この顔、一度見たら忘れない!個性派俳優スティーヴ・ブシェミが活躍する映画まとめ

2016.12.13
映画

すべては魔法にかけられて

玉澤千歩

12月13日が何の日か皆さんは知っていますか? アメリカ出身の俳優スティーヴ・ブシェミの誕生日です!

マジシャン

今年で59歳のお誕生日を迎えるハリウッドきっての個性派俳優の一人。今回は一度見たら忘れられないアクの強い風貌と、クセになる演技をするブシェミの魅力に迫っていきたいと思います。

Who is スティーヴ・ブシェミ?

インザスープ

スティーヴ・ブシェミは1957年生まれ。ニューヨーク市のブルックリン出身です。

リー・ストラスバーグ主宰のアクターズ・スタジオで演技の勉強をしていた彼ですが、俳優になる前は消防士、スタンダップ・コメディアンをしていたという少し変わった経歴を持っています。ちなみに2011年の9.11のテロ事件の時、消防士としてボランティア活動をしていたというエピソードも。

クエンティン・タランティーノ監督やコーエン兄弟、ティム・バートン監督など個性的な監督たちの作品に多く出演していますが、今なおエージェントなどは雇わず自分で出演依頼の電話を受けているんだとか...。

さて今回は数ある出演作の中でも、私がオススメしたい作品をご紹介します!

そこまで言わなくても…ブシェミの顔は変な顔!?

ファーゴ

まずスティーヴ・ブシェミの魅力が堪能できる作品の入門編としてオススメしたいのが、コーエン兄弟監督作品『ファーゴ』

お金目当ての嘘の誘拐事件がいつしか本当になり、全員がドタバタするお話です。お金を巡って変化していく人間模様とありふれた日常の幸せを噛み締める作品ですが、なんといってもブシェミいじりがすごい!

ギョロ目とガタガタの歯並びがキュートなブシェミ。一歩間違えればブサイクと呼ばれそうなその容貌も、スクリーンでは愛らしく見えるのが不思議。一度見たら忘れられない顔だと思います。そんなブシェミの顔をとにかくいじるのが本作です。

ブシェミは誘拐犯の役として出演していますが常に「変な顔」と言われ続けます。

一夜を共にした女性からも「とにかく変な顔の男よ!」と言われてしまう始末。正直ちょっと可哀想…。でもそんなブシェミを愛さずにはいられない。さらに劇中では相方にベルトでしばき倒されたり、銃で顔を撃たれたりとにかく踏んだり蹴ったりな状況を突き進みます。

ブシェミの残念な状況を見て笑わずにはいられません。この作品、実はブシェミのプロモーション映画なのでは?

コーエン兄弟監督作品の常連であるブシェミですが、作品史上最も最悪の運命を辿ります…。どうなるかはその目で確かめてほしいです!

もはや空気扱い! 少しは話を聞いてほしい!

ビッグリボウスキ

こちらもコーエン兄弟監督作品『ビッグ・リボウスキ』。同姓同名の金持ちと間違われ大変な目に遭うお話です。先ほどの『ファーゴ』では顔を散々いじられましたが今度は全くいじられない! むしろブシェミの存在そのものがスルーされます。

ブシェミはボウリング仲間の一人の役として出演していますが、口を開けば「お前は黙ってろ」と一蹴されてしまいます。実はこれ『ファーゴ』でブシェミが非常にお喋りな役を演じたために、セリフを極力減らしたからだそうです。

しかしそれでもブシェミの存在感(スルーっぷり?)は見もの! 気がつけばいつブシェミが出るんだろうとワクワクして笑ってしまうことでしょう。

そしてこの映画は熱狂的なファンによって、毎年リボウスキ・フェスティバルという名前のイベントが開催されています。ホワイト・ルシアンを飲みながら映画の好きな登場人物に扮してボウリングをするというイベントなんだそうですって! 

彼の魅力は額のシワ!? ダメな役が似合う男ブシェミ

ゴーストワールド

ブシェミといえば格好いい悪役や喧嘩に巻き込まれてしまう悲しい役の印象が強いのですが、心優しい役だってできちゃうんです! 

そんな彼を堪能できる作品がこちら、テリー・ツワイゴフ監督の『ゴーストワールド』。親友二人の高校卒業後のすれ違いを描いたお話です。先ほど紹介した作品たちとは違い、喧嘩や騒動に巻き込まれたりしないので安心して観てください!

注目していただきたいのはブシェミの額のシワについて。ブシェミはゾーラ・バーチ演じる、主人公イーニドが恋する男の役ですが、イーニドから無理難題を押しつられた時の困った顔の表情が、眉が下がるのではなくて何故か額にシワが深く刻み込まれていきます。

彼の演技の特徴だと思いますが、常に独特の表情をしています。そのため彼の顔は一度見ると忘れられず印象に残るのかもしれません。

綺麗な表情、完璧な発音、それだけでは演技の面白味がないということを彼は体全体を使って表現しています。その演技力が存分に発揮されたのがこの作品ではないでしょうか。

そしてやっぱりちょっと残念な結末を迎えます。そういう役回り(運命)なのかしら…。

声も個性的! その個性と存在感はピカイチ!

モンスターズインク

皆さんは海外アニメは吹き替え派? それとも字幕派? 作品のテイストにもよりますが、海外の俳優たちの声を聞きながら映画を見るのも素敵だと思います。

個性的と呼ばれるその風貌に目が行きがちなブシェミですが、実は声も個性的! しゃがれた感じでありながら少し高めの声。神経質そうな役からスネ夫のような嫌味キャラまで、何でもこなせてしまうのです! 

さて、そんなブシェミの声を堪能できる作品といえばディズニー映画『モンスターズ・インク』。モンスター社会の中に人間の子供が紛れ込んでてんやわんやするお話です。

ブシェミは主人公サリーをライバル視するランドールというキャラクターですが、甲高い声を使って神経質そうな嫌味なキャラを演じています。俳優として映画に出ている時と変わらぬ存在感を発揮しています。個性を消さない演技をし、それがアニメのキャラクターに魅力につながっているのです。

個人的にはエンドロールのブシェミ演じるランドールが可愛いので、ぜひ最後までチェックしていただきたいです。

気になる次回作は!?

他にもたくさんオススメしたい作品はありますが、筆者がブシェミを知るきっかけになった作品、そして好きになった作品で少しでも皆さんに魅力を伝えたいと思い選ばせていただきました。

映画を見るときは監督、ストーリーなどで選ぶのはもちろん、特定の俳優を追いかけていくのも面白いのではないでしょうか? もしかすると苦手だなあと感じていたジャンルや監督作品が好きになるきっかけにつながるかもしれません。

さて、気になる次回作ですがアンドリュー・ヘイ監督の次回作品『Lean on Pete(原題)』に出演予定です。

他にはオンライン動画配信サービスHuluにてブシェミ主演ドラマ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」が配信されています。この機会にぜひブシェミ作品をチェックしてみてくださいね!

HAPPY BIRTH DAY Steve Buscemi!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • イム美ちゃん
    -
    こじれてんな〜〜〜〜 前にみた『スウィート17モンスター』のもっとこじれたバージョンみたいな(雑な例え) スカーレット・ヨハンソン若すぎ、あとイーニド役の女優がアメリカンビューティに出てたこと途中で気づいて「アァ!😮」ってなった。とにかく2人とも爆乳。 衣装とかセットとか、独特でイモ臭いけどかわいい。
  • 群青
    4.0
    これの一個前のフェリスはある朝突然にという青春モノの作品で散々こき下ろしたワタクシですが、このゴーストワールドという青春モノこそ傑作だと思いました笑 結局のところ自分の好きか嫌いかなんでね、このアプリのレビューの点数のつけ方は笑 何が良いってモラトリアムの描き方がすごい。 他の人はみんなつまんない、この世界はつまんない。と思っている女の子がひとまわりもふた回りも上の変な男と出会う。彼の感性や好きなものを知っていき、もしかするとつまんなくない人もいるかもしれない、というところから起きるドラマ。 何が起きるっていうのでもなくて淡々と進んでいくんだけど、こういう時あるなぁって共感できる。 世界はもっと輝いているはずで周りと違うところだらけに違和感も感じつつもそれが嬉しくて、でも生きていくならそのつまらない世界に順応していかないといけない。 普通に生きたいけど、生きられなくて、いやホントは生きたくないのか、とか変な考えばかりがぐるぐる回る。そんなふうに回っていたらどんどん時間は進んでいき友達も変わっていく。 何が本当の自分なのか。変わっていると思っていた自分に普通なところがあることに対しての戸惑い。身を任せていいのか変なままで生き続けるのか。 そんなモヤモヤが全て内包されている。 ずっとバスを待ち続ける老人がいるんだけど、彼女はそれを最初は変な人と思う。でもなんだかんだあって最終的には彼だけが自分のよりどころと思ってしまう。でもそれは結局幻で頼るものもなくなった時何をするのか。その時は自分で考えるしかないんだなって。 自分で考えてそれが良いことが悪いことかは分からないけど考えることが大切なのかなと。 彼女の進む先に幸あれ。
  • Lara
    3.4
    記録
  • 4.6
    アメリカな暮らし、ファッション、お店、お家、この映画を彩る世界観がすごく好みだった 前半こそ、高校を卒業して自由奔放なモラトリアムを過ごす仲良し女子2人とその周囲を描いたコメディかと思っていたが、後半でだんだんと雲行きが怪しくなる 一癖も二癖もある彼女たちはとても不器用で、どうしてそうなっちゃうんだよ、という言動をしてしまう シーモアがすごくいい人だったからなんだか辛くて切ない なにかしらのメタファーに違いないラストシーンの「バス」については、「ゴーストワールド」というタイトルや雰囲気から死を連想してしまうけど バスの行き先が明るい未来であることを願う
  • みなみ
    3.8
    ブシェミにレコード売ってほしい人生だった
「ゴーストワールド」
のレビュー(9987件)