新作『ゴーストバスターズ』でも注目!「笑い」の演技が冴えわたるコメディ女優たち

2016.08.26
女優・俳優

気づいたら映画ファンになっていた

松平光冬

1984年に公開され、続編も製作されるほどの大ヒットとなった『ゴーストバスターズ』が、装いも新たに2016年の夏に帰ってきた。

ゴースト

オリジナル版との大きな違いは、メインキャストが30~40代の女性に変わっているという点で、なおかつ全員、日本ではあまりなじみの無い知る人ぞ知る面々ということだろうか。

しかし本国アメリカでは、彼女たちは映画はもちろん、テレビ界でも名を馳せたコメディエンヌとして人気なのだ。

そこでここでは、そうしたコメディエンヌたちにスポットを当ててみよう。

『ゴーストバスターズ』主演者① クリステン・ウィグ&メリッサ・マッカーシー

新作『ゴーストバスターズ』で、マジメな素粒子物理学博士のエリンを演じるクリステン・ウィグと、超自然研究所で働くゴーストオタクなアビーを演じるメリッサ・マッカーシー彼女たちはプライベートでも親友同士だったりする。

ghost1

(左からメリッサ・マッカーシー、ケイト・マッキノン、クリステン・ウィグ、レスリー・ジョーンズ)

(C) COLUMBIA PICTURES (C)2016 SONY PICTURES DIGITAL PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

まずエリン役のクリステンは大学中退後にノリユキ・パット・モリタウィル・フェレルといったスターを輩出したロサンゼルスの即興コメディ集団「ザ・グラウンドリングス(The Groundlings)」でセンスを磨き、2005年から6年間、テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」(SNL)で人気者に。

映画界には2007年の『無ケーカクの命中男/ノックトアップで本格進出を果たし、『ローラーガールズ・ダイアリー』でのローラーチームのリーダー役や、『宇宙人ポール』のキリスト教原理主義の娘役で脚光を浴びていく。

一方のアビー役のメリッサも、ニューヨークでスタンダップコメディアンとして活動後、クリステンと同じ「ザ・グラウンドリングス」でキャリアを積み、2000年のテレビドラマ「ギルモア・ガールズ」でのスーキー役で人気を博す。

映画への出演そのものは2000年頃から脇役で活躍していたが、いまや1本あたりの出演ギャラが1500万ドルという、アンジェリーナ・ジョリージェニファー・ローレンスらと同額を稼ぐヒットメーカーに。

もちろんコメディだけにとどまらず、『ヴィンセントが教えてくれたこと』では心優しいシングルマザー役を好演している。

『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』

ブライズ

クリステン&メリッサの共演作で、一番有名なのがこの作品。

ケーキ店事業に失敗した上に恋人に逃げられるという、逆境続きの30代女性アニー(クリステン)。友人女性の結婚のブライズメイド(花嫁付添人)のまとめ役を頼まれたことをきっかけに、ブライズメイドの一人で変わり者のメーガン(メリッサ)らを交えたドタバタを描く。

監督を『ゴーストバスターズ』のポール・フェイグが、そしてクリステン自身が脚本と製作を兼ねており、彼女自身の離婚体験などを含んだ下品で本音まる出しな負け組女子の悲喜こもごもが受け、全世界で約3億ドルの大ヒットとなった。

アカデミー賞でもメリッサが助演女優賞、クリステンが脚本賞でノミネートされる快挙を果たしている。

『デンジャラス・バディ』

バディ

カタブツなFBI捜査官(サンドラ・ブロックと、悪態つきまくりのやさぐれ刑事(メリッサ)がコンビを組んだ、女性版バディアクション。

この作品もポール・フェイグが監督を務めており、とにかく主演2人のアドリブを交えたやり取りが絶妙。脚本のケイティ・ディポルドはこれで評価され、『ゴーストバスターズ』にも参加している。

なお『ブライズメイズ』と『デンジャラス・バディ』のDVD特典には、キャスト陣のこれでもかというばかりのアドリブを交えたNGテイク集が収録されているので、未見の方は併せてどうぞ。

『ゴーストバスターズ』主演者② ケイト・マッキノン&レスリー・ジョーンズ

同じく、『ゴーストバスターズ』でエキセントリックな発明家のジリアンを演じるケイト・マッキノンと、ニューヨークの街に精通する地下鉄職員パティを演じるレスリー・ジョーンズ

ジリアン役のケイトはコロンビア大学生時代からコメディエンヌとして仲間とグループを結成しており、大学卒業後に本格的に活動を開始。

SNLでは、いまやアメリカ大統領候補者となったヒラリー・クリントンや、女優のジョディ・フォスターのモノマネで人気を博した。

(SNLでヒラリーのモノマネをするケイト・マッキノン。後にヒラリー本人も番組に出演、ケイトと“共演”している)

『しゃかりきにフットボール』

大学卒業を間近に控え、社会人としての自覚を持てないフットボール選手たちが、その踏ん切りとしてフラッグフットボールでクラブチームを作り、最後の試合に挑もうとするコメディ。

この作品でのケイトは、主人公の一人に結婚を迫るも、その行動はとにかくウザくてエゲツないことこの上なしという、インパクト大な婚約者を演じている。

ghost2

(左からレスリー・ジョーンズ、メリッサ・マッカーシー、クリステン・ウィグ、ケイト・マッキノン)​

(C) COLUMBIA PICTURES (C)2016 SONY PICTURES DIGITAL PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

一方のバディ役のレスリーも大学時からスタンダップコメディエンヌとして活動しており、長い下積みを経て2013年に、年齢が40代半ばでSNLに脚本家として参加し、その翌年にはレギュラーキャストへと“スピード出世”した。

『トップ・ファイブ』

トップファイブ

クリス・ロック演じる人気コメディ俳優アンドレが演技派俳優への転身を図ろうとするも…という、クリス自身の体験も含んだ内容(脚本もクリスが担当)で、レスリーを含むSNLのレギュラーキャストがこぞって出演。

レスリーはアンドレの友達のリサに扮してアイス-Tの曲をラップし(なぜそうなるかはぜひとも映画をご覧に)、これまで脇役として女優活動していた彼女が一躍注目を集めることとなった。

新作のマスターマインズ(原題)では、クリステン・ウィグやケイト・マッキノン、ザック・ガリフィアナキスにオーウェン・ウィルソンといった錚々たるコメディ俳優らと、肩を並べて出演している。

『マスターマインズ(原題)』予告編

元祖コメディエンヌ、ゴールディ・ホーン

コメディエンヌとしての地位を確立した女優の代表格として挙げたいのが、ゴールディ・ホーン

大学を中退後にコーラスダンサーとして活躍し、1967年のシットコム番組『Good Morning, World』に出演し、人気を集める。

1969年の映画出演2作目の『サボテンの花』でアカデミー助演女優賞を獲得し、スティーヴン・スピルバーグの初の劇場用監督作『続・激突!/カージャック』を経て、コメディエンヌとしての地位を確立していった。

娘のケイト・ハドソンも、ラブコメディ作品に多数出演する人気女優となっている。

『プライベート・ベンジャミン』

ベンジャミン

新婚初夜にいきなり夫を亡くしてしまった世間知らずの金持ち娘(ゴールディ)が、ヤケ気味に陸軍の新兵訓練所に入隊。最初はやる気のなかった彼女も、次第に一人の女性として自立を目指していく。

ゴールディの主演作には、クラブのコンパニオンガールが特別外交官に任命される『アメリカ万才』のように、男性社会にいきなり飛び込む女性を主人公とした作品が多い。見方によっては反感を買いそうな役どころでも、持ち前の底抜けに明るいキャラクターで嫌味なく演じられるのが、彼女の長所といえる。

注目株のコメディエンヌ、レイク・ベル

ここで、近年活躍が目覚ましいコメディエンヌを紹介したい。その名はレイク・ベル

2002年に女優デビューし、ベガスの恋に勝つルール』や『恋するベーカリー』といったラブコメディで立て続けに助演したことで注目を集めた彼女は、クリステン・ウィグ同様、自ら脚本や製作を手がけるクリエイターとしての顔も持つ。

『私にだってなれる! 夢のナレーター単願希望』

ナレーター

映画の予告編やテレビCMのナレーターを目指す女性を描いた、よくある「男社会における女性ポジションの確立」といったサクセスストーリーでありながら、ラスト付近で女性作家らしいシニカルな展開に転がるのがポイント。

レイクが主演のみならず監督、脚本、製作を務め、わずか20日間という撮影期間で作られた。ハスキーボイスを持つ彼女の芸達者ぶりにも注目。

ノンクレジットで『ベガスの恋のルール』での共演で友人となったキャメロン・ディアスがカメオ出演しているので、探してみるのもいいかも。

『マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり』

マンアップ

(C) STUDIOCANAL Limited/British Broadcasting Corporation 2014. All Rights Reserved. 

『ミッション:インポッシブル』、『スター・トレック』といったヒットシリーズに出演するコメディ俳優、サイモン・ペッグとのダブル主演作。

恋人ができない30代女性ナンシー(レイク)が、勘違いからジャック(サイモン)という初対面の40代男性とデートをすることになるラブコメディで、ナンシーが無自覚で行う下品な言動ぶりが、目も当てられないほどの滑稽ぶりで笑いを誘う。

現在製作中のラブコメディ『What’s the Point?(原題)』でも監督、脚本、製作、主演の四役を務めているレイク・ベルは、今後要チェックすべきコメディエンヌといえよう。

女優がもっとも“映える”のは、コメディ演技である

今回ピックアップしたコメディエンヌたちは、何もコメディに限らず普通にシリアス演技もこなせるし、キャメロン・ディアスキャサリン・ハイグルといった、コメディ演技に定評のある女優はほかにもたくさん存在する。

ここで断言したいのは、女優を含むすべての俳優がもっともスクリーンで輝くのはコメディ演技だということ。

キレイに着飾ったり凛としたりする演技もいいけど、屈託もない笑顔を見せたり、とんでもないハプニングなどでヒドイ目に遭う演技の方が、人間味があふれてよく映えると思うのだが、いかがだろうか。

「笑い」の演技に性別は関係なし。

とりあえずは新作『ゴーストバスターズ』で、その貪欲なまでに笑いをとるコメディエンヌ精神を堪能しよう。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • おかだ
    4.2
    fuck the past!!! テンポ、曲が最高
  • あんじょーら
    2.7
    忙しすぎて元気が足りないので、サイモン・ペッグでエネルギー補充する為に見ました、いや~久しぶりにラブコメ見ましたよ。 34歳のナンシーは臆病になりつつあるものの、とはいえかなりはっちゃけている性格。出会いを求めてとあるパーティーに参加するのですがあまり乗り気になれないし、結局上手く行かずに両親の結婚40周年パーティーに向かうのですが、その車内でアッパーな若い女性に自己啓発本を勧められ・・・というのが冒頭です。 自己啓発、というのが結構個人的には胡散臭くしか感じられないのですが、とにかくラブコメです。 良かったのは、そうは言ってもラブコメも進化しているんだな、現代に合わせてバージョンアップしているんだな、と理解出来たところです。 かなり理論武装している男女の掛け合い、そのあるある的な指摘が面白かったです。とくに文字にはしませんが、かなりヘヴィー級のネタがあるのですが、冷静な分析で頷かされます。みんなそうだったでしょ笑 音楽のノリも非常に良かったですし、ちゃんとハッピーエンドな作品で確かに面白かったです。 ええ、普通に見ている分には。 それでも、どこかで頭の中でツッコミ小人がささやいてきます。 「おいおい、どこまで個人の嗜好に首突っ込んでくるんだよ!いいじゃん付き合っている男(女)がいなくても」 「結婚したい奴はすればいいけど、必要以上にカップリングする事を強要してくるんじゃねぇよ」 「ああん?家族がいる事がそんなに偉いんか?家族の前でよくそんなくだらん事で泣けるな、人前で恥ずかしくねぇのか?おい、30過ぎて子供か?」 とかを。 ええ、私が大人げないんです、知ってます。オジサンってこういう事なんだな、うん。 でもサイモン・ペッグは大好きなんだよな。
  • 3.8
    テンポ良く進むし会話も面白くて飽きずに観られる そして観終わったあとは清々しい気持ちになれた 過去は捨てちまえ!
  • にゃん
    3.5
    観てて重すぎず軽すぎず、ちょうどいい感じで観れるラブコメだったよん。 好みがたくさん合う人と出会えて結ばれる人は幸せだね…
  • コココナギ
    4.7
    いろいろと拗らせた感じがとても好きです。 笑いあり、涙あり、のラブコメにぐっと来ます。 サイモン・ペッグファンとしてはどれも好きですが、なにか幸せな気持ちになるとても心地のいいラブコメです。(ˇᴗˇ)
  • Esther16
    4.2
    記録
  • herucom
    4.0
    過去なんて捨てちまえ! 好きなセリフ笑 笑えるし、ラブロマンス要素もあってよかった
  • ジンサン
    3.6
    何かいろいろと調度いい映画。 出逢い方、こじれ方、まとめ方、程よく調度いい。 一晩の話なんで、上映時間もこれくらいが調度いい。
  • Imymemine
    4.5
    ひたすらワーン幸せになって!!って思いながら観た記憶…ケンカップルはよいものですな…。 終始ハラハラドキドキしながら観れるドタバタラブコメ。友達のおすすめでした。かなり好きだった。
  • TO
    -
    面白かった。 ちょっと早口過ぎ。
  • MayuS
    3.6
    イギリスの町並みと、大人のラブコメと、ぶっ飛んだ演出が爽快感。くだらなって言いつつとても楽しめた
  • haru
    2.5
    170319
  • Yoshimasa
    4.5
    これはいいですねぇ!イギリスが生んだ我らがスター、サイモン・ペッグ主演のラブコメディ。 とはいえ、この映画の主人公はやはりレイク・ベル演じるナンシーでしょう。基本的には彼女目線で描かれるのだが、恥ずかしながら初めての拝見する女優さんだったので顔の、なんというか"骨"感が気になってなかなか入り込めそうになかったけど、サイモン・ペッグ演じるジャックと出会うことになってからは、まぁかわいくて!しかも映画が好きで下ネタ全開でさらにセクシー。 二人とも、というか全体的に会話のテンポがすごく軽快なので見ていて疲れないし何より本編時間が短くて良い。会話と言えば、やはり忘れてはいけないのがロリー・キニア演じるショーン。こいつが稀に見るクズで。こんなあからさまなキモい奴いくらなんでもいないだろうけど、あたかもいるかのように見えるから、やっぱりキモい。どこかで見た顔だなと思ってたらダニエル・クレイグ版007でMの部下の一人でなかなか真面目な役をやってたのを思い出して驚愕。確かイミテーション・ゲームにも真面目な役で出てたような。振り幅w やっぱりイギリス英語の、このなんかよくわからない特徴的な喋り方というか、アメリカ英語にはない感じがすごく好き。
  • ばなとも
    3.5
    記録
  • Namnam
    1.6
    タラレバみたい
  • つけめん
    3.1
    記録
  • 3.8
    あまり期待していなかったが、とても良かった。 勘違いから始まる恋。 本当に恋か分からないが、どんどんお互い近づいていく恋。 普通にキュンキュンしたし、見終わったあとにスッキリした。
  • しーたけ
    3.6
    デート相手を間違えた男が その相手のおかげで前に進むことができる話 間違いかどうかなんてやってみなきゃわからない その間違いのおかげで成功することもあるってことを面白く表現していたと思う Fuck the past!
  • 映画のち昼寝
    4.8
    サイモン・ペッグ最高!!!!! ペッグ…ペッグペッグペッグーーーーー!!! あぁぁあぁかっこいいよぉぉおお!!!! いや、可愛いぃいぃいよぉおぉお!!!! 今回どんなペッグ拝ませてくれるのかな? また、ダメダメ中年オヤジかな? って思ってたら何か…めっちゃいい感じのサイモン・ペッグ出てきたーーーー!! 登場した瞬間からトキメキMAXだよッ?!!! なんだ、そのジャケットとマフラー!!!! お洒落だなッ?!!!わーん!!尊い!!!! 本作、酸いも甘いも経験して心がちょっと疲れちゃったなっていうバツイチ40歳男性という絶妙なラインで攻めてきましたね!うはぁ…いいわぁ…すごくいい!!!! サイモン・ペッグもとってもとっても良かったけど、ヒロインのレイク・ベルもめちゃくちゃ愛らしかったよぉおぉお!!!! というかレイク・ベル演じる34歳拗らせ女ナンシーに対して、わかりみしかない…ッ!!! 彼女の境遇やら心境やら全部に完全同意、完全共感だよ…(咽び泣) お姉ちゃんや既婚の友達に「まだまだこれから!」「あんたにぴったりの男性いるから!」って励まされるけど、正直もうウンザリ!部屋に籠ってスナック食べて好きな映画のワンシーン(羊達の沈黙)観て自分の世界にどっぷり浸かっていたい…って気持ちすごく分かる! 「あんたにぴったり!」って紹介された男性とは全然盛り上がらないし…オマケに電車でたまたま向かい合わせただけの自己啓発大好き女子にまで「この(自己啓発)本はあなたに必要よ!」なんて言われた日には…… ウルッセーーーーーッ!!!!! 自己啓発なんて今まで散々やってきたわーッ!! あなたはまだ若くて希望に満ちてると思うけど…こっちはもう、ほとほと疲れて果ててんだよ! ちっっっったぁ、黙れッッッツ!!!!! ってなるよねwwwwww はぁ… サイモン・ペッグ演じるジャックも愛する女性に捨てられて傷付いて心はボロボロなのに、ずっと未練タラタラで前に進めないっていう気持ちもすごい分かる(´TωT`) 自分を捨てた女性の前で「僕は今、幸せだよ」って虚勢張りたい気持ちもすごい分かる(´TωT`) んで、ナンシーに皮肉を言われて、感情が溢れ出しちゃってトイレでメソメソしちゃう気持ちも切ないほど分かるッ!! ナンシーとジャックの会話すごく好き。 「僕はトイレで泣いてる40歳だよ」 「あなたは…今はパズルみたいに心がバラバラなだけ、端っこの青いピースから探してみて」 「その青いピースはどこにある?」 何なのこの2人!大好きだよッ!!幸せになってくれよ!なってもらわないと私が困るよ!! ってもう、ラストまでハラハラしながら応援しちゃいましたよ~!! ラストは40歳オジサンがティーンに支えられて守られてる感じに感動! 自己啓発女子ジェシカも冒頭の電車のシーンでは腹立ったけどピュアな良い子で…「黙れ!」とか思ってごめんね…ってなった(´TωT`) 若い子の純粋さや屈託のない優しさに凍った氷が溶ける思いがしましたね。 もう、良い物観させて貰ったよー!!! 笑いあり、変態あり、切なさあり、最高!!! パートナーというのは、結局は割れ鍋に綴じ蓋。半分に割ったお煎餅の片割れ。ぴったりハマるパズルのピースなんでしょうね(о´∀`о) 『過去なんてクソ食らえ!!』 ホントそれッ!!!! ( ;∀;)いい言葉だなぁ…。 酸いも甘いも経験したからこそ心に染みる。 過去の恋愛や失敗、最低な出会い方なんて関係ない! 今、この瞬間が一番大切なのだから。
  • nao
    4.0
    見た後スッキリ ストーカーみたいな奴キモすぎて笑った あんなやつ実際おったらほんまにキモすぎる
  • cappuccino
    -
    WOWOW
  • nonta
    3.7
    わたしてきには王道ラブストーリー。裏も表もない。
  • 癒しが欲しいトントン
    4.0
    きゅんきゅんするようなラブストーリーもいいけど、ちぃっと変わったラブストーリーもいいね。 ラストシーンにかけての展開が好き! なかなか面白かった🎵
  • 007ka
    4.4
    予想以上にいい映画でした。 イギリスのコメディは、笑いのツボが合わないときがあるので、少し心配してましたが杞憂でした。 主役級のサイモンペッグは、この映画では どこか渋みと寂しさを漂わせておりダンディな感じでした。 物語は簡単に言うと、間違いが出会わせた男女のラブコメになります。 でも何が「間違い」かは分からないものです。当時は「間違い」と思ってたものが正しくなったり、間違いがなかったのならば正解へ辿り着くことが出来なかったりもするものです。←みたいな内容を説教くさくなくコメディで綴ってます。 心に残るセリフ「過去なんて捨てちまえ」
  • uk
    4.0
    安定のサイモン・ペッグ。 時間もちょうどよくて見やすい。 面白かったーー! セリフ多いなーみんなよく喋るなーと思って見ていた笑 過去なんか捨てちまえ!
  • 久高慎介
    4.1
    ナンシーかわいい 全員いい奴
  • 飲むヨーグル子
    3.5
    登場人物がみんな魅力的
  • か山える彦
    4.2
    面白かったァァ
  • ymk
    3.5
    記録
  • こいけ
    3.4
    ストーカーのこじらせかたが、いい気持ち悪さだ。 自分と少しダブった
「マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり」
のレビュー(2093件)