映像の魔術師!『グッバイ、サマー』監督、ミシェル・ゴンドリーの魅力とは

2016.09.14
監督

映画と現実を行ったり来たり

ne22co

9月10日、ミシェル・ゴンドリー監督作品『グッバイ、サマー』が公開されました。

誰もが通過する青春の多感なひと時を描いた今作は、ちょっぴり切なく、みずみずしい作品となっています。

監督自身の自伝的作品と言われる今作、14歳の少年二人の青春ストーリー。

グッバイサマー

(C) Partizan Films- Studiocanal 2015

中学生のダニエルは、ひ弱な見た目からクラスでも浮いた存在。家に帰っても理解者はいないという、憂鬱な日々を過ごしていました。

そんなダニエルは、改造オタクで変わり者の転校生テオと出会い意気投合し、親友となります。

周りの友人からは理解されず、型にはめようとする大人たちやつまらない毎日から脱出するため、二人は廃材を使った自作の車で旅に出るのです。

一夏の大冒険で二人が感じるものとは何なのか…。

独創的なイマジネーション! ファンタジーとリアルが融合した映像表現

ミシェル・ゴンドリーといえば、自らデザイン、製作したセットや美術を用いた映像表現を得意とし、その作品はファンタジーとリアルが見事に融合した独特の世界観が特徴的です。

彼は美術学校を卒業後、自身のバンドのPVを制作していたところ、それがビョークの目に留まり、彼女のプロモーションビデオや作品の映像を制作する事となりました。

その後はザ・ローリング・ストーンズ、ケミカルブラザーズ、ダフト・パンクなど、名だたる有名アーティストの作品を数多く手がけています。

次々と生み出されるその独創的な映像表現はたちまち評判となり、リーバイスやコカ・コーラ、ナイキ、そのほか世界的有名ブランドのCM制作も手がけ、数々の賞を受賞しています。

彼の作品の特徴は、遠近法や鏡、ストップモーション、逆再生を利用したシンプルなトリックが独自に組み合わせられていること。その映像表現は、鑑賞者をあっという間に幻想の世界に引き込んでしまいます。

彼自身が企画した映像制作ワークショップや展示会は世界各国で開催されており、2014年には東京都現代美術館にてミシェル・ゴンドリーの世界観を表現した展示が開催されました。このように、日本でも大変注目される気鋭の映画監督であり、脚本家であり、映像作家なのです!

ミシェルゴンドリー

ミシェル・ゴンドリー監督の過去オススメ作品

ほぼ全ての作品において原案や脚本も手がけるミシェル・ゴンドリーですが、その中から筆者オススメの2作品を紹介します。

『エターナル・サンシャイン』

エターナルサンシャイン

2004年制作、日本では2005年に公開の作品でミシェル・ゴンドリー、チャーリー・カウフマン、ピエール・ビスマスが脚本を手がけ、アカデミー賞脚本賞を受賞しました。

記憶除去手術」を受けた、男女の記憶と恋愛がテーマになった本作。

・意識上の世界と脳内記憶の世界で起こる出来事の描き分け
DVDのパッケージにもなっている、主人公の二人が記憶の中で思い出の場所に寝転ぶロマンチックなシーン
・記憶の中での追いかけっこのシーン

などファンタジーと現実の狭間で描かれる不思議な映像表現がとても印象的です。

切ないラブロマンスとSFが融合したこれまでに無い設定と、結末に向かって徐々にわかる二人の真実がミシェル・ゴンドリーの不思議な映像表現と合わさり、何度も観たくなる作品です。

『ムード・インディゴ』

ムードインディゴ

2006年に制作され、日本では2013年に公開された本作は、彼自身がこだわり抜いた「手作り」の映像表現を存分に堪能できる内容となっています。

二人の男女が辿る、甘く切ない人生の移ろいが描かれているのですが、話が進むに連れて曖昧になる現実と幻想の世界が見事に映像化され、鑑賞者はこれでもかというほどに人間の手によって創作された不思議な映像世界に引きずり込まれるでしょう。

彼の脳内世界をスクリーンに描ききったような本作は一見の価値有りです。

『グッバイ、サマー』でダニエルの母親役を演じるオドレイ・トトゥが主演を務めており、彼女の魅力溢れる演技にも注目して欲しいです。

9月10日公開!『グッバイ、サマー』

もちろんこちらも監督自らが脚本を執筆していますが、これまでよりもファンタジー要素は薄めで現実味のある作風となっています。

冒頭にも記載した通り、今作は監督自身の自伝的なお話です。

幼い頃からものつくりに夢中だったミシェル・ゴンドリー。今では世界を代表する映像作家、映画監督となった彼が、少年時代何に影響を受け、どんな事を考えていたのか…。

今作を通じて、ミシェル・ゴンドリーがこれまで生み出した数々の映像作品の原点を感じられるかもしれません。

是非劇場に足を運んでみてくださいね。

(C) Partizan Films- Studiocanal 2015

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 海田和果
    3.7
    家に泊めてくれようとした親切な大人を振り切るシーン。「それはかわいそうでしょ」と突っ込んでいる自分は、大人になってしまって、つまらなくなってしまったのかもしれない。共感はできない。その共感できなさに切なくなった。 主人公の親友のテオのセリフが異様に大人びていて、監督が少年時代を俯瞰しているような感じがした。そのミスマッチでちぐはぐな大人っぽさも味だった。 オドレイ・トトゥがちゃんと歳を取っているのに感激。さすが女優ですね。 絵の個展を開いて、親友のテオだけ来てくれたシーン。おちゃめにはしゃぐ姿にきゅんとしたし、ちょっと感動しました。
  • 3.2
    中学生の時にこういう経験してみたかった~こんな行動力無いから無理だろうけども…友達っていいもんだ!最後めちゃめちゃスッキリしました!
  • ヤマダ星人
    4.0
    予告から漂っていたポップな青春ロードムービーっぽさが愉快で面白そうだったためすかさずレンタルしてきていざ再生してみたら、哲学濃度の異様に高いピュバティムービーが躊躇いなく流れ始めて呆然としてしまったけれど、僕は大丈夫です。 序盤で主人公ダニエル(アンジュ・ルジャン)の母親が人の生死について宗教的見地から自論を述べるわけだけれど、これがもうこの作品のテーマへの入り口であって、その後はずっとそれの連続。それって何だよって、紛うことなく『イデア論』なのだけれど、しかし〝思春期の悩み〟というエイドスを呈示してくるこの映画のイデアが果たして本当に『イデア論』なのか不安になる程ふわふわした映像に僕は惑わされ続け、今の今も自分のレビューが正しいとは思えないあたりにこの映画の目論見にハマった感を覚えております。 人間世界において人間の知覚する事物の全てがあくまでエイドスに過ぎないことは言わずと知れた愛知のひとつの前提であるけれど、この作品はその前提のもとで〝イデアと異なる心象を与えるエイドス〟を顕現し続けることで知の対象をイデアたらしめ、テーマをイデア論たらしめていたわけでございます。というのも具体的に言えば「女の子みたいな男の子」や「小屋のような車」、果ては「金になるゴミ」など、人間社会において、ある形象だと普遍的に認識される事物の実在との相違をダニエルの視点でコミカルに映し続けることで観客を本質を求める愛知者たらしめていたからでありまして、それはもはや超訳とでも言わんばかりの様相で僕の2時間を奪っていったわけです。 最終的には、愛という見えない実在を認識するには彼らはまだ幼すぎるという結末を迎えるわけだけれど、それって彼ら自身を構成する年齢という物質的存在における片生りのせいではなくて人間固有の未熟さゆえに永遠にそれを感知できないのだという切なさを示唆した結末に思えて、僕にはやはりこの映画はピュバティムービーの皮を被ったイデア論に見えてならないのでした。 と、40分くらいかけてレビューを書き続けているともはやレビューが正しいか否かとか別にどうでもよくなってくるわけだけれど、それこそ僕の見解におけるこの映画の仕掛けで言うところのイデアの不可視性がこのレベルで問題を起こしているわけで、堂々巡りを繰り返し始めた哲学の空虚さを知っている僕は「〜のでした。」という言葉でレビューを締めるのでした(という堂々巡りの例を呈示して締めるのでした)。
  • さゆきち
    3.7
    -22- ロードムービー! 小屋になる車かわいい ほんとに作っちゃうなんてすごいなあ タイヤを隠す時の、パタッて音が好き。 みんな一回はどこか遠くに行きたくなるけど本当に行動するのかどうかで違う。
  • 3.8
    青春真っ只中のロードムービー 凸凹コンビの2人の相性がめっちゃいい! 2人で作った小屋の車がめちゃくちゃ可愛くていい味だしてます(^_^)♡ この年の2人だから出せる空気感だな〜 14歳って一番自分自身でもめんどくさくてうまく対処できなくてってゆう時期だと思うけど、でも思い通りにいかない人生を受け止めようとしてもがいてる感じは少し大人に見えました 個人的には自立してて自分の道を歩んでるテオのキャラがめっちゃ好きです♪
「グッバイ、サマー」
のレビュー(3498件)