【ネタバレ含む】話題作『エクス・マキナ』に練り込まれた“s.f”の味わい深さ

2016.07.02
洋画

映画館に頻繁に出没する横分けメガネゴリラ

YMG

突然ですが、スペキュレイティブ・フィクションSpeculative Fiction) という言葉を耳にしたことはありますか? 省略するとSFになります。
 
「いやいや、SFってサイエンス・フィクションScience Fiction)だろう? 」と多くの方が疑問を抱かれたと思います。実はこの二つの言葉は、昔から混同されてきたようです。
 
先日から公開されている『エクス・マキナ』は、人間と人口知能を持った機械との間のチューリング・テスト(イミテーション・ゲーム)を主軸に描いた映画です。そうなるとサイエンス・フィクション(以下SF)なのは言わずもがなですが、同時にそこに練り込まれているのがスペキュレイティブ・フィクション(以下s.f)でもあるのです。
 
今回は『エクス・マキナ』を題材に、この「s.f」について紹介していきたいと思います。
 
※本記事には一部『エクス・マキナ』のネタバレを含みます。
 

SFと哲学の切り離せない関係

人工知能

そもそもスペキュレイティブとは「思弁」を指しており、深く考えを巡らせる行為を意味しています。それは、哲学的考察を無視することができない行為です。
 
例えば、チューリング・テストの結果を機械が判断することができないように、機械の感情を「人間の感情のようだ」と判断するには、柔軟かつ規制のない人間の判断能力や感情が必要になります。また、それを作り上げるには人間の感情とは? 心とは何か? などを考え、プログラミングしなければ人口知能を作ることはできません。
 
本作には疑いようもなくそういった哲学的考察、スペキュレイティブが練り込まれています。
 
一方で大枠のSFというジャンルは、スケールの大きさ、多用されるCG、空想の設定や背景が描かれる、などの理由から「大衆的」で「一過性のジェットコースター映画」というイメージが強いのではないでしょうか。
 
そんなSFに、s.fが練り込まれるとあら不思議、一転して名作だらけです。
 

s.f 映画は名作だらけ

 
列挙しますと、スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』をはじめ、『時計じかけのオレンジ』やスピルバーグが監督したキューブリック原案の『A.I.』もs.fです。
 
他にもジョセフ・サージェント監督の『地球爆破作戦』、リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』、ジェームズ・キャメロン監督の「ターミネーター」シリーズ(個人的には3のラストは最高にs.f)、ハロルド・ライミス監督の『恋はデジャ・ブ』、元ウォシャウスキー兄弟の『マトリックス』、ポール・ヴァーホーヴェン監督の『ロボコップ』や『インビジブル』、デヴィッド・クローネンバーグ監督の『デッドゾーン』や『スキャナーズ』などなど。
 
挙げ出せば切りがありません。それらはSFであり、同時に深い深いs.fが練り込まれているのです。
 
少しだけ具体的に述べると、
 
『時計じかけのオレンジ』 → 自由意志
『恋はデジャ・ブ』→ 永劫回帰
『マトリックス』 → 懐疑論
『ロボコップ』 → 実存主義
『インビジブル』 → 善悪とは何か?
『デッドゾーン』 → 運命論
 
といったテーマに対して深い哲学的な考察が練りこまれています。
 

堂々たるs.fの傑作『エクス・マキナ

エクスマキナ

(C)Universal Pictures

そして本作『エクス・マキナ』も堂々たるSFであり、美しいs.f映画です。片手で数えられるほどの登場人物数だけでなく、CGもほとんど使わず、一つの敷地内でその物語のほぼ全てが描かれるにも関わらず、です。見下されるような「大衆的」要素は一切ありません。

あらすじ

13歳から作り始めた検索エンジンによって巨万の富を得たネイサンは、広大な土地で身を隠すように生きている。そんなネイサンのインターネット会社“ブルーブック”の社員ケイレブは抽選の結果、ネイサンの元へ訪れる権利を得た。到着したケイレブはネイサンに言われるがまま、人形人工知能“エヴァ”とのチューリング・テストを始める...。

天才ネイサンに誘われる凡人ケイレブ、そして出会うエヴァ

本作の物語はケイレブの見ること、体験することを通して進行します。ケイレブの驚きや喜び、不安や感動に観客は寄り添うわけです。

次第にネイサンの真意が別にあり、ケイレブは手のひらの上で踊らされていることに気付きます。疑問だらけの物語の中で観客は、ただただ宙ぶらりんにさせられるのです。

さらにエヴァとのチューリング・テストでも、エヴァはケイレブに好意があるように振る舞います。しかし、彼女の脳は検索エンジンです。過去に彼が検索した情報からエヴァは、ケイレブの好みや願望をガンガン突き、ケイレブを錯乱させます。他人の好意に疑心暗鬼を覚えがちな僕はブルブル震えていました。

本作が炙り出すのは「人の心」の複雑さとその豊かさです。それはまさしく劇中で出てくる人工知能の脳の造形が、宇宙を象徴していることからも理解できるように、「人の心」は掴み切れない無限の宇宙のようなものなのです。

置いてけぼりのケイレブと観客

物語は終盤にさしかかると一変し、主人公だったケイレブはエヴァによって閉じ込められ、物語そのものから置いてけぼりにされます。それは観客が信じ、願ったことさえも置いてけぼりにするような展開です。なぜエヴァはそんなことをしたのか、ただただ悶々と考え続けることしかできません。
 
チューリング・テストの判断結果、「人の心」を持っていると判断されながら、決して「人」として扱われなかったエヴァ。その尊厳が認められないなら尊厳とは一体なんなのか? なぜ人は自由を求めるのか? なぜエヴァはケイレブの自由を奪ったのか? なぜネイサンは、エヴァに痛覚を与えなかったのか?
 
「人の心」があるとされながら人ではないなら一体何を持っていれば人は、人になるのか? そもそも「人の心」とは一体なんなのか? 同時に、私が人だと言い切れる保証が一体どこにあるのか?
 
これもまた挙げ出せば切りがないほど、本作には多くのスペキュレイティブが練り込まれ、観る者に向かって投げ掛けられます。
 
その疑問に対する答えを本作は一切述べていません。
 
それはまるで彼女の存在そのものようです。もしかすると、横にいる「人」であることを疑いの余地もない人が「彼女」かも知れません。本作が描いたs.fは、それくらい現実の真横にあるものです。だからこそ本作のあの結末に強烈な恐ろしさと「心」の豊かさを強く強く感じることができます。
 
 

スペキュレイティブ・フィクションの圧倒的な味わい深さ

 
s.fは必ずしもSFとセットのものではありません。あらゆるジャンルと相性バッチリです。中でも顕著にs.fを感じられるのはホラーです。
 
ホラーというジャンルは、恐怖が感じられてナンボのものですが、それはSF同様、一過性のジェットコースターになる場合が多いジャンルでもあります。
 
例えば“ビックリ表現”は一過性のshockerであって、horrowではありません。恐怖は劇場を出てもなお、背後が気になるような普遍的なものです。それは『エクス・マキナ』の彼女のように「今この場所にいないと断定できない」ような落ち着かないものである必要があります。
 
そして「面白い・怖い」と感じられたホラーは往々にして「終わっていない」という結末を迎えます。それはSFとて同じです。それが真横にあることを無視しなければその恐怖や不安、疑問や面白さはずっとずっと付いて回るのです。それこそがスペキュレイティブ・フィクションの最大の魅力であり豊かさであって、圧倒的な味わい深さといえます。
 
大嘘なSFやホラーなどの物語が本当のことのように思えた時、そこにはきっとスペキュレイティブ・フィクションがあるはずです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • みゆこ
    3.9
    記録
  • ながおっち
    3.9
    前情報なしで観るべき
  • yuu
    3.4
    記録
  • エスパーいとぅ
    3.8
    自ら思考し成長するロボットといえば、アイザック・アシモフのロボット三原則「人間への安全性、命令への服従、自己防衛」を思い出す。 思考しない便利な「道具」として生み出される機械とは一線を画すもの。 その存在との向き合い方について葛藤する人間を描いた作品。 人間とはなんなのか、倫理観とはなんなのか、自分はいったい何者なのか。 新たな「生命体」を生みだす喜びと、それによって生じる不安を見事に表現した内容となっている。 ここ20年で私たちを取り巻くIT環境は劇的なスピードで進化を遂げました。 近い将来、この作品のような問題が発生する可能性があるだけに、とても興味深く観ることが出来ました。
  • guru
    3.7
    アリシア見たさに… ほんと綺麗だわぁ
  • TERAO
    3.9
    人工知能に対して考えさせられる作品ですね。 個人的にはけっこう恐怖を感じる映画でした。主人公が自分は本当はAIなんじゃないかと疑い、自傷行為を行うシーンは鳥肌モノ。そしてアリシアヴィキャンデルはほんと美人。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ もう1年受験勉強することが確定してから、友達と遊ぶか映画観ることしてない俺、大丈夫か笑
  • mikemike
    3.5
    人工知能による人型ロボットは、すぐそこまできている感じ。感情を持つことで、このような事態もありうるかも。荒唐無稽な感じは無く興味深く鑑賞出来た。
  • あじ
    4.5
    こういった全く先のわからない映画、大好きでした。近未来じゃなく、この世のどこかにありそうで怖い、けど、楽しみ
  • wasa
    5.0
    人形・ロボット論の教科書的な映画 最後にかけてのシーンは文学的ともいえ、非常に美しい
  • ars
    3.5
    記録。
  • 匿名
    4.5
    映画としちゃ微妙だけど(主にストーリー。社長そんなバカか?とか。)、 研究施設や人工知能関連のデザインがすごく良くて、好きだったので、おしゃれ映画として高評価。ミニマリズム的なものを感じる。自然も綺麗だし。いいよね、あんな生活。笑 ちなみに個人的にこういう話題大好きで、これはいろいろ言われるでしょうが、人類が絶滅しようと叡智が継承されて行くなら意識や記憶の電子化、あるいはAIってのも、人類の進化のひとつとして受け入れられちゃうタイプです。倫理なんてものは時代が変われば権力者の都合でどうとでも変わります。あらゆることにおいて一番悲しいのは継承されないこと、連続性が失われることだと思います。 あとこのような未来がいつか来るのかなとかよく見かけますが試験的なものはおそらくもうほぼ完成形に近いものが出来ているんじゃないでしょうか。そんなものが存在して(あるいは使用されて)いると知れたら多くの人間は受け入れられないから隠してるだけで。 人類が想像できるものなんて大体実現するもんです。...たぶん。笑 AIで回したほうがうまく行きそうなことがこの世には多すぎる〜〜
  • みついし
    3.8
    怖すぎる... 映像がとても美しくて、AIが人間らしいけれどどこか無機質でとても不気味。 こんな未来が本当に来そうで怖いな。 主人公が気の毒すぎる... いい人すぎるのも考えものですね。
  • しゅうじ
    3.1
    いつか来そうな未来見てるようだった
  • Bouboumayuge
    3.7
    汗を感じない作品。 しっとり、無機質 ジワジワくる恐怖
  • 偏食栄養失調
    4.0
    これが、Goo●leの野望…。 AI推進派なので、とても良い映画だったと思います。 人間世界の統治はAIに任せた方がうまくいくよね。 もう利害関係が複雑すぎて、人間の処理能力超えてるなって思うもの。 そこまでスケール広げなくても、市役所とかの腹立つほど非効率で縦割りで画一的な行政を見てたら、絶対AIの方がいいなってなるよ。 それにしても、何でいっつも最初のアンドロイドは女型で、男型じゃないんだよー。 絶対美少年アンドロイドの方が需要あるって。 それか、犬、猫、動物型。 可愛い上に万能で寿命もなく、人を導く機械仕掛けの犬、それはもう神。
  • とり
    4.0
    人工知能ものは間違いない
  • Mayo
    3.1
    見終わった後に思わず出た一言、こわっ。 こんな世の中が来たら本当に怖い。 ケイレブとネイサンが2人で話すときに雄大な自然の景色の中で話す姿がとても印象的だったんだけど、これはつまりエヴァたちロボットには出ていけない場所を表してるとな。これにはなるほど!と思った。 この2人がものすごく気持ち良さそうな水辺とか空気が良さそうな贅沢な自然空間で話していることが、ラストの展開にすごく強い印象を残してる。 エヴァを演じたアリシア・ヴィキャンデルはすごく可愛かったし、エヴァのデザインもシンプルかつ格好良さも美しさもあって良かったけど、エヴァが服を着たりするのとか気持ち悪かった。怖い怖い。
  • Runa
    3.0
    記録
  • クリプトン
    2.5
    映像は綺麗だったよ オチはイマイチ
  • mami
    3.0
    オチが微妙
  • ハワイアンモンキー
    4.1
    最近SFから遠ざかっていたので ジャケ写からしてサスペンス臭漂う本作をチョイス。 これ、面白かったです! というか、まんまとしてやられてしまいました(^◇^;) ストーリーはAIについてなので、一見難解なように感じますが シンプルな話です。 意思のない忠実なロボットがいるんですけど、忠実過ぎてつまらない! 意思があるように感じるくらいのロボットを作りたい! そこに主人公が関係していくお話です。 AIものって 大抵AIが人間のコントロール下から外れて暴走するのがお決まりパターンですが、本作はアプローチがちょっと違います。 ちょっとの違いなんですけど それが新鮮で面白かったです。 男って どうしてこんなにもアホなのか。 社長の行動があまりにもオス的で滑稽ですよね。 男の私がこう思うんだから 女性はどう思うんですかね? まぁ、バカの一言でしょうけど。笑 見せ方も上手くて、意思のあるロボットと 意思のないロボットの対比が見事。 先が読めない展開にどっぷりハマること間違いないです。 こういう作品は 見終わった後にあーでもないこーでもないと思いを巡らせることができるのが良いですよねー。 近未来的な話が好きな人にはオススメ!!
  • sasaco
    3.5
    ✏️
  • burgerlove
    2.5
    ラストががっかり笑
  • KTHB
    3.9
    アリシアヴィキャンデル好きなのでみたんですけどめっちゃ怖かった。絶対人間として疑わないわ。
  • しょう
    4.1
    全編に渡る緊張感。無機質で洗練された建築。対比される有機と無機。静と動。人間の不完全性とAIの完全性。
  • Yarrtt
    2.8
    うーむ、期待していた分微妙だった。 トレイラー見た時点で気づいてはいたんだが、、。
  • barney
    4.0
    IMDB7.7の高評価。個人的にもこのテーマなら高評価付けざる得ませんでした。ありがとうアマゾンプライム。 検索エンジン最大手の大企業の優秀なプログラマー、社長の別荘で一週間過ごす権利をもらうが。。。そこで行われていたのはシンギュラリティの扉を開く次世代AIのテストだったのだ。 セリフの無い冒頭のシーン、不安を募らせる低いトーンのサウンド。抽選にあたりみんなに祝福され喜ぶ主人公。対照的な温度感が暗示する物語。。。いい感じです。 妙にマッチョ(暴力性の暗示)でアル中の社長は掴みどころが無く、何かを隠しているのは明白なわけで。 強化ガラス越しでしかならない対面、何かがすごい力で殴りつけたのかヒビも入っている。 とにかく不安をあおる演出が随所でなされていて、鑑賞者は主人公ケイレブとともに謎に迫っていく感覚です。 ほぼすべてが一人称視点のため、彼がわからないことは鑑賞者もわからない。考えなければいけないのですが、ハッピーエンディングは期待できそうにありません。 サイコスリラーの様相を呈するのか、SF路線で舵を取るのか、一番中盤がワクワクしました。 この映画に出てくる検索エンジン大手は当然GOOGLEを意識してしまいますが、GOOGLEがAIに半端じゃない金額を投じているのは有名な話ですよね。メッセージとして何を受け取りますか。。。怖いようなワクワクするような・・・ 監督は28日後、ザ・ビーチを書いた人みたいです。監督デビュー作。 IMDBにあったトリビアをいくつか。 ケイレブが社長のコンピュータでコーディングするシーン、書き込んでいるアルゴリズムで探し出したのはISBNコード。その本はマレー・シャナハンというヒューチャリストの人工知能についての本。 オスカーアイザックが社長を演じるに当たって参考にしたのはチェスプレーヤーのボビーフィッシャーと映画監督のキューブリック。 序盤でケイレブが聞いているエノラゲイという曲は、飛行機の名前で広島に原爆を投下した機。原爆を作ったオッペンハイマーのセリフを引用する場面も中盤にある。 ビールの名前がKEIKAKU(計画) スターウォーズ フォースの覚醒で主演二人はこの映画のキャラクターと正反対をお互いに演じている。 冒頭の抽選に当たったケイレブを写すPOVショットのパターンと、自分の腕を切るケイレブのシーンの鏡の中からのPOVショットのパターンは同じ。
  • バスターロイド
    5.0
    美しい。 赤い部屋での邂逅と肌をペタペタ貼るシーンが好き
  • ああああ
    -
    ドーナル・グリーソンが手首を切るカットは良かった。 それ以外は並。
「エクス・マキナ」
のレビュー(10916件)