涙が止まらない衝撃作品『ルーム』の基になった信じられないような凶悪監禁事件とは?

2016.03.04
洋画

映画好きをこじらせLAへ

MaryK

第88回アカデミー賞で見事ブリー・ラーソンが主演女優賞に輝いた超話題作の『ルーム』。今年の春公開の映画で一番の注目作品であることは間違いありません!

ルーム

そのあまりの衝撃的な内容に"これって実話ではないよね?むしろ、実話ではあって欲しくない!" と誰もが思うでしょう。

しかし、原作であるベストセラー小説『部屋』の筆者であり、映画の脚本も担当したエマ・ドナヒューは残念ながらオーストリアで実際に起きた凶悪監禁事件を基にこの本を書いたとインタビューで語っています。

そこで、今回は4月8日に公開の『ルーム』のあらすじと、基となった凶悪事件についてご紹介していきます。 

7年間もの監禁生活

room1

最低限の設備だけが用意された小さな部屋で暮らすジョイと息子ジャック。彼女は7年前の17歳のときに監禁され、それから一度もこの部屋から出たことがないのです。ジョイを誘拐した男は夜になると食料を持って部屋にやってきますが、もちろん目的はそれだけではありません。そんな絶望的な状況の中でもジョイは生きる気力を失わずに耐えてきました。

その唯一の理由は、5歳になる息子ジャックの存在です。母親だけがこの世界の住人であり、外の世界は存在しないと教えられ育ったジャック。大きくなったからと、自分はどこから来たのか、TVに出てくる人たちは外の世界で生きていることなど、今までジャックに隠してきたことを話し、息子だけでも外の世界で自由に生きさせるために大きな決心をすることになります。

外の世界で待ち受けていた現実

room2

映画の前半はとにかく息が詰まるほどの苦しい状況がこれでもかとスクリーンに映し出されます。こんなに見ていて苦しい映画があっただろうかと思えるほど。

一転、後半は外の世界が描かれるのですがジャックが初めて見る空の美しい色がとても印象的。どんよりした灰色一色だった彼の世界は、大きく変わることとなるのです。

しかし、あの部屋しか知らず生きてきたジャックとは違い、7年もの失われた時間を痛感することとなるジョイにとって、その現実はあまりにも過酷でした。日に日に新しい生活に慣れている息子を目の前にし、一人その辛さに耐えることになります。

ジャックが大きくなった時、彼の父親についてどう話せばいいのか?心を病んでいる母親のもとにジャックは残しておいていいのか?これからこの親子が立ち向かうであろう数々の問題を想像するだけで苦しくなります。

オーストリアで起きた信じられないような監禁事件とは

『ルーム』そのものは、フィクションではありますが、原作と映画の脚本を担当したエマ・ドナヒューによると、オーストリアで起きた「フリッツル事件」のショッキングなニュースがこの作品の執筆に影響を与えたと答えています。

その恐ろしい事件とは、実の父親に24年もの間、自宅の地下室に閉じ込められていたと42歳のエリーザベト・フリッツルがオーストリアの警察に訴えたことで2008年に発覚したもの。

その間、7人もの子供を出産し、そのうちの3人は失踪したエリーザベトが置いていった子供として、ヨーゼフと妻に育てられていました。カルト宗教に入ったと信じ込んでいた妻は、まさか娘が地下室に監禁されており、養子として迎えた子たちが娘と夫の子供であるとは知らなかったそうです。

エリーザベトの長女が腎不全のため病院を訪れた際に、病院のスタッフが不審に思い通報したことで警察が捜査に動き出し、24年もの監禁生活から開放されることとなったのです。

この時に、地下室で保護されたエリーザベトの息子フェリックスの年が5歳だったことも『ルーム』に影響を与えています。

息子を演じたジェイコブ・トレンブレイが天才すぎる!

小さな部屋で母親とTVしか知らずに育った息子ジャックを完璧に演じたジェイコブ・トレンブレイ君の演技には誰もが涙を流すことでしょう!アカデミー賞にノミネートされなかったのが不思議でたまりません。

ブリー・ラーソンとは大好きなスター・ウォーズの話題で打ち解けたそうです。親友だと言い合う仲良しの二人。とってもかわいいです!

過酷な運命にも負けず、ひたすら前を見続けた力強い親子の感動作品『ルーム』は4月8日公開です。劇場に足を運ぶ際にはハンカチを忘れないで下さいね!

(C)ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • HaruHoncho
    2.8
    ジャックにとって「部屋」は決して不幸な場所ではなかったかもしれない。外の世界を知らなかったから。知らなければ渇望することもない。それでも子供の適応能力は凄まじく、心にあって世界の全てだった「部屋」は、すぐに縮んでしまった。 一方ジョイは母親として描かれながらも、7年前に失踪した少女でもあった。大人としての姿の裏に時折、幼さが見えた。 ジョイとジャック、2人が見ていた空はきっと違っていた。
  • N
    4.0
    記録
  • みほっち
    4.0
    子どもの目線で見ていた部屋は とても広くて大きく見えたけど 最後に見た部屋は狭くて小さくて。 それは部屋で過ごしていた時には 知らなかった世界をジャックが 知ったからなんだと思った。 監禁部屋だとしても 大好きなママと いつも一緒にいられた 思い出のつまった部屋に 最後にはバイバイできてよかった。 ジャックの演技 かわいすぎる♡ ぜひ音声は英語のままで!
  • ipoyik
    4.2
    母子の絆。子供の世界観、部屋が全て。 いろいろと考える映画。
  • GEN
    4.8
    もうね~~~😭本当に辛かったけど、しっかりと自分の中に落とし込むために3回ほど鑑賞しました。。。 1回目 第三者(観客)視点 2回目 子供(ジャック)視点 3回目 母(ジョイ)視点 初見時は、自分が思っていたものと違い、正直かなり戸惑いました。てっきり監禁場所からの脱出がメインだと思っていたので...。今作のキモは中盤から後半部にかけての母子さらには祖父母における家族の人間物語と言って良いでしょう。その構成の素晴らしさによって普通の良作ではなく、僕の中では傑作✨になったのだと思っています。 2回目 ジャック視点にできるだけ寄せて観ました。外の世界を知らず、大好きな母と部屋の中だけで過ごすことはある意味で幸せじゃね?とよくわからない思考にいたっていました💦 何も知らないことは幸せでもあるのだと。自分でもちょっとビックリ…。 で、3回目 母視点。 コレが一番キツかった〜。 17歳から7年監禁。加えて...成長できないまま母になり、全てを諦めたあげく、自分はおろか息子の命も危険に。 もう強くなるしかないよね?? 息子を逃がすシーンでは確実に死を覚悟していたはず。私も助けて!との描写は一つもないし、祖父母のもとに辿り着く予想、希望だけ。 ジャックの「ママもいるよね?」の問いに対しての表情... マジ泣ける。 全キャスト素晴らしい演技ですが、とくにジャック役のジェイコブ・トレンブレイ君はなんなんすかね? 生まれて初めて大空を見るシーンの目... 凄過ぎでしょ。オスカーは母子併せてW受賞‼️ってことにしたい。笑 あと、忘れちゃいけません。婦人警官もよかったね〜。パトカーでの質問シーンは何度観ても痺れます。 祖母友レオの優しさも泣けるし。 祖父の悩みもわかるし。 全シーン、全カット素敵な描写に溢れていました。 後半部がこれだけ効いてくるのも、前半の丁寧な積み重ねあってのこと。 完璧です‼️ ありがとう‼️ MEMO ・おっぱいを卒業 ・母としても成長 ・たまごへびとどろどろすぷーん ・髪には力がある ・オープニング、エンディング対比
  • ひな
    4.3
    ★★★★★
  • YukaHorio
    3.5
    みててしんどすぎた。内容はとてもいいけど、ほんとしんどい。
  • おおうち
    3.3
    いい話だとは思うけどところどころ演出が過剰に感じた。あと部屋出るまでが冗長 俳優陣みんなよかった
  • YutoWatanabe
    4.0
    中盤はハラハラドキドキ 後半は感動的
  • しゅーと
    3.5
    無くなったものと 手に入れたものと その機について考えた
  • rumi
    4.5
    色々気の利いたこと言えたらいいんだけれど、とにかく強く心に残ったのはやはりジャック少年の「はじめまして、世界」の側なのだ。 極めて特殊な環境に生まれたジャック。本来なら徐々に広がっていく世界だけれど、それが「ルーム」からの脱出を機に急激に大きく広がった戸惑い。 それでも子ども特有の吸収力とみずみずしい感性で更に少しずつ世界を広げ、それは確実に彼の心を豊かにしていく。 でもママは違うんだよね。 一度不本意に暴力的に関係を絶たれた世界に必死の思いで戻ってきたけれど、絶たれる前と全く同じにはとうていなれない。 辛くてもがくママを支える強さもジャック少年の中には育ってる。 ばあばとオールド・ニックの控えめだけどあたたかい優しさも心に沁みたし、ジャックがばあばに「大好きだよ」というシーンは本当に泣けて泣けてたまらなかったよ。 とにかくジェイコブ・トレンブレイ君が素晴らしかった。
  • 22番
    4.0
    幼いジャックは監禁され、天窓しかない部屋に生まれたときからずっと母親と一緒に暮らしているという斬新な設定。やがて、少年は部屋から出て、本物の世界を見ることとなります。我々には普通のことにしか映らないものも、彼にはどう映るのでしょうか。そして、お互いを支え続ける母親との親子愛も必見。全国のお母さんに見て欲しい作品。
  • 匿名
    4.5
    なんというか...正直どう評価したら良いのか 子どもがすごい良い演技をするのと 相互理解のためには相手の価値観に立って物事を説明することの大切だなーってのと 無理に相手に何かすること、興味を持つことを強いるのではなく、興味が湧くまで待って、もし興味を抱いたならそれを一緒にすることが、子どもや、心を閉ざしている人と仲良くなる秘訣なのかなーとか思った この映画は、わーいい映画!!って感じじゃないけど、でも何か残す映画ではあるかな?と... むずかしい。笑
  • すみれ
    3.0
    あの事件を下敷きにして、 こんなに悪くない後味に仕上げられるなんて驚き。 子役の子の強さ純粋さにも胸打たれた。 ただひたすら好みではないだけ。 1回見て十分かなぁ。
  • azusa
    4.0
    子供を"へや"から出さなかったのも、"へや"から出ることを決めたのも、すべて親のエゴ。 けれど子供の純真さは大人のエゴを超越して、美しい。 人間の幸せとは何か、"世界"とは一体何なのかを深く考えさせられる良い作品。 広い世界しか知らない私たちは、本当に恵まれているのでしょうか?
  • 潤夏
    5.0
    やっと見れたー!!!!! 男の子の演技ヤバイ。本当に外の世界を知らないみたい。 お母さんも本当のお母さんみたいだった。17歳からいるのにちゃんと子供を育てられたの凄い。
  • あーこ
    4.5
    ほんまに良すぎてつらすぎ もう…… ジャックかわいすぎて…… ママがんばって……涙
  • rpmu90377
    4.0
    監禁されていた部屋(ルーム)からの決死の脱出劇だけで終わらせず、主人公たちのその後の苦悩を描いているところがミソ。重苦しいストーリーながら、5才の男の子の演技がとても自然で心の中にすっと入ってくる。この子の存在のおかげで、後味のいい映画になっている。
  • バスターロイド
    5.0
    好き。 車から見る空のシーンとサヨナラを言うシーンが好き
  • marina
    4.4
    子供が欲しくなる!!!!笑 ジャックが可愛すぎてツラい。 母親が子を守るために奮闘するのもあるけど、実際はジャックのほうが母親をたくさん救っていたんじゃなかろうか。 子供がいると女性ってほんと強くなりますよね。
  • ババヘラ
    -
    2016年6月
  • onaka
    3.4
    監禁された親子が何とか脱出して、幸せになるはずが。。 「部屋」から出られないなんてかわいそう、なんてのはとんだ勘違いだってこと。 うまく言えないけど、もしあのままジャックが「部屋」の中で死んでも、それしか知らないジャックは不幸では無いということ。 同じようなテーマの本や映画はたくさんあるし、わかりやすかった。 でも、感動させようとしてる感じがやだ。 あとジャックの吹き替えの声が高すぎてやだ。途中から字幕で観たけど結局同じような声だった。
  • 星野
    3.9
    話と画面の綺麗さと役者の顔が、よくマッチしてて良かったです。残酷さとその幻想さがよく出てて酷いなと思いました。 部屋を見にいくシーンも悪くないですが、髪をうまく使ってるなと思いました。
  • ひろし
    3.0
    あまり好きな内容ではないが子供のけなげさや純粋さが心をうった。
  • natsuko
    3.9
    世界はとても広い。へやに戻ったとき、縮んだ?と聞くジャックがとても印象的だった。彼のひとつひとつの表情がとてもリアルで、強さに感動した。
  • Kiki
    3.8
    部屋を脱出するまでが冗長。出てからの息子の成長ぶりが見てて微笑ましい。
  • WatanabeDaichi
    4.1
    2017/03/27@WOWOW やっとみれた。 部屋に戻った時に、こんなに狭かったのかと気付かされた。世界を知り、ジャックはとても成長した。 最高の親子愛。
  • ケヌマン太
    2.5
    ジィジ可愛そすぎる
  • riosa
    4.0
    記録 2017/3/11
  • Yuma
    3.8
    2017.16本目
「ルーム」
のレビュー(29109件)