絶賛公開中!『FAKE』衝撃のラスト12分をドラゴンボールのアナロジーで読み解く

2016.06.17
邦画

Why So Serious ?

侍功夫

聾唖の作曲家として「現代のベートーベン」とも評された佐村河内守さんは、2014年2月5日に行われた新垣隆さんの告白により「ペテン師」のレッテルを貼られることになりました。いわゆる「ゴーストライター問題」です。

その後の新垣さんの仕事を選ばぬ大活躍はよく知られているところですが、一方で佐村河内さんはメディアからほとんど姿を消してしまいます。そんな“姿を消していた”頃の佐村河内さんと奥さまのかおりさん。そして彼らの愛猫に密着したドキュメンタリー映画FAKEが現在公開中です。

まだ公開劇場の数が少なく、上映館では平日でも満員札止めを出す盛況が続いているそうです。

fake01

(c)2016「Fake」製作委員会

オウム真理教から見た日本

『FAKE』を監督したのは森達也さんです。テレビ討論会などに度々登場しているので知っている人も多いと思います。

テレビのドキュメンタリー番組ディレクターとして、女子プロレスの前座でコミカルな試合を見せていたミゼット・プロレスラーや、放送禁止の歌などなど、テレビ業界ではタブーとされる題材で番組を作ってしまうことで有名です。

そんな問題作だらけの作品群の中でも森監督を現在の存在へ押し上げたのが、劇場公開作Aです。

fake02

1995年3月。「地下鉄サリン事件」と呼ばれる狂ったテロ犯罪が、カルト教団「オウム真理教」教祖の松本智津夫の指示の元、一部信者たちにより決行されました。

事件発覚後、犯行に関与した幹部や実行犯らが軒並み逮捕されます。それまで饒舌にマスコミを牽制し続けた広報部長の上祐史浩も別件逮捕され、替わりにいかにも気弱な青年、荒木浩が広報として矢面に立つこととなります。『A』は、その彼を追ったドキュメンタリー映画です。

信じられない話ですが、当時多くのマスコミはオウム真理教に対し、常識的な取材手順を踏んでいませんでした。施設に突撃し塀の隙間からレンズを突っ込んで勝手に撮影すると、憶測と悪意に満ちたナレーションにオドロオドロしい音楽を加えて放映し、視聴者の憎悪を掻き立てるのがオウム真理教に対する常套手段だったのです。

そんな中で森監督はアポイントを取って、取材許可を貰い、施設内に入り、撮影をしていきます。そうして出来た作品が映し出したのはオウム真理教側から見える、断罪しようとするあまり常軌を逸してしまった人々の姿でした。

中でも、公安警察官による「転び公妨」(わざと倒れて公務執行妨害罪で現行犯逮捕する別件逮捕の手段で、モチロン違法)の様子は、ショック映像の域にまで達したスクープだと言えるでしょう。

ネコと豆乳とケーキ

その森監督が手がけた最新ドキュメンタリー作品『FAKE』でも、佐村河内さんに密着することで、佐村河内さんから見た「ゴーストライター問題」と、関係した人々の姿こそが写しだされていきます。

「茶化して取り上げる気は無い」と熱心に出演依頼をするバラエティ番組のプロデューサー。外国人らしい歯に衣着せぬ直裁すぎる質問をぶつけてくる海外メディア。義憤にかられマンション前に設置した消火器を放り投げる人……、さまざまな人物が現れては去っていきます。

中でもおどけた様子でテレビに出演し、果てはファッション・モデルとして雑誌に登場するに至る新垣さんの変容ぶりと、それを複雑な表情で見つめる佐村河内さんの様子は、本作の中でも屈指の爆笑ポイントと言えるでしょう。

また、佐村河内さん夫婦の普段の生活ぶりも詳らかにされていきます。来客時には、それがどんな相手であっても必ず洋菓子を準備して振舞う奥さま。食事をする前に豆乳をガブ飲みしないと気が済まない佐村河内さん。そんな2人の間を気ままな様子で行きかう愛猫。そういった“他人の生活”を覗き見る、ゲスな好奇心も掻き立てられてしまいます。

そして、終盤では波風だらけの世間から隠れて、ささやかな毎日を送る2人に対し森監督は“とある提案”をするのです。

かん口令の敷かれた「ラスト12分」

『FAKE』の試写会では「ラスト12分に起こる事柄」についてかん口令が敷かれていたそうです。筆者は何の制約も無い一般公開後の自腹鑑賞ですが、確かに本作ラスト12分は驚きに満ちた映像だと言えるでしょう。そこで、試写のかん口令には従いつつ、「ラスト12分」を漫画「ドラゴンボール」のアナロジーで解説してみようと思います。

一応、何が起こるのか明確には書きませんが、是非先に、劇場での鑑賞を強くオススメします。

fake03

「ドラゴンボール」において、悟空やトランクスなどサイヤ人の血を受け継いだキャラクターたちの戦闘力インフレ化によって、ヤムチャやクリリンなどの地球人キャラクターたちは「へタレ」のそしりを受けています。特にヤムチャは相手に向かって挑発的な態度を取りながら、結局は殺されてしまう姿がミーム化され、笑い者にすらなっています。

サイヤ人編で地球に来たラディッツが偶然居合わせた農民を「戦闘力たったの5か…… ゴミめ!」と見下します。その後、悟空とピッコロの2人がかりでようやく倒したラディッツさえも、ベジータやナッパからは「よわむし」と貶されていました。

「ドラゴンボール」の世界では「スカウター」の存在により、戦闘力は数値として絶対的な評価が出ますが、私たちの住んでいる現実世界ではそこまで明確に強弱や良し悪しを表現できるものはありません。評価は必ず漠然と、相対的なもの(「あの人よりこの人の方が強い」等)になります。

サイヤ人編の時点でスカウター無しで登場人物たちを評価した場合、ラディッツは悟空とピッコロ2人合わせたよりも強く、悟飯はそのラディッツよりも強いということになります。この4人の下にヤムチャやクリリンがいて、その遥か下に「戦闘力5」の農民がいます。そして、現実世界の私たちは農民と同じレベル(見知らぬ宇宙人に向かっていく農民の攻撃性を考えれば、彼以下と考えるのが妥当)になります。

ラディッツは悟空やピッコロですら「弱い」と表現するでしょう。ましてやヤムチャのことは「へタレ」と形容するかもしれません。だからと言って私たちは「ラディッツが言っているのだからヤムチャはヘタレだ!」とバカにすることができるでしょうか?

「強い」「弱い」に限らず、様々な事柄を形容する、ほとんどの言葉は発言する人によって大きな意味のふり幅があります。誰かが言った言葉は、自分が使う同じ言葉と、全く同じ意味は持ちません。言葉は発言者によって意味を変えてしまうのです

2014年2月5日、新垣隆さんが会見の中で佐村河内さんの楽器演奏について「(ピアノは)非常に初歩的なレベル」だと答えました。

かつて、佐村河内さんを批難していた私たちは、どれほど彼のことを理解していたのでしょうか?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 141
    4.3
    情報、真実、客観、主観、感情、虚構、、、なんやこの世界は。 面白かったー!映画がというより、ゴーストライター事件が如何に面白い事件だったかということですな。
  • るい
    4.0
    すべてがFAKEにあふれてました。さむらごっちの観測映画。 ドキュメンタリーの概念があまり分からないのだけど、森監督の干渉が多め。
  • oshunshun
    3.5
    どういう印象を受けるか、何がつくられたもので何が本当か。この事件の情報をどれくらい持っているかによって様々なんじゃないかな。とにかく、被写体として面白い人だった。
  • たくま
    4.6
    マスコミが報道しなかった佐村河内氏側のインタビュードキュメンタリー。どれがFAKE? 猫可愛い。
  • みやも
    3.7
    やっぱり真実はグラデーションだ。 同じ2人の日本人が同じ言葉を使っても、各々が指す言葉は完全に同じ言葉ではない。 同じ出来事を共有していても、それぞれの立場から見える、聞こえる、感じる、わかる「真実」は異なる。 話題を呼んだラスト12分についても、一連の佐村河内騒動についてどれほどの前知識があるかで、受ける衝撃のポイントや大きさも違う(らしい)。 とりあえず、私がこれを見た目的は、佐村河内騒動の真実を明らかにするとか、どこが突っ込みどころかを考えるとかそういったことではないので、この「真実はグラデーション」であることの意味をひとまず考えてみたいと思う。ストーリーを消費せざるを得ない私たちについても。
「FAKE」
のレビュー(4082件)