蘇える松田優作!不世出のカリスマ俳優を堪能できる映画10選

2016.11.05
女優・俳優

ヒットガールに蹴られたい

竹島ルイ

1989年の11月6日、一人のカリスマ俳優が40年の生涯を閉じました。その男の名は、松田優作。日本映画界のレジェンドとして今なお語り継がれる存在ですが、今や若い世代ではその遺伝子である松田龍平翔太のほうがポピュラーかもしれません。

手のひらを見つめては「なんじゃこりゃあー!」と絶叫したり((C)太陽にほえろ!)、ベスパを見かけるたびに「Bad City」が脳内再生したり((C)探偵物物語※ドラマ版)、松田優作をリアルタイムで追いかけていた筆者としては、これは極めて嘆かわしい事態であります。

という訳で今回は、一人でも多くの方に松田優作の偉大さに触れて頂きたいという想いから、この不世出のカリスマ俳優を堪能できる映画10本を独断と偏見で厳選しました。

1分で分かる松田優作の超簡単プロフィール

まずは簡単に、松田優作の超簡単プロフィールから。

・1949年、山口県下関市にて誕生。
・1967年、カリフォルニア州モントレーに渡米し、シーサイド高校入学。

松田優作は若い頃にアメリカ留学経験がありました。英語が喋れることは、後年『ブラック・レイン』に出演する伏線になります。

・1971年、劇団「新演劇人クラブ・マールイ」に入団。
・1972年、文学座付属演技研究所十二期生となる。
・1973年、刑事ドラマ『太陽にほえろ!』にジーパン刑事としてレギュラー出演。

松田優作の名前は、このジーパン役で一躍全国に知れ渡ることになります。

・1974年、『竜馬暗殺』で原田芳雄と共演。

原田芳雄は松田優作が私淑していた俳優で、自宅を原田宅の隣に建てるほどでした。それでも飽き足らず、松田優作が「家の垣根をとっぱらいませんか」と提案したら、原田芳雄にやんわり断られたというナイスなエピソードが残っています。

・1976年、暴力事件をおこして逮捕される。
・1978年、『最も危険な遊戯』、『殺人遊戯』などに出演。アクションスターとしての地位を確立。
・1981年、『陽炎座』、『ヨコハマBJブルース』といった文芸作品に出演し、演技派としての名声を高める。
・1986年、自ら監督・主演を務めた『ア・ホーマンス』を発表。
・1988年、『華の乱』で吉永小百合と共演。
・1989年、『ブラック・レイン』に出演。ハリウッドデビューを飾ったものの、膀胱癌のため11月6日に死去。

 

ではここから作品の紹介をしていきましょう!

暴力教室(1976年)

暴力教室

1973年に『太陽にほえろ!』のジーパン刑事として出演し、すでに若手俳優として知られる存在になっていた松田優作ですが、暴力事件をおこして謹慎処分を受ける事態に。本作は謹慎が明けた後に主演した作品ですが、暴力事件直後の映画が『暴力教室』というのは、「この時代、どんだけユルユルやねん!」とツッコミたくなります。

お話は、札付きの不良高校に赴任した教師が、学校を暴力で支配する暴走族と対峙するというもの。暴走族役を、本当の暴走族が演じているというのがすごい! しかもその暴走族はクールスという伝説のグループで、リーダーは舘ひろしだったのです(メンバーには岩城滉一もいました)。

松田優作と舘ひろしが男のプライドをかけて拳で語り合うシーンは、今ではお宝映像といえるでしょう。

人間の証明(1977年)

人間の証明

ジョー山中が、「ママー、ドゥユリメンバー〜」と切々と歌う主題歌があまりにも有名な作品。三船敏郎鶴田浩二ジョージ・ケネディという日米スターが大挙出演するなか、松田優作は心に深い闇を抱えるミステリアスな刑事を熱演しています。

注目していただきたいのは、「新春隠し芸大会」の銅像コントでもおなじみハナ肇。血気盛んな若手刑事・松田優作と、それを柔らかく包み込むベテラン刑事・ハナ肇とのコンビネーションがとにかく素晴らしいの一言!

一匹狼、もしくは弟分がいるという設定が多い松田優作フィルモグラフィーのなかで、先輩格がいるという構図は非常に珍しいパターンといえるでしょう。

最も危険な遊戯(1978年)

最も危険な遊戯

殺し屋・鳴海昌平を主人公とする「遊戯」シリーズの記念すべき第1作。スタントはいっさいなし、オールロケで撮影期間は2週間という超過酷スケジュールでしたが、フタをあけてみると当時の日本映画で最も利益を出した大ヒット映画になりました。

この映画、改めて見返すと主人公の鬼畜っぷりが凄いです。

敵のアジトを聞き出すために、ボスの愛人をマンションから宙づりにするわ、ロシアンルーレットで脅すわ、挙げ句の果てにはレイプするわ、まさにゲスの極み! それでいて松田優作は、独特のユーモア・センスで場を和ませる演技もご披露する訳で、軽く人間不信に陥ります。

シリアス芝居とズッコケ芝居の両極端を、違和感なく演じ分けられる天賦の才。やがてこの演技スタイルは、TV版「探偵物語」に引き継がれることになります。

蘇える金狼(1979年)

蘇る金狼

普段は真面目なサラリーマンだが、その正体は会社乗っ取りを企む一匹狼! 昼と夜で別の顔を持つ男の「復讐と野望の物語」を、壮絶なバイオレンス・タッチで描いたのが『蘇る金狼』です。

原作は大藪春彦の同名小説。これまでに何度か映像化され、主人公・朝倉哲也役は真木蔵人や香取慎吾も演じています。しかし、本家本元・松田優作の自己陶酔感あふれる演技はなんぴとたりとも寄せ付けない壮絶さ。好き嫌いを通り越して、観る者をただただ圧倒します。

能面のような青ざめた表情を浮かべ、キャビン・アテンダントのお姉さんに「ジュピターには何時に着くの?」という意味不明なセリフを投げかける…。

『蘇える金狼』の白眉といえば、テレビで松田優作特集をやる際に必ずというほど引用される、この有名なラストシーンでしょう。このシーンを目撃するだけでも、本作をチェックする価値あり!と断言させていただきます。

野獣死すべし(1980年)

野獣死すべし

役になりきるために10キロ減量し、奥歯を4本抜き、自分の身長(185センチ)が高すぎるため「本気で両足を5センチ切り落とすことを考えた」という逸話を持つ作品がコレ。

単なるハードボイルド・アクションの範疇におさまらず、抽象的で白昼夢的な描写も多いマッド・ムービーです。

いっさい瞬きをせずに、室田日出男にリップヴァンウィンクルの話を語ってきかせるシーンは、怪演というよりも狂演の域。おそくらく松田優作は、『野獣死すべし』で“向こう側”の領域に辿り着いてしまったのではないでしょうか。この作品以降アクション映画と決別し、文芸路線にシフトチェンジすることになります。

陽炎座(1981年)

陽炎座

幽玄の美学をスクリーンに現出させる鬼才・鈴木清順とタッグを組んだ作品。生と死の間を彷徨う劇作家を演じる松田優作は、虚無的なニヒリズムをたたえ、「清順世界」の住人として圧倒的な存在感をみせています。

鈴木清順が半径1センチの円を描いて、「この円からはみ出さないように芝居してください」と松田優作に演技指導した、という逸話はあまりにも有名。“アクションスター”松田優作が“演技派俳優”松田優作に変貌した、ターニングポイントといえる映画です。

家族ゲーム(1983年)

家族ゲーム

家族というコミュニティをシニカルな視座でとらえ、キネマ旬報ベストワン(日本映画部門)に輝くなど、数々の映画賞を席巻した傑作。アクションスターとしてキャリアをスタートさせた松田優作が、コメディーという未知の分野でも異質の才能を発揮した代表作のひとつです。

松田優作が演じるのは、いつも植物図鑑を持ち歩いているような一風変わった家庭教師。飄々としてとらえどころのない雰囲気を漂わせつつ、生徒役の宮川一朗太に暴力をふるうバイオレンス系。凡百の役者ではつとまらない、トンデモな役柄といっていいでしょう。

その後『それから』でもタッグを組んだ森田芳光監督との邂逅によって、松田優作は役者としての引き出しをさらに増やしたのです。

探偵物語(1983年)

探偵物語

同じ松田優作主演で『探偵物語』というタイトルなので、ついついテレビ版と混同されますが、中身はまったく別物です。

赤川次郎の同名小説を原作とした、青春ミステリー。当時ティーンに絶大なる人気を誇っていた薬師丸ひろ子が、身長差30センチ以上ともいわれた松田優作とのキスシーンに挑んだことで大きな話題を呼びました。

過去のフィルモグラフィーで超人的な身体能力を発揮してきた松田優作ですが、この映画では打って変わってサエない中年探偵を好演。いい意味でアクの抜けた自然な佇まいが、いい感じ! 普通の役を普通に演じるという、実は役者にとって最も困難な芝居をサラリと表現しています。

嵐が丘(1988年)

嵐が丘

松竹ヌーヴェルヴァーグの旗手として前衛的な映画を発表してきた吉田喜重監督が、エミリー・ブロンテの『嵐が丘』を日本の鎌倉時代に翻案して作り替えたのが本作。松田優作は、怨念だけで生き永らえてきたかのような怪物・鬼丸を演じています。

歌舞伎のような見栄の張り方、仰々しいオーバー・アクト。巨躯を活かした松田優作の芝居は、他のどの作品よりもダイナミックで、それでいて一抹の哀しさをも表現しています。粗暴さと繊細さが同居する、これぞまさに松田優作の真骨頂。カッと目を見開いた表情が脳裏に焼きつきます。

ブラック・レイン(1989年)

ブラックレイン

リドリー・スコット監督、マイケル・ダグラス高倉健主演のハリウッド大作。松田優作はすでに癌に侵されていたものの、それを周囲にひた隠しにして撮影に臨み、悪役のヤクザ・佐藤を演じ切りました。

佐藤役をめぐっては、小林薫、根津甚八、萩原健一など錚々たるメンバーがオーディションに臨んでいますが、松田優作はマイケル・ダグラスを本気でビビらせるほどの芝居を披露し、その座を勝ち取りました(その様子はDVDの特典映像などで確認することができます)。

鬼気迫る演技はハリウッドを震撼させ、かのロバート・デ・ニーロから「ぜひユーサク・マツダと共演したい」というオファーが舞い込んだと伝えられています。松田優作の強烈な個性がワールドワイドに認知された瞬間といえるでしょう。しかし夢の共演が叶うことはなく、彼は映画公開直後にその生涯を終えました。

松田優作は今なお、現役のスターであり続けている

かつてアルフレッド・ヒッチコックは、「役者は家畜と同じだ」と発言しました。映画とはあくまで映画監督のものであり、俳優はそれに従属する存在でしかないという趣旨なのでしょう。しかし100年以上に及ぶ映画の歴史のなかには、そんなヒエラルキーを飛び越えて俳優自身がその映画を飲み込み、支配してしまうカリスマもいます。我々はそのような俳優をスターと呼ぶのです。

間違いなく松田優作は、日本を代表するスターでした。いや、今でもスターであり続けているといっていいかもしれません。彼の死後もTVコマーシャルや「鬼武者」というアクションゲームに登場し、我々の心をときめかせてくれています。

松田優作は若くして夭折したこともあり、生涯で20本程度しか映画に出演していません。今回ご紹介した作品だけで、フィルモグラフィーのほぼ半分を網羅していることになります。そう! 優作初心者のアナタも、すぐに優作上級者になれるのです。'70年代末から'80年代までを猛スピードで駆け抜けた男の生き様を、ぜひチェックしてみてください。

SOUL RED 松田優作

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • yukamero
    4.0
    すごいものを観てしまった。 途中のまるで、劇を見てるかのような演出は1カットなのかな。 中々の衝撃作。
  • ざこすけ
    3.3
    なんの情報も入れずにこのご時世に観るのは辛かった
  • ひろ
    4.0
    大藪春彦の同名小説を、主演・松田優作、監督・村川透、脚本・丸山昇一によって映画化した1980年の日本映画 ・ 何度も映画化された作品だけど、「野獣死すべし」と言ったら松田優作バージョンが一番有名。松田の盟友である村川透が監督をし、丸山昇一が脚本を担当しているんだから、松田優作の真髄が味わえる。原作とはかなり違った主人公像などは、このスタッフだからこそ生まれた。 ・ 戦場で精神的に病んだ男を、鬼気迫る演技で表現した松田優作。役作りのために10キロ以上減量し、奥歯を4本抜いたという。役に対して身長が高いことを気にして、足を切断したいと言っていたとか。デ・ニーロを筆頭に、海外には役作りを徹底する俳優は多いけど、日本でここまで役に命をかける俳優はなかなかいない。 ・ 松田優作は特別な俳優だ。この作品でもその特異性はよく解る。演技が上手いといった言葉じゃ当てはまらない。野球で言うと魅せるプレーを心がけた長嶋茂雄のように、松田優作の演技は魅せる演技なのだ。この人じゃないとできない。この人だからこそ惹き付けられる。こんな俳優は二度と出てこないかもしれない。 ・ 真田を演じた鹿賀丈史。この作品が映画ビューなんだけど、ダンディーなおじ様となった今とは真逆の野性的な雰囲気。脇役で、風間杜夫、岩城滉一、阿藤海、泉谷しげる、安岡力也なども出演している。 ・ 作品としては、主人公の台詞が哲学的だったり、ラストはどう解釈するか悩む難解なものになっている。こういう難解なラストを語るのは、映画ファンの楽しみだね。一時代を築いて、後の俳優にも多大な影響を与えた松田優作という俳優は、やはりオンリーワンの存在だった。
  • KnI
    3.5
    狂気、ここにあり。 かなり賛否分かれる作品だと思う。特に長回しの多用でテンポなんてあったものではない。けれどもこれらを凌駕する松田優作の怪演。ここに引き込まれるかどうかは人次第でしょう。 観た本数が少ないですが、松田優作出演の映画といえば何?と訊かれれば、迷わずこの作品を挙げます。
  • Shintarou
    3.8
    覇気のない死んだ目、殺気に満ち溢れた目、少年のような純粋な目。松田優作の目を観てるだけで役者魂が伝わってくる作品でした。
  • ganegames
    5.0
    とりあえず松田優作の目付きがイッちゃってる 静かな狂気ってこういうのの事を言うのか? 相棒の鬱憤が溜まりまくってる感じも良い 相棒見つけて以降はは稀に見る名作
  • CHIHAYA
    4.0
    目が今の俳優さんとは全く違う作品
  • Ryo
    3.6
    松田優作初めて。 役者魂すごいのはなんとなく知ってたけどここまで狂気じみた役もやるのかとイメージ変わった。 「ラム、コアントロー、それにレモンジュースをしょぉーうしょーう」
  • メイ
    4.5
    銀行の公衆電話がいい。 白い部屋と真っ黒の服着た優作が不気味。 ことばにできないです、かっこいいです。
  • アイウエオ
    4.0
    松田優作の目力でこっちもそらすことができない エクスタシー、リップヴァンウィンクル
  • ヒロ
    4.3
    【視線の先の狂気】 感情の欠落した快楽殺人者・伊達邦彦を演じるため、主役の松田優作はまず8キロ痩せ、さらに頬をこけさせるため奥歯を4本抜いた。という凄まじい役作りの逸話は有名。 伊達邦彦という青年がなぜ快楽殺人者に成り下がってしまったのか? そんなこと理解できないし、理解できてしまったら今作に価値はない。狂気を噛み砕いたときに生まれる感情を人は同情と呼ぶ。噛み砕けない狂気を目の前にしたときに抱く感情を人は恐怖と言う。 焦点の定まらない虚ろな瞳、血の通っていない白い顔、肩を落としゆっくりと歩く不気味な角度の後ろ姿、ストローを使ってトマトジュースを舌に垂らす行為、、、etc。今作は理不尽なまでに押し付けられる咀嚼できない狂気に怯える作品だ。金でも名声でもない、彼が欲しいのは助けを乞いながら怯える弱者の命のみ。 唐突に訪れるあのラストシーン。 伊達邦彦という人間の周りだけに流れる普通とは違う時間。世間から取り残された哀しき野獣は自らの存在を確認するように指を突き上げ短く吠える。 あなたはリップヴァンウィンクルの話を知っていますか? 2017-
  • コアラ伍長
    4.5
    際どくって、挑戦的で、遠慮無しの映画。邦画じゃ滅多に味わえない感じでした。日本にはこんな映画もあるんだぞと言いたくなる。 本編は、とにかく松田優作の演技に引っ張られてました。特に眼。死んだような眼から、ギラギラした眼、少年のように輝いた眼。その眼に見つめられながら放たれる、悪魔のような振る舞いと囁きの恐ろしさ。電車のシーンなんて、その最たるものでした。そんでもって、とどめの感情大爆発。熱量が凄まじくて、カタルシスも半端じゃなかったです。
  • YouheiSakamoto
    -
    狂気の渦
  • NodokaTakagi
    4.0
    この映画凄い。無茶苦茶なのにかっこいいし最後なに、、ネガティヴなのにテンションあがる。
  • dionemish
    3.8
    松田優作主演のサスペンス。 サスペンスとしての出来は微妙な気がしたけれど、それでもハラハラしたのは松田優作の目にじんわり漂う狂気に畏怖したからだと思う。多くの人が評価した彼の怪演。 面白いショットも多く、見ていて退屈することはなかった。
  • うちだ
    5.0
    もう何度目か。 探偵物語の次がこれ。 列車内のシーンが至高。
  • 建入深雪
    4.0
    記録
  • ヒロシー
    4.3
    ラスト30分は松田優作の盛大なマスターベーションである。
  • つるみん
    4.0
    【リップヴァンウィンクル】 完全に役に取り憑かれ自己陶酔の世界を広げた松田優作の演技にあるのは排他的な虚無感に加え狂気という言葉が似合っていた。 「リップヴァンウィンクルの話って知ってますぅ?」 緊迫した空気が張り詰めた中、彼は語り始める…。 1980年代、都会は平和であり景気もよく何ひとつ不安のない場所。松田優作演じる元戦場カメラマンはカメラ越しで死を直視していた。当たり前のように人が死ぬ現実に彼の価値観、モラル、倫理、全てが崩壊してしまう。 そう、彼が語る「リップヴァンウィンクルの話」は彼自身の話なのである。平和だと思っていた世界は目覚めると全く違う世界に変貌してしまっていた。彼の〝死〟に対する考えは誰も理解出来ないものへと変わった。戦場で経験したものを誰かに伝えたかったのか…。共有してほしかったのか…。1人で押さえ込んでいたのか…。きっと戦場を体験してる人にしか、この苦しみはわからないであろう。 〝役作り〟〝狂気〟〝戦場〟 この3つのキーワードをあげると自ずと出てくるのはデ・ニーロの存在。狂気ならば確かに〝タクシードライバー〟が浮かぶが戦場に行った事で人間そのものが変わってしまった点やロシアンルーレットのシーンを合わせると〝ディアハンター〟に酷似していると言っても可笑しくはない。 また沢田研二主演の〝ときめきに死す〟も似ている部分を感じた。 これは夢なのか?現実なのか? 我々は何を見せられているのか?? そんな幻想的な118分間であった。
  • キミシマムザ裕君
    3.6
    東大卒のエリートで頭脳明晰な伊達。しかし彼は記者として戦争の惨状を見てきたことで狂気に駆られはじめていた… 日本が誇る演技派俳優 !!松田優作!! が主演のサスペンス映画。 松田優作は「なんじゃごりゃ"あ"あ"あ!」 しか知らなかったので鑑賞 青春は屍をこえて。 久しぶりに攻めた邦画を観れた印象。 完璧に見えるエリートの狂いっぷりを描く。 やっぱり人間腹の中で何を考えてるかなんて本人にしか分からないんだろう。 とてつもないエネルギーと虚無感を貰えた。 ただ強盗の作戦とかがあまり完璧といえなかったり、やり切れてない部分があったのが個人的には微妙であった。 頭脳明晰にしてはミスが多くないか? まぁこのニューシネマ的な作風はやはり嫌いになれない 主演の松田優作は恐ろしい! 原作とはかけ離れた人物像になっているらしいが、このネットリした雰囲気が素晴らしい。 今作の役作りのために10㌔の減量&奥歯4本抜くという海外俳優も仰天なエピソードまで持ち合わせているのだ。 ヒロインの小林麻美も美しかった。 自分の友人が彼女と親友らしく、素顔もとっても良い人らしいので好感度がより上がった。 ラストシーンはどう捉えるか公式な答えが出てないというのも今作がカルト映画と呼ばれている要因の一つかもしれない。 狂った邦画が観たい方、松田優作の狂気の演技を見たい方、そしてかっこいい題名の映画を観たい方にはオススメの作品。
  • にゃん
    3.6
    記録
  • ロドリゲス
    -
    「これで終わりって酒だ(クワッ!)」
  • 海杜
    4.7
    やべぇ、 何が凄いって松田優作さんの目がほんとに吸い込まれそうになるんだよね。電車のシーンで全然瞬きしないでビリビリした視線で刺して、で唐突のラスト。 なんか言いたいこといっぱいあるけどうまく言葉にならない。 とにかく松田優作さんは素晴らしいです。
  • プーさん
    4.3
    独特のロングカットの間に繰り出される松田優作のセリフ回し… 真田が女を殺した後の場面で伊達が自らの思想をぶちまけるシーンなど鳥肌がたつほど完璧だ。構図まで松田の狂気を助長している。 ただ、賭場を襲うシーンでのたうち回りながら銃を打つ演技は頂けない。臭い。 …うーん。というか、銃を構え出すと下手なんだなぁ。銀行襲撃のとこも。足運びが鬱陶しい。 ……などとなにをバカな事を書こうとしていたんだ!戦場の風景を織り交ぜながら加速していく圧巻の終盤でわかった。これが松田優作なんだ!松田優作の演技をほぼ初めて見たけど、これなのか。 ……リップヴァンウィンクル。
  • akiorage
    3.5
    リップバンウィンクルの話をしだすところの喋り方がヤバい
  • sachikonakamoto
    4.5
    君はいま確実に美しい、それは神さえも超越している。 優作はやっぱり目だなあ。死んだ目をしているとき、爛々とさせているとき、動揺したとき。体の他の部分がほぼ動かないぶん、目でいろんな表現をする、そんな印象。死んでると思ったら生きてるというか、なんというか。リップヴァンウィンクルのくだりでは全く瞬きをしなくて、本当に死んでるみたいだったな。 最後のすごく遠くから望遠レンズで撮ったようなシーンがよすぎて、サイコな部分はなんでもよくなってしまった…伊達が昔の思い出で気を狂わせてる数分のあいだ真田が黙々とレイプしつづけてるのとか、もはやおもしろ映像になっちゃってるし… ラストシーンは映像、演出、演技、どこを取っても本当に美しい…最高です… これは本当にどうでもいいのですが、コンサートの指揮者、めちゃめちゃ村川透に似てるやんけ、監督これ振ってんのか?と思ってエンドロールを凝視してたんだけど、監督のお兄さんなんですね。
  • ラメカクッビ
    3.5
    松田優作がやりたい放題で悦に入っている。 出来上がりを観た角川春樹は相当のおかんむりだったとか。 それでも、このさほどうまいわけでもない独りよがりの演技が観る者の心を掴んでしまうのが、松田優作の不思議な魅力でもある。 優作に乗せられた村川透の演出も冴えているし、なかなかの佳作だが、やっぱりやりすぎ。
  • yuki
    2.7
    松田優作かっこいい
  • HiroshiYabuki
    3.9
    松田優作作品に漂う何とも言えない空気感が好き。
  • hiromichi
    3.5
    自分の中のハードボイルド。奥歯を抜いたエピソードも格好良すぎる。
「野獣死すべし」
のレビュー(1446件)