【7月上映】代官山 蔦屋書店コンシェルジュ一押し!<ドキュメンタリー>映画特集

2016.07.07
まとめ

代官山蔦屋書店 シネマ・コンシェルジュ

上村敬

月に1回、公開される映画のオススメをさせていただいております代官山 蔦屋書店の上村です。私がオススメする7月上映の映画ラインナップは、題して<ドキュメンタリー>の映画特集です!

ドキュメンタリーといえば、小川紳介監督!

29413_I

日本には世界に誇るべき国際ドキュメンタリー映画祭があります。それは2年に1度、開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭

昨年も開催されたこの国際映画祭は、1989年に山形市制施行100周年記念事業として始まりました。著名な映画作家が世界中から駆けつけるような日本の国際映画祭は、日本ではこの映画祭だけでしょう。

では、なぜこのアジア初の国際ドキュメンタリー映画祭が、山形で生まれたのか? それは、偉大な一人の日本人ドキュメンタリー映画作家が、山形に住みこんで映画を撮っていたからです。その人こそ、成田闘争などを描いた「三里塚シリーズ」や、『ニッポン国 古屋敷村』、『1000年刻みの日時計 牧野村物語』などのドキュメンタリー映画の傑作を遺した小川紳介監督です。現在では、彼の功績を讃えて、山形国際ドキュメンタリー映画祭に小川紳介賞が常設されています。

小川紳介監督の作品は、ほとんどレンタルになっておらず、彼の映画が劇場で上映されれば、駆けつけるのが常でした。しかし、6月から順次、彼の映画がレンタル化され、今月は「三里塚シリーズ」もレンタル化されます! この偉大な日本のドキュメンタリー作家の作品を、ぜひご覧いただきたい!

そして、劇場でも1つの素晴らしい日本のドキュメンタリー映画が7月に公開されますので、ご紹介させてください。

『カンパイ!世界が恋する日本酒』

カンパイ!世界が恋する日本酒

7月9日(土)より公開される『カンパイ!世界が恋する日本酒』です。

監督は映画ライターの小西未来さん。映画ファンであれば、ハリウッドの現地の情報などを届けてくれる小西さんの記事をよく見かけると思いますが、何本か短編映画を撮っていて、今回の『カンパイ!世界が恋する日本酒』が長編デビュー作となります。

このドキュメンタリー映画は、日本酒に魅了された3人の男たちを描いています。その内、2人は外国人。それも外国人初の酒造りの職人集団の責任者である杜氏となったイギリス人のフィリップ・ハーパーさんと、日本酒伝道師といわれるアメリカ人のジョン・ゴントナーさん。

特に映像作品に出演することがNGであるハーパーさんの姿が見ることができるのは大変貴重とのこと。興味深いのは、同じ年の同じ日に来日した二人が日本酒に魅了されていくのが、まるで運命的なものに感じます

日本人以上に職人的な姿勢で酒造りをしているハーパーさんの姿は、胸を打つものがあります。また、日本酒についての書籍発行やセミナーを開催し、世界中にファンを持つゴントナーさんは、「酒プロフェッショナルコース」を国内外で開催し、そこの卒業生がアメリカで日本酒造りをしている様子が描かれていておもしろいです。

そして最後の1人が、“南部美人”五代目蔵元の久慈浩介さん。小さい頃から、どこに行っても「南部美人の息子だ」と言われ、蔵元になるという運命に甘んじることなく、古い酒職人たちと闘いながら、新しい手法で酒造りに挑戦し、見事金賞を受賞し、世界中を飛び回り日本酒の魅力を積極的に伝え、売り込んでいる姿が描かれます。

久慈さんは、特にしゃべり方に人を惹きつけるものがあるのですが、東日本大震災の時のことを語る姿は、涙なくしては見ることができません

自粛ムードの中、たった一人で立ち向い、彼が切り拓いたという新しい復興支援の形。そして、多くの人が「それならできる。」と言ったというものは、なんだったのか? ぜひ劇場でお確かめください。

『ラスト・タンゴ』

29413_I

2本目のオススメ映画は、同じく7月9日(土)から公開される『ラスト・タンゴ』です。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』というドキュメンタリーの傑作を持ち、最近では、『Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』、『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』と、立て続けにドキュメンタリー映画を発表しているヴィム・ヴェンダース監督が製作総指揮で挑んだ作品です。

そのヴェンダースの愛弟子にあたるヘルマン・クラル監督は、大学の卒業制作『不在の心象』が山形国際ドキュメンタリー映画祭において、大賞を獲得した逸材です。その彼が描くのが、アルゼンチン・タンゴに革命を起こした伝説のタンゴダンサー、マリア・ニエベスファン・カルロス・コペス。タンゴに人生を捧げた二人の半生を、時に貴重な過去の映像で、時にドラマで再現しつつ、二人のインタビューを基調に、その愛憎の人生を浮き彫りにしていきます。

とにかく、二人のタンゴの情熱もさることながら、目にもとまらぬステップに魅了されます。14歳と17歳で出会った二人が、どのようにコンビを組み、そしてどのように恋に落ち、最後にはコンビを解消していくのか。そして二人は知ることになります。二人でしか成しえない最高峰のタンゴがあることを。1997年の日本公演を最後に、コンビを解消した二人の背後に何があったのか?そして、二人はもう二度と顔を合わせることがないのか? この伝説のタンゴダンサーの“ラスト・タンゴ”を、ぜひ劇場でご覧ください。

『フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館』

29413_I

3本目のオススメ映画は、7月9日(土)より公開される『フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館 3D・4K』です。

世界遺産の街フィレンツェを舞台に、中世において煌びやかにルネッサンスが花開いた時代にメディチ家がどのように関わったかを描きながら、たっぷりと美術作品を堪能できる映画です。それも3D上映なので、高精細かつ時に、絵画の人物像が浮き上がってみえる作品となっています。

ウフィツィ美術館の芸術作品を中心に、ミケランジェロラファエロカラヴァッジョティツィアーノボッティチェリといった、美術史に燦然と輝く偉人たちの作品の数々。特に、目玉なのが2011年から修復が進められてきたレオナルド・ダ・ヴィンチの「東方三博士の礼拝」が映像では初公開になります。

ルネッサンスとは、何だったのか? そして、数々の芸術作品に秘められた真実や想いとは? 街そのものが芸術作品とも言えるフィレンツェに残る建築や彫刻、絵画の貴重な姿にうっとりしていると、アッという間に終わってしまう極上の97分を、ぜひ劇場でご覧ください!!

(C)2015 WAGAMAMA MEDIA LLC.
(C)WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion
(C)2015 SKY ITALIA SRL – al rights reserved

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Fumis
    4.0
    2016 USA/Japan 日本酒業界に生きる3人の男を主人公としたドキュメント・フィルム。この人選がとてもユニークで日本酒について全く知らなくてもとても見応えがあった。ドキュメンタリーとしてよく出来ているなと。 3人は京都にある木下酒造に勤める初の外国人杜氏であるフィリップ・ハーパー氏、鎌倉在住のアメリカ人ジャーナリスト、ジョン・ゴントナー氏、そして岩手の老舗酒蔵・南部美人の5代目蔵元・久慈浩介氏。 フィリップ&ジョンは「日本酒業界に関わる外国人」で杜氏として、またジャーナリストとして言語や文化の壁を乗り越えて国内外に日本酒の魅力を発信している。久慈氏は蔵元でありながら自ら酒造りにもたずさわり、また日本酒輸出協会という団体を立ち上げ、世界に日本酒を発信するスポークスマンとしても活躍してきた、業界改革者のひとり。監督が「トラフィック」の構成を参考にしたと話しているが、3人の日本酒を通した活動や想いがテンポ良く丁寧に描かれている。 監督がアメリカの利き酒会で久慈氏に会い、久慈さんで日本酒のドキュメンタリーをつくれないか、と考えるようになったのが映画製作のきっかけで、日本酒を題材とする以上、多角的にとらえたいということでその他2人が浮かんだということ。 監督はゴールデングローブ賞を選考するハリウッド外国人記者クラブ(HFPA)所属の映画ジャーナリストで、フィルムメイカーの小西未来氏。続編も製作するということでとても楽しみ。
  • Keizysoze
    3.4
    【カンパイ!世界が恋する日本酒】 ★★★☆☆ 3/5点。 3.4 2月20日鑑賞。 2017年 16本目。 #‎2‎017映画メモ 機内にて鑑賞。 日本酒の文化と伝統を イギリス人の杜氏 アメリカ人の日本酒ジャーナリスト 岩手の南部美人5代目 へのインタビューを通じて 魅力を紐解いていくドキュメンタリー。 とにかく外人の日本酒熱がすごい笑。 解説から色々と勉強になった。 南部美人5代目の3.11大震災を受けての行動も 観入ってしまった。 日本酒好きな全ての人にオススメ🍶
  • 5.0
    すごくよかった。 母校の先生まだいるんだあとか、あーこれ実習でやったなあとかすごく昔を思い出す映画でした。 ものづくりにあこがれて就活してたんだけど、この映画の中の人のように、もっとよくできないか、に真摯に立ち向かう仕事をしなければなとおもった。
  • 3.5
    日本酒に魅せられた三人の男たち. 生い立ちから、出会い、現在の活動までを 三人の直の言葉で綴るドキュメンタリー。 京都で外国人初の杜氏を務めるイギリス人 . 鎌倉から世界へ向けて日本酒を発信するアメリカ人 . 震災に見舞われた岩手の老舗酒蔵を継ぐ五代目蔵元。 エピソードは細かく刻まれて目まぐるしく切り替わり、それらをゴクリと呑み干すと日本酒の魅力がじわりと浮き彫りになるような、そんな造りに。 カメラは2014年の福島へ入り、海岸沿いにコンクリート基盤だけが僅かに残る, 酒蔵跡の苦味を伝え、 三人の話からは日本酒の新たな可能性を示すと共に、ひょんなことから一生の仕事に巡り会えた男達の充実、彼等を惹き付けた日本酒の魅力に浸らせます。 🍶 あともう少しのバレンタイン。 ほのかに残る甘さを、結婚祝いで頂戴した「福寿」でさっぱりと洗い流してみようかと思います。
  • Toru
    3.6
    日本酒造りのドキュメンタリーだと思って観てたけど、後半 、東日本大震災の話に触れてくるあたりからガラッと雰囲気が変わる。 日本酒呑めるようになりたいなとしみじみと感じた。
  • LtColJawa
    3.8
    ナショ・ジオ的に詰め切らないオリエンタルな距離感を適当に斜めから見て楽しもうとするような舐め切った感覚で臨みましたら、見事にカウンターパンチを喰らってしまったというドキュメンタリー映画としての良作でございました。 日本酒に人生を捧げた日本人、アメリカ人、イギリス人の三人を軸に据えて、それぞれのヒストリーを対比させながら「酒(SAKE)」の魅力に迫っていくような体裁を取りつつも、実はその性質上「酒」がどーのこーのというよりも、「酒」によって世界と関わっていくような男達の、ある意味で「酒を中心として本質にアクセスしていく対世界・対人的関係における高揚感」というものに感慨を覚えるような、ぶっちゃけて言えば「飲み会で真面目に語らっている楽しさ」というような多幸感に満ち満ちている映画だったのであります。 見返りを求めないピュアな情熱が、思わぬ広がりを見せて国籍を問わず影響し合っていく様に感慨深さがありまして、例えばロンドンのバーで日本酒を飲もうとするイギリス人が"Kampai"と発声する時、その"Kampai"という言葉は日本語に由来するオリエンタルな快感などではなくて、それは国籍を超越した個々人の信念への絶対的な評価なのだ!というような本質を炙り出していて僕は落涙しました。 安易なナショナリズム礼賛の映画では決してなくて、「日本酒」という純粋なコンテンツへその身を捧げるハードコアな行為が帯びた絶対的な強度を、まざまざと浮かび上がらせるようなリアリズムに感動があります。 ビールでいえば「ミュンヘン・札幌・ミルウォーキー」という、緯度を根拠とした生産地としてのブランド的なラインがかつてポップに形成されていたワケですが、今作の登場人物的に申し上げれば「コーンウォール(イギリス)・岩手・クリーブランド(オハイオ州)」というめちゃくちゃ語呂も悪くて分かりにくいけどハーコーでドープなラインを確かに僕は感じました。 伊藤潤二の名作『富江』において、富江を愛する余りに殺害した富江の肉片を酒の「もろみ」と混合し、「清酒・富江」を醸造してしまうという天才的な着想で描かれた『富江・もろみ』という素晴らしく純粋なホラー心に溢れたエピソードがあるのですが、それは「欲望の発酵」という意味で時間的・技能的な深みを増すための儀式だったワケで、これを執筆された伊藤潤二先生の心情に何となく近づけた気も致しました。 極めてパーソナルな体験ですがとにかく記すべき事柄と致しまして、この映画を観ていた僕に「利き酒セット」を持ってきてくれたCAさんの4DXを超えた粋な計らいを、僕は一生忘れません。
  • まつこ
    3.8
    「がんばろう、東北!」 この作品を観て思ったことは「私にもできることがあるんだ!」ということ。 お酒に関するドキュメンタリーで海外の人からみたSAKEの魅力が詰まっているのはモチロン、3.11を経験された酒蔵の人たちが何を思い、どう過ごしてきたのかが描かれていました。 お酒について知りたいっ!って人が観る教科書的なドキュメンタリーではないけれど、心があったまり「お酒っていいな。」と思わせてくれる作品。 知人に酒蔵の方がいるから余計かな。 美味しいものには人の愛と努力が込められている。みんなの本気を見ていたら涙が止まりませんでした。 安酒で酔っ払う楽しみ方もあるけれど、職人が丁寧に作ったお酒と今年も向き合っていきたいな。
  • ヨッシャー
    4.8
    近ごろ観たドキュメンタリーでは最高級に心揺さぶられた!! もう仕事を放っぽって酒の道に進みたくなるレベル。 僕は人のお金を右から左に流して儲ける仕事をしてるけど、だからこそ何かを作る人たちの情熱、愛情、決断力には本当に尊敬の念しかない。 こうして一つの文化をきっかけに、様々な国の様々な境遇の人が繋がるという事は本当に素晴らしい。 これは酒に限らずモノ作りの持つ大きな力だと思う。 この映画もクラウドファンディングによって公開までこぎ着けているとのことで、やはり何かを作り上げる人たちの情熱って色んな人に伝染していくんだなと。 そしてまた情熱を持って何かに取り組む人の姿って愛らしい。 僕も情熱を持って人生を送らなきゃ。 後ろの席で酒飲みながら(映画館の計らいですよ)見てたおっちゃんたちの駄弁りも最高に心地よかった。 いつもとは違う雰囲気での映画鑑賞、非常に乙なものでした。 とりあえず、カンパイ(^_^)/□☆□\(^_^)
  • chi
    3.6
    日本酒ドキュメンタリー。日本酒好きにはたまりまへん。2016年もたくさんお酒飲んで、たくさん酔っ払って、たくさん映画見ました!!(まだまだレビュー待ちの映画が残っているにもかかわらず、締めくくりにかかっている)
  • askQ
    3.6
    日本酒飲みながらの上映会で。 日本酒に縁もゆかりもなかった外国の人たちが、日本酒に魅せられ、杜氏になったり本を出版したり。 人生、何がどうなるかほんっっとにわからんもんやなとつくづく感じた。 蔵元や製造方法でお酒の味が複雑に変わるように、ひとりひとりの人生もとびきり味わい深い。 「カンパイ!」っていい響きやなぁ。
  • Maki
    3.3
    日本酒のドキュメンタリー。 実は日本酒って苦手で、父親が飲んでいるのを少し舐めたことがある程度。でも興味はあって、ワインみたいに美味しく飲めたらな、と思っています(笑) なので、この映画はワクワクしてました✨ アメリカから来た日本酒の伝道師、イギリス人杜氏、日本人の蔵人。 この映画を見て思ったのは、世の中には本っ当に色々な人がいるってこと。 当たり前のことだけれど、日本酒に関わりのなかった外国の人が、杜氏になったり本を出したり(笑) 蔵の跡取り息子は大学でお酒を学び、英語を学び、それを武器に新しくお酒を作ったり、海外に売り込んだり。 みんな心底日本酒が好きで、愛してる。それが伝わってくるし、見終わったら日本酒が飲みたくなる。 でも東日本大震災の時の話には涙が止まらなかった。 蔵を失い、故郷を離れ、それでも日本酒を作り続ける人もいる。 そこもちゃんと触れているので、この映画を見てよかったなぁ、と思った。
  • オパビニア
    5.0
    私も数年蔵人をやっていたので、大変さや喜びが蘇ってきて泣いてしまった。 自分の今後の人生のストーリーを改めて考えたいと思わせてくれる映画。
  • プーさん
    3.8
    革新の時代を迎えた日本酒界において走り続ける3人をピックアップした作品。アメリカ人の日本酒伝道師、イギリス人杜氏、日本人蔵人。世界にどんどん広がっていく時代なんだなぁ。面白い。 やっぱ俺って他人の人生とか聞いているの好きみたい。
  • ゆうと
    3.2
    愛情あふれるドキュメンタリー。 作りたいもの、表現したいものを作った感じ。 だからこそ、もう一歩踏み込んでほしかった。
  • anna
    -
    当たり前のことだけど、作られたものには作った人の想いがちゃんと込められているんだよな。って日本酒を汗水垂らして作っている姿を見て思った。 カンパイ!って最高に素敵な言葉だ。
  • カケル
    4.0
    日本酒という文化は大きく変わろうとしているんだ、ということをよく伝えている。 この映画を見ている自分が、いかに伝統という固い概念にとらわれていたかも振り返ることができた。彼らは日本酒の神様に導かれ、才を与えられ、チャンスを掴んできたというわけだ。題材がとても面白いので、お酒に興味が無くても「伝統」ということを考える機会になると思う。 映画の構成としては、少しパズルめいていて、全体を見てやっと理解できる部分もあったかな。
  • 芋羊甘
    3.9
    2016年5月11日水曜日
  • こう
    3.4
    もっと日本の良さと日本酒を絡めて見せる作品かと思ってたんですが、全く違って外国のドキュメンタリーを観てるようでした。 半分ぐらいは字幕ですし。 僕はアルコール飲まないけど、飲んで衝撃が走る日本酒ってどんなんだろう?って興味がわきました。 南部美人の蔵元の話はわかりやすかったけど、若干小慣れた感じが鼻についたかな。 今からいいところって時に場面が変わるから、それが雑な感じで残念でした。 東日本大震災のあたりはやっぱりジーンとします(T ^ T)
  • Jun1582
    4.1
    うーん、期待以上!!!!日本酒に関わる人たちが繋がってるおもしろさ、東京農大めちゃくちゃおもしろそう!ジョンとフィリップの新しい世界に向かうフットワークの軽さとかニュートラルさ、どんどん行動を起こしたからこそいいタイミングで舞い込む次のステップ、地震と頑固な職人に負けなかったしどんどんチャレンジする久慈さん、日本酒に限らず行動するって大事なんやな。何かに打ち込む、夢中になるのに国籍関係ない! あぁ、日本酒ってすばらしい!ジョンさんの言う通り、温度が変わることでこんなに味が刻々と変わっていく日本酒ってすごい!お気に入りの日本酒が飲みたくなるし、蔵に行きたくなる。日本酒を盛り上げたい!! 日本酒に惹かれて見た映画やけど、人生とか生き方についても刺激もらったわー!!
  • Jun55
    4.4
    日本食は世界遺産への登録が話題に上がる程、日本が誇る無形資産だと思うのだが、日本食における日本酒の立ち位置はとても重要且つユニーク。 主な登場人物3人の内、二人は外国人、舞台もニューヨーク、ロンドン、ノースキャロライナが登場! 日本酒だけではないが、外から日本を観ることの気づき、その新鮮さはとても大切にすべきこと。 特にこの映画では、ややもすると閉鎖的になりがちな日本の酒文化に対しての新たなアプローチを示唆しているようで興味深い。 もう一人の登場人物は南部美人の五代目蔵元。古きに縛られず、新しい味とマーケット(含む海外)を開拓していく。 東北震災に触れる場面は涙腺がどうしても緩む。 この映画をニューヨークのIFC Centerで観たのだが、ニューヨークも日本食、日本酒ブームが熱い!
  • -
    2016.8.11鑑賞。
  • ぐりこ
    4.1
    日本酒ってすごい
  • kyaname
    3.4
    日本酒好きとしては観るのを避けては通れなかった作品。内容は日本酒そのものというよりそれに携わる人々の半生を追うもので、それぞれの熱意がよく伝わってきて面白かった。酒の知識をこねくり回すのは好きではないけど、もうちょっと酒のことを知ってもいいかなと思った。あととにかく酒が飲みたくなった。 160808投稿161023SCORE修正
  • おかぴ
    3.5
    日本酒に対する情熱と愛情を感じる、良いドキュメンタリーだった。 アイスブレイカーは飲んだことあったので、今度は南部美人を飲もう!
  • 福痴書館
    5.0
    縁って大事だね。 有難く飲ませて頂きます。
  • thecurrent
    3.8
    素敵な映画でした!個人的に日本酒を世界に売り込む仕事に関わったことがあったので、非常に興味深く鑑賞させて頂きました!あと、フィリップさんとゴントナーさんの来日理由がお二人ともJET(英語指導助手)とは、こちらもお仕事で関係していたので、非常に嬉しく思いました。(しかも同期!) NYやロンドンでは既に定着しつつある日本酒ですが、他の地域にも受け入れら土壌はあるので(ワイン文化が根付いている南米や、日本酒と似た発酵酒があるアフリカ等)全世界に広がってくれると良いなと思っています。 映画鑑賞後はもちろん、日本酒を買って帰りました!笑
  • コバヤン
    3.7
    日本人が誇りにすべき日本酒。 それを誇りを持ち、いろいろな人たちがいろいろな人たちに楽しんでもらうべく、日夜努力している。 映画も日本酒も、作る人と観る人が情熱を持てば、その表情を変えてくれる。 このワインにも勝る、五感で味わう素晴らしいお酒を体験してほしい。
  • kyoco
    3.6
    自由な人生築きたい。日本酒詳しくなりたいー!
  • ぶなっしー
    3.5
    日本の映画にも関わらず、字幕が多いとは思いもしなかった。 日本酒はあまり呑まないけど、純米酒南部美人を呑んでみたい衝動に刈られてしまいました。 一つとして同じ味がない日本酒の奥深さと情熱にやられて、涙した部分もある位に熱いドキュメンタリー。
「カンパイ!世界が恋する日本酒」
のレビュー(77件)