ミニシアター系映画監督たちの魅力:ガス・ヴァン・サントとアメリカのマイノリティ

2016.04.22
監督

愛と自由と無限が大好きな私と、映画

GATS

日本でも多くのファンを有し、デビュー公開から現在に至るまで彼らをずっとを魅了するアメリカ映画界の異端児、ガス・ヴァン・サント監督の新作『追憶の森』が4月29日(金)に公開されます。

ガスヴァンサント 追憶の森

(C)2015 Grand Experiment, LLC.

今作の撮影舞台の主は、なんと日本の自殺の名所として知られる富士山の麓、青木ヶ原樹海。さらにキャストは、オスカー俳優のマシュー・マコノヒーを主演に、渡辺謙、ナオミ・ワッツとこの豪華さ。

第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された作品でもあり、今年劇場公開される映画の中でも、期待値が高い作品の一つです。

配給は東宝東和によるものなので、比較的大作に近いですが、ガス・ヴァン・サント監督の魅力的な作品には、インディーズ系映画が多いです。

記事を読んでいる方の中には、ガス・ヴァン・サントって誰?と思われている方もいらっしゃると思いますので、代表作であり、ルーツ、そして原点であるアメリカポートランドで撮影された初期3作品、いわゆる青春のポートランド3部作をご紹介します。

ガス・ヴァン・サント監督とは

アメリカの異端児として、マイノリティの代弁者として、意を尽くしてきたガス・ヴァン・サントは、映画監督だけでなく、写真家、小説家といった創作もしてきました。

生まれはアメリカ、ケンタッキー州のルイヴィルですが、幼少期にオレゴン州ポートランドへ移ってからは、映画製作もその他のアート作品制作も含め、多くの作品をポートランドで創っています。

ファンの多い監督ですし、大衆的な人気作品も撮ってきた監督です。なので、もしガス・ヴァン・サントという名前を聞いたことがなくても、作品ならご存知かもしれません。

例えば、『グッド・ウィル・ハンティング』は大作を作っていた時期に発表されていたもので、レンタルビデオ店に行けば、レコメンドされていますし、内容も好まれやすく作られているので、ご存知の方も多いでしょう。

他には、第56回カンヌ国際映画祭の最高賞、パルムドール賞を獲得したエレファントや、日本人俳優加瀬亮を起用している永遠の僕たちは人気のある代表作です。

ここからは、私がピックアップしたおすすめ作品、ポートランド3部作と呼ばれる、彼のルーツになった初期の長編3作品をご紹介します。

ポートランドの最悪な夜、「マラノーチェ」

ガスヴァンサント マラノーチェ

IF YOU FUCK WITH THE BULL, YOU GET THE HORN.

雄牛に手出しすると、痛い目に遭う

1985年に発表されたガス・ヴァン・サントの処女作である本作、「マラノーチェ(スペイン語で、最悪の夜)」はシャープで荒いカメラ、そして刺激的な内容により、多くのファンを魅了することとなりました。

原作は、ビートジェネレーションの影響を色濃く受けたような印象の、ウォルト・カーティスによる自伝的小説。それを監督であるガス・ヴァン・サントが脚色し、モノクロフィルムで、シックに撮影されています。

酔っぱらい、ジャンキーらがこぞって集まるポートランドのある地区の食料品店で働くウォルターは、日曜日も店で働いています。そこにメキシコからの不法移民、ジョニーと出会うことからマラノーチェ(最悪な夜)は始まります。野性的な態度に、かわいらしい笑顔を見せる。自由奔放で、無邪気といった具合のジョニーを見た途端に、心臓がドキドキと激しく高鳴るウォルターは、この破滅的な愛に飲み込まれていきます。

どうにかジョニーをものにしようとするウォルターの献身的な愛とは裏腹に、ジョニーはその愛を知っていながらも、するりとかわし、またウォルターに曖昧な態度で返すのです。

ジョニーの友人のロベルトは、寝床もなく、金のために言う通りにした方がいいといった様子だが、事態は一変し、最悪の夜が訪れる。

今よりももっと日の当たらなかった、同性愛のマイノリティのセックスの描写。背中部分が裂かれたTシャツ、股の破けたジーンズなど気取っていないボロボロのファッションは印象深く、写実的に時代や環境を感じさせるものがある本作が、続くガス・ヴァン・サント作品のルーツ作品となったわけです。

若さによる反抗、狂奔、そして喪失。「ドラッグストア・カウボーイ」

ガスヴァンサント ドラッグストアカウボーイ

一般的に、彼の代表作の一つに挙げられるのが本作と言って間違いはないでしょう。この作品を見て、彼に惚れ込んだファンは数知れず。

次へ次へと薬を求め、ドラッグストアを襲い続ける若者ジャンキーたちの青春ドラマ。繊細で、どこか滑稽な残酷さを内に秘めるポートランドのジャンキーたちに目をつけたガス・ヴァン・サントが2作目に撮ったとされるこちらの作品は、前作からの期待を裏切らない出来栄えです。

ジャンキーグループのリーダー、ボブを演じるのは、多くの不良の役で知られるマット・ディロン。当時25歳くらいで、まだ若さの残る尖った不良のようなイメージと、大人になりつつある色気のある雰囲気とがぶつかり合い、はまり役です。

彼の表情に伺える、喪失感や虚無感の演技は、まさに当時の彼自身の自己投影とも言えます。

この時期には、反逆者や、アウトサイダーの役をこなしていた彼の俳優人生を、また一つ豊かにした作品ではないでしょうか。

ある不幸なジンクスにとらわれた、リーダーのボブはツキを良い方に変えようと、トラックで街を移動します。それは、決して警察から逃れる為ではありません。

いつか、破滅するとわかりつつ、突っ走ってったあの頃。人生は本当につらいのです。

人生は本当につらい。先のことは誰もわからない。

たいていの人は、一瞬の過ごし方に苦しんでる。だが、ヤク中は賢い。

でも、おれは生きてる。生きていたい。

このラストの台詞に、この映画の全てがスマートに総括されています。「激動」の人生にこの人間ありですが、これが皮肉にもリアルなのだと、そう感じさせられる残酷ですが、美しい青春映画です。

美しき俳優たちの熱くも切ない抱擁、「マイ・プライベート・アイダホ」

ガスヴァンサント マイプライベートアイダホ

最後にご紹介するこちらの作品は、ガス・ヴァン・サントの数ある作品の中でも一番のお勧め作品です。

発作的に深い眠りに襲われる病気、ナルコレプシーをもつ主役、マイクを演じたのは、『スタンド・バイ・ミー』で知られるリヴァー・フェニックス。彼の親友役、スコットを演じるのは、現在でも映画界で大活躍している、キアヌ・リーブスです。

ジャンキーと盗人、ストリートチルドレンたちが集まる、ポートランドのある地区のグループに出入りする二人。スコットはお金持ちのもとの生まれだが、マイクは廃れた服を着て、ゲイで自分の体を売って生活しています。この映画の中のマイノリティの象徴です。そしてその彼の虚無感を感じさせる顔と声は本当にリアル。親友への愛の葛藤、やるせなく行き場のない心の情感が見事に描かれ、無力と虚無をここまでかと言わんばかりに感じさせるものは過剰にリアルなのです。

俺は、金をもらわなくても、愛することが出来る。お前が好きだ。お前にキスしたい。

マイクがスコットに向かって言う台詞です。スコットはマイクを否定したり、また拒否する訳でもなく、何も考えないでこちらへ来いと言い、二人は熱く抱き合います。私は、こんなにも切ない抱擁を他に知りません。

余談ですが、このシーンのマイクに私は大きく共感し、涙があふれまくって、その晩は眠れませんでした。

他にも、風変わりなセックスの描写は、動画で静止画のように撮影し、シーンをいくつも並べるといったようなオシャレなもの。さらに、マイクの無力さをより引きだたせるような、広い草原や延々と続く荒野のショットやタイムラプスの演出には圧巻。

恋の苦さや、残酷さなどを繊細に描いた私の大好きな青春映画です。

おわりに

ガス・ヴァン・サント監督特集いかがでしたか。

このように、彼の作品にはマイノリティが多く取り上げられ、丁寧でリアルな感情を繊密に描くのが非常に得意な監督です。他の作品にも似たようなスタイルの描写が見られますので、1作品でも好きな作品があれば、他の作品も楽しめるはずです。ぜひご覧になってみて下さい。そして、新作『追憶の森』に期待しましょう。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • nskoji
    4.5
    妻を大事にしよう。
  • soba
    3.2
    先が読めちゃう
  • YumikoS
    -
    2017 39
  • シラノ
    2.5
    Amazonプライムビデオで鑑賞。 鈍い自分はタクミの正体が いまいち意味がわからなかった。 仕方ないので鑑賞後に ネタバレサイトを観て補完。 まぁ、わかったところで 大して面白くもなかったんだけど。 何度か寝そうになりそうになった。 てか奥さんが主人公に言う 「年収2万ドルで仕事といえる?」 ってセリフがひでぇ……。 日本だとそれくらいの人って、 それなりにいると思うんだが……。 そんな奥さんなので、 自分が不動産屋でそれなりに 稼いでるのもあるんだろうけど、 旦那をヒモ扱いにして批判してるw そんな結婚相手なら、 心折られて浮気してもおかしくない。 よかった点は、 富士の樹海とラストシーンが 綺麗だったことくらい。 それ以外はイマイチだったかな。
  • 映画を見るなら洋画でしょ
    3.3
    回想シーンが進むに連れ、主人公が何故樹海に訪れたのかが明確になっていく。このように最後まで見ないと話しが見えてこないように構成している点では良いと思いました。しかし、そういう構成にしたせいか途中から飽きが生じてきたなと私は思いました。 映画の雰囲気はとても好きでした。
  • こま
    3.5
    日本人じゃないと気づけない伏線に気づけず。あー、て最後なった。思ったより悪くない映画。
  • 元祖ミツちんこスープ
    2.0
    こういうの好きなんですよ。淡々と物語が進みたいした見せ場もなく空気を楽しむ映画も大好きなんですよ、、しかし外人が日本に絡む設定だとどうしても冷めてしまう、、いくら自殺の名所でも世界規模だったらもっとあるでしょ、それに渡辺謙の役割がすぐ分かってしまって、、退屈でしたね。
  • OneEyedJOKER
    -
    【マイ・プライベート・アイダホ】【エレファント】などのガス・ヴァン・サント監督作品。 原題は「The Sea of Trees」 富士山麓に広がる青木ケ原樹海を舞台にした作品。 瑞々しく美しい映像の中にリアリティとファンタジーが同居する異色のミステリー。日本の青木ヶ原樹海を舞台に2人の男を通じて、スピリチュアルかつ詩的に独自の死生観を映し出す。 「the best place to die」とネットで入力しても本当に青木ケ原樹海が1位にヒットしたりはしないが、日本人にとっては『自殺の名所』として有名な場所である事は間違いない。 本作は、カンヌ映画祭でブーイングで迎えられたという珍しい作品。ブーイングの理由についてはよく解らないが、劇中で描かれている事が世間の常識とかけ離れた衝撃的な問題作ということではない事柄から、ガス・ヴァン・サントというネームバリューのある監督作品だけにかえって陳腐なものとして受け止められたのかもしれない。 確かにありきたりな話だとは思えるし、この作品の重要な秘密も勘のいい人ならば途中で気がつく確率も高い。 ネタバレするので多くは語れないが、ファンタジーという視点で見れば、涙を誘う素敵なヒューマンドラマとして成り立つ。 1度目と2度目での見方は違ってくるだろう。 必ずしもカンヌでの受賞歴がその映画の面白さを測る物差しではない様に、カンヌでブーイングを浴びたからつまらないとは限らないと思わせる。 ほぼ3人の演技によって紡がれていく物語は、日本人にとってはむしろ、今までのガス・ヴァン・サント作品よりも感情移入できるのではないだろうか。
  • Tomomi
    3.7
    2017年4月19日 DVD
  • ゆりぽんぬ
    3.0
    う〜ん、監督とメインキャストの配役に期待値が高かったし観たかった作品だけど、 やはりスピリチュアルな話は苦手だし、中途半端だったり、突っ込みどころがあったりな内容だった。 ただ、舞台となった青木ヶ原樹海があまりにも美しくて、観終わった後、人々はなぜ樹海に向かうのかとか調べたり、ドキュメンタリーとか観てしまった。
  • 杉本純一郎
    3.9
    なぜ舞台が青木ヶ原なのかと思いましたが、それだけ世界的にも、そういう場所として有名なのでしょう。 それに、崖や橋だと話が膨らみませんし笑 個人的には、当たりの作品でした。 渡辺謙さんが、またもや主役を完全に食っているところが面白いです。
  • yuzaru
    -
    富士の樹海の、眺めがあまりにも雄大で、これが日本か?と驚いた。内容は、薄っぺらな感があったが一度樹海を見てみたい。
  • 佐藤
    -
    樹海、絵になる。
  • asmin
    3.3
    自殺の名所と言われる青木ヶ原の樹海。 自らの死に場所を求めて、アメリカからやってきたアーサーと、そこで出会った同じ目的の日本人タクミ。 二人の目的は、死にゆく場所探しから、生きる事へのサバイバルへと変わる… 外国人が日本の事描いてもぜーったい面白いわけないやん、と思って観たけどなかなか面白かったぁ。 最後にあぁこういう事だったのか…と感動致しました。 てゆーか、観てても読解力無しの私はよくわからなかったけど、どなたかのブログレビューを読んで、やっと納得w 夫婦愛。 総評 自殺はダメ〜!
  • マスン
    3.5
    富士の樹海、一度入ると二度と出る事ができない自殺の名所。 マシュー・マコノヒーと渡辺謙。大好きなナオミ・ワッツ。 生きることに絶望してしまい自殺をしようと日本へやってきたアーサー。 樹海の入り口の立て札にゾクッとする。 意を決している時に怪我を負ったタクミと会う。タクミも同じ境遇で樹海に入ったものの帰りたいが出られないと言う。 仕方なく道を教えるが。 自殺の願望から生きるサバイバルになっていく面白さ。 名コンビだと思った。 始まりもゾクッとし、ラストもゾクッとした。 ちょっしたきっかけが生きることの喜びを教えてくれた。
  • ezfm
    3.5
    評判ほど悪くはなかった。 渡辺謙以外は日系人が演じてるのが分かっちゃう。日本人としては違和感。 あんだけ滑落して生きてたことの方がびっくりですよ。
  • MTY
    3.2
    めちゃスピってた笑
  • しょざわ
    2.5
    自殺の名所が煉獄に昇華されるのかどうか。。
  • しゅりん
    4.5
    とてもよかった。この夫婦の葛藤と取り戻した絆のことと、ぶつかっても離婚を何度か考えて、でも別れずにいたこと。 胸にじーんと迫るものがあって、鑑賞後に浸りながら不安を感じてお互いの好きなものを言い合った。 夫婦って近いがゆえに言葉の端々に色んなものを見つけちゃうんだけど。 何か試練があったときの結束と真の思いやりをもてるのが夫婦で、夫婦のおわりって、その結束が無くなった時に自然と別れるものなのかもと思いました。 我が家は私の器が小さいがゆえにくだらない喧嘩をしちゃう、ふっかけちゃうんですが、私が以前、全身麻酔の手術をしたとき、普段絶対泣かない夫が無言で大粒の涙を流してた。 それ見てこの人のために何でもできるって思いました。でもそれ忘れかけてた。思い出した。ありがとう! ただ、私も黙ってればいいのに、渡辺謙以外の日本人役って日本人じゃないよね〜って話しかけちゃった。反省。
  • バルーン
    4.1
    『なぜそこに来たのか』そういうことあると思うし、悔やむことあると思う。森で得たことがきもちを前向きにさせて終わったあと心地良い感動があった。英語が分かって、日本のこと知らなかったら+0.2くらい感動したかも。樹海綺麗…曲綺麗…
  • naolmj
    4.3
    富士の樹海を題材にした海外映画。 日本的な霊や価値観の表現がすごく自然だった。切なくて、繊細で、綺麗な作品。
  • ruka
    3.8
    やり直していこうという決心をして明るい未来への希望を持った矢先に、それが目の前で打ち砕かれた時の絶望は計り知れない。 ただ、「the best place to die」とインターネットの検索でヒットしたところを死に場所に決めるより、2人で暮らした家とか故郷とか、なんかもっとなかったのかな〜という感じ。樹海を選んだ意味が浅い。
  • Yasterize
    3.3
    死に場所を求めたマシュー・マコノヒーが樹海に来て死にかけてる渡辺謙と出会う話。 なんとなく色々が読めてしまった&既視感のある結末。 同じ樹海再生モノなら「樹の海」 https://filmarks.com/movies/9413 の方が個人的には良かった。 P.S. コメントにネタバレ所感。
  • なほ
    3.2
    ずっと見たかった映画。なかなかよく出来ていた。 渡辺謙がなんかめっちゃ可愛いと思ったら、そういうことか~ そういうことを滲み出させられるんだからやはり彼はすごい。
  • 林屋
    3.0
    なぜ青木ヶ原樹海でなくてはならなかったのか。設定に無理矢理感を感じずにいられない。
  • たけむ
    3.2
    5分、10分先の出来事が読める映画 渡辺謙とマシューマコノヒーじゃ無かったら途中多分寝ちゃう
  • aya
    -
    好きなガスヴァンサントではなかったが、青や緑色の色を基にして進むところはさすがだなと思う。しかしとにかく、わざとのごとく「ん?」と思わされる点がとても多くて、ある時さまよったマシューマコノヒーと渡辺謙が雨水の濁流に飲まれ、溺れ死にかけるのかと思ったら別の穴から鉄砲水と共に噴き出だしてきてインディージョーンズですかと思ったし(インディージョーンズを観たことないので間違っていたらすみません)、ヘンゼルとグレーテルが何かしらの鍵と思わせ特にその童話じゃなきゃいけない理由がなかったし、謙さんの妻と子の名前が黄色と冬という名前としては風変わりな単語がチョイスされているのも、回収はされているが特にそれである必要はなかった気がする。意味がわからずネットで調べてしっくりくる解釈に辿り着いた。 なるほど。 渡辺謙がここはいわゆる君たちのいうとこの煉獄だ、とおまえはアメリカ人だからカトリック信徒だろと決めつけて話し、マシューマコノヒーはそれにムッとして僕は科学者だから神の存在は信じていないと言い返すくだりなんかが私としてはおもしろくて、そこから死生観問答なんかを期待したが、前述の解釈であれば毛頭見当違いだったってことですね。 外国人にとって青木ヶ原樹海はもしやダークなおとぎの森のようにイメージするのかもしれないが、私からしたらそこは物理的な死のイメージが強いので、作品のファンタジー性が自分の中の恐怖心を越えられずに最後まで観続けたそんな感じだった。世界観は好き世界観は。
  • 新右衛門
    3.4
    絶望、出会い、追憶、別れ
  • sakuraaaaah
    3.1
    The Sea of Trees (2015) Directed by Gus Van Sant I kind of sensed a scary mystic atmosphere in the beginning..and it felt like I watching a horror movie,, So I liked how the story skipped around back and forth between the past and the present scenes. When I found out the two Japanese names, it gave me shivers. Life is precious, but also fragile.
「追憶の森」
のレビュー(2271件)