エディ・レッドメイン来日!「『リリーのすべて』は20世紀最大のラブストーリー!」

2016.03.10
記者会見・プレミア

Filmarks編集部

フィルマーくま

danishgirl_1

来週18日から公開となるアカデミー賞主要4部門にノミネートされ、妻を演じたハリウッドの新星アリシア・ヴィキャンデルが見事助演女優賞に輝き話題となった『リリーのすべて』。

昨年のアカデミー賞で主演男優賞に輝いた若手実力派俳優であり本作主演のエディ・レッドメインと『英国王のスピーチ』や『レ・ミゼラブル』で感動をもたらした本作監督のトム・フーパーが来日しジャパンプレミアが開催されました。

danishgirl_2

レッドカーペットにラルフローレンのスーツで登場したエディと監督はファンのところまで歩み寄り、丁寧にサインや写真対応。待ちわびていた会場の熱気は最高潮に盛り上がり、2人とも嬉しそうに笑顔を見せました。

また、レッドカーペットを歩きながら、エディは「とっても興奮しているよ!」とコメントし、日本のファンにお披露目することに「胸がいっぱいです。温かく迎えてくださって本当にありがとうございます」と監督も笑顔で答えました。

最後に、エディは妻であり現在妊娠中のハンナとの2ショット姿も披露しました。

danishgirl_3

エディが日本のファンと初交流する場であったため、日本一の座席数を誇るTOHOシネマズ日劇の本プレミアチケットは、わずか7分という驚異的なスピードで完売し、その中には「新幹線で会場に向かいます」という熱狂的なファンも大勢いるほど!

約1,000人のファンが大熱狂する中、エディの人気の急上昇をひしひしと感じる大盛り上がりのイベントとなりました。

監督は5度目、エディにとっては2度目の来日となった今回のジャパンプレミア。

今回の来日ではエディは築地や明治神宮、早朝の渋谷に行き、楽しんだことを語ってくれました。また監督は今回は浅草の浅草寺に行きヒット祈願したそうです。

danishgirl_4

本作でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルについて質問すると監督は「彼女の名前が呼ばれた時、一番幸せな瞬間でしたね。楽屋で彼女をめいっぱい抱きしめました。」と答え、エディは「彼女が受賞したのは最高の喜びで、こんなスリリングなことはないと思いましたし、本当に心から嬉しかったです。」と当時の感想を語ってくれました。

danishgirl_5

『リリーのすべて』は、命の危険を冒してでも自分らしく生きることを望んだ主人公と、その一番の理解者であり続けた妻が織りなす魂の触れ合いのドラマを、心揺さぶる演技と演出で綴りあげた感動作。

エディは本作の演技について「リリーの心の旅を見い出すのが大変でしたがリリーほど魅力的なキャラクターはいないと思います。」と語り、見どころについては「日本のファンの皆さんに自分が初めて脚本を見た時、こんなストーリーは見たことがない!と驚き、これは20世紀最大のラブストーリーだとも感じました。ぜひ皆さんも同じように感じてくれたら嬉しいです。」と答えました。

監督からは「『リリーのすべて』には『英国王のスピーチ』や『レ・ミゼラブル』に通ずるものがあります。それは真の自分を見つけるために障害にぶつかり、それを愛の力で乗り越えて、変えていくということです。皆さんも同じように見つけられるよう祈っています。」と語ってくれました。

『リリーのすべて』は3月18日(金)全国公開です。

(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

(取材・文 ・撮影 / 鸙野茜)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • aki
    -
    ✏︎2017.3
  • HAL
    3.7
    オチがつらい
  • Yezi
    3.5
    一番自分の中でも驚いたのが、言われていた通り終盤に差し掛かるにつれリリーが本当に女性に見えてくる。本当に自分でも不思議なほどハマってるなあ…と思っちゃいます。とにかく画がとても美しく時代が時代なので雰囲気も衣装も化粧もクラシカルでとっても素敵です。全体的に明るくない作品ですが私はとても好きです。一番好きなシーンは最後のエディが亡くなるシーンなんですが、こんな美しく人の命が消えてゆく描写は久しぶりです。とても印象的です。エディが最後に話した夢の話も儚くて悲しくて幸せなリリーの願いがとても強く現れたものだと思いました。本当にとても綺麗でした。この映画はリリーの日記が元になっていると有名ですが、実は映画と実話は結構違います。それを知っていてもこの映画は映画でとても素晴らしい作品だと思います。
  • ntk
    3.3
    リリーの望んでいる未来には、ゲルダが必要としている夫は居ない。 それでもリリーを支える愛の強さ。 切ない。 エディレッドメインの表情やはり今回も見入ってしまった。弱り切った顔とか。
  • uikar
    2.6
    終わった後に気付いた 女だから終始ゲルダ視点でみていた ハンスがかっこいい。
  • SAKI
    4.0
    私にはあまりツラツラと感想を述べたくない映画。
  • ch!natsu
    4.3
    エディ・レッドメインが美しかった。 醸し出す雰囲気や佇まい、本当の自分を求めていく姿から目が離せなかった。
  • ArisaAsano
    4.4
    自分らしく生きることって本当に難しい
  • AA
    4.6
    こんなに泣いたのは初めてであり、 エンドロールの時でさえ余韻で泣き続けた。 大切な人の死に経験し、死の重みを知っている人は、リリーの生死をかけてまでの想いに胸が張り裂けそうになるだろう。 また、女性ならば、女で生まれたことを謳歌しようと、もっと女を楽しもうと、「女」という当たり前のことにもう一度立ち返ることのできる映画。 そして何より服、景色、家具、音楽の世界観が美しく何度も見ても飽きない。
  • はーにゃん
    4.0
    エディレッドメインがとても美しかった。 世界で初めて性転換手術を行うという繊細な役を見事に演じてた。 最初の仲のいい夫婦から旦那が女性に目覚めてからの奥さんの苦しさ。それでも最後は寄り添う姿に感動しました。
  • さぶ太郎
    4.2
    綺麗な映画でした。 エディ・レッドメインが繊細な役を、丁寧に演じて素晴らしかった。 性同一性障害の苦しさが、よくわかる映画です。いや、これがすべてじゃないし、千差万別なので当てはまらない方が多いでしょうが、たった一人でも一緒に苦しみながらでも、支えてくれる人がいると、幸せだなあと思いました。 本当に画面すべてが美しかった。
  • Kaede
    4.1
    とにかく主演の2人の演技が素晴らしい
  • Lucy
    3.8
    エディレッドメインはどんな役でもしっくりくる。 レミゼとも博士と彼女のセオリーともファンタビとも別人だった。 深いけど、とても神秘的で美しい映画。 とんでったスカーフは自由になったリリーを思わせる。
  • 茉莉花茶
    3.6
    エディが女性にしか見えない
  • NaokiMorita
    3.9
    コペンハーゲンの街並みの描写が美しい。切り取られた画は全て絵画のよう。史実としても尊い。
  • Ayk
    4.0
    エディ・レッドメインが本当に女性に見えてくる。本当に演技がすごい。 そして、奥様との愛や絆に涙。。
  • むーみん
    3.7
    とにかく演技がすごい。 奥様が一番つらい。。。 あたしだったら無理かもなぁ、、 愛ってすごい。。 エディレッドメイン本当にすごい。 最後の方は本当に女の人だった。 女の人より女の人だし綺麗だった。
  • なー
    4.0
    "リリー"が伏し目がちに笑うのがなんだか印象的でした。 理解してあげたいけど、認めたくない。 愛しているけれど、男と女でいられない。 ゲルダが「もう一度だけ夫に会わせて」とリリーにお願いするシーン、切なすぎました。
  • 潤夏
    5.0
    これでエディ・レッドメインにどハマりした。 女性よりも女性らしくて、凄く綺麗でした。 妻も凄くつよかったですね。 今は男性だけど女性の心を持っている人は結構多くいますが、昔はなかなか受け入れられなかった。その中で2人ともとても頑張っていました。
  • かに
    4.5
    性への葛藤と、支えてくれる妻に対する罪悪感から思い悩む主人公の気持ち、主人公を支える妻の覚悟と悲しみがひしひしと伝わってきて、主演2人の演技に圧倒された。
  • こはる
    4.0
    妻強し
  • marm25
    4.3
    人ってわからないものやことに対して恐怖を持つものだと思う。それが他者であっても怖いけど、自分に何が起きているかわからない、誰も説明ができないことが起こっていてさぞ怖かったでしょう。現代では「性同一性障害」と名前があるけれど、その名前すらない当時は、今悩める人たちよりももっと辛かったと思います。 エディの演技がここまで繊細で美しいとは思っていませんでした。 雰囲気はずっと重たい感じなので、勉強をするつもりで見ないキツイかもしれません。
  • nazuki
    3.5
    アイナーが何度も使ったモチーフみたいに記憶に残る、力強い映画だった。 リリーになる前までのアリシアの髪が可愛すぎる、、
  • Jaja0424
    4.0
    俳優さんの演技がうますぎる。 絶対減量もしてるし、プロだなあ。。 そして美しい。
  • すずきあすか
    4.3
    くるしい・・・。 単純に“性の多様性を認めよう”みたいなことだけじゃないものが込められてるとおもったのだけど、 自分の身体の性と心の性が一致しているというのは喜ぶべきことなんだなと。 ファッションとか建物がめちゃめちゃかわいい。
  • HirokiTkd
    3.1
    暗め。
  • せい
    4.0
    とにかくエディが美しい。こういう女の人いるよね!って思わせるビジュアル、仕草だった。パーティに行くのにドレスやウィッグ選んだりメイク練習したりするところは女の子がキャッキャウフフしてるみたいで見てて楽しい。 女の子になりたいことを「病気」だとして治療していくのが胸が詰まった。「リリーは夜にしか現れない」昼はスーツを着て男性として過ごしてる姿が辛くてなんで誰もリリーでいいんだよって言ってあげられないのかって辛くなったけど、それでもそんなもんだよな。それでもリリーはそこにいたわけだし。 最後はとにかく泣いた。一秒一秒が泣かせに来ててまんまと泣いてしまった。 個人的には音楽が好き。雰囲気が出てる。 ベン・ウィショーくん可愛かったなあ。
  • cherrynishio
    4.0
    全ての革命は一人の異端児から。
  • p
    4.3
    Gerdaに感情移入して泣けた、なんて良い人なんだろう エディーレッドメインの演技力にも感動 実話なのね、トランスジェンダーって今でもそんなに理解されてないと思うし考えさせられた
  • いいぬまんまる
    4.5
    エディレッドメイン観たさに。 彼女の本当の自分への執着心とそれを支える妻の葛藤の表現に感情移入しやすくてあっとゆうまにみれた リリーの美しさだけに涙がでてきた 瞬きを忘れちゃうくらいの秀麗さ。爪の先まで磨き抜かれた演技。また大好きになった。 女に生まれたことに感謝した。 明日からはオレンジ色のリップグロスをつけよう。
「リリーのすべて」
のレビュー(25742件)