私が好きなアモーレなカップルたち―往年のハリウッド・スター編―

2016.08.04
女優・俳優

代官山蔦屋書店 シネマ・コンシェルジュ

吉川明利

こんにちは!代官山蔦屋書店でシネマ・コンシェルジュをしております、映像パッケージ業界33年目の映画オヤジ・吉川明利です。

サッカー日本代表でインテル・ミラノに所属する長友佑都選手が交際宣言した際に「僕のアモーレです」(イタリア語で『愛する人)と称したことは記憶に新しいと思います。映画史の中でも、共演した相手と生まれたカップルがたくさんいます。

誰もが羨む美男美女のカップルから、不倫から生まれたカップルなど、様々な形がありました。今回、映画史の中で永遠に語り継がれる”アモーレ”カップル、特に私が好きなハリウッドスターやワールド・スター同士のカップルに焦点を当て、ご紹介させていただきます。

長くは続かなかった幸せな結婚生活「クラーク・ゲイブル&キャロル・ロンバード」

生きるべきか死ぬべきか

風と共に去りぬ』のレット・バトラー役で知られるクラーク・ゲイブルには、ちょうど同作が封切られた1939年に結婚したキャロル・ロンバードという愛妻がいました。キャロルはパラマウント映画のトップスターで、1934年のコメディ映画の傑作『特急二十世紀』が代表作、最もギャラの高いスターの1人でした。

実は大手映画製作会社のメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)に所属していたゲーブルの方が、この時点ではキャロルよりも格下でした。コロンビア映画に貸し出されて(トップクラスの俳優は他社への貸し出しはほぼない!)出演した『或る夜の出来事』でオスカーを獲得し、なんとか釣り合いが取れていました。

しかし、幸せな結婚生活は長く続きませんでした。戦意高揚のための軍事慰問へ行く途中の飛行機事故でキャロルは亡くなりました。彼女の最後の作品は1942年のエルンスト・ルビッチの傑作コメディ『生きるべきか死ぬべきか』。封切られた時にはすでにキャロルは天国に行ってしまいました・・・。

25歳の年の差カップル!「ハンフリー・ボガート&ローレン・バコール」

29413_I

1944年の『脱出』での共演が二人の出会いでした。時にハンフリー・ボガート45歳、ローレン・バコール20歳という年齢差もお構いなしに1945年に結婚。ボガートにとっては4回目の結婚でようやく理想の妻とめぐり逢いました。

二人の共演作は『三つ数えろ』『潜行者』『キー・ラーゴ』と計4作品。ボガートの代表作といえばカサブランカ』ですが、『脱出』や『キー・ラーゴ』は夫婦共演ということで配役がしっくりきている印象を受けます。20歳とは思えないバコールの色っぽさに見とれること間違いありません。

この夫婦は1950年代のハリウッドを襲った赤狩りの恐怖にも一貫してリベラルな立場をとった、と1984年に翻訳出版された自伝「私一人」で語られています。この自伝はハリウッドスターの数多い自伝本の中でトップクラスの読み応えです。

しかし、幸せな結婚生活も12年で終わりを告げます。ボガートを失ったバコールは32歳の若さで未亡人となりましたが、女優として活躍を続け、ブロードウェイで『イヴの総て』の舞台版「アプローズ」でトニー賞受賞、ミュージカル主演女優賞を受賞、と輝かしい経歴を築きました。

不倫関係のまま26年間!「スペンサー・トレイシー&キャサリン・ヘプバーン」

29413_I

女優のルイーズ・トレッドウェルと夫婦関係であったスペンサー・トレイシーは、オスカーを4回受賞した大女優キャサリン・ヘプバーンと26年の間、不倫関係を続けていました。敬虔なカトリックで障害を持つ子供とその子を育てる妻のため離婚はせず、スペンサーが亡くなるまで、公然の秘密として2人は関係を表に出すことはありませんでした。

最期を看取ったのはキャサリンでしたが、葬儀にも出席せず。今では考えられないことですが、そのことをスキャンダラスに取り上げられることはありませんでした。

こうして語るとキャサリン・ヘプバーンには一歩引いた大人しい女性のイメージを持つかもしれませんが、映画の中の彼女とはまったく違い、男勝りな自立した女性像でした。

9作もある二人の共演作。最後の共演は1967年の『招かれざる客』でした。今もアメリカが抱える黒人人種差別問題をホームドラマの形にして訴えた名作です。もし、自分の娘が突然結婚相手を連れてきて、その人が黒人だったら?そのとき彼女の両親はどうするのか?という映画で、スペンサーとキャサリンが父と母を演じています。

他にも、初共演作『女性No.1』も図抜けた面白さですのでこちらも是非ご鑑賞ください!

29413_I

美男美女カップル「ローレンス・オリヴィエ&ヴィヴィアン・リー」

風と共に去りぬ

二人ともイギリス人です。1939年『風と共に去りぬ』以前の二人の立場は簡単に言うと、シェイクスピア劇を演じられるイギリスが生んだ若き名優と、それと結婚した売れていない女優というものかもしれません。文芸映画『嵐が丘』に主演するため渡米してきたローレンス・オリヴィエは、ある日妻ヴィヴィアン・リーを連れ、まだ主演女優が決まっていなかった『風と共に去りぬ』の撮影現場を訪れます。

撮影は、先に女優のアップを撮らずにアトランタ炎上のスペクタクルシーンから進められていました。製作者デヴィッド・O・セルズニックはヒロイン・スカーレット・オハラ役を誰にするか決められないでいたのですが、オリヴィエが連れて来たヴィヴィアン・リーを見た瞬間に「スカーレットがいた!」と言ったという伝説があります。

これが仮に真実ではなかったとしても、もしオリヴィエと一緒にハリウッドに来なかったら、ヴィヴィアン・リーの『風と共に去りぬ』はなかったのですから、映画史が大きく変わっていたことになったのは事実だと思います。こうした伝説が残るほど、この二人は美男美女のカップルとしてのスケールがあったという証拠でしょう。

今回はPART1として往年のハリウッド・スターの”アモーレ”なカップルをご紹介しました。次回はフランスの大女優から、現在のハリウッドカップルまでピックアップしてご紹介します。お楽しみに!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 11x3
    -
    映画にはまりだす頃に観賞 はじめて父親にすすめられた映画
  • Stephen30
    3.5
    南北戦争時代の動乱を気丈に生きた女性。正直難しい、理解に苦しむ。でも、ずっと観たいと思い続けた作品、観て良かったです
  • Phoebe
    4.0
    4時間にわたる名作 想像していた戦争ものの純愛映画とはかけ離れた、スカーレットオハラというひとりの女性の人生物語でした オープニングから漂うこの傑作感と長編感。そして男たちの影から登場したヴィヴィアンリーの美しさといったら、、また緑がよく映える スカーレットオハラに賛否両論あると思うけれども、わたしは彼女のように逞しく強く信念を持って生きたいと思う。けれども利己的になりすぎず、そこはメラニーの寛容さと優しさを兼ねつつ。バトラーも言っていたけれども2人とも似通うところが多くて、愛していたから冷たくして、すれ違ってしまって。切ない。愛するタラに戻ったあとスカーレットオハラはどんな決断をするのだろうか、、、、 オハラという苗字はアイリッシュ系。やっぱり父親はアイルランド移民でした。だからこそタラの地への想いが強く。彼女も強く生き抜いたのだと。ちなみにダブリンから北西に進むとそこにはタラの丘がある。ここはアイルランド中でもっとも重要な場所であると言われている。ただ単に同じ名前だったわけではないだろう。アイルランド人の心に永遠に住み続けているタラの丘と同様に、スカーレットオハラの心の中にもタラの地は生き続けていた。 本作に関するトリビアはたくさんあるらしい。いろいろ知りたいところです
  • パスカル
    3.0
    登場人物の考え方が面白い みんな超個性的
  • J
    3.4
    本格的に映画にはまり始めた頃、できるだけ古くて有名な作品を見てみたいと思い、まず最初に頭に浮かんだのがこれ。タイトルだけなら誰しもが聞いたことがあるはず。製作年は1939年(ふるっ)、上映時間約230分(ながっ)、それだけ確認して鑑賞。 ぶったまげた。製作年から勝手にモノクロと踏んでいたが、なんとフルカラーだったのだ。モノクロでしか見たことのない70年以上前の世界を鮮やかなカラー映像で見れたことと、どこかで耳にしたことのある美しく壮大なテーマ曲に感動してオープニングで涙を流してしまった。こんな珍事件が起きたのは今のところこの作品だけ。 衣装や小物、セットや撮影も何もかもがとにかく豪華で大掛かり。金のかけ方が半端じゃない。日本での公開は52年だが、戦時中、日本の軍人でこの作品を国外で鑑賞した人は「こんな映画を作る国と戦争しても勝てない」と言ったそうな。本当にその通りだ。 間違いなく素晴らしい作品なのだが、主人公のスカーレット・オハラに全く共感できず感情移入できないのが難点。前向きで楽天的な性格は見習いたいが、ちょっと自由すぎやしないか。 あと、すいませんけど落馬に吹いた…(笑)
  • mA
    4.0
    スカーレットつよーい
  • 鬼平犯母ちゃん
    2.0
    スカーレット。 勝ち気な大荘園のお嬢様。 欲しいものは難なく手に入れる女。 3度結婚。 3度目の夫バトラーの愛を受けながら、冷たくあしらう女。 それがスカーレットというおんな。 が、最終的には、娘は事故死するわ、バトラーに愛想をつかされるわで、全てを無くしちゃったね。 何もかも去ってっちゃったね。マジで。 ヴィヴィアン・リーが、美しい。 プロデューサーに「はい、スカーレットは、この娘ね」と一目惚れされただけのことはある。 長い(232分)んで、ゆっくりできる休日に観ています。罵倒しながら。 蛇足→この作品の監督、[ビクター(ヴィクター)・フレミング]とありますが、最初は[ジョージ・キューカー]でした。 が、ジョージが降板することになって、クラーク・ゲーブルのお気に入りだったビクター(ヴィクター)に引き継がれることに。 そのビクター(ヴィクター)も、言うことを聞かない女優陣に負け、途中で投げ出してしまった。 で、別の2人の監督によってやっとこさ完成。なんてこった。 さらに蛇足→この作品の為に、ビクター(ヴィクター)が[オズの魔法使い]の撮影を途中で投げ出したのは有名な話。
  • HIRO
    3.9
    題名の名の通り美しいエンディングでした。エンディングだけで見たら結構好きな映画です。 でも、長すぎる一作品に10年ぐらいやってるんじゃないかと思うぐらい笑 長すぎる分映画の展開(山)も多かった。 図々しいスカーレットは嫌いだったが途中から凄くたくましい女性になり同情した。 だれにも弱音を見せず1人で頑張り素直になれないスカーレットは悲しかった。 そんなどうしようもないスカーレットを愛するレッドバトラーはカッコいい。正に紳士あんな人になりたい。 自ら幸せを手放すスカーレットはかわいそうでした。 衣装やバックスクリーンもすごかった 所々でてくる引きの背景に映る絵もすごかった。 たしかに、面白いが長すぎる…
  • pupu
    4.5
    何度も観て、原作も読んだ。 ヴィヴィアン・リーが綺麗。
  • にほんねこ
    4.0
    純粋な恋愛映画だと思ってた。でもそこまで純粋じゃなくて驚いた! 古い名作なのにこんなに利己的で強すぎる女性の恋愛物だとは思わなかったし、感激した。 3時間半くらいなので長いと感じるかもしれないけど、展開がとても早く、南北戦争についても触れているので全然観れる長さ! 人種差別発言や行動があるから「風なんぞもう来ねぇ」って小説があるくらいアンチが多いらしいけど、目立って差別発言とか多くはなかった気がする! バトレーが1番かっこよかった!
  • はたけなか
    3.6
    何度も母に勧められてる名作を。 なかなか長かった!でもそれだけ時代が流れ、色々な経験をして成長する。 有名なので一度見てみたかった。見て良かったと思います。 スカーレットのように強く、 メラニーのように優しい、 そんな女性になろうと、この作品に学びました💐
  • ひろ
    5.0
    マーガレット・ミッチェルのベストセラー小説「風と共に去りぬ」を、ヴィクター・フレミング監督が映画化した1939年のアメリカ映画 ・ 第12回アカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞など9部門を受賞した ・ 3本のフィルムを使ってカラーを再現するテクニカラーを使った初期の代表作であり、巨額の製作費と宣伝費をつぎ込む、ハリウッドスタイルの元祖となった作品。222分という長尺にも関わらず、大ヒットした不朽の名作。ちゃんと計算したら「アバター」よりも稼いでいる、史上最高のヒット作だ。 ・ 南北戦争を舞台に、南部の白人貴族社会の終わりを描いた作品で、恋愛映画というよりは、スカーレット・オハラという女性の生きざまを描いた女性映画だ。戦争前のスカーレットといったら、男はみんな自分が好きと思っている嫌な女。従来のヒロイン像からは逸脱している。しかも、彼女にアプローチしてくるレット・バトラーが、ちょい悪紳士ときたもんだ。このプロットにやられた。キャラクターの描き方が上手すぎる。 ・ スカーレット・オハラの人生は波瀾万丈で、必ずと言っていいほど、成功したら打ちのめされる。しかし、南部の女は強い。スカーレットは何度でも立ち上がる。スカーレットは、理想的なヒロインではない。でも、何度も立ち上がる彼女から、いつしか目が離せなくなっている。「明日考えるわ」と言って、切り替えるスカーレット。彼女の全てを肯定する気にはならないが、彼女が映画史に残るヒロインなのは確かだ。彼女が立ち上がれる理由が、物語を深いものにしたと思う。 ・ そんなスカーレット・オハラを演じたヴィヴィアン・リー。この役でオスカーを受賞したのは、当然と言っていい結果だが、そんなことより、スカーレットの人生とヴィヴィアンの人生がシンクロしていることに驚いた。早くに結婚して娘を授かったものの、娘より自分がスターになることが優先の野心家で、妻子ある人を好きになったり、転倒して流産してしまったりと、まんまスカーレット・オハラである。 ・ レット・バトラーを演じたクラーク・ゲーブル。「キング・オブ・ハリウッド」と呼ばれた大スターだが、不適な紳士っぷり、意外にも子煩悩っぷりを発揮する姿に感動した。ゲーブルは若くして総入れ歯だったらしく、口臭がひどくて、ヴィヴィアン・リーはキス・シーンを嫌がったとか。 ・ 紳士だけど頼りない草食系貴族アシュレーを演じたレスリー・ハワード。この人もハリウッドのスターだったけど、戦時中に乗っていた飛行機が、誤って撃墜されて亡くなったという悲劇の俳優。この作品の良心であり、理想的なヒロインであるメラニーを演じたオリヴィア・デ・ハヴィランド。後にオスカーを二度も受賞した名女優だ。メイドのマミー役で、黒人初のオスカーを受賞したハティ・マクダニエルの名演も素晴らしかった。 ・ 南北戦争に敗れた南部を描いた作品ということで、戦後に初めて日本で上映された時、その似た境遇に共感し大ヒットした。当たり前のように黒人が奴隷として描かれ、奴隷制度を肯定した作品として、黒人や人権擁護団体などから批判される作品でもある。原作よりはオブラートに包んでいるみたいだけど、ハリウッドは人種差別を長い間してきた歴史があるから、そこだけ気になったかな。 ・ それでも、4時間近い作品を最後まで飽きずに見せるのはすごいし、キャラクターの魅力も合間って、不朽の名作と言われるに値する作品になっていると思う。いくらなんでも不幸を畳み掛け過ぎだと思ったものの、そのつど立ち上がるスカーレットの表情は、きっと忘れることはないだろう。
  • サーモン
    2.5
    南北戦争時代の純愛映画だと思ってましたが、ちょっと違いました 三時間半という超大作なわりに終わり方が、私にはあっけなく感じてしまいました。え、これで終わり!?みたいな。。。 やりたい放題のお嬢様が、戦争によってタラを絶対に守り抜いてやる!と決心して、自らの手を汚して農業をする強い女性を描いているところがこの映画の魅力だったのかなと思います。 これからどうやって話が終わっていくんだろう、という気持ちで最後まで見れたことと、ドレスがきれいだったことがよかったです。 名作と呼ばれてますが、私にはあまり、、、
  • NN
    3.9
    長い!ヴィヴィアンリーとクラークゲイブル美しい…
  • Esther16
    4.3
    記録
  • 4.5
    記録
  • りょうた
    3.2
    古典的名作
  • yuzu
    3.5
    南北戦争時代に純粋で頑張って強い女性になろうとするビビアンリー。初めから衣装や髪型や小物などが可愛らしく雰囲気も良く、中盤からはストーリーに引き込まれ、3時間半以上ありましたが飽きずに見れました。やはり名作は引き込まれるものがありますね。この時代の他の作品も見てみようと思う。
  • yuka
    3.6
    見終わってこのジャケットをみると本当に風と共に去りぬっていう題名が腑に落ちすぎる スカーレット顔が全てを語ってる感 苦手な顔だ 全然メインではないけどプリシーが1番すきくない バトラー最初からええやつやんって思っててんけど何があかんねんやろな アシュリーかっこええけどそこまで好きになれない 最後の1時間はすき、 それより前はいらいらが 点数つけるのんがむずい
  • Y
    -
    強いなあ
  • nagi
    -
    記録
  • NSNヤンキース
    3.8
    名作です。一度見といて損はないですよ。 女性の力強い生き方を上手く表現してあり、上映時間は長いですが、飽きずに最後まで楽しめますよ。
  • cappuccino
    -
    記録
  • かすみ
    3.5
    長かった! アメリカ南部の話だから知ってる地名とか歴史が出てきて面白かった! チャールズハミルトンが報われない😢 メラニーがとてもいい子
  • シスコ
    4.0
    1975年9月 渋谷東急にて鑑賞。 リバイバル上映。
  • ゆこ
    5.0
    まさに映画史に残る作品
  • konkon
    4.0
    何度観たかわからない名作。当時はスカーレットとともにアシュリーのファンだったが、今観てもやはりアシュリーはステキだ。キャプテン・バトラーの一途な愛もいいけど、アシュリーに恋し続けたスカーレットの気持ちも分かる。原作も読んでみたい。
  • Wolverine
    4.1
    明日は明日の風が吹く
「風と共に去りぬ」
のレビュー(6090件)