【MajiでKoiする5秒前】恋せよ乙女!射止めろ男子!誰もが惚れる女性特集!

2016.04.05
女優・俳優

映画と音楽は人生の主成分

みやしゅん

現在公開中の『リリーのすべて』で話題となっているのが、アカデミー助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルです。そのかわいさと美しさ、さらに劇中での一途に主人公のことを愛し続け、献身的に支える姿が多くの人を魅了しました。

美女

しかし、アリシア以外にも、多くの名女優たちが劇中で印象的な女性を演じています。新しい季節…そんな彼女たちを見て、心も晴れやかにしませんか? そこで、今回はラブ・ストーリーや、その要素を含んだ映画作品の中から、直ぐに恋に落ちてしまうような魅力的な女性を演じてきた3人の女優をご紹介します

恋せよ乙女!射止めろ男子!誰もが惚れる女性特集!?

季節は春! 別れも沢山あったと思いますが、やはり春は出逢いの季節…思わぬところで運命の人に出逢うなんてこともあるかもしれません!「誰もが惚れる女の子特集」として、男性だけでなく女性をも虜にする印象的な“女性”を劇中で演じてきた女優に注目していきましょう!

男性の皆さんは今回紹介する映画を観たらにやけてしまうかもしれませんが“素敵な女性たちを劇中の男性をいかに射止めたか”に注目して、そして女性の皆さんは劇中の女性が持っている“誰かを惹きつける魅力”に注目して、是非ご鑑賞下さい!

映画から学べることも沢山あると思いますので、必見です!

恋

なお、今回ご紹介する3人の女優は筆者の独断で選んでおりますので、ご容赦下さい。

天真爛漫 レイチェル・マクアダムス

ミッドナイト・イン・パリ』や『パッション』では、わがままな悪女役を演じているレイチェル・マクアダムスですが、やはり彼女と言えば天真爛漫な女性の印象が強いでしょう。“ラブ・ロマンス映画のクイーン”の異名まで持つ彼女を印象づけたのが次の2作品です。

きみに読む物語(2004)

この『きみに読む物語』は、レイチェル・マクアダムスがスクリーンデビューを果たしてからすぐの作品です。ラブ・ストーリーと言えば今では欠かせないこの名作に、彼女は主人公のアリーとして登場しています。裕福な家庭に育ったアリーは、自分とは正反対の男性ノアと恋に落ちます。ノアはお金も教養もない男性だったため両親は猛反対…しかし、2人の間にはその溝を埋めるほど強い愛がありました。

この作品で登場するアリーを演じるレイチェル・マクアダムスがとにかくかわいい…最初はノアに興味すら示さないのに、ふとした瞬間に恋に落ちます。ノアを演じたのは『ドライヴ』などで寡黙ながらも存在感のある男性を演じているライアン・ゴズリング…最近では『マネー・ショート』にも出演していました。本作で2人はMTVムービー・アワードでベストキスを受賞し、アリーとノアは映画史に残るカップルとなりました。

しかし、レイチェル・マクアダムスの代表作と言えば、皆さんが思い浮かべるのはやはりこの作品でしょうか?

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013)

アバウト・タイム』で主人公サムが一目惚れしたのが、レイチェル・マクアダムス演じるメアリーです。本作のメアリーには世界中の誰しもが恋をしたのではないでしょうか?ディナーをしたお店から出てきたとき、サムと少しでも一緒にいたいからついた嘘、結婚式で紅いドレスを着たとき…そのどれもが愛おしいのです。

なお、彼女の最新作2本が公開を控えています。アカデミー賞で作品賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』は4月15日から、そして、ジェイク・ギレンホールとの共演が話題となっている『サウスポー』も6月公開予定なので、要チェックです!

ミステリアスな不思議系 ゾーイ・カザン

個人的にオススメしているのがミステリアスな雰囲気漂うゾーイ・カザンです。彼女は、ちょっぴり不思議な要素が入ったラブ・ストーリーでその魅力を発揮します。

ルビー・スパークス(2012)

代表作『ルビー・スパークス』では、小説から現実世界に飛び出してきてしまう不思議な女性ルビーを演じています。主人公カルヴィンが原稿に記したことが全て反映されてしまう“操り人形”のような不思議な女性…その献身的な姿に、ストーリーが進むごとに、私たちは、胸を締め付けられ苦しくなっていきます。

そんな姿に、知らず知らずのうちに虜になること間違いありません!ちなみに本作でゾーイ・カザンは脚本と製作総指揮を担当しているということもあり、その才能がさらにミステリアスさを増すものになっています。

イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち(2014)

彼女の出演作で、筆者の個人的なお気に入りは『イン・ユア・アイズ』です。本作は『トイ・ストーリー』の脚本家ジョス・ウェドンが手がけたもので、幼いときからテレパシーで結ばれていた男女2人の人生を辿る物語になっています。ラストシーンで待ち受けるハラハラとドキドキ…そして、迎えるラスト…とにかく必見です!

ちなみにジャス・ウェドンは、突飛な設定で話題となったホラー映画『キャビン』も手がけており、その守備範囲の広さには脱帽です。この2作品を観て、ナチュラルかつミステリアスなゾーイ・カザンの魅了に酔いしれてみてはいかがでしょうか?

茶目っ気たっぷり ハン・ヒョジュ

ハン・ヒョジュは、韓国で今最もホットな女優です。その実力は「現代的な魅力と古風な美しさが共存する演技」と絶賛されるほどで、どの世代の人に愛される不思議な力を持っています。

ビューティー・インサイド(2015)

現在、全国で順次公開中の『ビューティー・インサイド』では、姿が毎日変わる男性を愛する女性・イスを演じています。

劇中の中では"恋する乙女"ということもあり、動きの1つ1つがとにかくかわいいので必見です。また1人の不思議な男性を一途に愛そうとする、その健気さに多くの人が虜になっています。

セシボン(2015)

そんなハン・ヒョジュのオススメ作品が実在したフォークデュオを題材にした『セシボン』という作品です。この作品は“ツインフィリオ”という伝説的フォークデュオに「もしも、もう1人のメンバーがいたら…」というフィクション要素を加えた不思議な設定の作品になっています。

その現実では実在しないメンバーのグンテが、実に良い味を出しているのですが、ハン・ヒョジュが演じたジャヨンも負けてはいません。ジャヨンはいわゆるマドンナ的な存在で、その無邪気さとかわいさに、劇中の主人公3人全員が恋に落ちます。そんなハン・ヒョジュがのぞかせた素の姿を捉えた動画がこちら…とにかくかわいいので必見です!

MajiでKoiする5秒前!?

いかがでしたでしょうか?「すぐに好きになっちゃうよ!」と思わず言ってしまいそうな女性たちを演じてきた女優3人だったのではないでしょうか?

美女

もちろん、他にも印象的かつ魅力的な女性を演じてきた名女優たちは沢山います。その女優たちは、現実世界でもファッションアイコンとして注目されたり、そのライフスタイルそのものが注目されたりすることもあります。

つまり、劇中の役柄、そして実生活での彼女たちを押さえておけば、意中の相手も…と、そんなうまくいく訳はありませんが、どの作品も素晴らしいヒントが沢山散らばっている作品なのでチェックしてみて下さい!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ゆう
    3.8
    青年期に恋をして、一旦別れて、かなりの時を経て、もう一度出逢う。 他に類を見ないストーリー展開で飽きずに見れた。 ただ、再開するまでのスパンが長い気がした。 忘れてる部分もあるので、もう一度観たい。
  • ゆうや
    3.6
    カップルで見てもきっと安心なラブストーリー
  • かなみ
    4.5
    ベタな恋愛映画と思って観てたら、どんどん引き込まれていった。映画が終わってからもしばらく涙が止まらなかった。泣けた。
  • 海風
    4.1
    一生のうちにここまで愛し愛されたらどんなに幸せなことだろう
  • marina
    4.0
    泣ける。
「きみに読む物語」
のレビュー(67588件)