映像の魔術師!『グッバイ、サマー』監督、ミシェル・ゴンドリーの魅力とは

2016.09.14
監督

映画と現実を行ったり来たり

ne22co

9月10日、ミシェル・ゴンドリー監督作品『グッバイ、サマー』が公開されました。

誰もが通過する青春の多感なひと時を描いた今作は、ちょっぴり切なく、みずみずしい作品となっています。

監督自身の自伝的作品と言われる今作、14歳の少年二人の青春ストーリー。

グッバイサマー

(C) Partizan Films- Studiocanal 2015

中学生のダニエルは、ひ弱な見た目からクラスでも浮いた存在。家に帰っても理解者はいないという、憂鬱な日々を過ごしていました。

そんなダニエルは、改造オタクで変わり者の転校生テオと出会い意気投合し、親友となります。

周りの友人からは理解されず、型にはめようとする大人たちやつまらない毎日から脱出するため、二人は廃材を使った自作の車で旅に出るのです。

一夏の大冒険で二人が感じるものとは何なのか…。

独創的なイマジネーション! ファンタジーとリアルが融合した映像表現

ミシェル・ゴンドリーといえば、自らデザイン、製作したセットや美術を用いた映像表現を得意とし、その作品はファンタジーとリアルが見事に融合した独特の世界観が特徴的です。

彼は美術学校を卒業後、自身のバンドのPVを制作していたところ、それがビョークの目に留まり、彼女のプロモーションビデオや作品の映像を制作する事となりました。

その後はザ・ローリング・ストーンズ、ケミカルブラザーズ、ダフト・パンクなど、名だたる有名アーティストの作品を数多く手がけています。

次々と生み出されるその独創的な映像表現はたちまち評判となり、リーバイスやコカ・コーラ、ナイキ、そのほか世界的有名ブランドのCM制作も手がけ、数々の賞を受賞しています。

彼の作品の特徴は、遠近法や鏡、ストップモーション、逆再生を利用したシンプルなトリックが独自に組み合わせられていること。その映像表現は、鑑賞者をあっという間に幻想の世界に引き込んでしまいます。

彼自身が企画した映像制作ワークショップや展示会は世界各国で開催されており、2014年には東京都現代美術館にてミシェル・ゴンドリーの世界観を表現した展示が開催されました。このように、日本でも大変注目される気鋭の映画監督であり、脚本家であり、映像作家なのです!

ミシェルゴンドリー

ミシェル・ゴンドリー監督の過去オススメ作品

ほぼ全ての作品において原案や脚本も手がけるミシェル・ゴンドリーですが、その中から筆者オススメの2作品を紹介します。

『エターナル・サンシャイン』

エターナルサンシャイン

2004年制作、日本では2005年に公開の作品でミシェル・ゴンドリー、チャーリー・カウフマン、ピエール・ビスマスが脚本を手がけ、アカデミー賞脚本賞を受賞しました。

記憶除去手術」を受けた、男女の記憶と恋愛がテーマになった本作。

・意識上の世界と脳内記憶の世界で起こる出来事の描き分け
DVDのパッケージにもなっている、主人公の二人が記憶の中で思い出の場所に寝転ぶロマンチックなシーン
・記憶の中での追いかけっこのシーン

などファンタジーと現実の狭間で描かれる不思議な映像表現がとても印象的です。

切ないラブロマンスとSFが融合したこれまでに無い設定と、結末に向かって徐々にわかる二人の真実がミシェル・ゴンドリーの不思議な映像表現と合わさり、何度も観たくなる作品です。

『ムード・インディゴ』

ムードインディゴ

2006年に制作され、日本では2013年に公開された本作は、彼自身がこだわり抜いた「手作り」の映像表現を存分に堪能できる内容となっています。

二人の男女が辿る、甘く切ない人生の移ろいが描かれているのですが、話が進むに連れて曖昧になる現実と幻想の世界が見事に映像化され、鑑賞者はこれでもかというほどに人間の手によって創作された不思議な映像世界に引きずり込まれるでしょう。

彼の脳内世界をスクリーンに描ききったような本作は一見の価値有りです。

『グッバイ、サマー』でダニエルの母親役を演じるオドレイ・トトゥが主演を務めており、彼女の魅力溢れる演技にも注目して欲しいです。

9月10日公開!『グッバイ、サマー』

もちろんこちらも監督自らが脚本を執筆していますが、これまでよりもファンタジー要素は薄めで現実味のある作風となっています。

冒頭にも記載した通り、今作は監督自身の自伝的なお話です。

幼い頃からものつくりに夢中だったミシェル・ゴンドリー。今では世界を代表する映像作家、映画監督となった彼が、少年時代何に影響を受け、どんな事を考えていたのか…。

今作を通じて、ミシェル・ゴンドリーがこれまで生み出した数々の映像作品の原点を感じられるかもしれません。

是非劇場に足を運んでみてくださいね。

(C) Partizan Films- Studiocanal 2015

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • やすきちの庭
    3.8
    俺もこんな青春過ごしたかった
  • mayu
    4.0
    ミシェルゴンドリーのはじまりを観た という感じ あの時はあの時で辛かったし、一生懸命だったよなあ〜〜
  • Kenchang
    3.0
    人と違うことをしたい二人の少年が、自作の車で旅に出ます … めっちゃ眠かった笑 ミシェル・ゴンドリーの映画はほんとに浮き沈み激しい… 期待しすぎました… 単調、平坦、演技がはまらない、意味深ぽくて特に意味ない展開、こんなところでした ( ;´Д`)y━・~~ なーんか可愛いのに、自慰とかこっそり描いてるヌード画とか変にエグいねんな… どうしてもスタンド・バイ・ミーと比べちゃうんですな、私大好きだし でも、比較してやはり現代的だし、構成もカワイイし、ポップなところはゴンドリーらしさは出ていましたし、もう戻ることのない一夏の経験を映しだすキラキラした映像はやはり幾つになっても胸を締め付けますね タイヤ隠すパタパタにいちいちワロスwww
  • ハル
    3.8
    フランスの郊外・ヴェルサイユ。ある中学校のクラスに変わった生徒がいる。女の子っぽい見た目をしているが、れっきとした14歳の男の子である。その名はダニエル。 ダニエルは、見た目の問題も含めて、実に多くの悩みを抱えている。 クラスメイトからはチビだの女の子だのと言われて馬鹿にされる。 好きな女の子には全く相手にされない。 そのうえ、家庭には心配症の母親とパンク野郎の兄貴がいて、心を落ち着ける場所がない。 そんな彼は将来、画家になりたいと思っている。誰かと同じでありたくない、何か人と違ったことをやりたい、そんな想いが根底にあって、なるほど、絵心があるという点で、彼は他のクラスメイトとは違っている。しかし、本人がどんなに背伸びしてみせようが、クラスで浮いている事実には変わりない。 ある日、ダニエルのクラスに転入生がやってきた。名をテオと言って、こいつがダニエル以上に変わった少年である。家業を手伝っているため、機械いじりが得意であり、身体からは常にガソリンの臭いがする。変わり者同士の連帯感ゆえか、ダニエルとテオは意気投合し、やがて、親友となる。だが、そんな彼らに、周囲のクラスメイトや大人たちは容赦のない冷たい視線を浴びせる。学校や家庭に自分たちの居場所なんかない。息苦しい日常から逃れるべく、彼らはある計画を立てる。それは自分たちだけの夢の車を作り、夏休みに旅へ出ることであった。 ミシェル・ゴンドリー監督が送る自伝的青春ロードムービー。 遠く海の向こうのフランスの話なのに、自分の少年時代を見ているようで微笑ましい。 中学二年と言えば、大人でも子供でもない、微妙な時期。 「誰かと同じでいたくない、他の誰でもない自分でありたい」 大人の階段が少しでも見え始めたら、誰だって背伸びしてみたくなる。そんな厨二病的心理は万国共通のようである。 だが、彼らの発想や行動力は、その辺の厨二病患者のそれをあまりにも凌駕している。 まず、普通の中学生は廃材置き場からスクラップを集めて車を作ろうとは思わないし、それに乗って旅に出ようとも思わない。 逆に言えば、普通の中学生が考えもつかないことを、実際にやってしまうところに、彼らの魅力が表れている。馬鹿だなと笑い飛ばしたくなる反面、その馬鹿さ加減に少年心をくすぐれられもする。それは筆者自身、厨二病だった時期があるからだろう。 既に述べたとおり、「他人と同じでありたくない」とか「他の誰でもない自分でありたい」とかいうのは、思春期の微妙な時期を迎えた者なら、誰しもが持つ心理である。そして、そういう心理を持つことによって却って周りから浮いてしまい、家庭や学校に居場所を見出だせなくなるのも、この時期にはよくあることだ。だから、逃げたい、旅に出たいという発想になるのも自然のことだ。 そういう一般的なことが描かれているので、この作品は共感を得られやすいのだと思う。 しかし、万人の評価を得ようと思えば、もう少し、”リアリティ”の部分を追求しなければならなかった。いくつか腑に落ちなかった箇所がある。 まず、主人公二人が美形すぎるという点。目の保養にはなるかもしれないが、クラスで浮いている生徒がいずれも美形というのはどう考えても不自然である。 第二に旅の終わりがあまりにあっさりし過ぎていた点。ネタバレになるので詳細は書かないが、あれだけ大風呂敷を広げといて、あの持って行き方はないだろうと思った。 ただ、肝心のラストは、それらのことに目を瞑っても、素晴らしかった。如何にもフランス映画らしい終わり方だったけれども、最期に少年の友情が確認された(これもネタバレになるので詳しくは書けない)という点で、そこまでビターな感じは受けなかった。 ”フランス版スタンド・バイ・ミー”とまではいかないが、現代のおとぎ話を見ているような感覚で、たいへん心地が良かった。
  • esose
    3.5
    人生のうちでベストフレンドを見つけことができるのは幸せなことだ。夏休み、もう一度きてほしいー
「グッバイ、サマー」
のレビュー(4505件)