後世に残る傑作の誕生!3900万円の支援金を集めた『この世界の片隅に』の魅力とは

2016.11.09
アニメ

映画と現実を行ったり来たり

ne22co

2016年11月12日(土)に、こうの史代原作、片渕須直監督作品『この世界の片隅に』が公開されます。

この世界の

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

本作は2015年3月にスタートしたクラウドファンディングにて、3000人を超える支持者から目標額を大きく上回る約3900万円(39,121,920円)の支援を集めたことで本格的に制作が決まりました。

作品完成後に試写会で上映されると、その魅力に瞬く間に心を奪われる人が続出。SNSや各メディアにおいて絶賛の声が多数あがっており、その数は日々増え続けています。

なぜこれほどまで多くの人々が本作の制作・公開を希望したのか、これから鑑賞される多くの人々の心を動かす傑作となる見どころを以下にて紹介します。

戦時下で強く生きた人々の記憶がスクリーンを通して疑似体験できる

終戦から70年以上が経ち、実際に第二次世界大戦を経験した人も少ない今の日本においては、戦時下の体験談を聞くことも難しくなってきました。

実際に戦争体験をしたことのない私たちは、当時の日本を数少ない映像や写真、残された文献、これまで作られた戦争をテーマにしたドラマやアニメ、映画作品からイメージすることが一般的ではないでしょうか。

戦時下の日本を描いた作品と聞くと、多くの人が恐怖や残酷さ、悲しさという、いわゆる負のイメージを抱くと思います。しかし、まず一番にお伝えしたいのは、本作はこれまでの戦争を描いた映画作品とはひと味もふた味も違う魅力が詰まっているということです。

当時の厳しい日本の状況を鮮明に描いたアニメーションでありながら、日々を丁寧に生きる主人公すずと、彼女を取り巻く家族や広島で暮らす人々の姿が、スクリーンの向こう側に生き生きと映し出されます。

そこには、戦時下の日本で貧しいながらも前を向き、支え合う人々の繋がりや営みが手に取るように感じられ、鑑賞者はまるで自分がその時代、主人公やその家族と共に生きているかのような錯覚に陥るでしょう。

戦争は映画の中のどこか非現実的な話ではなく、私たちが生きるこの日本で実際に起こり、私たちの家族や祖先がその時代に実際に暮していたということ、その出来事は今現在と地続きの出来事であるという感覚を体感できるのです。

見どころ1:魅力的なキャラクター達

この作品の主人公であるすずは、絵を書くことが好きな少女です。

konosekai1

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

のんびりしていて少し抜けたところがありながらも、なぜだか憎めない性格のすずは、広島市江波で生まれ育ち、18歳で呉市に嫁ぎに行きます。そして彼女を取り巻く家族や街の人々は、みなそれぞれ短所も長所も含めて優しさと人間味で溢れています。

すずの声を担当したのんさんはじめ、声優陣の素晴らしい表現力によってそれぞれのキャラクターがスクリーン上で本当に生きているように感じられ、一人一人の表情や細かい所作から目が離せません。

見どころ2:スクリーンの中で蘇る当時の日本

こうの史代さんは原作を描くにあたり、写真や資料を基に話の舞台となる広島の町や呉の風景、気候、人々の食事、生活様式を漫画の中で忠実に再現しています。

それを受け片渕監督は、原作を映画化する際に改めて当時の資料を集め直し、劇中に描かれる町並みや家の中、着るもの、食べるもの、海に浮かぶ戦艦一隻一隻まで、当時の人々の暮らしをそのままスクリーンに蘇らせることにこだわったそうです。

konosekai2

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

細かな部分まで細密に描き込まれた画面は1シーン1シーンに見応えがあり、筆者は作品の鑑賞中、当時の日本で実際に自分が生きているような感覚を何度も味わいました。

見どころ3:アニメーションだからできる表現

全編を通して、水彩タッチで優しいながらもテンポよく紡がれるストーリー。

ネタバレになってしまうので詳しくは書きませんが、作中のポイントとなるいくつかのシーンでは音楽とアニメーションの効果が最大限に生かされた幻想的な(そして衝撃的な)描写がいくつか登場します。

戦争という出来事が、毎日を丁寧に生きる人々にどれほど大きな影響を与えるのか。アニメーションならではの表現方法によって表現されており、それらは観賞後も人々の心に強く残るシーンとなるでしょう。

生きるということに心が震え、必ずもう一度観たくなる。

この世界の片隅に イラスト

上記の見どころ以外にも、さまざまなシーンで”当時の人々にとって戦争がどのようなものであったのか”、言葉では語られないさまざまな意味が登場人物や風景描写に込められており、観れば観るほど新しい発見が見つかるはずです。

戦争映画を新しい切り口で描ききった、後世に残る傑作となるであろう本作をぜひ劇場で体感して下さい。

エンドロールの最後の最後まで、作品に関わった全ての人、そして鑑賞者への愛が詰まっています!お見逃しなく!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • なをひこ
    3.9
    戦争を舞台にしたアニメ映画。あたりまえの日常が大切なことがとてもわかる映画だった。ただ賛否両論あると思うから人にオススメできる映画ではない。蛍の墓を彷彿とさせるがあそこまで暗くなるストーリーでもないところがよいところ。 個人的にはかなりよい映画だと思うけどわりとえぐめの話なので評価はこんな感じで。すずさんに癒された。笑
  • ひら
    -
    記録
  • ぺい
    2.5
    静かに心がやられた感じ
  • とみ
    4.5
    記録
  • an
    3.5
    戦争が題材だけど、暗くなりすぎないところが他の作品とは違う。日常に戦争が入り込むとはどういうことか、描かれていて鑑賞後は言い表せない気持ちになった。 あと音響がすごい。戦闘機の音や爆発音がめちゃくちゃリアルで迫力がある。 終映までにもう一度見たい。
  • Chie
    4.1
    すずの人柄がいつでも周りを和ませててほっこり。 でもすずが、怒りや悲しみ苦しみ悔しさ寂しさ、、いろんな感情で少しずつ少しずつ壊れていってしまうかんじがリアルで印象的。 「良かった」「良かった」「良かった」 確かにそーなんだけど、 でも絶対絶対、全然良くない!! 絵を描いたよーな描写がまた良かったなー ぜひ多くの人に観て欲しい映画。
  • Ayaka
    4.0
    戦争映画、決して好んでいるジャンルでは無いけれど観るようにしています。 観るべき、知るべき、学ぶべきだと思うからです。 観終わった後の疲労感に耐えられず、体力のある時にしか観ませんが。笑 と言うのも、戦争映画で印象に残るのはどうしても残虐な場面。 数年経って思い出すシーンも、グロテスクな画だったり、悲痛な叫びだったり。 前置きが長くなりましたが、この映画はそこが違うのです。 観終わった後思い出すのは、戦争が奪っていくものへの悲しみと叫びだけではなく、少しの青春だったり何気ない生活だったり小さな幸せです。 主人公は広島呉に嫁ぐことになった、すずさん。 私の祖母の優しくてちょっと抜けているような雰囲気がすずに少し似ていて、境遇も遠いところから嫁いで親戚やら姑やらで苦労したと聞いていたので重なりました。 優しいタッチであるアニメーションの印象から、フラット過ぎる気持ちで行くと少し驚くかもしれません。 あくまでも“戦争と原爆”を題材にした映画ということを思い知らされます。 そんな中思い出した修学旅行で沖縄へ行った時にひめゆり学徒隊だったお婆さんの話。 “爆弾が落ちると、まず皆目を抑えるの。そうしないとあまりの衝撃で目が飛び出てしまうから。” この言葉通り本作でも防空壕でそんなやり取りのシーンがあります。 余談ですが、このお婆さんとっても話すのが上手い方で、映画のように光景が浮かび気持ちが悪くなってしまった思い出が...。 そして私の両親が広島の人間なので、よく私も祖父母に会いに帰省していたんですが、幼い私には骨だけの原爆ドームは異常に恐ろしく、よく夢に出てきて寝付けませんでした。 そんなトラウマがありますが、本作は戦争がテーマなのに重すぎず、でも残酷でリアルで、そして暖かさを感じることが出来ます。 エンドロールの最後の最後まで伏線を回収していて感動。 ラストに、クラウドファンディングで協力した人たちの名前がずらりと出てきます。 その多さに更に感動。 どうか、最後まで席を立たないで。 そしてこの映画、1日限定で(終了済)25歳以下は500円で観られる企画をやっていた映画館がありまして。 満席、満席、ど満席。 とても意味のある素敵な企画で更に感激。 是非多くの人に観てもらいたい映画です。
  • すみれんぬ
    3.5
    思ったより痛々しすぎなくて良かった。 むしろ前半はキュンキュンした。 ヒロシマがどうなるかほとんどの観客がわかっているなかで、その瞬間までどう持っていくか、が見所なのではないかと。 でも、のんさんのお芝居はアフレコではちょっと辛いかも。アニメ向きではないような。
  • りーせー
    4.1
    好き ゆったりと流れる日常 優しい時間の次にくる ちょっと面白い笑えるシーン 戦時中のことなんだけど 主人公の人柄に救われる 普通に生きていたんだなあと うさぎの絵がすごく素敵 説明しすぎないし 一つ一つの絵をしつこく見せようともしないからすっと入ってくる なんか嬉かった 普通に生きてたんだなあって 戦争がおこっている時代の中で 成長して育って 根本的な所で、いまとなんらかわらん 少女時代をすごしてたんだなあ と のん 人物に合ってた、良かった!
  • ふるちそ
    4.6
    戦争の恐ろしさを、原爆が落ちた地点とは異なる場所で描き、平凡な人々の生活がどう変わっていったかを表した映画でした。 塩が足りない世の中を示す中、ポップコーンを食べている自分が悲しくなりました。 日本人なら知るべき、見るべき、映画だと思います。
  • 大山モブ江
    -
    脇役の描き方に注目。
  • りゅーじゆ
    4.5
    太平洋戦争前後の話。よく話題になるオリンピック時代のさらに前。今の日本がここまで発展したのもこの時代の礎があるから。
  • ばしょう
    4.7
    2017/02/23 映画館にて
  • らん
    4.4
    家族、友達がいることと、健康で暮らせること、ごはんが食べれること、綺麗な服がきれること、笑いあえること、全てが当たり前だけど当たり前じゃない、大切で幸せなこと、今の時代じゃ感じられないありがたみを改めて考えさせられた。 時代は進んで、どんどん便利なものができて、贅沢なことのレベルも上がって、このまま時代が進んだら、人の価値観が変わってしまって、逆におかしな世の中になってしまうんじゃないかって最近時々不安に感じる時がある。 「小さな幸せ」の大切さを忘れないためにもこーゆう映画はうちがおばあちゃんになっても、次の世代の人たちが観るべきなんだとおもった
  • りの
    4.3
    @立川シネマシティ 17'01
  • えぬお
    4.3
    優しい絵のタッチと、時折クスクスさせる場面もあり、戦争の怖さ、辛さを描きながらも重苦しくならない絶妙な映画。でもやっぱり号泣です。昔の日本の生活や、食事なども細かく描かれています。自分は戦争経験していないですが、同じような若い人たちにたくさんみてもらいたいとおもいます
  • いりー
    4.0
    広島旅行行った際に駅近のシネマにて鑑賞。風景も丁寧に描かれていました。
  • nagaoKAshunPEi
    5.0
    大傑作と言うべきか、もはやクラシックと言っても過言ではないほど、とてつもない熱量を帯びた作品だったと思う。 題材は、もちろん「戦争」であり、映画全体を見てみれば、「反戦」という大きなメッセージが浮かび上がってくる。しかし、あえてそれを全面に押し出さず、「戦争苦あるある映画」として、いわゆる「日常系」として描いたことが他の戦争映画とは一線を画していた。 食料がない。野草を摘んで食べる。闇市高い。空襲飽きる。米軍の配給めちゃくちゃ美味い。など、当時の市民にとって、戦争は生活の一部として捉えられており、隣り合わせにあるからこそ、「日常」が「非日常」へと変貌する瞬間の無慈悲さを、より痛感させられる。 当時の人間にとっての当たり前の出来事が今の自分たちにとっては、けっしてあり得ない出来事であり(そしてその逆も然り)、巡り巡って「反戦」というメッセージを打ち出しているのではないか。 現に、白米を食べられる、という今の自分にとっての当たり前が当時の人たちにとっては特別な瞬間であるということを気付かされたし、映画を観てから数日は、白米が炊けた炊飯器を開けるだけで目頭が熱くなった。 最終的には、人間は足りない部分を補ないあって、寄り添いあって生きている、というあまりにも普遍的な着地点にも、号泣してしまった。大傑作。
  • いしみ
    4.5
    戦争映画は苦手。結末は学校で習っているし、悲しいとわかっているから。 夏になったら、やっぱり日本人だし、 「火垂るの墓」見なきゃ、とか、戦争特別番組見なきゃ、 と思いつつも、気が重たくて結局見ない。というか見られない。 でもこの作品は、そんな感じではない、と知って一人で鑑賞。 戦争って、大昔のように感じるけど、 ついこの間の事なんだ。 自分はポッ、と生まれたのではなく、 おじいちゃんおばあちゃんも頑張ってこんな時代を生きてくれたからいるんだ。 とか、語られてないのだけど、 自分で感じていく。 そういう映画でした。
  • kenkenk
    4.5
    遅くなったけどやっと見に行けた...。 まず驚いたのは、いつも行く映画館は結構有名どころの映画でもあまり人が入らないのに結構席が埋まっていた事。 こちらで上映開始してからそれなりに経っていて、しかも平日で。 客層も若い人年配の人と幅広く。 ほとんど映画の話をしない親からもこの映画の話が出るくらい口コミは広がっているんだなぁ、と。 広島も呉も何度か旅行で行った事があるので記憶と照らし合わせながらしんみり。 戦争を題材にした映画は色々あるけど今作みたいな視点で描かれているのってなかなか無いよね。 とにかく映画館で見る事ができて良かった、親にも観に行ってもらおう。
  • KAKINUMA
    3.5
    評価の高い理由は良く分かる。普通の人の普通の生活。ただそれが戦禍の呉だということ。
  • n
    -
    戦う人、男性がメインのものが多い戦争映画の中で、戦争の中で生活していた一般の人の暮らしをテーマにした話は少ないように思います。 すずさんは1人知らない地に嫁ぎ、その日常の中に戦争があった。 この作品には、ごはんの炊き方の失敗などくすっと笑えるシーンもあったり…戦時中のご家庭でも、みんなで食卓を囲み、ごはんを食べ、笑い合うような瞬間もあったのだとわかりました。 義理の姉、お姑さん、お義父さん…他人のようで他人でない人達との付き合い方。 憎んだりしても、大変な時代を乗り越えた人たちは、ともに支え合い強く生きて行くことができるのだとわかりじ〜んとしました。 原爆で姉に父や母が亡くなった時の話をされた時の反応も当時のリアルなのだろうと思います。 泣いてばかりはいられない、強い女性すずさんに元気づけられ、私も頑張ろうと勇気づけられました。 後世に残したい映画だと思います! 余談ですが、観ている方ご年配の方が多く、すすり泣く声が聞こえてきたのが印象でした。幼い頃戦争を経験した人たちにも共感できる作品だったのではないかと思います。
  • はにこ
    4.0
    記録
  • koji
    3.7
    戦争の悲惨さ
  • サトウノリコ
    4.5
    今までにない戦争映画だなと言うのが最初の感想。爆心地から離れた所にいた女性の一生を丁寧に描き、本当の意味での戦争被害者を描いている作品だと思います。 私たちの頃は原爆といえば、はだしのゲンでしたが、これからはこの作品を小学生に見せた方が良いのではないかと思いました。 1人の平凡な女の子が戦争によって、こんなにも強くならなければならなかった、戦争の等身大の現実を分かりやすく描いた良い作品だと思います。
  • けーな
    4.0
    観た人のほとんどが絶賛していて、評価がとても高いので、ずっと気になっていたのだが、ようやく観に行けた。 第二次世界大戦中の、広島県呉市が舞台。非日常な、恐ろしい戦争の最中にも、人々には、日常の生活があったってことを痛感した。そして、そのことが、余計に、戦争の恐ろしさを強く物語っていると感じた。 のん(能年玲奈)の話し方が、かねがね苦手だったけれども、主人公すずの声には、とても合っていて良かったと思った。
  • あお
    4.5
    見終わった後、何を考えればいいかわからなかった。 虚無の時間が続いた。 あれだけの多くの人を亡くし、身近な人を亡くし、自分も心も体も傷つけられても、人は進むし、時間が進むにつれて明るく生きていくことはできる。幸せを見出すことだってできる。 でも時間が経つにつれて薄れていっていい出来事じゃないんだ。 この悲しさは人の命が場所が体が心が失われてできたもの。 これを薄れさせちゃいけない。これを伝えなきゃいけない。 そんな思いがクラウドファンディングの参加者の多さから見て取れた。 エンドロール後のあれはきっと物語エンドロール全てそれで描かれていて重要な意味を持つものだからこそだと思った。
  • mami
    4.0
    主人公のごく普通の生活の中から戦争を体感する映画。実際にこの時代に生まれていたら自分もこんなふうに暮らしているのかと思ってしまう映画でした。 のんさんの声と映像とても好きです。
  • かに
    3.5
    どんな世界の片隅にも日常があり生活がある。
  • みゅーろ
    4.0
    とても、良い映画だった。 戦争が何もかもを変えてしまった。 我慢の連続、から溢れる涙と叫びには胸がぐっと詰まった。 他の方も書いている通り、戦争メインの映画ではなく当時を生きたすずさんの話。夫婦のラブストーリーであり家族の物語。生がメインであるからこそ、戦争のもたらす死の部分が際立った。怖く痛く辛い現実。 ただ全体的に展開が少し忙しい感じがした。空想か現実か話が前後するところは理解しにくい。良くも悪くも、一つのシーン(感情)に固執しない。楽しい時間も悲しい瞬間も、全て流れていくような印象を与えた。 新しい戦争映画として、たくさんの人と共有したい作品。
「この世界の片隅に」
のレビュー(22746件)