才能あふれる若き映画監督グザヴィエ・ドラン。何故人々は彼に惹き付けられるのか

2016.08.11
監督

映画と現実を行ったり来たり

ne22co

映画監督グザヴィエ・ドラン、FILMAGA読者の皆様の中にもファンの方は多いと思います。

8月6日に公開された『神のゆらぎ』に合わせ、初めて彼を知る方はもちろん、既にグザヴィエ・ドランワールドにどっぷり浸っているファンの方にも、彼の多岐にわたる活動をご紹介。その魅力をお伝えしていきたいと思います。

監督としての華麗なるデビューから現在までの活動

グザヴィエ・ドランは2009年、初監督作品『マイ・マザー』が第62回カンヌ映画祭にて上映され、19歳という若さで華々しいデビューを飾りました。

マイマザー

(c)2009 MIFILIFILMS INC

その後の制作作品は軒並み様々な映画祭で賞を受賞。世界中で上映され、今世界で最も注目されている若手映画監督の地位を確立しています。(以下制作作品と主な受賞履歴)

2010年『胸騒ぎの恋人』(第63回カンヌ国際映画祭、ある視点部門上映)

胸騒ぎの恋人

(c)2010 MIFILIFILMS INC

2012年『わたしはロランス』(第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門上映、クィア・パルム受賞)

2013年『トム・アット・ザ・ファーム』(第70回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門上映、国際批評家連盟賞)

2014年『Mommy/マミー』(第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門上映、審査員賞)

今年2016年のカンヌ映画祭では『juste la fin du mondo/It's Only The End Of The World(原題)』がグランプリを獲得しました。

日本でも2017年の2月11日に公開が決定していますが、先日フランス版予告編が公開され、彼の作品ではおなじみのアーティスティックな映像美、これまでに無い豪華なキャスティングに注目が集まっています。

彼の受賞歴をざっと紹介しましたが、ご覧頂いた通り、2009年のデビューから、制作した全ての作品がカンヌをはじめ世界各国の映画祭にて上映、名だたる賞を獲得しています。

そして彼は2016年の現時点で26歳。現在はハリウッドデビューとなる次回作『The Death and Life of John F. Donovan(原題)』の撮影を行っており、日々進化を遂げるその才能に目が離せません

監督だけではない、溢れ出す才能

そんなグザヴィエ・ドラン、監督以外にもその活動は多岐にわたります。

自身の作品では監督以外にも脚本、制作、主演、編集、衣装、ヘアメイク、音楽を手がけ、エンドロールでは彼の名前がズラッと羅列されています。

色彩や音楽、各シーンにおける絵画的な画面の切り取り方へのこだわりはどの作品にも共通し、一つの映画作品の中にちりばめられた何十ものアート作品を観ているかのようです。

自身の監督作品以外でも幼い頃から俳優として活躍しており、映画やテレビ番組に出演していました。

昨年日本でも彼が主演を務めた『エレファント・ソング』が公開されています。

エレファントソング

(C)Sébastien Raymond

ドランは「この役は自分自身だ」と言っており、精神病棟で起きた失踪事件で周りの人間を言葉巧みに翻弄する青年を演じています。

母親との確執で心に闇を抱える青年が周りの人間を巻き込んでいく様子、彼の不気味ながらも寂しげな表情、ドランが自身の体験と重ね合わせて演じた役柄に、引き込まれる事間違い無しの作品です。

そして8月6日に公開された『神のゆらぎ』。

神のゆらぎ

(C)2012ProductionsMiraculumInc.

「自分が出演したい作品が無いので監督を始めた」と言う程に自身の出演する作品に対してこだわりを持つ彼が出演を熱望し、信仰する宗教と愛の間で揺れ動く青年の役柄を演じています。

グザヴィエ・ドランが自身の活動を通じて世界に伝えたいこととは?

彼は自身がゲイである事を公表していますが、上述した通りこれまでの制作作品においても自身の体験に基づいたものが多く、社会的弱者や、自分自身とは違う存在に対して理解を示す事(否定するのではなく容認する事)の難しさ、大切さが作品のテーマになっている事が多いです。

以下は2015年、『Mommy/マミー』の審査員賞受賞スピーチで彼が語った言葉の抜粋です。

誰しも自分が好むことをする権利があるにも関わらず、あなたのやることを嫌悪し、あなたを忌み嫌う人たちもいるでしょう。でも夢を持ち続けてください。そうすることで一緒に世界を変えられるからです。人々を感動させ、笑わせ、泣かせることで、人々の意識や人生を、ゆっくり変えていくことができるのです。政治家や科学者だけでなくアーティストも世界を変えられるのです。望むことに限界はなく、夢を抱き、挑戦し、努力し、あきらめなければ、どんなことでも実現可能なのです。

このスピーチからも彼の強い信念を感じる事ができ、何故これほどまで彼の作品が人々を惹きつけるのかが分かるのではないでしょうか。

『神のゆらぎ』はシネマカリテでの特別公開から全国順次ロードショーです。グザヴィエ・ドランがこの作品において、俳優として表現したかったテーマは何だったのか。そんな視点で作品を観てもおもしろいかもしれません。是非劇場で体感して頂きたいです。

 

『神のゆらぎ』についてはこちらの記事でも解説しています。ぜひ合わせてチェックしてみてください!
若き天才グザヴィエ・ドランが惚れ込み自ら出演を熱望!『神のゆらぎ』の秀逸な脚本

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • よーぐると
    3.6
    "飛行機が落ちるのは全能の神がいないからだ" 無宗教な人からしたら、本当に同じ人間なのかと疑うくらい理解できない 輸血をしたら楽園に行けなくなるのなら、まあそうかもしれないけど
  • Blue
    3.2
    記録
  • Rumi
    3.5
    誰も幸せになれない映画だった。 エティエンヌは最期まで信仰を捨ていのか、神の存在を信じ続けられるのか...それだけが私は気になります。 ジュリーの静かに涙するシーンがまたらなく美しかったです。
  • 2017
    -
    3/25
  • 3.4
    問い エホバの証人である看護師と白血病のフィアンセ、情熱的な不倫を続ける初老のバーテンとクローク係の女性、互いへの失望を偽りながら暮らすギャンブル狂の夫とアル中の妻、取り返しのつかない過ちを償うためドラッグの運び屋となる男 墜落する運命にあるキューバ行きの飛行機が結ぶ、複数の物語が過去と現在を行き来しながら交錯するヒューマンドラマ 運命なのか? 私たちに出来る事とは⁉︎ あのグザヴィエ・ドランは出演のみで、監督はしておりません 普通ではない人々に焦点を当てた作品 いや、これが普通なのかも知れない 音楽や雰囲気は穏やか ラストの言葉に至るまでのドラマが凄い あの一言を伝えたかったかったんですかね〜 私は激しく同意します!
  • Nちゃん
    3.5
    「飛行機が墜落したのは、全能の神がこの世に存在しないからだ」 エホバの証人である看護師と白血病のフィアンセ、情熱的な不倫を続ける初老のバーテンとクローク係の女、互いへの失望を偽りながら暮らすギャンブル狂の夫とアル中の妻、取り返しのつかない過ちを償うためドラッグの運び屋となる男。墜落する運命にあるキューバ行きの飛行機を終着点に、それぞれの決断が思わぬところで他人の運命に影響を及ぼしていく様子を、複数の物語が過去と現在を行き来しながら交錯するサスペンスタッチのヒューマンドラマ。 どういう終わり方なのかわかっていながら、何組ものカップルのそれまでの過程を見ていく。 エホバの証人であるために夫に輸血をしてあげることができないくせに、飛行機事故で唯一助かった患者には苦渋の決断の末に輸血したために、信者から除け者にされ、フィアンセと離れてしまった。 愛する人が死ぬというのに宗教の関係上輸血できないって。倫理的に訴えたい。 誰も幸せになれない。誰も報われない。 宗教の問題や夫婦の問題、ドラッグやアル中の問題だけでは片付けられない、この映画にはもっと訴えられている問題が隠されていて、1回見ただけじゃ理解できないなあ。
  • Ryou
    3.6
    とても切ない群像劇 現在と過去を自然と混ぜ込む物語の構成が上手い “飛行機が落ちるのは 全能の神が存在しないからだ” この言葉をラストにまた添えたことで 信仰とはなんなのかと余韻が増幅する この作品でのグザヴィエ・ドランの魅力を いまいち感じれなかったことが残念
  • s
    -
    きろく
  • はーにゃん
    3.5
    静かにたんたんと進んでくストーリーだけどなぜか引き込まれる。 飛行機がおちるのは全能の神がいないからだ。と最後に繰返されぐっと心に来た。これは宗教に対しての皮肉なのかと私は思った。
  • やけっぱち
    -
    多様性が求められる時代において、うまく目配せしている映画だとは思うが、結局のところ核心に触れることはない。いい感じに終わってる様で、はぐらかされただけな気もする。群像劇という形も目新しさはなく、活かしきれていない。 あと「飛行機が落ちるのは全能の神が存在しないからだ」この台詞に全てを集約させてしまうのは卑怯な気もする。そもそも信仰とは何なのか。信仰によって死にゆく者もいれば、しかし生かされる者もいる。宗教をめぐる諸問題は尽きることはない。そこにもう少しだけでも踏み込めてたら、すごい作品になっていたのかもしれない。
  • もずく
    -
    選択
  • nekononagayama
    3.0
    記録
  • hzk
    3.8
    最初眠くなるんですが終盤一気に繋がります。 沈黙と同じ種類の葛藤がありました 宗教を扱うとやはりそうなるのかなー。
  • かきぴー
    3.9
    まず、サスペンス群像劇としてワクワク感とスッキリ感を味わえる作品なのは間違いないと思う! ただ、テーマとかを追ってくと一回の観賞だと全て味わえなかった(自分の能力不足)。 ただ単に群像劇のクロスした爽快感(?)で終わらないのがこの映画。 個人的な見解としては、美しくありたい幸せになりたいと願うキャラクター達が宗教観・倫理観を乗り越え、自分の中にある真の価値観に従って行動し悔いのない人生を送る(送った)話かなと。 心のコンパス(某TDS)に従うことが大切! がメッセージかなと思った。 よくできているのは、これらのテーマを考えずにはいられなくなる作品に漂う「冷た〜い雰囲気(めっちゃ褒めてる)」が素晴らしすぎた! 脚本も演出も演技も一級品なんでしょうな。 宗教に疎くても全然見れる点はGood!
  • Amuro
    3.0
    ドラン見たさに。 無宗教からしたらエホバの証人ってめんどくさそうだなーぐらいの印象。 群像劇だからなんだかんだで飽きずに観れた。
  • kazuki9614
    -
    ❤️❤️❤️❤️❤️🖤🖤
  • ルネ
    3.0
    2016年8月6日公開。 監督はダニエル・グルー。 エホバの証人の信者のカップルをメインに、飛行機墜落事故を絡めた 群像劇。 グザヴィエ・ドランが地味な役をやってるのを初めてみた。 まったくオーラなし。特にいい演技してるとも思えず、起用に疑問を感じた。 ほぼ主役な女優さんと、アル中の主婦のシンプルなファッションは良かった。 ギャンブル、酒、信仰、不倫、などタブー満載なのだが、物語は淡々と進む。映像も音楽もカッコいいのだが、なんだか盛り上がらない。 結局、全員自業自得というか、誰にも感情移入出来ずに終わってしまった。 後半色んな話が繋がって来るのだが、ラストは結構あっさりしてました。
  • ken
    3.2
    エホバのお話だが、なかなかよくできていたと思う。 神を信じるか信じないかは、まさに信仰の自由だが、輸血をすることで人を助けられるのなら、やるべきだと思う。 逆に輸血をうけることで、生きることができるなら、これもやるべきだと思う。 全能の神がいるなら、なぜ飛行機が落ちるのか? まさに、この一言が信仰心を揺るがす言葉であり、試練である。
  • アルパカメタル
    3.5
    「飛行機が落ちるのは、全能の神がいないからだ。」 みんな大好きドランの出演作ですね。 正直最初眠たかったけど群像劇だから後半にかけて引き込まれますね。信仰とは、神とは。
  • panpie
    4.2
    これはとても考えさせられるテーマで私の好きなタイプの映画でした。 ドラン目当てで見た事は隠す由もありませんがそれ以上に宗教というテーマとある事故に繋がっている人間模様が入り組んでいて素晴らしかった。 ただの宗教だけがテーマではない所も良かったです。 冒頭エティエンヌ(ドラン)が聖書を読みあげている。 たくさんの人の前で。 人々も皆聖書を広げる。 激しく咳込むエティエンヌ。 別の日。 めまいがしてハシゴから落ちたという。 背中も痛いと婚約者の看護士ジュリーに話す。 病院へ行けと母親に言われている。 皆に隠しているがエティエンヌは白血病だった。 分かっているなら早く治療しないと! 何故治療の為に病院へ行く事を渋っているの? 場面変わって空港の入国審査。 一人の男性がベネズエラから3年ぶりに帰国する。 審査を通ってすぐトイレへ直行する。 具合が悪そうだ。 と思ったらおもむろに右手の袖を捲り上げ便器の中へ! え⁉︎何してるの? また違う男が出てきてカジノのシーン。 カジノのあるホテルに泊まっている? カジノのバーでバーテンダーとの会話からその男は結婚14年で毎年妻とキューバに行っている、今夜発つと話す。 次はバーテンダーの老齢の男の話。 ホテルのクローク係の同じく老齢の女とどうやら不倫している様だ。 どう見ても60代以上だ。 流石フランス人! 車の中で休憩中にセックス! 幾つになっても情熱的だ。 ここはどこという表記ははなかった気がするがフランス語を話してるし雪も積もっているしこれはカナダ映画なのでドランもいるしここはケベック? ジュリーは医師からエティエンヌが白血病で輸血をすぐにすれば良くなる可能性があると説得されているが拒む。 〝何を待っている? 奇跡か?〟 医師の問いかけにも助かる可能性は関係ないと一蹴するジュリー。 そうか、輸血を拒むという事はエティエンヌもジュリーもエホバの証人なんだ! 戦慄が走った。 エホバの証人を調べてみた。 1870年設立。 意外と歴史がある。 全世界で約820万人信者がいて最も多いアメリカで120万人、日本には21万人の信者がいる。 キリスト教の基本理念を否定しハルマゲドンを信じその後楽園に入れると信じている。 イエスは神の子であり神ではない。 戦争に参加せず兵役につかない。(良心的兵役拒否) ナチスはエホバの証人も投獄して死刑にしたらしいが現在では基本的人権として認知され推奨されているそうだ。 国旗敬礼、国家斉唱は偶像崇拝にあたる。 そして最も有名なのは輸血の拒否である。 教義を破った者は楽園には入れないと信じ違反があった場合排斥(除名)される事を最も恐れている。 劇中でもジュリーの友達メラニーにバスの中で会っても無視していた。 8ヶ月の赤ちゃんを抱っこしてジュリーに話しかけていた。 ジュリーの家にいた信者の男性にメラニーの話をしていたのでおそらくメラニーの父親と思われ教義に違反したメラニーは除名処分を受けて両親共会えずにいるのだろう。 では何故こんな理不尽とも思われる宗教を信じるのか。 エティエンヌが白血病に苦しむ姿を知っているジュリーは職場である病院に飛行機事故の生き残りの身元不明男性が自分と同じ血液型O(-)である事を知る。 エティエンヌもこの男性も輸血をすれば助かるのだ! ジュリーの心は揺れていく。 珍しく邦題も悪くないかもしれない。 ある日同僚と訪問布教をした時の事。 教義を説明しようとした時男性は衝撃的な言葉を投げかける。 〝飛行機が落ちるのは全能の神が存在しないからだ。〟 ジュリーの頬に一粒の涙がつたう。 その男性こそホテルのクローク係の女性の夫だったのだ! 妻は不倫相手を選び落ちた飛行機に乗っていて助からなかったのだ。 夫からそんな言葉が出てくるのは当たり前だが命を救う事は教義に反するが輸血をして助けるべきかそれともそれを放棄して信仰を続けるべきかジュリーは良心の呵責に悩む。 トイレで飲み込んだ麻薬を下剤を飲んで出している男は空港で職員の兄と鉢合わせしているが挨拶もしないまま二人は別れている。 どうやら兄の娘の姪と間違いがあったらしい!(衝撃!そりゃ無視するわ!) 麻薬の密輸で得た金で柔道でオリンピックを目指す姪に渡しに行くが後悔している男に対し姪はまだ好きならしく着替えるから待っていてとシャワーに向かうが男は金を置いてその場を立ち去る。 空港職員の兄の計らいで飛行機に搭乗しない客の航空券を使ってもう2度と会いに来るなと言って搭乗手続きをする。 搭乗しない客はカジノで大金を使い果たした男だった。 不倫していたバーテンダーに結婚14年の妻とキューバへ行くと話していたあの男だ。 その男の妻は結婚生活に疲れアル中になり空港で男と飛行機に乗るかと思いきや愛してないから別れると別れを切り出し15年目のキューバ旅行は実現しないこととなる。 妻役に「Mommy」のアンヌ・ドルヴァルが出ている。 ケバくもなく今作では控えめで出番が多くないにも関わらず寂しいアル中の妻を見事に演じていた。 こうしてキューバ行きの飛行機に登場人物達は乗る。 飛行機事故後の現在とそれに搭乗した人物達の生き様を時間軸を操って交互に観せていく。 繋がった! 時系列ではなく見事な編集だ! 素晴らしかった。 「11ミニッツ」を思い出す。 あれは時系列通りに描かれていたっけ。 でも今作ぐらいの設定を観せても良かったかな。 その後生き残りの男が危篤状態になる。 緊急手術を行う事になり血液が必要という事になってジュリーは決断を迫られる。 予告篇で「グザヴィエ・ドランが惚れた交差するサスペンス」とあったが私も惚れました。笑 ストーリーが素晴らしい。 映像も寒々しく美しくて私的ツボだった。 無宗教だが案外私は宗教ものは好きらしい。笑 エホバの証人の信者が時々玄関のベルを鳴らす。 今は鍵を開けなくてもモニターに映るので実際に会って話す事なくお断りするのだが信者の方に聞いてみたい。 〝あなたの大切な人が輸血を必要としていてそれをしないと死ぬ場合あなたはどうしますか?〟と。 〝輸血は教義に反するので例え死んだとしてもしません〟と言う言葉は聞きたくないので実際にドアを開けて聞くことはしないが。 〝飛行機が落ちるのは全能の神が存在しないからだ〟 これを聞いた信者はなんと答えるのだろう。 私は信者ではないが劇中のこの言葉は刺さった。 とても考えさせられる作品に出会えて良かった。
  • Yuki
    3.7
    【字幕】 久々に見ました。 誰も幸せにならない映画。 終始淡々と物語が進みます。 正直もう何語か分からない(耳ヤバ) 誰も救われない。 救われても進めない。 飛行機事故から始まり、飛行機事故で終わる。 クレジットも最初無音で、逆に何も考えたくなくなる映画でした! 脚本がとても良かったです。 群像劇ってやっぱり凄いですね!
  • reiko
    3.9
    ドランみたくて〜。 重たいテーマ。エホバの証人て輸血だめって知らなかった。目の前の人が、しかも婚約者が助かるかも知れないのに出来ないなんて…白血病のドラン自身も信者の為、それを受け入れるしかなくて…信仰て… いくつかの話がそれぞれ進められて、飛行機事故という共通点でつながる人達。それぞれ下した決断で人生が変わる…生きる、死ぬも、神のゆらぎ…?ん〜難しい… 麻薬の運び方に衝撃。お腹痛い… マミーとかに出てた女優さんもでてた〜ドランとよく出てる〜 ジュリー役の女優さん目くりくり小顔で美人さん。可愛い。 音楽もよかった。何か哀しげで…
  • m0cchi
    4.4
    ドランが出るから観てみたけれど、テーマ、重たい・・・・。 でも、興味深い、面白かった。 エホバの証人という宗教と、飛行機墜落事故、登場人物たちそれぞれの人生や想い、そうつながるのかーー。 みんな演技うまいし、音楽もよかったし、救いがないし、つらいなー。
  • Ning
    3.7
    少しずつ登場人物たちのつながりが見えてくる。 たんたんと進んでいくんだけど、目が離せない。 少しの選択の違いで、運命が変わっていく様子が描かれていた。 そう思うと、日常が怖くなる。 Mommyの監督さんが出演してるのかー。
  • あけみさん
    3.8
    グザヴィエドランが監督した作品 だろうと思い込んで観ました。 重い重いテーマでした。 宗教と死と 生きている人それぞれの苦悩と でも最後まで飽きる事なく 観終えました。
  • FukudaEmico
    3.7
    記録
  • Yuri
    3.4
    "飛行機が落ちるのは全能の神がいないからだ" 本当にこの言葉は重い。信仰とは何かを考えさせられる。否定も肯定もできない複雑さが見ていて苦しかった。さすが、ドラン。
  • maco
    4.0
    飛行機が落ちるのは、全能の神がいないからだ。 そんなこと言われちゃあねえ〜〜〜〜 人間は神に祈るしかないんだよね、奇跡を待つしか、ないんだよなあ 信仰は人々を救済する、しかし人々を殺す 信仰と命の狭間でもがく婚約者2人の心情は共感できない、でも、理解したい。否定はしたくない。 「私たちにできるのは支え祈ることだけ」と力強く、苦しそうに訴える母親の姿が、辛かった。それしかできないんだ、人間は、それしか、、、 すごく難しいテーマを扱った重苦しい群像劇。 必死に生きようとする人々の運命が交錯する、素晴らしい映画だった。 もう一度見たい。
  • すもれ
    3.0
    音楽がいい感じだった
「神のゆらぎ」
のレビュー(1341件)