レイチェル・マクアダムス初来日!「一生に一度のめぐり合わせ」と花柄ワンピで魅了!

2016.04.14
記者会見・プレミア

Filmarks編集部

フィルマーくま

第88回アカデミー賞作品賞&脚本賞ダブル受賞を果たした『スポットライト 世紀のスクープ』(4月15日公開)の記者会見が4月14日に日本外国特派員協会で記者会見が行われ、初来日を果たしたレイチェル・マクアダムスが登壇しました。

レイチェル03

レイチェルは「コンニチワ」と日本語で挨拶。花柄の刺繍が施されたミニ丈のワンピースで登場し、「『スポットライト』のチームの着ているものは、ユニフォームのようなもの。ジャーナリストにはファッションはあまり大事ではないと知ったわ。Tシャツとパンツを履いて、『よし、これで撮影できる』という役は女優にとっても珍しい役どころ。すごく居心地がよかったわ」とユーモアたっぷりに話すなど、キュートな笑顔と気さくな人柄で会場を大いに魅了していました。

レイチェル05

神父による児童への性的虐待を、カトリック教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダルを暴いたボストン・グローブ紙の調査報道チームの軌跡を映画化した本作。

レイチェルは、唯一の女性記者として活躍するサーシャ・ファイファーを熱演し、本年度のアカデミー賞で助演女優賞にノミネートされました。サーシャ本人とも濃密なやり取りをし、役作りに挑んだというレイチェル。

レイチェル02

「一筋縄ではいかない職業。記者がいかに影のヒーローであるかを知った」といい、「長期的な取材では『これで記事が書ける』というところに辿り着けるまでには、大変な時間がかかるもの。暗闇の中で手探りで探している状況だけれど、『いつか真実を見つけられるんだ』と信じ続ける心は、素晴らしいと思ったわ」と真摯に仕事に取り組む記者たちから刺激を受けることも多かったそうです。

また、『きみに読む物語』や『アバウト・タイム 愛おしい時間について』など数々のヒット作に出演してきたレイチェルですが、本作との出会いについては、「一生に一度のめぐり合わせ」と明かしました。

レイチェル04

「脚本を読んだときには、誰が観るんだろうと思ったの」と脚本の印象を話し、「報道では知っていた事件だけれど、私が知らなかった細かいことまでが描かれていた。そこに惹かれたわ」と告白。

「決して派手な作品ではないけれど、本作がたくさんの方に支持されたことで、私は大きな勇気をもらったわ。観客の方々も真実に迫る物語が観たいんだと思った。この作品をきっかけに、もっとこのような作品に出たいと思った。まだまだ綴られるべき物語はあるはずだから」と、女優業に励む上でもパワーとなるような作品になったと心を込めて語っていました。

レイチェル06

さらには「今回、この映画をきっかけに『私もこんな体験をした』と声を上げている人も多いそうなの。声なきものに声を与えられた。この映画が、自分のことを声高に言える勇気を与えられることができたのかもしれない」と本作のもたらした功績にも誇らしげな表情。

レイチェルの『スポットライト 世紀のスクープ』への並々ならぬ愛情が伝わる記者会見となりました。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ふう
    3.6
    記録
  • kaede
    4.0
    これが実話って鳥肌。エンドクレジットにもトリハダ。 新聞記者の本気を描いた作品をネット社会の今、観てみるって新鮮でおもしろいと思う。
  • キーマ
    3.4
    盛り上がりはイマイチないけど、正義感に満ちた感じが良かった。
  • おりぽんこ
    3.8
    演技とか演出と言うより ストーリーだね実話だし
  • 3.9
    ジャーナリズムってすげー
  • 透明な羊
    3.9
    記録
  • Hiron
    4.0
    話は淡々と進んで行くけど、 教会自体が悪いわけではない、 そして、 他の信者さんたちが悪いわけではない。 たけど、教会憎まずにはいられない。 そんな、登場人物たちの葛藤と正義感が伝わってくる作品。
  • ナル
    3.0
    淡々と進行する展開とクライマックスに近ずいても派手さがないところが、いい映画だったと感じました。
  • rico
    3.7
    お話はとてもいいし、タイトで悪くはないが、盛り上がりに欠ける。 事件そのものか、チームワークのある仕事としてかどこかにもう少し比重があったらもっと楽しめるような気がする。 初めてマイケル・キートンが役者として悪くなく見えた。
  • 三好
    -
    記録
  • -
    記録
  • yukino
    3.8
    実話に基づいているからこそエンドロール前の被害のあった教会リストの数の多さに唖然とした。
  • yuu
    4.3
    教会という絶対的な場所で 神父による性的虐待が明らかになる。 何百人もの神父による世紀の大スクープ どんどん事実へと迫る新聞記者 性的虐待という事もあり、なかなか話を聞き出すのが難しい中での堂々とした記者にグッときた。 被害者の『神父にイタズラを、、、』という濁し言葉に対し 記者役のレイチェル・マクアダムスは 『こういう場合、言葉はとても大切なの。イタズラでは伝わらない』と強さを見せる そして 神父=神 として存在している教会で 貧しい子達に優しく→【神様が現れた】→【何でも言う事を聞く】→性的虐待 とてつもなく大きな裏切りである そして被害者は→→→信仰さえも奪われる 教会は何世紀も前から存在している 新聞が勝てるとでも? 教会は何でもできる 宗教、信仰は人々の自由 宗教を信じながらも事実に立ち向かった記者達に信念の強さを教えてもらった そしてそのような人々を裏切るような人が どうか神父として教会に立ちませんように どうか神父という立場を利用する人がいませんように
  • Snowkuouks
    3.5
    カトリック聖職者間での性的虐待もあったのだろうと匂わせる。
  • すぴもと
    4.7
    各俳優迫真の演技。 それも当然の内容だった 事実に基づくことが辛く、堪らない 日本人の感覚では完全な理解は難しいかもしれないけど、苦しい苦しいテーマ。 権力と信用を持つ巨大なブラックボックスとスポットライトチームの戦い 信念に従う仕事人の姿が格好いい 真面目なことばっか書いてもあれだから書くけど、真剣な顔したレイチェルマクアダムズに取材されたいなあ。
  • ヒトミ
    3.5
    聞いたことはあるけど観たことはなかったシリーズ。こんな話だったのか。
  • わわわ
    3.5
    物語のテンポがよく、飽きることなく見れました。おもしろかった。 カトリックのことはよくわからないのでピンとこなかったけど、こんなことが実際にあったなんて世の中いかれてるなと思いました。 マスコミ関係は、大体他の映画とかだと嫌味だったり、いけ好かない人物で描かれることが多いけど、そうではなくて新鮮でした。それぞれの正義や信念で動いていてかっこよかったです。 2017.84
  • Reina
    4.0
    教会が生活とか社会において重要な位置にいるからこそだなーと思った。子どもの純粋な信仰心を利用した汚いやり方。日本でこんなこと起きたら報道するのにここまで大変じゃなさそう。被害があった教会にホームステイした地名が書いてあって鳥肌たった。やりがいのある仕事を一生懸命やるって素敵だな〜。
  • やまだ
    -
    記録
  • おやしらず
    4.3
    面白かったと言ってしまうのが正しいのか悩む内容。 実話だとおもうと、なんとも言えない気持ちになる。
  • あーこ
    3.8
    あまりこういったお話は観ないけど、テーマが面白そうだったのでみてみました! 始終たくさんの人物の名前が出てきて、顔と名前が結びつかず、ちんぷんかんぷんになることが多かったです…… でも、自分も記者の1人になったみたいな気分になりました 日本人だからか、教会のこととか信仰とかあんまりピンときませんでしたが、そういうことを含めても面白く見れました!
  • mikemike
    3.0
    牧師による幼児への性的暴行を新聞社が告発する内容 地域に根差す教会信奉者との戦い 日本にはない生活環境でもありキリスト教徒社会の独自性あり。2002年と最近の出来事が驚き。
  • ゆきぽん
    4.5
    虐待された事実もそれによって信仰を無くしてしまうことも不幸だ。生きている人はそれを抱えたまま生きていかねばならず、自ら命を絶ってしまう人も。 キリスト教が生活と密接だからこそのこの事件。 たまたま自分たちが被害に遭わなかっただけだ。というマイクたちの言葉がささる。 淡々と記事の裏付けをとっていく記者たちの姿を追っただけなのに映画に引き込まれ、感動した。
  • みかん
    3.6
    面白かった。 もう一回集中してちゃんと観たい。
  • UiO
    4.0
    よかった
  • 夏子
    3.5
    寝てしまったのでもう一回見たい…
  • rumi
    5.0
    抑えた演出と俳優たちの演技のアンサンブルが本当に素晴らしい作品だった。そしてそれを一切邪魔しない音楽も。 作り手の作品に対する真摯な姿勢が伝わってくる。そしてそれは、登場人物たちの真摯な熱さにそのまま投影されていた。 マイケル・キートン演じるロビーがとても素敵だった。 「地元の街」であるがゆえ、あらゆる方面から受ける言外の圧力に屈することなく、常に冷静に真の目的を見失わず部下達を受け止める。 キートンの演技は本当に素晴らしかった! 支局長のリーヴ・シュライバー、弁護士のスタンリー・トゥッチの立ち位置も味わい深い。 「私たちは暗闇の中を手探りで歩いている。そこに光が射して初めて、それが間違った道であることがわかる」 地味だけれど、ただただ素晴らしい作品だった。とても好きです。
  • Kou
    3.8
    2017 8
  • shii
    3.5
    記録
「スポットライト 世紀のスクープ」
のレビュー(17448件)