は何だろう。有名な監督や俳優の作品だから、音楽がいいから、脚本がいいから……etc、要は時代のニーズだな。 どんな作品でも、何かしら得るものは……多分ある、きっとある。たとえ自分の守備範囲外でも。めちゃくちゃ狭いけどね。偏食スマン。
  • こま
    3.0
    以前鑑賞。
  • こばいあ
    -
    おもしろかった
  • カッパ
    3.7
    記録
  • coma
    4.0
    ストップモーションをフィル・ティペットが手掛けており、一見の価値あり。 ただそんな細かいことはどうでも良いくらい作品全体に魅力があるので是非観て、一度はロボコップの動きを真似してほしい。
  • greys03
    4.5
    カメラワークが斬新でまるで自分が手術されてるみたいな気分だった!
  • gozen
    3.3
    子供のころ以来だったが当時と変わらず楽しめる。 冒頭にドーンと山が来てロボのコップがいよいよ始まってゆくのが良い。
  • KAZUKI
    3.0
    ヴァーホーヴェン監督の出世作ということで鑑賞。 結構昔の映画なので それなりに古さは感じました。 ストーリーは、シンプルで分かりやすいです。 当時、観てたらとても斬新だったのかもな〜 今となって観たら、それほどでもないですね。
  • SHO
    3.5
    斬新な内容で 好き嫌いは別れそうな映画! 思いのほか弱いのも観てて楽しい(笑)
  • オムライス
    3.5
    ん?ってなったのは、マーフィーに感情移入する場面がほぼほぼない内にロボコップになってしまって、あぁもうロボコップになるのかって思ってしまった
  • ささき
    3.5
    素晴らしき
  • ヒジィアレン
    3.9
    ロボコップ 近未来の治安維持のためにある会社が作ったロボコップ 中身は殉職警官マーフィ ロボコップ強い! もう30年前の作品ですが、かなり面白い CGとかもほとんどないので全て主役のピーター・ウェラーの演技にかかってるってのがすごい 敵のギャングがこわすぎる(メガネのおっさんは今も昔も変わらないなあ) 敵のロボットがこわいを通り越して可愛い、きっとバナナの皮でこけるレベルw ニール・ブロムカンプの『チャッピー』はこの作品のオマージュが出てきます
  • かきくけかっこー
    3.0
    私は、 グロいと思った。 観たとき、 未来の社会が怖くなった。
  • Ryo
    3.0
    みた
  • ともや
    3.5
    なかなかおもしろい わりと生々しくてグロいんだよね
  • はじめ
    5.0
    周りの小学生が「かめはめ波!」と叫んでいる時に家でジメジメと段ボールで装甲を作ってロボコップに成りきっていたとは誰にも言えない…。
  • BulltaRockうっしー
    4.7
    ポールバーホーベン監督の強烈でストレートな表現×ヒーローモノというハイセンスな組み合わせ。 ポールバーホーベン監督作品を観た事がある方なら批判するポイントがないはずです。 ただ、ジャンパーソンのようなヒーローではありますが、お子様には…やめておくべきです。 トラウマになります。 随所に散りばめられたセンスが光る名作 個人的にはデルタシティの看板のデザインが非常に好み
  • ヘイ
    2.8
    やべぇぜ
  • うらすじ
    3.1
    とんでもねえ映画だった。けど最後はちと感動した
  • ブルー
    3.7
    ポール・ヴァーホーヴェン監督の映画は目を背けたくなるグロいシーンが必ずある。
  • 橋素電
    4.5
    家族で遊ぼう核戦争ゲーム! とか アマゾンの奥地に建設された原発が爆発して大変! とか皮肉たっぷりのTV番組シーンと、ロボコップが完成するまでの間 マーフィ視点で関係者たちのゲスな会話を覗き見してるシーンがとても好きです 物語の大筋にはあまり関係ないシーンなんですけど、そういう所にこそバーホーベン監督のセンスが色濃く反映されている気がします
  • GoIzumi
    3.8
    初めて観たけど、血が飛び散るシーンが多くて意外とエグいのな笑
  • ちゃみろー
    3.5
    80年代の大ヒット作でありながら、カルト感あふれるSFアクション。殉職した警官が軍需企業のプロジェクトでサイボーグ化されたロボコップになり、街の巨悪に挑む。それって完全に人権侵害。近未来のデトロイトが舞台で、治安が悪かったり、市が軍需企業に警察機能を委託していたり、意外に先見の明がある設定。80年代アメリカへの文明批判が効いていて、悲劇的なトーンが強く、爽快アクションではない。合成のレベルが低くて気持ち悪かったな。 2017.3.4 イマジカBS(字幕)
  • KURUTO
    4.2
    記録
「ロボコップ」
のレビュー(4823件)