【ネタバレあり】『PK』と『ソーセージ・パーティー』が描いた「宗教の意味」

2016.11.26
洋画

Why So Serious ?

侍功夫

論理哲学的には神の不在は証明されているそうである。

それ以前に、たとえばキリスト教は奴隷に最低限の規律を守らせるために様々な神話を編さんして作られた、いわば“廉価版”の様なものであることが解っているそうだし、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教が指す「神さま」は同一の存在なのに、その言葉を伝える「預言者」が違うだけでだいぶメッセージが変わる。というあたりの話は宗教ネタの定番であろう。

つまり、神さまというのは実際にいないのだが、いるということにしてもらわないと困る人(権力者)がいて、それぞれの思惑により、勝手に「神の言葉」を編さんしているのだ。

宗教って何だろう?『PK』

ps01

(C) RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED

インド映画で日本でも大ヒットを記録したきっと、うまくいく監督と主演のペアが作った新作PKは宗教的な事柄について代弁者であるハズの自称「預言者」の身勝手さをあぶり出していく『きっと、うまくいく』スタッフが宗教戦争の原因を暴く『PK』参照)。

人間は放っておくとすぐに殺し合いを始めたり、自暴自棄な快楽に溺れて死んでしまう。困難にブチ当たって乗り越える意味が見出せずに自殺を試みてしまう。

「隣人の妻と不倫するな」とか「人の物を盗むな」といった教えを説いた“十戒”は実は、そうすることで不要なトラブルを回避する機能がある。コーランで禁止する飲酒も、酔っぱらってのトラブルからの回避や健康面の配慮であろう。「全ての人間は神さまの意思によって作られ、それぞれ全てに意味がある。」と説くのは、生きることに不安がある人へ「今は困難があるけど、神さまに与えられた使命を全うしなきゃなぁ……」と生き続ける意味を与えるためのものだ。宗教はスピリチュアルな概念に思えるが、非常に機能的な側面を持っている。

ウソという概念の無い宇宙人である“PK”は盗まれたペンダントを探すため、あらゆる宗教に入信し、言われた通りに戒律を守り、布施をし、苦行を続けていく。しかし、神さまはいっこうに答えない(これはマーティン・スコセッシの新作沈黙 サイレンスで描かれるであろう「神の沈黙」のことだ)。

当然ペンダントは見つからず、ただひたすらに辛いだけの日々が続く。ラスト近く、PKが「答えてはくれなかったが、いつか必ず神さまがペンダントを見つけてくれる。という希望が持てた。」と、告白する場面は本作が発するメッセージそのものであろう。

宗教の先にあるもの『ソーセージ・パーティー』

ps02

(C) 2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

現在公開中のソーセージ・パーティーソーセージを男性の、ホットドッグのバンズを女性の、それぞれシンボルに擬人化つうか、見た目まんま……したオゲレツなコメディ映画ではあるが、『PK』が描いたのと同じ「宗教の意味」をテーマとした作品とも言える。

スーパーマーケットで売られる全ての商品に意思がある世界。陳列された商品たちは開店から閉店までの間、カートを押してウロウロしている「神さま」に選ばれ、ドアの外に広がる「天国」へ行くことを熱望している。商品たちは朝の開店と同時に天国と神さまを讃える歌を歌うのが日課となっている。

そこへ、一度は「天国」へ行ったものの、返品されたハニーマスタードが「ドアの向こうは天国なんかじゃない!」と暴露したことで起こる騒動が描かれる。

商品たちの「客信仰」は正に宗教である。しかも中盤で、この“宗教”はお酒や缶詰などの長期保存商品が、日々死を前に嘆く生鮮食品たちのために考えた“希望”だと明かす。「ステキな歌を作ってやったのに、あいつら勝手に歌詞変えやがった!」と憤るあたりは、そのまま現実の世界でも聖典解釈をねじ曲げる人々への怒りであろう。

真実を知ったソーセージは商品たちを率いて、“神殺し”を決行し。めでたく神さまや悪魔(消費期限切れの商品を回収する係)を殺す。その後で行われるのは、性別や人種を超えた大乱交パーティーつまり、自らの手で神さまを殺した彼らは宗教対立や人種対立が無くなり、さらに宗教的なタブーや禁忌も同時に無くすのである。

ラヴァシュ(イスラム圏のひらひらしたパン)とベーグル(ヨーロッパのユダヤ文化から生まれたパン)が、レズビアンのタコス(メキシコはキリスト教者が多い)、ソーセージ、バンズを交えて“愛し合う”のだ。見た目はかなりオゲレツを極めた壮絶なものになるのだが、しかし感動的でもある。ユダヤ人とイスラム教徒とキリスト教徒が男女関係無く愛を交わしているのだから。

宗教の意味

生きるための規律や希望を与えている宗教だが、その一方で「宗教の違い」から激しい対立を生んでいるのも事実である。

『PK』では「神さまは信じよう。でも神さまに合わせると言う人がいたら一目散に逃げよう。」と世に蔓延るエセ予言者たちへの警鐘を鳴らす。

『ソーセージ・パーティー』では「規律があって、希望もあるけど、そもそもウソ前提じゃん! だったら真実を知って好き放題やった方がよっぽど幸せじゃね?」と問いかける。

それぞれ、まったく違った印象を与える作品だが、その奥底に抱えた“思い”は共通している。

「宗教が原因で人が死ぬなんでバカげている!」

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ぶるぶる
    4.0
    しょうもなさすぎて開始10分で寝たが、もう一度観たくて仕方がない、そんな映画。
  • kaz
    3.0
    面白いじゃないか。 後半の畳み掛けるような展開、好きだ。 どんどんテンポアップしていき、最後まで楽しい。 グロさも気にならない。 (エロは元々気にならない) ラストの落とし方も私は好きだ。 エドワード・ノートンの使い方も笑えた。 お話もうまく出来ているように思う。 本作はバカさを受け容れられるかどうかにかかっている。 悪趣味な映画が好きな幼稚な人間にはもってこいの作品。 星は4つでもいいが、ちょっとつけ過ぎな気もするので、日和って3.8とする。 あと、機関車トーマスの監督をしていた人が本作の監督をするという衝撃。流石っす、としか言いようがない。 従属よりも名誉の死を
  • Natsumi
    3.7
    評価低いけど普通におもしろかった! 食べ物つよい
  • Hana
    3.5
    CGアニメーションでこういったエログロで底抜けに下品な作品始めて観たので新鮮だった(笑) 終始トンデモ展開かと思ってたら意外とストーリーもしっかりしてたし色々パロディ面白かったし第4の壁も有りで普通に楽しんだけどこれはハードル相当下げて観たからでしょう!
  • luz1
    4.0
    スーパーの外に出ることで天国が待っていると信じている食材たち。 ソーセージとパンの恋。 人間への反逆。 8割が下ネタであり、2割が残虐という構成であった。 でもこういうのすごく好きだww 多くの人に吹き替えで是非露骨な下ネタを聞いていただきたい。 #先っちょだけ
  • 中村翔太
    5.0
    くっだらねぇwwwwww 下品な面白さを楽しめる人なら間違いなく楽しめる映画(笑) ソーセージとパンのロマンスに腹筋は崩壊です。
  • mura
    2.4
    一見可愛いキャラクターたちが下ネタ連発。 この映画、人間の扱いが特にひどくて 若干トラウマになりそう。 これは絶対子供はみちゃ駄目。
  • あやか
    2.5
    クレイジーすぎる。
  • MasakazuNaitou
    3.5
    記録
  • はるぽんず
    3.6
    下ネタばっかり! でも普通に笑えるし面白い! 家族と見ると気まずくて死ぬかもだけど友達とみるのなら◎ 下ネタが多い割にストーリーもしっかりしてるし面白い。 アメリカって感じのアニメ(笑)
  • こりな
    2.7
    聞いてたより終始下ネタだった、、、(笑) 1周回ってなんかもう清々しい😂
  • TakakuraYoshiki
    2.8
    まあこんなもんよ
  • ひろちゃん
    3.0
    アーホーだぁぁぁ!!! 噂には聞いてたけど…最っ低だね〜笑 ホットドッグ食えなくなるわっ!!! TSUTAYAさん、これをキッズコーナーに置いたらあかんよ…子ども気になっちゃうじゃん(-_-) 親と・・・✖️ 付き合いたてのカップル・・・✖️ ホットドッグ好き・・・△ 子どもはもちろん✖️✖️✖️ エログロ好きは楽しめるかな???
  • fuka
    3.2
    下ネタばかりかとおもったら一応中身はあったけど still pointless... 最後のシーンはもうえげつい下ネタ笑いきなりなんでってなる笑 覚悟して見てください笑
  • はしもっと
    3.4
    人間を”神”と崇める食材たち。スーパーマーケットの扉を抜けた先には天国があると信じていた。 食材が待ち受ける運命。皮をひん剥かれるジャガイモ、噛み砕かれるベビーキャロット、体を裂かれるレタス。真実を知ったソーセージは、人間への逆襲を決行する... 本当にクレイジーな映画でした。万人にはオススメできないので3.4点。特に過度の下ネタには注意。妥協してないって意味で個人的な評価は高いですけど笑 ゲイからレズまでなんでもござれ。 生首から目玉まで出てきます。 最後の5分ぐらいはぶっ飛んでます。 ホーキング博士には爆笑しました笑 あれはあかんでしょw 純粋に面白かったです。
  • ぴのぴこ
    3.5
    面白かった。
  • guardman
    4.2
    「ズートピア」は万人向けに"人種差別問題"という重いテーマを描いたが、この「ソーセージ・パーティ」はそれに加えて"神とはなんぞや"という、いわゆるニーチェ的な発想にまで踏み込んでいく。 しかしその内容といえば真反対にも程がある、悪趣味なゴアや、どぎついエロ描写のオンパレード。そして最終的には、"フィクション"という概念をぶち壊すような展開にまで至る。ちょっと次元が違う。
  • おとうちゃん
    2.5
    先っちょだけ! 食材と日用品が揃ったスーパーマーケット。そこで繰り広げられる食材たち。ドアの外は天国だ!神(人間)に選ばれたい!と期待が膨らむ。だが彼らは食材、選ばれた瞬間から食べられる運命!...どうする食材たち! これは煩悩の塊のソーセージとエロいパンの純愛物語。 人種問題、バイセクシャル問題なども盛り込んでいて意外と奥深いが...奥ゆかしさがない! ドアの外の天国で神(人間)に料理される時の驚愕の表情は笑えたが、エロネタは中途半端で笑えない。 まさに先っちょだけ! ラストは、きちんと奥まで突っ込んだエロを披露してくれたが、それまで余りにも先っちょネタで引っ張り過ぎたせいで、忘れていた心の古傷を呼び起こすことに・・・ 「先っちょだけ」って約束で お願いした相手の最後の一言「約束 守ってくれたのね」… ...(´;ω;`)ゼンブイレテタノニ! 先っちょネタ...嫌いです!
  • MinoruMiyata
    3.0
    どストライクに下ネタがキツすぎてもはや面白くない。
  • Gatt
    3.6
    夢を描く食材の気持ちという設定に加え、下ネタのオンパレード。 アメリカのジョークって感じでブラック極まりない♪下ネタは共通言語。もーいーよってくらいで少し飽きてきたら、はちゃめちゃなラストが待っていた(笑) おバカな映画ねってくらいに軽く観てれば、きっと楽しめます。 セス・ローゲンは本当にわかりやすいブラックさで好きです。 日本にはあまり見かけない食材たちも、文化風刺と共に出てきて興味深かったです。
  • 土方涼
    3.2
    下ネタだらけの映画だった終盤は、特にひどかったでも、面白い発想の映画だった。
  • ニッチロー
    3.2
    下ネタのフルコース映画。 ターミネーターのパロディは面白かった(^-^)
  • しもん
    3.0
    サイテーな映画www
  • KUMA
    3.5
    濃ゆい内容を下ネタのオブラートに包んで、色んなパロディをぶっ込みながら第4の壁までぶち壊そうとしてくるクレイジーな映画! アニメだけど、絶対子どもには見せられないね笑
  • さのあやか
    2.5
    途中で寝た😪 くだらない笑
  • saki
    3.0
    最後、笑いました笑
  • あんな
    3.0
    想像以上の下ネタだった笑
  • ILLCAR
    3.2
    下ネタを見聞きしたら、思わず爆笑しちゃうような人にはおすすめしたい作品。 後半にかけて畳み掛けるかの如く下ネタのオンパレード。 ラストがあまりにもカオスすぎる。何を観せられてしまっているんだよこれは。凄まじかった。おい、馬鹿野郎!笑 悪趣味全開!ズコバコーン!って感じの作品でした。
  • OKADICKリム
    3.7
    本当に本当に本当にキモすぎるラストに拍手。
  • 田上
    3.8
    あんまし高得点は付けたくないけど…おもしろかった笑 アメリカ人は、なんだろ…ストレス溜まってんのかな? もうめちゃくちゃな内容ですね…笑 こんなに下らない作品をめちゃめちゃ力入れて、豪華な声優使って、下品極まりない内容にまとめてしまうなんて。 ストレスの発散法が上手いなぁ〜。 逆に感心するわ。 ガムには大笑いした笑
「ソーセージ・パーティー」
のレビュー(3909件)