【第8回TAMA映画賞結果発表】村上虹郎、松岡茉優ら”新人賞”受賞!

2016.10.11
映画祭・イベント

Filmarks編集部

フィルマーくま

TAMA映画祭1

毎年、東京・多摩市で開催される映画ファンの祭典「映画祭TAMA CINEMA FORUM」。多摩市ならびに多摩市近郊のボランティアを中心に、市民の手作りの映画祭として、これまでも様々なゲストが登壇し、映画ファンにも馴染みのある映画祭です。

26回目の開催となる本映画祭は、11/19(土)~11/27(日)の間、パルテノン多摩はじめ多摩市内の3会場4スクリーンで国内・海外の話題作を中心とした映画を上映予定。

併せて、国内映画賞のトップバッターとして注目を集めている「第8 TAMA 映画賞」が受賞され、最優秀作品賞に山下敦弘監督『オーバー・フェンス 阪本順治監督『団地』が選ばれ、特別賞に柳楽優弥菅田将暉ら若手実力派俳優が集結した真利子哲也監督『ディストラクション・ベイビーズ』スタッフ・キャスト一同が受賞しました。

なお、授賞式11/19(土)パルテノン多摩大ホールにて開催され、最優秀作品賞に選ばれた山下敦弘監督、阪本順治監督をはじめ、今年最も飛躍、顕著な活躍をした新人として最優秀新進男優賞に選ばれた村上虹郎、同じく最優秀新進女優賞の松岡茉優らその他豪華受賞者の方が、授賞式に参加予定。

8 TAMA 映画賞・各賞受賞一覧

TAMA 映画賞とは、多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が 「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの 立場から感謝をこめて表彰したもので2009年より創設されました。

2015 10 月~2016 9 月に劇場公開された作品を対象に選考され、FilmarksでもFan!数の多い『ディストラクション・ベイビーズ村上虹郎 が、「不安と希望をあわせ持つ若者像をセンシティブに創りだす姿は、日本映画の新たな地平を切り拓いていく期待を抱かせた」、『ちはやふる 下の句松岡茉優 は、「若くして役柄やシーンの意図を掌握できる力は群を抜き、作品の魅力を一段と向上させた」ことが受賞理由。

その他注目の受賞一覧は以下です。

■最優秀作品賞 

・『オーバー・フェンス』 (山下敦弘監督、及びスタッフ・キャスト一同) 

tama1
(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会

・『団地』(阪本順治監督、及びスタッフ・キャスト一同) 

tama2

■特別賞  

・真利子哲也監督&柳楽優弥、及びスタッフ・キャスト一同 (『ディストラクション・ベイビーズ』) 

tama3
(C)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

・鈴木卓爾、及びスタッフ・キャスト一同 (『ジョギング渡り鳥』)

tama4
(C)2015 Migrant Birds Association / THE FILM SCHOOL OF TOKYO

■最優秀男優賞 

三浦友和 (『葛城事件』『64 -ロクヨン-』)

オダギリジョー (『オーバー・フェンス』『FOUJITA』)

■最優秀女優賞 

小泉今日子 (『ふきげんな過去』) 

蒼井優 (『オーバー・フェンス』『岸辺の旅』『家族はつらいよ』) 

■最優秀新進男優賞 

若葉竜也 (『葛城事件』) 

村上虹郎 (『ディストラクション・ベイビーズ』『夏美のホタル』『さようなら』) 

■最優秀新進女優賞 

松岡茉優 (『ちはやふる 下の句』『猫なんかよんでもこない。』) 

小松菜奈 (『ディストラクション・ベイビーズ』『黒崎くんの言いなりになんてならない』『バクマン。』『ヒーローマニア 生活』)

■最優秀新進監督賞

前田司郎監督 (『ふきげんな過去』) 

小泉徳宏監督 (『ちはやふる 上の句』『ちはやふる 下の句』)

過去のTAMA映画賞の受賞一覧はFilmarksで!

Filmarksでは、映画賞カテゴリに「TAMA 映画賞」を追加!
「映画賞」一覧より、過去の「TAMA 映画賞」の受賞一覧もぜひチェックしてみてください。

※スマートフォンの場合はアプリダウンロード後、Search>映画を探す>映画賞よりご確認ください

tams

26回映画祭TAMA CINEMA FORUM

開催期間:11/19(土)~11/27(日)
※11/21(月)は休映

上映会場:
パルテノン多摩大ホール/小ホール、ベルブホール、ヴィータホール

26回映画祭TAMA CINEMA FORUM 公式ウェブサイト

http://www.tamaeiga.org/

*チケットは e+ほか、多摩市内の販売所にて 11/1(火)より発売予定です。(e+先行予約受付は 10/6(木)より)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • takamama
    4.1
    これを公開当時に観てたら自分のココロにはそんなに響かなかったと思う 思わずオダジョーに心情を重ねてしまったし、観ていて正直キツかった でも星4越え
  • のぶ
    3.6
    佐藤泰志原作。職業訓練校に通う無職たちとメンヘラ女子の物語。オダギリジョーの演技がにくい。
  • o
    -
     
  • yuri.k
    -
    @DVD 2017.03.26
  • 2017
    -
    3/25
  • あみん
    -
    情緒が不安定で鳥肌が立つほど「あー人間だ怖いなあ」て、、、。 オダギリジョーにも蒼井優にも思って、でもとってもキュートだ ホラーなんかよりずっと内からゾクゾクして心臓がぎゅーてそうゆう映画
  • VARELSER
    3.1
    んだよ!むかつくな
  • 3.0
    クラブで踊るシーンはザ幸せしかなくて、最後は思わぬハッピーエンドだった。
  • やっほ
    3.5
    “普通”かどうかなんて…“壊した”“壊された”なんて…そんな“規準”は誰もが持ち都合良く変化させているだけなのかもしれない…。独り殻に“閉じこもり”複数で“囲い込み”傷付き傷付け…自分だけが正しいなんてそれは誤りだろう。“求愛”も“無視”や“切れ”も“普通”とは思えない。彼の号泣の“意味”も…輪っかに縛られない終わって終わらなかった安堵もあるのだろうか。“切れた”彼女の“求愛”はどう見ても普通じゃない。でもそんな狂おしい程の“問い掛け”に歩み寄ると決めた…見えない“規準”を越えて。…そんなふうに感じた。
  • ひめ
    4.0
    記録
  • miyu
    3.7
    『そこのみて光輝く』の原作者 佐藤翔太さんの作品を山下淳弘監督がメガホンをとったもので、函館の坂道から海が見える光景が印象的。。。 冬になったら、雪で、自転車だと無理!…みたいなフレーズがでて来て… この坂道が雪だと、歩くのも大変だなぁ… って想像したり… そう、これは、短い夏の光景で、厳しい冬じゃない函館の町。。。 主人公の彼は、一見ヤサオトコに見え、いいヒトぽく見えるけど… 自分が壊したものの重さをはかりかねていた… その彼が、偶然出会った彼女ゎ突拍子もない行動や、イキナリ キレたり…奇声を発したり… それでいて、光を纏ったような笑顔や喜びに満ちたダンス🎶 魅力的なオンナ。。。 この短い夏の柔らかい日差しの中で、2人は出会う。 ヒトは時として、自分のココロの壁を潰して、乗り越えなければならない時がある。。。 そんな気持ちになる映画でした🎬
  • まきんこ
    3.5
    オダギリジョーいいねー
  • Manamy
    3.9
    灰色の空、灰色の海、白い鳥、白い肌。全編を通して聞こえる不協和音は、鳥が求愛するときの声だったのか。 登場人物が多くないせいか、息苦しさが結構しんどいです。主演の2人のヒリヒリする感じとか、大人の青春のややこしさとか。みんな違って、みんないい、でも誰かには分かって欲しい。とか。 観終わって少し後にご飯を炊きながら、何か泣けました。良作。
  • hito
    4.6
    人の気持ちって何だろう。 他人にとっての自分って何だろう。 自分が口にしたこと、行動したことで相手はどう思うかなんて人それぞれだし、分かりっこない。でも理解したい。そんな複雑な気持ちを映像化したような映画だった。 でも結局は超えていきたい、一歩踏み入れたい、という意味でオーバーフェンス? またゆっくり1人で観たい映画。
  • ayn
    3.6
    なにかあるようでなにもなかった。最後の最後であー!オーバーフェンス!ってなった。
  • こぬき
    3.5
    ストーリーが単調で何も無いんだよな。 メンヘラ役の蒼井優は演技はよかったけど、メンヘラだけに痛い演技にも見える。 俺はあんまり好きでは無かった映画。 もうちょっと何かが欲しかった映画だった。
  • キバたん
    3.8
    職業訓練校に通う主人公白岩。蒼井優演じる聡は鳥が好きな不思議な女性。突然一心不乱に求愛ダンスを踊ったり、少女みたいな笑顔を浮かべたり、感情表現豊か。再生を考えて生活して行く中で苦難が訪れる。傷ついた不器用な主人公達の人と人が交流していくことの難しさがあった。ぶっ壊れている女とぶっ壊す男、今後どうなっていくのだろう。函館の街を自転車でこぐシーンが良かった。オダギリジョーの背中に哀愁が漂っていた。
  • haramo44
    2.5
    オダギリジョーと蒼井優がお店の中で鳥の真似して踊るシーンが好き。蒼井優のメンヘラがなんでなのかよくわからなかった。オダギリジョーはかっこよかった。
  • ジプシー
    3.7
    主役2人の凄さを再確認 自分は普通なはずなのにうまくいかず、他のせいにしてしまうのは弱さなのかって何度も考えさせられる 田舎の遊園地の時間が止まったままな感じがまた良い
  • Ryota
    3.6
    蒼井優とオダジョーの演技力に尽きる作品。 2人とも演技してるのに途中から演技じゃなく見えてくるくらい役に入り込んで魅せてくれます。 要所要所で映る街並みがオダジョーの哀愁を引き立ててくれます!
  • 4.1
    邦画のくせに(語弊は込みにして)視聴者にやさしい映画。対比、何を伝えたいか、その全てをまっすぐに表してくれる。その割にスムーズに消化できる。傑作。蒼井優にいじわるされてにやにやされたい人生。
  • s
    -
    きろく
  • noziken
    4.1
    自分はいつの間にオーバーフェンスを しない人間になったのだろう 感情も可能性もこの先の未来とか夢も どこかしらヒットを願ってばかりいて それ以前にホームに立ててないのだと思う フェンスを越えた自分を想像しなくても 打ってみれば良いんだろうけど 誰も何にも口出ししないのだろうけど 三振が恐くて、何も出来なくなってしまう 何も失うものはないと言いきれる人が凄い この映画の役者陣は僕的ホームランを次々、シーンやカットで打ち放っていく 満身創痍のままでコールドアウトって感じ そんな自分がバッターボックスに立つ日を 少し夢見れた気がしている
  • マユレレ
    2.6
    大人の青春映画…。確かに。あーゆう、気性の激しい女の子ってて、どうよ⁇ あまり、感情移入出来ない。男子が見ると分かるのかな?
  • n0ri
    4.0
    人生、人それぞれ。上手くいくことも、そうでないこともあるわけで。色んなフェンス越えて行こう。 蒼井優たまりません。
  • レイナ
    1.5
    人の心は実に複雑で、 単純な「好き」」嫌い」だけでは表せない。 その時何を感じ、何を大切にして生きているか。大切な人を自由にさせてあげるというのは簡単なようで実に難しい。 自分のせいで大切な人が壊れる。 わたしは壊した人間のことを知っているが、その人の闇は深かった。 本当は何を考えているのか、分からなかった。 いつも人を壊してしまうと思っている人間は、壊れそうな人間を無意識に選んでいるのだと思う。壊れそうな人間が好きなのだと思う。 わたしが壊れかけているとき、その人に出会った。そしてとても仲良くなった。 次第に、わたしが修復し始めたとき、その人が必要でなくなった。 結局、人は自分が一番大切な生き物。 その中でどう人と向き合って生きて行くか。 人の心の複雑さが現れた映画だった。 映画自体は淡々としていたため1.5。
  • じゅじゅ
    3.4
    記録
  • sn
    2.0
    人はみんな違って それぞれに人生観があるのは知ってるけど 誰かには自分のことを わかっていてほしい。
  • mi
    4.6
    なーんか、すっきりした。 ありがとう。
「オーバー・フェンス」
のレビュー(4336件)