【映像×音楽】ノア・バームバック監督4作品と音楽の素敵な関係

2016.08.28
監督

ドイツ在住、ヨーロッパ映画三昧!

Chihiro

いい映画に欠かせないのが、音楽という存在。2010年代に入り、ミュージシャンがサウンドトラックのスコアが手掛けたり、その時代のミュージックシーンの流行を押さえた楽曲や、今もなお聞き継がれる古き良きロックミュージックなどを劇中に使用する作品が増えました。

その先駆者のひとりでもあるノア・バームバック監督。彼はこれまでにポール・マッカートニーやデヴィッド・ボウイなど1960年代から活躍しているレジェンドの楽曲を中心に、その年代に合わせた選曲を織り交ぜて、映像と音楽を融合させてきました。

7月より公開中の最新監督作『ヤング・アダルト・ニューヨーク』では、同じアメリカ出身のミュージシャン、元LCDサウンドシステムのジェームス・マーフィーが音楽を担当しています。今回はそんな音楽にもこだわりを持つノア・バームバック監督の作品を、“映像×音楽”の視点からピックアップします。

YAN1

(C)2014 InterActiveCorp Films, LLC.

1.『イカとクジラ』(2006年公開)

イカとクジラ

作家としてなかなか芽が出ない大学教授の父と、有名雑誌に寄稿する母を持ちウォルトと弟のフランク。ある日、両親から離婚することを告げられ、ふたりは父と母の家を行き来する生活を余儀なくされて……。

ノア・バームバック監督の実体験がベースとなった本作は、両親の離婚をきっかけに気持ちがバラバラになっていく家族の姿がアイロニックに上げかれています。中でもジェシー・アイゼンバーグ演じるウォルトが、ピンク・フロイドの「Hey You」を弾き語るシーンは印象的。「一緒だったら頑張れるけど、別れてしまったら終わりだ」という哀愁漂う歌詞の一説が、ウォルトの心情とマッチしていて、楽曲選びのセンスがうかがえます

ちなみにサントラには1980年代後半~90年代前半に活動していたバンド、ギャラクシー500のボーカル、ディーン・ウェアハムのバージョンが収録されています。

おすすめ楽曲/Pink Floyd 「Hey You」

2.『ベン・スティラーの人生は最悪だ!』(日本未公開)

夢破れ、定職にもつかずその日暮らしをしている40代の男性、ロジャー・グリーンバーグが、ひとりの女性との出会いをきっかけに幸せを見出す姿を描いた作品。ちなみに本作日本未公開作品でしたが、2016年よりオンデマンドでの視聴が可能になりました。

人生の岐路に立たされた中年男性を『ヤング・アダルト・ニューヨーク』にも出演しているベン・スティラーが、ロジャーが心惹かれる女性、フローレンスを『フランシス・ハ』のグレタ・ガーウィグが演じています。また、本作のスコアを担当したのが、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』で再びタッグを組むことになる元LCDサウンドシステムのジェームス・マーフィー。

サントラにはジェームス・マーフィー名義の楽曲のほか、アルバート・ハモンドやデュラン・デュラン、ソニックスなどオールディーズな楽曲も収録されています。

残念ながらサントラには収録されていませんが、予告編で使用されているLCDサウンドシステムの名曲「All My Friends」は、心が駆け上がるようなアップテンポのサウンドが、徐々に生きる楽しみを見出し始めるロジャーの心情にシンクロしています。サントラと併せてチェックしてみてください。

おすすめ楽曲/LCD Soundsystem 「All My Friends」  

3.『フランシス・ハ』(2014年公開)

フランシス・ハ

(C)Pine District, LLC.

モダンダンサーになることを夢見るフランシスが、親友の結婚をきっかけに、夢に友情に人生に奮闘する姿を描いたガールズ青春ムービー。ノア・バームバック監督のガールフレンドである女優のグレタ・ガーウィグが、大人になりきれないアラサー女子を演じています。

本作の主題歌は、監督がこれでにも何度が楽曲を起用してきたデヴィッド・ボウイの「Modern Love」。友達が結婚しようと、彼氏と別れようと、現実が厳しかろうとお構いなしに自分らしさを貫くフランシスの凛とした姿と、常に新たなことにチャレンジし続け長きにわたって音楽シーンに影響を与えてきたレジェンド、デヴィッド・ボウイの姿が重なります。

劇中ではフランシスがモダンダンスを踊りながら颯爽と街中を駆け回るシーンに使用されていて、疾走感溢れるサウンドともマッチ。そのほかにもモノクロ映画のレトロな雰囲気がしっくりくるTレックスやポール・マッカートニーら古き良き楽曲がサントラには収録されています

おすすめ楽曲/David Bowie「Modern Love」

4.『ヤング・アダルト・ニューヨーク』(2016年公開)

ヤング・アダルト・ニューヨーク

(C)2014 InterActiveCorp Films, LLC.

ベン・スティラーとナオミ・ワッツ演じる“フォーエバー・ヤング”のつもりでいる40代カップルと、アダム・ドライバーアマンダ・セイフライド演じる成功を夢見る20代カップル。

そんな親子ほど年の離れた4人がジェネレーションギャップを感じながらも友情を育んでいくハートフルコメディ。

本作では『グリーンバーグ』から2度目のタッグを組んだジェームス・マーフィーがスコアを手掛けています。サントラにはライオネル・リッチーやデヴィッド・ボウイといったオールディーズな楽曲から、ハイムやジェームス・マーフィーによる楽曲まで幅広い世代を縦横無尽に渡り歩くような選曲で映画の世界を表現

おすすめ楽曲/HAIM「Falling」※原曲バージョン

映画のシーンと一緒に音楽も楽しもう!

YAN2

(C)2014 InterActiveCorp Films, LLC.

オールディーズから最新の音楽シーンまで、映像の世界観に合わせた音楽をセレクトするノア・バームバック監督。特にロックミュージック好きにはたまらない楽曲の数々が使用されているので、映画のシーンごとに音楽も一緒に楽しめるはず。最新作『ヤング・アダルト・ニューヨーク』をチェックするとともに、ぜひ、映像の背景に流れる楽曲にも耳を傾けてみてください。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 星うさぎ
    3.8
    ジェイミーが映画作ってるの見て、私も作りたくなった 記録映画は全て真実だけで構成すべきだと考えてるジョシュと、面白くするためならフィクションを加えても良いと考えてるジェイミー。 私はジェイミー派だ 笑
  • 海田和果
    3.6
    これはホラー映画です。怖い怖い怖いと鑑賞中に何度も声に出してしまいました。年取りたくないな、切実に。「年寄りは引っ込んでろ」映画。『スペル』の次に怖い。
  • Abbey
    3.0
    趣向の定義って、人それぞれだな〜 大人になれない子供である40代。 そこに現れた、20代カップル。 彼らはアナログを愛し、スマートフォンやSNSとは無縁な生活をしている。 知らない言葉があっても、絶対に調べないで考えるつづける、そんな生活。 彼らの生活、本当憧れる! という人は、相当なSNS疲れの人だろうな〜 そして、思ってた感じと違うってレビュー多くて笑った! 正直、漠然としすぎて、でも主人公の専門分野は細かすぎて、ちょっと遠近感がわからなくなった! 思い描いてたのは、「噂のモーガン夫妻」「ホリデイ」のような、都会的な映画だったんだけどなー。笑
  • ふーちゃん
    3.2
    子供を持つことが大人になること(?)になってたのかな?よく分からないところもあったけど、癖になる映画で何度も見直した
  • 3.5
    歳とっても楽しいことしたいよね きっと私も大人になっても楽しいことには興味津々なんだろうな 若いのと刺激し合うのはいいけどしすぎされすぎも良くないよなあ fワード言いすぎ笑笑
  • masatan
    3.1
    前半と後半でかなり雰囲気が変わる映画。私としては、前半の雰囲気が好きだったな。でも終わり方は好き。 アマンダちゃんはいつみてもリアルフランス人形🇫🇷みたいですごく綺麗。最近、お子さんを出産されたそうでおめでたいです。きっと可愛いだろうな〜😍
  • お魚
    3.4
    記録
  • Iris
    3.2
    純粋でまっすぐな人が認めてもらえない社会かもしれない。どんなに汚い手でも結果さえよければ、成功すればいいって人が這い上がってく。でも主人公が見つけたことは成功もいいけど、本当に大切なものに気づいてないのは若さゆえだよねって話かな?今自分が持ってる幸せ(最悪な状況でも自分を信じてくれる奥さんがいること)に気づいたってことなんかな。と考えさせられる映画でした。
  • てんてん
    2.5
    多くあるように想像と全然違った もっとコメディかと思ってた
  • hasomo
    3.1
    想像していたのと違ったけど、最後のところらへんは良かった。
  • softkitty
    4.0
    前半と後半でガラッと変わって面白かった(^.^)!ナオミワッツとアマンダセイフライドが綺麗だった
  • jack
    -
    これは切ない。ナオミワッツのヒップホップかわいい。
  • KaoriKaraki
    2.5
    思ってるのとちがったーーー
  • kinsei
    2.0
    old things new things young
  • mika
    3.4
    3月23日(木) 思ってたのと違った。。
  • popolon
    -
    記録
  • ケイティー
    3.0
    普通。
  • 美月
    3.5
    ジェイミー センスのよい夫婦ってのは最高だけど、最終的にこういう奴いるよなーてなる。高校時代の嫌いだった子を思い出す。(笑)
  • imnr
    4.1
    自分たちも経て来てるのに若者に感化されていくところ、そして気持ちは若いつもりで居ても身体がついて行かないところ、身に覚えのある感じがこそばゆくて可笑しい。 年齢を重ねる事で味わい深さが出てくる様な人間でもないし、2度と戻らない故に若さは素直に羨ましく思う。 そして君らもいずれこうなるのだよと腹の中で負け惜しみの如くほくそ笑みながら鑑賞笑 子供は産むべき、持つべき発言の夫婦に、それはそうなんだろうけどそこは人それぞれだし...と思ったので旦那サイドが本音を漏らすシーンにはほんの少しスカッとした黒い自分笑 人生の中のそれぞれのシーンに合った、共感出来る仲間とつるむのが一番じゃよ。
  • haru
    3.5
    思い描いてたストーリーと全然違った。 大人になりきれてない中年夫婦と若さゆえの20代夫婦の喜劇。 痛さが終始ついて回るのだけど、哀しくもおかしくて、少し学んで“オトナ”になってもやっぱりどこか痛い。 若さは強み、老いも強みだと個人的には思ってる。 人間ってそんなもん!って思えるから、この監督のセンスは好き。
  • たらこ
    3.1
    もっとコメディと思った!
  • kaz
    3.3
    ベン・スティラーとナオミ・ワッツ演じる、子どものいない40代の夫婦が、アダム・ドライバーとアマンダ・セイフライド演じる20代の夫婦と出会い、そのライフスタイルに刺激を受けていく…みたいな話。 なんですけど、正直期待していた感じとはちょっと違いましたね〜。 もちろんアナログなライフスタイルだったり、色んな事にチャレンジしていくエネルギーは羨ましいな〜とは思いましたけど。 でも子どものいない中年夫婦が観たらちょっと不快に感じるんじゃなかろうか?という描写や、夫同士が子どもについて話すシーンなんかは完全にオフレコにしなきゃマズいような闇の部分でしたね。 まあそこを描いたのが、逆に良いのかもしれないですけど… あとベン(役名忘れた。笑)が8年越しで製作してるドキュメンタリー映画が結構物語の軸になってくるのかな〜と思ってたんですけど、そこの扱いが最後ちょっと残念だったかも。 終盤の展開もスッキリすることなく、非常にビター。苦い後味の映画でした… でもまあ好きなシーンも結構あったので、このスコアで。
  • megu
    -
    記録
  • TOMOYOF
    -
    良くも悪くも
  • Moparu
    -
    Chiaki邸
  • AkihiroIio
    3.5
    同年代として身につまされること多し
  • 佐藤
    -
    ノアバームバックおしゃれおじさん!
  • Nao
    3.0
    若い夫婦、まだ若いと思っている夫婦。 子供を持つ、持たないなど… 生きていれば、何らかの問題はあるし、無いものねだりしてしまうのは仕方ないけど、観て少し凹んだ。 それにしても、ベン・ステイラーの演技がいい。
  • licccccc
    3.5
    お洒落なパッケージに見えて、わりと胸糞が悪く絶望的
  • しょじー
    1.5
    うーん、、あんまり面白くなかった。 あの若者は最初から嫌いでした。ベン・スティラーの役どころに年齢が近いからそう感じたのか? ナオミ・ワッツはいつもきれい。
「ヤング・アダルト・ニューヨーク」
のレビュー(2665件)