『バットマンvsスーパーマン』の裏側。~正義のヒーローが対立する理由~

2015.06.24
洋画

Why So Serious ?

侍功夫

バットマンとスーパーマンの共演作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』2016年3月の日本公開が発表されました。すでにアメリカでは予告編が公開されています。

アメコミにあまり関心の無い人にとって、正義の味方であるハズのバットマンとスーパーマンが対峙し「オマエに血は流れているのか? そいつを流すことになる!」と穏やかでない台詞を交わしているのに違和感を覚えるかもしれません。しかしこの2人、コミック世界ではイデオロギーの違いから度々大げんかをやらかしているのです。

リバタリアンVSコンプライアンス

ダークナイト

クリストファー・ノーランの『ダークナイト』で、金儲けや功名心に関心が無くただただ混乱を求めるジョーカーに対し、バットマンは自分の存在がジョーカーという狂気を生みだしたのではないかと苦悩します。

バットマンとジョーカーが表裏の存在であるということは、ことあるごとに話題になるネタです。バットマンは自身が決めた善悪の規範のみに従い法の遵守は二の次です。対するジョーカーは徹底して、あらゆる秩序や支配の崩壊を目指します。

つまり「目的のためなら法は無視する」という点では全く同じ方向をむきながら、敵対しているのです。そんなバットマンをリバタリアンに、ジョーカーをアナキストに例える向きもあります。

彼ら“無法者”に対しスーパーマンは法を絶対に遵守する、言ってみれば「コンプライアンス・ヒーロー」です。一見スーパーマンの姿勢は正しく思えます。しかし、悪法であっても改正されない限り絶対に守る危険人物だとも言えます。当然、バットマンとの折り合いもすこぶる悪いのです。

バットマン:ダークナイト・リターンズ

『バットマンvスーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス』予告編での対峙場面でバットマンがアイアンマンの様なアーマーを着こんでいます。実はアーマーを着たバットマンとスーパーマンがにらみ合う場面に多くのアメコミファンは思い当たるフシがあります。

1980年代中ごろにアメコミ界を揺るがすコミックが発売されます。『シンシティ』や『300』の原作者フランク・ミラーによる『バットマン:ダークナイト・リターンズ』です。

老いて自警活動を引退したブルース・ウェインが荒廃するゴッサム・シティに痺れを切らし、バットマンとしてカムバックをする物語です。このコミック終盤でも、スーパーマンとバットマンは殴り合いの大ゲンカを繰り広げます。その時に肉体的にスーパーマンに劣るバットマンが予告編に登場する様なアーマーを着こんでいるのです。

その『バットマン:ダークナイト・リターンズ』は正に、リバタリアンたるバットマンとコンプライアンスの権化であるスーパーマンの対立が描かれています。

このコミックが発売された80年代を鑑みれば、世界の警察を名乗ったアメリカをスーパーマンが、徐々に死に向かうソビエト:共産主義を老いたバットマンが象徴していたのかもしれません。

その物語や対立構造を現代にどう蘇らせるのかが、新作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の見どころになるのは間違いありません。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 栁夛一
    3.6
    【Part 2を含めたあらすじ】 2代目ロビンの死を機にバットマンが引退してから10年、ゴードン本部長も引退を目前としていた。55歳となり衰弱していたブルースであったが、引退して尚かつての衝動を抑えられず、トゥーフェイスの復帰と共に、荒廃したゴッサムシティで自警活動を再開する。街を荒らすミュータント団、バットマンの復活によって目覚めたジョーカー、そしてアメリカ政府に仕えるスーパーマンとの対決。老境に達しながら狂気に肉体を軋ませるダークナイトの戦いが再び始まる。 【Part 2を含めた感想】 ノーラン、バートン、スナイダー版『バットマン』、延いては後世のアメコミ界に影響を与えたコミックを原作とした本作。 タカ派の鳴き声にもリベラルの屁理屈にも誰もがウンザリしていた冷戦期を舞台にしており、作品を通じて暗い雰囲気が漂っている。 新旧ヴィランとの決闘を通して、決して若くはない初老の異常者の内面が描かれているが、特にスーパーマンとの戦いはスナイダー『B vs S』以上に無駄な執念を感じた。空を飛ぶわ戦車を引きちぎるわ目からビームを出すわ、強さのインフレの象徴でもあるスーパーマンと如何に戦うか、そしてジョーカーとの因縁の行方を、原作コミックと合わせて見届けてほしい。
  • れいろ
    3.0
    アメコミファンなら避けては通れないらしいダークナイトリターンズのOVAアニメ! 私はアメコミにわかなので原作は読んでませんが、キリングジョークとロングハローウィンの英字版を所有してたりはします。少し突っ込んだけど、ハマりはしなかった感じの立ち位置でバットマンは追ってます!劇場版はダークナイトシリーズの2作目以外はどれも好きじゃない← ジャケのかっこよさと本作のアニメのタッチは全然違うw筋肉詐欺w 正直ジャケに惚れて鑑賞したから少しガッカリしたけど、これはこれでいい味あった。でもやっぱアメコミはアクが強いな…私は映画でお腹いっぱい←   あ、でもps4のバットマンの新作はめっさやりたい 本作はタイトル通り55歳(原作設定)のダークナイトさんがリターンするお話。Part2をみて全体の感想は書くとするか ダークナイトのknight(騎士)を night (夜)と勘違いしてる人結構多いよな…  年寄りヒーローといえば、絶賛公開中のローガンですが昨日、パンフレット熟読してxmenシリーズを色々思い出しながら2回目を鑑賞! 号泣したよね←
  • がらがら
    3.5
    有名なアメコミのアニメ化、原作は未読だけど、ノーランバットマン位しか見てなくても何となく話は理解出来た。 カトゥーン調のアニメって事や、日本のアニメとは間が違っていたり、細かい絵の動きがなかったりして(アクションシーンはガンガン動く)違和感を覚える部分はあるけど、ストーリーは面白かった。 ただ展開が早すぎる部分や、心理描写が無いためイマイチ感情移入出来ず、敵を倒すヒーロー物としては面白かったが、評判の様な重厚さは感じられなかった。
  • ふじもと
    4.2
    バットマンが引退してから10年、ブルースウェインも55歳。ゴードンも引退まであと1ヶ月。 ある事からバットマンは復活するけど、若者はもうバットマンを必要としていない。バットマンを巡って世論は二分化。おじいちゃんは、世の中がもう動いてしまっている事に気付きながらも自分に鞭打って悪と戦う。トゥーフェイスが出てくるけど悪の方もまた、別の苦悩を持っている。 闇のヒーローが1度去った現代で、バットマンをどう見るかが描かれる。 こんなん面白いに決まってるでしょ。 パート2ではおなじみのあの方と、さらにあの方が出ます。楽しみです。
「バットマン:ダークナイト リターンズ Part 1」
のレビュー(119件)