圧巻の映像美と神秘的な音楽があなたを虜に!『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

2016.09.07
アニメ

映画と現実を行ったり来たり

ne22co

2016年8月、今年の夏もたくさんのアニメ作品が公開されました。

各メディアでも注目され、CMでも目にする事の多かった『ファインディング・ドリー』『ペット』『君の名は。』これらの作品は鑑賞された方も多いと思います。

では、みなさん、8月20日公開の『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』というアニメーション作品はご存知でしょうか?

ソングオブザシー

(C)Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm Superprod, Norlum

こちら、小規模公開ではありますが、先に挙げた作品に負けず劣らず、たくさんの魅力が詰まった作品です。

そもそも『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』ってどんな作品?

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』は2014年にアイルランド、ルクセンブルグ、ベルギー、フランス、デンマークの5カ国によって制作された作品です。

昨年2015年のアカデミー賞長編アニメ映画賞では、ジブリの『かぐや姫の物語』やディズニーの『ベイマックス』と共にノミネートされています(『ベイマックス』が受賞)。その他アニー賞では7部門でノミネート、ヨーロッパ映画祭(European Film Awards)にて長編アニメ賞受賞など、世界中のアニメーション界を席巻しました。

本作の特徴は、何と言ってもこれまでに無い新たな映像美と神秘的な音楽です。

鑑賞者は何とも不思議な感覚を味わい、忘れられない映像体験が出来る作品だと、話題になっています。

アイルランドの神話を基に創られたストーリー

海ではアザラシ、陸では人間の姿となる妖精と、人間の間に生まれた二人の兄妹。兄のベンは愛する母親が聞かせてくれる神話や詩が大好きでした。

妹であるシアーシャの出産をきっかけに母は姿を消してしまい、そのことからベンはシアーシャを疎ましく感じていました。

シアーシャの6歳の誕生日、彼女は魔女の手下にさらわれてしまいます。

シアーシャの不思議な力に気がついたベンは、母親の形見である貝の笛と幼い頃に聞いていた妖精の詩を頼りに、シアーシャと妖精の世界を救うための不思議な旅に出発するのです。

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』3つの見所をピックアップ

1. ピクサー、ジブリに並ぶアニメーションスタジオ「カートゥーン・サルーン」が目指した独自の作品創り

トム・ムーア監督は1999年に自らアニメーションスタジオ兼、制作会社を設立しました。

彼はこの作品を通して、失われつつある母国の民話に命を吹き込み、現代の大人から子供まで楽しめる作品にすることを目指したそうです。

ストーリーは兄妹の冒険物語ですが、作品には一貫した幻想的な世界観、穏やかさ、優しい静寂が表現されています。

1シーン1シーンが、映像として過ぎていくのが惜しいと思わせるほど綿密に描き込まれており、鑑賞者は上質な絵本のページをめくっているかのような錯覚を覚えます。

繰り返される印象的な詩と上質な絵画が融合して生み出される映像美は、ただ眺めるだけでもその独特な世界観に引き込まれ、癒されるはずです。

2. 愛らしいキャラクター

ソングオブザシー

水彩の滲みと細かい線画で綿密に描き込まれた背景とは逆に、キャラクターはいくつかの幾何学模様を組み合わせたシンプルな線と色面で描かれています。

しかしそのシンプルな線と面から生み出されたとは思えない程に表情は豊かで愛らしく、物語が進むにつれて愛着を感じる事、間違いありません。

主人公のシアーシャやベン、飼い犬のクーはもちろんですが、それ以外のどの動物も本当に愛らしく、海の中のシーンや森を駆け抜けるシーンなど、全ての動物を見逃さないよう注意して観てほしいです。

3. 監督自身が日本アニメに大きく影響を受けている!

監督は自身の作品制作の上で、日本のアニメーション、特にジブリ作品に大きく影響を受けたと話しています。

作品を観ても、背景を細かく描き込み、人物をシンプルに描写する手法や、手書きでの水彩の滲みを生かした背景の表現からもそれがわかります。

この物語の中の描写にも『千と千尋の神かくし』の湯婆婆や『となりのトトロ』の猫バスを彷彿とさせるシーンもあり、ジブリファンはそういった視点でも楽しめるかもしれません。

アニメーション界の注目の新人監督、日本初公開作品を是非劇場で!

トム・ムーア監督は1作目『ブレンダンとケルズの秘密』に引き続き、本作が2作目となる新人監督。

1作目もヨーロッパや各映画祭では注目されていたものの、日本での公開には至りませんでしたので、今作がトム・ムーア監督の日本初公開作品となります。

ヨーロッパの不思議な神話や、雄大な自然、人々の営みをエッセンスに創られた、新しいアニメーションを是非劇場で体験してみてはいかがでしょうか。

(C)Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm Superprod, Norlum

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • べりい
    3.3
    よくわかんないけど可愛いよね。
  • やわらか
    2.5
    これはちょっとダメでした。絵は美しいけどそれだけという感じ。映画としてどう楽しめばいいか自分には分からなかったな。
  • Perry
    3.5
    アイルランドのおとぎ話?かなにか アイルランド英語難しかった(特におばあちゃん) お話も昔の物語っぽくて面白かった。ちょっとわかんないとこあったけどそれも含めて。 アザラシがかわいいんだあ
  • りんごさゆ
    -
    アニメーションがとてもよい。子守唄みたいで眠くなった。好き。
  • QTA
    4.5
    吹き替え版
  • いたばくし
    3.4
    アイルランドの神話をベースにした北欧数カ国合作のアニメ映画。 何が素晴らしいって、画が可愛すぎる!本当に!映画の一コマ一コマを切り取って美術展が開けるんじゃないのかという素晴らしさ。 画ばかりでなく肝心の物語も泣かせどころを実に上手く突いていて憎いです。昨年もうちょっと話題になっても良かった気がしますねえ。
  • habtex
    4.3
    モザイク画のような平面的装飾的フォルムの中で描かれる透明な愛と冒険。 最初は要素を詰め込み過ぎかとも感じたが、それが一つの場所に収束していく巧さに感嘆する。 というかドラマが映画的過ぎて、普通にカタルシスがすごかった。 どうにかして実写にしたらすごくエモいものになりそう。今のままで充分なんだけど、これを生身の人間が演じたらどうなるんだろうという興味がすごくある。
  • YukakoHara
    3.7
    歌がすごく綺麗
  • ayk
    3.9
    全然知らない作品だったけど、すごくよかった! お兄ちゃんの妹に対する態度がどんどん変わっていくのがなんだかほっこりして、応援したくなって、あったかーい気持ちになった。 兄妹愛っていいね。
  • にへ
    3.7
    『レッドタートル』と2本立て。テーマ的に通じるものがありながらも前者とは良い意味で対照的。良い映画でした。
  • ネギトロ
    4.5
    吹き替えで観て、松竹だったのでもう一回字幕でも観てしまった。 ゼルダの伝説っぽい絵で映画では珍しいタッチだけど、すぐ慣れる。それどころかカットひとつひとつが綺麗でとても見入ってしまった。カラフルな色づかいと面白い模様が散りばめられ、どのカットも切り取って一枚絵にできるくらいのクオリティ。それらが動く様子もよく工夫されているのだから見入ってしまうに決まっている。 アイルランドの神話がベースになったキャラクター。誰にでも楽しめる冒険もの。アイルランド文化については何も知らないけど、アイルランドに根付く息吹のようなものを感じられる。そして自分は「千と千尋」を強く感じた。 監督は「トトロ」や「もののけ」を意識したらしく、きっとジブリも外国の人にはこういう風に見えるのかなと思った。ポストスタジオジブリと言われているらしいのだが、自分はエンドロールの感動にディズニー映画を連想してしまった。量産されるアメリカのアニメーションも決してこれらジブリインスパイアの映画と対立するものではないのだろう。 2017-19
  • WillamJinYonao
    -
    アイルランドの民話をもとにした作品 キャラクターやもの、風景などが円に縁取られており、すべてのものに精霊が宿っていることや、万物流転の理を示唆しているのではと思った(単に見た目の理由の可能性もある) またハウルの荒れ地の魔女か千と千尋の湯婆婆にそっくりなふくろうの魔女や、トトロの猫バスが走るシーンそっくりのところがあって、ジブリへのリスペクト、オマージュを感じた それと、主人公の女の子がただひたすら可愛い(とくに髪を耳にかける仕草)
  • しゅう
    -
    〈特選 ヨーロピアン・アニメーション〜不思議な海のおはなし〜〉 18:35開映(17:00開映『レッドタートル ある島の物語』併観)
  • 菩薩
    4.2
    キン・ザ・ザを超えたクー映画であり、ゴマちゃんを超えたアザラシ映画。神話しらんわ、などと心配する必要は一切無い、ただ絵本をめくるが如く目の前の映像を受け入れればいいだけの話だ。はじめてのおつかいで涙を流す人、とりあえず大きめのハンケチのご用意を、お兄ちゃん、頑張ります、妹、頑張ります、なんか素敵やん、いやほんとに素敵な作品だった。トトロに千と千尋にハウルと、各所にジブリ的なシーンが散見されニヤニヤが止まらず。レッドタートルにしてもこの作品にしても、スタジオジブリが蒔いた種がその地で独自の花を咲かせている事実は、同じ日本人としてとても誇らしい。ご家族揃って、金曜ロードショー的に言えば「全人類必見!」の作品だと思われる。ロボトミー手術はやっぱりよく無い。
  • たはつみ
    4.6
    8月にも見たけれど、アイルランドのことを少しは勉強してから改めて見たらもう泣いてしまった。妖精が、ゲール語が、渦巻紋様が、生きている、息をしている。あまりに美しい。
  • Mateusu50
    4.2
    独特の紋様や音楽が癖になる。アイルランドの神秘を感じた。
  • みーや
    4.3
    かわいい
  • リス
    4.5
    ずっと観たかったけど観れなかった映画で、今日やっと観れました。 すごくかわいい ストーリーはベタベタのベタなんですけどだから泣ける〜〜(T_T) 映像がきれいで キャラクターがかわいい 海だからアザラシとかクジラとか…灯台とか うんうん海だーってかんじの雰囲気も大好き 絵本とかゲームの世界みたい かわいい画風だから 海の波すらかわいい 波もかわいいってなに?かわいい 毎日すさんだ気持ちで生きているので(特に何かあるわけではない)こういうこどもでもわかるようなハッピー!アニメ!みたいなの観るとサイコー!!って涙がでてくる…ありがとう…心のスタンディングオベーション リスカンヌ 余談で汚い話ですけどベショベショに泣いたのにティッシュ持ってなくて鼻水を静かにメイク落としで拭いた うんうん明日からがんばろ! とりあえずスクリーンで観れてヤッター!今日はもういい夢だ!!ありがとうございました!
  • まりえ
    3.8
    念願のミニシアターで観ました。 アニメだし…と甘くみてたし、途中まで王道な物語だったから楽しんで観ていたけど、ラストは感動。 2017年初泣きでした。 とにかく悪役に同感で、生きていく上で感情は時に邪魔になるから封印しておこうって痛いほど分かる。 だから憎めなくて、最後は魔法が解けて良い人に… いらないと思う感情も、ひとつひとつ愛して大切にしてあげようと思いました。
  • ちろる
    3.6
    アイルランドに語り継がれている、セルキー伝説を元に描かれた海辺のとある家族の物語。 どうしても、女の子のキャラクターが可愛すぎるのが逆にネックになって、公開当初は後回しにしていました。しかし実際観て観ると、背景の絵がまるで色鉛筆で描かれた、ファンタジー絵画のようにとても綺麗で、あの、丸っこい人間たちのポップな顔も観ているうちにだんだんと気にならなくなりました。 ストーリーに深いメッセージ性は(恐らく)無いのですが、北欧の民話やアイルランド文学では度々登場する、セルキーについて認識が薄いと妖精?セルキー?アザラシ?何なの?ってなってしまい、少し分かりにくいかもしれません。 因みに「セルキー」とはアザラシの事を指していて、特別の力を持つセルキーは陸に上がると人間の姿に変え、海に戻るときはアザラシの皮のマントを被る、所謂人魚姫に近い存在としてアイルランドをはじめとした北欧の民話で言い伝えられています。 人間に姿を変えたセルキーは容姿が非常に美しく、時に人を誘惑して骨抜きにしたり、逆にアザラシのマントを隠されてしまい、海に帰れなくなってしまうなどの様々な伝説があり、この映画もそんな民話が基盤になっている作品です。 個人的にセルキー伝説に興味があり、大学でアイルランド文学も専攻していましたが、映像作品になるとなかなか少なく、セルキー伝説を元にしたアニメーションは今回初めて観ました。 セルキー伝説の映画では「フィオナの海」が好きなので、兄弟だし、少し近いものを想像していましたが、こちらはまた違ったものでした。 あちらは少し哀切さを残した、静かな作品なのに比べると、こちらはもう少しエンターテイメント性を持たせていて、さすがアニメーションといった出来栄え。予想とは違うけど、冒険あり、家族愛ありで、もしも子どもと観るならこっちの方がオススメです。 総合的にストーリーがすごく良くできてた!というわけではないのですが、映像が本当に美しい。 仄暗い海の中のクジラの周りで泳ぐ少女とアザラシの絵も、時折主人公の兄弟を導くように現れる光の表現も、明と暗のコントラストが見事でその絵の中に入っていきたい!と思わせる不思議な魅力があります。 そして何より物語の始まりから流れるケルト語?の海の歌が本当に心地よく、もし夜の海でこの歌を聴けたなら、きっと日本人の私でもセルキーの存在を信じてしまうんだろうなと魔法にかかったような気持ちになりました。 1つ気になるとしたら、度々ジブリを思わせるようなモチーフや風景が出てきて、映画の中に入っててもそっちに意識が引っ張られてしまう。 監督さんがジブリを参考にしているかどうかはわからないのですが、たまに崖の上のポニョ、となりのトトロ、ハウルの動く城、千と千尋の神隠しなどを思い出してしまい、その度に呼び起こされて少し集中できなかった。 もし、これから観る人がいれば、なんならいっそのことジブリっぽい箇所を探しながら楽しむ方法もあるかもしれません。
  • むねとしふうや
    3.5
    ちょっと面白かった。 神話ないし民話として始まり、背景と断絶された物語であったが、主人公が神話の語り手となることで物語がビルドゥングスロマンとして近代化すると、風景を獲得するというつくりはまあまあ面白かった。 が、別に僕は蓮實じゃないので「面白い」からといって褒めはしないし、ましてや評論家でもないので破廉恥な分析も深読みもしない。 ともかく、ちょっと面白い映画ではあるので、気になっているならば観て損はないかと。
  • 佐々木
    2.8
    うーん。乗り切れなかった。「千と千尋の神隠し」な感じ。足し算しすぎ。沢山のエッセンスが盛り込まれてるが盛れば盛るほど、射つべきイノセンスから遠ざかっていく。頑張ってるのはわかるけど。子供がこれ見て面白いっていうかも俺には疑問。2017/2/8早稲田松竹。
  • yu
    3.8
    兄が出木杉くんすぎなのでは… 兄妹関係、感情、不条理全部を受け止めるベンこそこの映画の主人公であってほしい 感情がつらい、要らないといって捨ててしまうと、マカや石になってしまう
  • Frengers
    4.2
    大傑作。  物語はシンプル。特徴的な何かがある訳じゃない。もしかしたら「おおかみこどもの雨と雪」を思い出すかもしれない。子供に読み聞かせるのに相応しい童話・寓話といった趣。登場人物も基本的に全員いい人。老若男女だれが見ても楽しめる。ラストには感動させられるものの意外性などは特になし。  特に目を引くのは二つ。一つは円形や渦巻き形の反復。丸窓、懐中電灯のライト、扉、月、鳥や魚の軌跡、そして螺旋階段や記憶をつかさどる糸、そしてもっとも重要な巻貝。幾度と無く同じ形が繰り返されることによって本作の主題の一つでもある大きな輪廻がより世界観に横たわり、より大きな世界に飲み込まれていく様があまりにも魅力的。  そして二つ目は可能な限り平面的に処理された画面の構成。ほぼキュビスムやルソーを思い起こさせる、もしくはウェス・アンダーソンを彷彿とさせる画面構成が最大限生かされていた。だからこそ奥行きのある画はより強調され、カメラが動く場面では躍動感が生まれて魅了されてしまう。  あとは陰影の付け方も素晴らしかった。明暗がこれほど生きる映画も久しぶり。そしてかなりジブリ(主に宮崎駿)。ふくろうはどうしたって湯婆婆だし。後半の犬に乗って駆ける場面はやっぱりトトロ。いずれにせよ素晴らしい作品。本作に出合えた事を喜ばずにはいられない。
  • bpm
    -
    最初は絵に馴染めなかったけど、ストーリーが良いので段々入り込めた ただいくつか怖い絵があってゾクッとした そしてギリギリ歯ぎしりレッツゴー並みにリピートされるあの曲
  • Kaba
    3.2
    絵はすごく可愛いし。あしかもでてくるし。 でもなんかそんなに、、、
  • なやら
    -
    アニメーションが楽しい。画面はちょっとアメーバピグの世界っぽくて平面的。 キャラクターはジブリ+東映アニメ(あまり数を見ているわけではないけれど)っぽい感じがある。 直線と曲線の使い方が新鮮。「円」と「線」を強く意識づけられる。夜の背景は「星月夜」とキュビズムが混ざったような(?)、不思議な味わい! 画を見るのが楽しくて、中盤以降の展開、ハラハラさせようとしてくる+主人公にトラウマ乗り越えさせる的な無理矢理入れた感じのストーリーは邪魔でした。チャカチャカうるさかった。でも犬が空を走る所は良かった。あの犬はずっと最高。
  • まなか
    4.5
    鑑賞中の快感指数高過ぎ、、、、、、映画館で観るべき映画 さいっっこう
  • 亜蘭
    -
    アニメのエモさってなんなんだろう。全然泣くシーンじゃないとこで泣きそうになったりする。
  • AyaSato
    4.3
    絵本みたいな世界観で終始幻想的で美しかったです。音楽もとても素敵。それでいて、迫力もあって圧倒されました。日本のアニメとはまた違って、面白かったです。 こんな世界を描く想像力ってすごい。
「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」
のレビュー(724件)