炎上&拡散、ダメ絶対!SNSでの「正しいつながり方」を教えてくれる映画あれこれ

2016.10.15
まとめ

気づいたら映画ファンになっていた

松平光冬

「炎上」という言葉を聞いて市川崑の映画をまっさきに思い浮べた人は筋金入りの映画マニアで、「拡散」という言葉から小田ひで次のマンガを連想した人は、相当のマンガファンに違いない。

でも現代社会において「炎上」「拡散」といえば、いわゆるネット用語を思い浮かべる人が大半だと思う。

ツイッターやフェイスブックなどのSNSで社会的な事件がまたたく間に「拡散」すれば、過激な発言があればネットが「炎上」して非難が集中することは、発端となった人物が有名無名問わず日常的となっている。

ここではそうしたインターネットのあり方、SNSなどのコミュニケーションツールでのつながり方を教えてくれる映画をピックアップしよう。

就活に勤しむSNS世代を突き刺すキビしい青春

『何者』

何者

(C)2016映画「何者」製作委員会 (C)2012 朝井リョウ/新潮社

桐島、部活やめるってよ』で知られる作家、朝井リョウの直木賞受賞作を映画化。

就職活動を通して知り合い、内定獲得という共通目標に向け意気投合していた5人の男女だが、次第に就活に対する姿勢などの差異が明らかになるにつれ、その関係に変化が…

面接官に良い印象を与えるよう着飾る自分と、SNSで本音を吐露する自分――果たして自分は「何者」なのかを、観客にも突きつけてくる作品となっている。

昨今は就活状況をSNSに記す学生も多いようだが、その内容から炎上となって内定が取り消されたというケースも少なくない。

本作でも、SNSを発端とした「ある展開」が待っている。リアルタイムに就活中の人は、リスク対策の一環として観ておいた方がいいかもしれない。

ツイッター初心者必見、使い方の良し悪しが分かる映画

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

シェフ

(C)2014 SOUS CHEF,LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ロサンゼルスの一流レストランシェフとして働くカールはある日、自分の料理を酷評したグルメ評論家のツイッターを見つけ、使い方をよく知らないままに怒りのツイートをしてしまう。それがまたたく間に炎上してしまい…

ツイッターを使っている人なら「あーあやっちゃった」と思わずにはいられないこの行為だが、使い方を把握しているはずでも、感情に任せたツイートをしてしまうことはありがち。

ツイッターが発端で痛い目を見るカールだが後半、使い方を熟知している息子の拡散によって事態が変わっていくため、ツイッター初心者にとっては、使い方の良い例悪い例が分かるという点で参考になるかも。

ネットでつながる社会を象徴する、悲喜こもごもな群像劇

『ディス/コネクト』

ディス

(C)DISCONNECT, LLC 2013

自身の裸の写真をネットに拡散されたショックで自殺未遂を起こした少年とその父親、不和状態となった悩みをチャットで打ち明けるうちに個人情報を盗まれ全預金を奪われた夫婦、そして違法ポルノサイトで自撮り写真を売る少年と彼を追う野心的な女性テレビリポーター、これら3つの話が緩やかにつながっていく…

SNS依存、児童ポルノ画像、なりすまし詐欺に個人情報漏えいといったネット社会につきものの危うさを、ドキュメンタリー映画『マーダーボール』でも見られた臨場感あふれるカメラワークやアドリブの多用でリアリティーにとらえた、ヘンリー=アレックス・ルビン監督の手腕にも注目。

『ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界』

ステイ

ネットでおのおの浮気相手を探す夫婦に、フェイスブックで母の再婚を知らされた息子。芸能界で成功し損ねた過去を引きずるあまり自分の娘をネットアイドルにしようとする母。GPSで娘の行動を監視する母に、親に秘密でSNSを始める娘といった、ネットに依存する親や子を描いた群像劇。

JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフジェイソン・ライトマン監督、アダム・サンドラージェニファー・ガーナー出演という強力な布陣でありながら、日本では劇場未公開となってしまった作品。

たとえ手痛い失敗をしたとしても、人間またやり直せばいいといったライトマン監督らしいメッセージは、本作でも健在。

SNS情報を鵜呑みにしすぎた人間たちの暴走

『白ゆき姫殺人事件』

白ゆき姫

(C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会(C)湊かなえ/集英社

化粧品会社のOLが遺体となって発見され、テレビのワイドショー番組のディレクターの赤星が被害者情報をツイートしたことに端を発し、そこから一人の同僚女性の城野が、容疑者として拡散されていく…

SNSからくる情報を鵜呑みにしてしまいがちな、ネット及びマスメディアの現状を皮肉った作品。

本作の原作者、湊かなえは他にも『高校入試』のような、情報の拡散がもたらす怖さを内包した作品を発表しているので、併せて触れてみるのもいいかも。

俺の“訃報”を拡散しろ!「いいね!」依存症男の本当の友だち探し

『Facebookで大逆転』

facebook

(C)2014 FACEJOCKEY FILMS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

フェイスブックで「いいね!」をもらうことに執着するあまり、態度の悪い運転手などのリアクション画像をアップしまくる駐車取締官のマイケルが、フェイスブック内の友人の誕生パーティにひとり招待されなかったことに激怒。そこで自分が死んだという情報を拡散して、誰が真の友だちなのかを突き止めようとする…

マイケルの行為自体はホメられたものではないものの、SNSで自分がアップした画像やつぶやきにリアクションが欲しいと思う方は多いのでは。また、直に付き合える友だちが少ない人ほど「いいね!」友だちを求めようとする心理は、SNSが普及する現代社会を象徴しているといえるかも。

「ワロタww」「ざまぁw」などのネット用語を活用した日本語字幕も楽しいコメディだが、くれぐれもマイケルのようにやり過ぎないように。

おわりに:ネットの魔力に自分を見失わないように

コミュニケーションの手軽なツールとして重用しているインターネット及びSNSも、時に危険が伴う両刃の剣となるのは、現代人なら分かりきっていることと思う。

それでも、悪気なくツイートしたつもりの文章が、人によっては悪意と見なされ炎上&拡散沙汰になることもある。

ハッキリ言って、炎上&拡散を絶対に防ぐ方法などないのかもしれない。

それでも、ネットの魔力に自分を見失わないように、今回取り上げた映画がネットやSNS、ひいてはその向こうにいる人と上手に付き合っていく上での指針になれば幸いである。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Blue
    3.2
    記録
  • ManamiTaniguchi
    5.0
    痛いよー 心が… ヨンシーのいい曲選ぶね
  • shoh323RA
    4.5
    🖇
  • fmofmojimo
    3.8
    SNSのなりすましによるいたずら、知らない人とのチャット、ネット詐欺によるカード情報漏洩、未成年の性犯罪動画。インターネットの悪用により惑わされる人間関係をどこかで繋がっているオムニバス形式で捉えた映画。 どの話もきっと、日常的に起きていて、「誰もが自分は大丈夫」と暗に信じているところをついてくる。
  • ユウミン
    -
    残酷すぎるけどきっと、現代社会においてよくある話なんだろうなぁ。悲しい。
  • deruta
    3.8
    ネットにより知人だろうが他人だろうが不特定多数の誰にでも繋がることが可能になったこのご時世 小さなきっかけから大事へ、、 潜んでいるトラブル 他人事ではない分、食い入るように見ていました。楽しかった。 使い方次第で悪い方へ転んでしまうので、明日は我が身と思って気を付けようと思った
  • さかい
    3.7
    繋がりが容易になった現代社会の闇の部分を扱った映画 ネット被害の多さとまたそれに対策ができていない緩さとか赤裸々に表現しててネット上の恐怖を知るためにもこの映画を観るべきだなと思った。 またSNSで起こった事件から希薄な家族関係が修復していく様も良かった。 自分もSNSを使う上で注意したいと改めて思った。
  • HikaruFujiki
    3.5
    みんな軽いねん。
  • シネマドリンク
    3.9
    ディスコネクト 🇺🇸 ペットボトルに小便を入れて店に戻すイタズラ過ぎる若者。また同じ学校の生徒のブログを見て女になりきり素敵なメッセージでイタズラしている。 エロ出会いサイトで知り合う女とテレフォンSEXを望む青年。(社会記事を書く記者📝で若者の現状を把握し記事にしたいらしい) 子供を亡くした夫婦🤦‍♀️🤦‍♂️で知らない男とチャットで身の内を話し傷を癒す妻とネットでギャンブル💻🎰する夫。 それぞれがネットでイタズラしたり、心の傷がある者達が各々メールなどで相談したりするのだが、そこを狙う悪徳業者や悪友、など個人情報を盗み、被害の状況が大きくなっていく。 復讐?大事な事とは何か?群像劇クライムストーリー ◉79D点。復讐から新たに見える視点!見えにくい近くにいる協力者や家族の大切さ🤝! ◉なかなかの怖い内容でした。😱 誰にでも被害者になる可能性を秘めた社会派の群像劇ストーリーでネットや通信など簡単なやりとりの怖さを描いていました。 ◉復讐だけでない大事な事。 それぞれが復讐や目先の事に必死になるのだが、一線を越えると見えてくる答え的な物に共感しました。💖
  • ろっか
    3.5
    ネット社会に注目した群像劇 ネットだから話せることもあって、ネットだから気を許してしまうことってある みんな誰かと繋がっていたくて、それが細い糸でも嬉しかったりするんだよね 私はネットで出会って今も仲良しの友達がたくさんいるから、比較的肯定的ではあるんだけれど、良い人もいれば悪い人もたくさんいて、誰が見ているかわからない広い広い世界だからこそ自己防衛も忘れちゃダメよね 最後の方はみんな携帯やパソコン越しではなくて、直接顔を合わせて戦う姿が印象的 スローになるシーン上手いなぁって思った
  • na
    3.5
    重すぎるテーマでつらかった。最後の方はハラハラしっぱなしだった。
  • 親分
    3.5
    まさに今、 現実世界で この映画と同じことが起こっていて それは決して珍しいことではなく むしろ頻繁にありえる話。 だから けっこう 引きこまれた。 毎月27日のカード支払日。 その直前に支払い金額がメールで送られてきて その額があまりにも大金だから 『オレのカード乗っとられた!!!』 『ダレかが オレのカードで勝手に買い物をしてやがる!』 毎月のように それを疑い 買物履歴を調べてみるが すべてオレがネットで買ったものだ。 映画とは まったく関係者ない 間抜けなオレの話だ。。。 どんどん便利な時代になっていってるけど、はたして それは幸せなことなんかね〜?
  • ひろころ
    3.8
    きっと今もどこかで起こっている出来事たち。 印象に残ってるのは自殺する少年のエピソード。特に姉の心情。 彼の好きなシガーロスでエンディングを迎えるのがなんともいえない… 少年が作曲したメロディが効果的にBGMとして使われていて、なかなか頭から離れない。 ジョナ君。 ザスーラから大人になったなぁ
  • Kaju
    3.8
    インターネット怖い!!!! SNSなどを含めインターネットの世界のメリットデメリットがわかりやすく伝えられています。
  • kana
    3.8
    ネット依存、、 携帯がないと不安になってしまったり、 ネットショッピングやSNS。 SNSがよくわからないといってる私でさえ ネットを使わない日はありません・・ そんなネット社会にスポットを当てたこの作品。 凄く考え深いものでした。 SNSのなりすましからイジメにあう少年。 チャットから全情報が洩れ、全財産を失う夫婦。 アダルトサイトでお金を稼ぐ青年。 この3つの話が並行していきます。 実際に起きているであろうこれらの話。 ある意味ノンフィクションですね。 対面ではうまく自分自身を表現できないけど 文字では素の自分を出せる。 そこを突いてくる奴らがいるんですよね・・ なので映画としては 後味悪いかなという所もありました。 でも本音をぶつけ合うことで見えた希望もありました! 相手の本音を知るには、 自分をわかってもらうには やっぱり相手の顔をみながらだったり、 声に出すごとが大事ですよね♪ ☆Netflixにて鑑賞☆ 2017年43本目
  • ねっしー
    1.0
    期待しすぎた…? 中身は特にない。あるのかもしれないけど、よくわからない。 最後はみんな不幸。 名前は最高に上手い。 どうしてこうなった。
  • うっち
    3.4
    SNSの恐ろしさを再確認
  • 田平
    -
    つながるからこその喜び つながるからこその悲劇
  • Natsu
    3.6
    This film is "Clash" of our age, describes human connections with painful sensitivity. Great plot, acting, music. Marc Jacobs' on the screen.
  • ei3
    3.6
    性 夫婦 少年 ネット
  • Takana
    3.7
    音が極端に少ない映画。 しかもラストスパートがすごく痛かった。 話も妙に現実味ある。 SNSを通じて繋がることを欲した人間たちが、それぞれ事件が起こっていくことによって大切な事に気付けた話。 それぞれ失った代償も大き過ぎる。 複数の話が同時進行していくけど、 大きくは3つ イジメと詐欺、少年犯罪(淫行?) それぞれネットを通じての犯行でキッカケもネットで知り合った事。知り合いきれなくてディスコネクト。 ラストはそれぞれ大切な事に気付けてるけど既に遅い感があるし救いがない。 加害者側もそれぞれ意思やそれなりの理由があってまたそれがしんどい。 最初はどの話がどう繋がるのかハラハラしながら進んでって後味は結構悪かった。 これは鬱映画の類では。。。 いやでも、よく出来てる映画。 SNSの使い方の教則DVDだと思えば納得。
  • おたしん
    3.4
    現代ならではの問題。この先どんどん増えそう。まあまあ。
  • まりこ
    -
    よくわかんないソフトとかをダウンロードしてくださいとかでてくるやつてきとうにダウンロードしてるからまりこのパソコンもハッキングされてたらアマゾンとかのパスワードとかクレジットカードも使われちゃうしこわいな、、
  • n
    3.5
    ああ、もっと人とのコミュニケーション、周囲の人たちと心を通わせることを大切にしよう、と思わせられる。
  • 木耳
    3.3
    あの一瞬のために見る価値があると思った。実体のない世界で失ったものが大きすぎる。
  • Non
    3.6
    もう少し続きがあっても良かったような… 展開が気になりのめり込んだので少しざんねん。
  • つるみん
    3.5
    あなたは本当にその人の事を理解してるか? インターネットを介して交錯するヒューマンドラマ。現代だからこそ作れる映画であろう。SNSというのは現代社会にとって無くてはならないモノである分、様々な問題が生じる。その両部分を巧く描いた本作は中々の傑作。 SNS上での問題(個人情報流出、児童ポルノなど)を題材とした映画が作られるって事はもはや社会問題となっていて、父親の家族に対する無関心さも今のアメリカの家族を象徴していますね。とはいっても児童ポルノなどの規制はかなり取り締まっていて、日本は遅れてるというのを聞いた事があります。 特に本作でも描かれていますがティーンにとってSNSというのは想像以上に大きな存在で自分の事を囲んでくれる唯一のモノだったのが破壊された時の絶望感は言葉に表せられないでしょう。 僕は今のようにダイレクトにSNSと関わる機会が青春期に無かったので、中学の頃に初めてガラケーを買ってもらい、悪影響と言ったらチェーンメールくらいですかね。悪影響とも言えないかもしれませんが。今や小学生がスマホを片手に電車に乗っている姿を見かけますが良い印象はないですね。迷惑メールフィルターや何か色々規制がかかっているのだろうけど子供たちに悪影響を与える細菌はいつ何処から来るか分かりませんから。 SNSの怖さと同時に対面のコミュニケーションの大切さを訴える本作は中々パンチの効いた一作でありました。
  • rui
    3.3
    ネットから始まる3つの物語が進行して絡まあっていく偶像劇。 救いようのない話だけど、テンポも良くてストーリーに引き込まれるのは脚本がいいんだろう。 ネットも恐ろしいけど子供の残虐性も恐ろしい。
  • kasunazuta
    3.6
    3つの物語が同時に語られることで全体の重みが感じられる。なんとも救いがないけれど、最悪のケースは間逃れたのかな。。悲しい話でした。
  • AiriKato
    2.5
    ネットの恐さよりも、子供の残虐性の恐ろしさ。
「ディス/コネクト」
のレビュー(1779件)