話題の青春アカペラ映画『ピッチ・パーフェクト』を2倍楽しむための原曲ガイド

2015.06.09
洋画

もういっそ映画館に住みたい。

manabu

5月29日に公開されたアカペラコメディ映画『ピッチ・パーフェクト』。劇中でかっこいいアカペラアレンジで披露される数々の楽曲ですが、元の曲はどうなっているのでしょうか。特にこれから観ようと思っている方は原曲を知った上でアカペラアレンジを聞くと、より楽しめると思います。既に映画を見られた方も、劇中で歌われていた原曲を聞いてみるといろいろな発見があるはず!今回は特に印象的な5曲を紹介します。

映画本編をご覧になられていない方で、どんな楽曲が歌われるのか知りたくないという方は本編をご覧になられてからお読みください。

トレブルメーカーが歌う「Don't Stop The Music/Rihanna(2007)」

冒頭で男性アカペラグループ「トレブルメーカー」が披露するのがこの曲。原曲は人気女性シンガー、リアーナが歌っています。2007年にリリースした3枚目のアルバム「Good Girl Gone Bad」に収録されている世界的ヒットとなった楽曲です。映画内ではアカペラアレンジされていることに加え、男性が歌うことでより力強く響いてきます。「音楽を止めないで」と歌う楽曲がいきなり披露されるというのは、音楽映画のはじまりにはぴったりですね。

オーディション課題曲「Since U Been Gone/Kelly Clarkson(2004)」

アカペラ部への入部を希望する新入生たちがオーディションで歌う課題曲です。原曲はアメリカン・アイドル出身のシンガー、ケリー・クラークソン。彼女が2004年に出したセカンドアルバム「Breakaway」に収録されている楽曲になります。ロックサウンドをアカペラでもうまく再現していて、新入生それぞれの癖のある歌い方も相まって新たな魅力を感じるアレンジだと思います。アメリカン・アイドルというオーディション番組出身者の楽曲を使用している点も面白いですね。

リフ・オフで披露するラップ「No Diggity/Blackstreet(1996)」

リフ・オフと呼ばれるアカペラバトルの際に披露されるラップが、ヒップホップグループBlackstreetの歌うNo Diggityです。1996年に発表された「Another Level」というアルバムに収録されています。今から20年近くも前の楽曲ですが、ラップまでもアカペラアレンジしてしまうという幅の広さには本当に驚きます。

美しいハーモ二ーで聴かせる「Just The Way You Are/Bruno Mars(2011)」

主人公ベッカが所属するアカペラグループ「ベラーズ」が美しいハーモニーで歌うのがこちらです。原曲は人気アーティストのブルーノ・マーズが歌っており、ミュージックビデオも話題になりました。海外ドラマ「glee」でも歌われたりと知名度の高い楽曲ですが、NellyのJust A Dreamとのマッシュアップになっていることと女性が歌うことでより一層響いてきますね。

かっこいいダンスで盛り上げる「Price Tag/Jessie J」

最後に紹介するのは、かっこいいダンスとラップで披露されるこの曲です。原曲はソングライターとしても活躍しているイギリスの歌手ジェシー・Jが歌っています。本編中ではかっこいいダンスとともに歌われているんですが、アカペラアレンジの方がノリがよく個人的には好きです。

いかがでしたでしょうか。アカペラになることで原曲とは違った魅力で聴かせてくれる楽曲が多く、アカペラで歌ったらどうなるか気になりませんか?幅広い年代、ジャンルなのでここから新しい音楽の発見もできるかもしれません。

原曲を知った上で、改めて映画を見ると新たな魅力に気付くこともできると思います!まだまだ絶賛公開中なので、ぜひ劇場に足を運んでみてください。ちなみにこの作品に関しては、『遂に日本上陸!全米で社会現象を引き起こした歌って踊る青春アカペラムービー』という記事で見どころも紹介しています!良かったらこちらもチェックしてみてください。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 叡福寺清子
    3.6
    まさかのユニのロゴサウンドがアカペラVer.ここで心鷲掴み状態じゃんかよ. ピッチ・パーフェクト.町山氏の解説によると音程が完璧って意味だそうな.タイトル通り出演者ほぼ全員歌うめぇんでやんの.しかも歌うことを楽しんでる姿観てると,日本人はエンタメに関して100回転生しても勝てねぇわなった気がした.リフオフを観るとDNAレベルから違うと痛感させられる.楽しいなぁ,リフオフ.けどその影でナードが一人シコシコと4chやってて自分もそっち側の人間だと確信してるから泣けてくる. でも実際アカペラ部って学園ヒエラルキー的にはどうなんだろ.グリーや本作の成功で上位ランクに上がったとは思うけど.体育会系との絡みが皆無なんでそのあたり視聴しててもピンとこなかった. 逆にピンときたのが,アナ・ケンドリックってジェイク・ビジーに似てるって事.口元というか締まりのない口がさ似てるよね.バッド・バディん時も指摘したが,アナが角度によって不細工になるってのはこの辺りが原因か.それが好きって人にはたまらん魅力なんだろな. オーディションの司会進行でクリストファー・ミンツ・プラッセ出てたの何がに嬉しかった.いくつになっても消えない童貞臭は貴重な存在. 童貞臭といえば本作の敵役,アダム・ディヴァインの存在も評価に貢献した.実力派だけど性格が災いしての嫌われ者.(俳優としては)美味しいポジション.最後はチームに対して後足で砂をかけて出ていく,その存在感は心地よい. 存在感といえば,バーテン・ベラーズのチームメンバーの存在感格差よ.アナ,太っちょ,黒人ビアン,小声の東洋人,先輩二人,ビッチ・・・あと二人いたよね,確か.ってなってない?私はなった.2や3でその辺り解消されてるのかしら. なお個人的にはおセックスしたってんで首になったメガネっ子(椅子持って出ていった人ね)がものごっそいタイプです.
  • Marina
    4.0
    知ってる曲でノリノリ すきだなGleeの大学生版みたい
  • yuuuka
    3.7
    記録
  • あっきー
    4.2
    タイトルの「ピッチパーフェクト」。 これで敬遠してる人多いと思う。 ピ(Pi)なんだよね、これ。 ビ(Bi)ッチパーフェクトだとばかり思い込んでた。ビッチパーフェクト?しかも女の子ばっかり映るキラキラしたジャケ写。 そりゃ、もうビッチな姉ちゃんが男取り合って組んぐ解れつの映画なんだとばかり…( •́ω•̀; ≡ ;•́ω•̀ ) タイトルはほんと大事。 これが邦題じゃないってのが気になったので、どういう意味かを調べてみた。 「pitch-perfect = 完璧な、一分の隙もない」 とのこと。 ふむ、何を指しているんだろうか? →ちょっと調べたら、パーフェクトピッチと逆にすると、絶対音感という意味があるとか。。 だからピッチ・パーフェクトだと、『音程が完璧』っていう意味らしいです。はい。 それはさておき、こういう映画はサムイボ(関西では鳥肌が立つ(感動する意味の)ことを指します)が止まらない。 ウーピーさんの「天使にラブソングを」然り、「スクールオブロック」然り、ラストの流れは大体分かっている。 でも、前述の通り、予備知識を間違えた状態で観出すとそんなラストのことを考えずにサブイボ出まくり。 知ってる曲(タイトル分かんないのもあるけど)がアカペラで唄われるのはほんとにカッコいい! しかも色んな性格の持ち主達が最後にわかり合っていく姿、ラストシーンのア・カペラは観てるこっちもスタンディングオベーションしちゃうくらいでした。 キックアスなんかでも、ゲロシーンあったけど、アメリカではゲロるのは下品の定番なんだろうか? そういえば、キックアスのレッドミスト役のクリストファー・ミンツ・ブラッセがあまりのチョイ役ではあったけど、あの顔は忘れられないなぁww 今回のアナ・ケンドリックは昨日観た「マイレージ・マイライフ」よりもはるかに可愛い。 #出掛けてる間の待機時間にipadで #ちゃんと観ろ #ごめんなさい
  • SaeKozuka
    3.5
    こうゆうのすごく好きだけど 一番最後の曲が星ふたつ バンパー、どっかで見たことあると思ったらマイインターンや!
「ピッチ・パーフェクト」
のレビュー(24006件)