後世に残る傑作の誕生!3900万円の支援金を集めた『この世界の片隅に』の魅力とは

2016.11.09
アニメ

映画と現実を行ったり来たり

ne22co

2016年11月12日(土)に、こうの史代原作、片渕須直監督作品『この世界の片隅に』が公開されます。

この世界の

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

本作は2015年3月にスタートしたクラウドファンディングにて、3000人を超える支持者から目標額を大きく上回る約3900万円(39,121,920円)の支援を集めたことで本格的に制作が決まりました。

作品完成後に試写会で上映されると、その魅力に瞬く間に心を奪われる人が続出。SNSや各メディアにおいて絶賛の声が多数あがっており、その数は日々増え続けています。

なぜこれほどまで多くの人々が本作の制作・公開を希望したのか、これから鑑賞される多くの人々の心を動かす傑作となる見どころを以下にて紹介します。

戦時下で強く生きた人々の記憶がスクリーンを通して疑似体験できる

終戦から70年以上が経ち、実際に第二次世界大戦を経験した人も少ない今の日本においては、戦時下の体験談を聞くことも難しくなってきました。

実際に戦争体験をしたことのない私たちは、当時の日本を数少ない映像や写真、残された文献、これまで作られた戦争をテーマにしたドラマやアニメ、映画作品からイメージすることが一般的ではないでしょうか。

戦時下の日本を描いた作品と聞くと、多くの人が恐怖や残酷さ、悲しさという、いわゆる負のイメージを抱くと思います。しかし、まず一番にお伝えしたいのは、本作はこれまでの戦争を描いた映画作品とはひと味もふた味も違う魅力が詰まっているということです。

当時の厳しい日本の状況を鮮明に描いたアニメーションでありながら、日々を丁寧に生きる主人公すずと、彼女を取り巻く家族や広島で暮らす人々の姿が、スクリーンの向こう側に生き生きと映し出されます。

そこには、戦時下の日本で貧しいながらも前を向き、支え合う人々の繋がりや営みが手に取るように感じられ、鑑賞者はまるで自分がその時代、主人公やその家族と共に生きているかのような錯覚に陥るでしょう。

戦争は映画の中のどこか非現実的な話ではなく、私たちが生きるこの日本で実際に起こり、私たちの家族や祖先がその時代に実際に暮していたということ、その出来事は今現在と地続きの出来事であるという感覚を体感できるのです。

見どころ1:魅力的なキャラクター達

この作品の主人公であるすずは、絵を書くことが好きな少女です。

konosekai1

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

のんびりしていて少し抜けたところがありながらも、なぜだか憎めない性格のすずは、広島市江波で生まれ育ち、18歳で呉市に嫁ぎに行きます。そして彼女を取り巻く家族や街の人々は、みなそれぞれ短所も長所も含めて優しさと人間味で溢れています。

すずの声を担当したのんさんはじめ、声優陣の素晴らしい表現力によってそれぞれのキャラクターがスクリーン上で本当に生きているように感じられ、一人一人の表情や細かい所作から目が離せません。

見どころ2:スクリーンの中で蘇る当時の日本

こうの史代さんは原作を描くにあたり、写真や資料を基に話の舞台となる広島の町や呉の風景、気候、人々の食事、生活様式を漫画の中で忠実に再現しています。

それを受け片渕監督は、原作を映画化する際に改めて当時の資料を集め直し、劇中に描かれる町並みや家の中、着るもの、食べるもの、海に浮かぶ戦艦一隻一隻まで、当時の人々の暮らしをそのままスクリーンに蘇らせることにこだわったそうです。

konosekai2

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

細かな部分まで細密に描き込まれた画面は1シーン1シーンに見応えがあり、筆者は作品の鑑賞中、当時の日本で実際に自分が生きているような感覚を何度も味わいました。

見どころ3:アニメーションだからできる表現

全編を通して、水彩タッチで優しいながらもテンポよく紡がれるストーリー。

ネタバレになってしまうので詳しくは書きませんが、作中のポイントとなるいくつかのシーンでは音楽とアニメーションの効果が最大限に生かされた幻想的な(そして衝撃的な)描写がいくつか登場します。

戦争という出来事が、毎日を丁寧に生きる人々にどれほど大きな影響を与えるのか。アニメーションならではの表現方法によって表現されており、それらは観賞後も人々の心に強く残るシーンとなるでしょう。

生きるということに心が震え、必ずもう一度観たくなる。

この世界の片隅に イラスト

上記の見どころ以外にも、さまざまなシーンで”当時の人々にとって戦争がどのようなものであったのか”、言葉では語られないさまざまな意味が登場人物や風景描写に込められており、観れば観るほど新しい発見が見つかるはずです。

戦争映画を新しい切り口で描ききった、後世に残る傑作となるであろう本作をぜひ劇場で体感して下さい。

エンドロールの最後の最後まで、作品に関わった全ての人、そして鑑賞者への愛が詰まっています!お見逃しなく!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • O社さんマーベルエリア作ってよ
    3.6
    ずっと観たかったのですが、行く機会がなかったので機内で見ました だんだんと終戦へと時間が向かって行くのですが、「昭和〇〇年」と表記されていた(ような気がする)のが平成生まれの自分にとっては理解しにくかったです 映画館ではどのような表記だったかは分かりませんが、機内での上映では中国語字幕が出ていたおかげで西暦で「19〇〇」と表記されていたため、助かりました
  • sk
    3.8
    敗戦間近の日本に生きる人々の喜怒哀楽が綺麗に描かれており、「戦争ダメ、ゼッタイ」というクソウンザリするメッセージが一切込められていないのがいい点でした。とにかく人間の喜怒哀楽を鮮やかに描いているということが言いたいです。敗戦の玉音放送を聞いて、主人公が声を荒げるシーンは本当に辛くなりました。しかし不思議と重苦しい空気がなく、観終わった後には何か清々しい気分になれました。消灯時間中の飛行機の中で涙を流しながら観たのはいい思い出になりそう。
  • ぐろりん
    3.0
    わかんなかった。難しかった
  • ShinyaOomine
    2.6
    世界観がふわふわしてるので眠くなりました
  • yumi
    4.0
    新宿ピカデリー、鎌倉帰りに
  • しーちゃん
    3.9
    色が綺麗、キャラもいい、情報満載、丁寧な仕事。お腹いっぱいです。
  • にんじんの限界
    4.0
    戦時中の映画と意気込んでいた分、序盤は退屈だった。これでもかっ!という程のほほんとした世界観。やわらかい絵のタッチに、天然どじっ娘な主人公、そこにあまちゃんの声を当てたら、まぁそうなる。 戦争が始まっても尚、わりとゆるい世界観が続き、これはもしや、前代未聞、常識やぶりの「戦争のほほん映画」か?!と思っていたら、一気にやられた。 主人公に襲いかかる戦争の刃に涙がとまらない。つらい。つらすぎる。のほほんとしてた分余計につらい。 ぼくが一番つらかったのは日本が敗戦したシーン。穏やかだった主人公が声を荒らげ、敗戦の悔しさ、やりきれなさを嘆く。何も考えずにぽけーっと過ごしてきた、無垢な少女の変貌がつらかった。彼女の心の叫びがつらかった。戦争が終わってよかったぁ、なんて考えることすらできない環境がつらかった。 ぼくが見終えて思ったことは、この映画に描かれている世界観こそ、戦時中に生きる人々のリアルなのかな、ということ。もちろん、「戦争は悲しいしつらい」なんてことは明白だけれど、その生活の中にだって、現代を生きるぼくらと何ら変わらない嬉しい気持ち、楽しい気持ちがあったんじゃないかな、と思う。作中で描かれていたけれど、彼らはずーっと悲しみのどん底にいたわけではない。厳しい環境下でも、知恵を振り絞り、支えあい、時には笑いながら生き抜いていた。 “戦争"と聞くと、「つらい、かなしい、くるしい、、、」といった負のイメージが思い浮かぶ。戦争を題材にした作品は、そういったネガティブな要素をふんだんに盛り込むし、それを際立たせるようシリアスに作り上げられる。ぼくらはそうして出来上がった負の世界観を目の当たりにして、「嘘みたいだ、信じられない」と、戦争の事実を物語として消化してしまうことがあると思う。しょうがないよね、あまりに悲惨すぎて現実味がないから。 けれど、今回の映画は違った。彼らの生活はリアルだった。たまたま戦争の時代を生きねばならなかっただけで、彼らはぼくらと何ら変わらない普通の日本人だったんだな、と自然と感情移入してしまう。 だからそこ、戦争の悲惨さをリアルに感じるし、とてもつらかったのだと思う。
  • すずきまん
    4.0
    少しづつ崩れていく日常。 今の日常は本当に幸せで大切です。
  • アップル
    4.0
    記録
  • Holmes
    4.0
    戦時中を日常の視点から描いてる映画は初めて観た。でも、考えてみれば日常こそ、日々の生活こそかけがえのないものだから、全然おかしくない。 戦争でいつもの生活がなくなるわけじゃない、米がなければ芋を食べるし、笑顔も趣味も明るい冗談もある。苦しい状況だって、使えるものは全部使って生きてきたんだなあ。あたりまえのことなのに、なぜか私(たち)は、戦争って日常とはかけはなれたものだと思っていた。日常に戦争が入り込んでくることが、きっと本当の怖さなんだとこれを観て思う。 あとこの映画の特殊なところは、間がないところ。さあ笑ってくれっていうシーンはいくつかあったような気がするけど、さあ泣いてください、感動してくださいという余白がない。これは予想だけど、これを作った人は、観客を泣かせたかったわけじゃないのかも。まあ泣いちゃったんですけどね。
  • ゆみ
    5.0
    日常ってなんだろう。 @有楽町
  • さや
    3.8
    直視できない映画久しぶり
  • 3.3
    すごく感動したわけではないんだけど、気づいたら涙が出てた
  • Yoo
    4.0
    ところどころ出てきた絵の表現が好き
  • 絹川
    4.0
    戦争映画は、戦う男たちがカッコよく表現されているだけのものが多くて、あまり好きではないが、この映画は戦時中の日本の生活が、女性を中心に淡々と描かれ、当時の空気をうまく表現していて良かった。少し淡々とし過ぎているかもしれないが。 また、精神世界を描写するにあたって、アニメでしか出来ないような演出が何種類も使われていて、そこも観ていて飽きさせず良かった。
  • Jones
    4.8
    戦争の悲惨さが伝わりました。
  • Pui
    4.5
    今も昔も変わらない、行きている限り毎日を過ごす。なにがあろうと戦争があろうと。という感じ。観てよかった。
  • シロッコ
    3.9
    何年かに一本という素晴らしい名作なのだと思います。原作も同様です。ただ、どういうわけか、戦争物というフィルターがかかってしまいます。これは個人的な偏見のようなものです。この映画の責任では1ミリでもありません。 関係ない話ですが、この映画のリアリティーをNHKの朝ドラも1/100くらいは学んで欲しいと思います。
  • ReikA
    3.5
    戦争の話だから現実の様には思えなくて、違う世界の話に思えるけど、実際に戦争はあったわけで、こういう経験をした人がいてそれをテーマにするのは大切だと思う。 けど私にとって戦争映画はどれも刺激的すぎて見にくかったけど、この映画はほんわか描かれてて見やすかった。ほんわかだからって酷い所を省かない所が更に良いなと思えた。
  • tera24
    -
    大好きな作品になりました
  • sss
    4.5
    とにかく良かった。 戦争映画ならばたくさんあるし、恋愛ドラマなら星の数ほどあるのにもかかわらず、斬新に感じる。映画がスタートした瞬間の声と、観終わったあとの声ではあまりにも受け取り方が変わっている自分にびっくりする。 この映画を映画館で観れた事が誇らしいし、素直に良い作品と感じれた自分にも嬉しい。
  • 岡野正和
    3.6
    声に違和感しかなかった
  • しおみ
    4.5
    これは戦争映画というより当時のドキュメンタリーを観てる感覚だった 終盤が悲しいのはもちろん 開始5分もしないで涙出てきたときは、なに泣きか分からなかった 高田世界館で。
  • YasuyukiOmae
    3.5
    戦争。 悲観的なものとして語られる。 よもや肯定できるものではない。 戦争を生き抜いた人たち。 悲しい出来事を多く経験している。 しかし、前向きに過ごしている人もいる。 人は悲しいことや辛いことに目を向けがちだが、 ほんの少しの幸せは、得てして身近なものである。 感じようとするかどうかだ。
  • ぶり
    5.0
    記録
  • natsu
    4.0
    感動した、いい話だった。 といった単純なストーリーではないんじゃないかなと思う。 当たり前の日常が当たり前ではなくて 生と死が隣り合わせだということを私は感じました。
  • しどけ梨太郎
    5.0
    原作未読。 悲しいなあ辛いなあ。最後のお姉さんのセリフに含まれたお姉さんの全ての感情がスッと胸に刺さって抜けない。 コメディシーンとシリアスシーンの配分と配置の仕方が絶妙。楽しいことがあるから悲しくなるんだなあ。でも悲しいからこそ楽しく過ごそうっていう思いは大切だと思う。 音響も良かった。
  • As
    5.0
    記録
  • mar88
    -
    数日前に動画で「8:15」の鐘を聞かせていただき、その瞬間に観ようと決意したんですね。 もちろんこの映画の評判はずーっと聞こえていましたが、なんだか足が向かなかったな。 結論からいうと涙は流れなかった。 「感動」はしていない。「感動」とは違うと思う。 ただ、ぽっかりとした空虚な気持ちがある。 すずさんが、戦闘機が飛ぶ空、爆破する空を見ながら「あー鉛筆持ってくれば良かった…って何考えてるんだ」(台詞はこの通りじゃありません)というシーンがあって、それはすごくわかったんですね。 シリアスな場面のはずなのに、違う事を考えてしまう。というあの感じ。 それから、すずさんが突っ伏して泣くシーン。 わーーー!と感情が頂点になっているはずなのに、水がこぼれたバケツにちらりと目をやる。 あの時のすずさんは、「あー、また水汲んで来なきゃ…」なんじゃないかと思った。 要は「生活」ということはそういう事で、何もかも忘れて「感情」に浸ることはできない。 悲しくてやりきれなくても、「生活」していかなきゃならないのですね。 お婆ちゃんを思い出した。 兄弟を、義弟を戦争で亡くし、結婚した旦那(お爺ちゃん)はあまり働かなかったらしいので、4人の子供を育てるため、毎日働くしかなかったのだ。悲しくてやりきれなくても泣く暇なんて、なかったんだ。 そういう強い女性たちのお陰で、今のわたしがいるんだな。 通勤中、そんな感謝の気持ちを考えていたんだけど、信号待ちで小さなカラスが一羽鳴いていた。 「ナハッ!ナハッ!ナハッ!ナッハー!」 わたしは、心の中で「ナハッって。」って笑った。 もし、テレビやラジオから「この国で戦争がおきた」と流れても通勤中に、カラス一羽に笑わせられるのかもしれない。 まさにアナログフィッシュの「戦争がおきた」の歌詞みたい。 …こんな感想でいいのか? こんなことしか言えないなぁ。 はぁ。なんだこれ。 もっと話したいことはあるんだけど、書ききれない。
  • sae
    4.0
    ほっこり。なんだか幸せな気分に。最後の方は悲しいシーンもあるけど頑張って生きていこうという主人公の強い思いに感動した!
「この世界の片隅に」
のレビュー(26108件)