2週間の限定公開!日本アニメ業界が激震した、熱い演出が話題の「RWBY」最新作

2016.12.04
アニメ

邦画・洋画、ジャンルを問わない映画好き

いと

ガールズ&パンツァー 劇場版』や『君の名は。』、『映画 聲の形』、『この世界の片隅に』などここ数年日本の映画業界には再びアニメブームが訪れています。

そんななか、12月3日より2週間限定で劇場公開される『RWBY Volume3』も日本のアニメファンには見逃すことの出来ない作品です。

RWBY3

今回は最新作を劇場で鑑賞していただくために「そもそも『RWBY』って何?」「なんで日本のファンにオススメなの?」「Volume3ってことはシリーズ物なの?」という疑問を払拭していこうと思います。

また、今回の記事は後述する日本語吹き替え版音声を収録したDVD・BD及び劇場公開版についても記載させていただきます。

「RWBY」(ルビー)とは

RWBY」はアメリカのルースター・ティース・プロダクションズのモンティ・オウムが製作し、なんとインターネット上で無料で公開されたWEBアニメシリーズです。

完全オリジナルアニメとして製作された「RWBY」は本国以外でも爆発的な人気を浴び、日本では有志による日本語字幕が当てられるなど、熱狂的なファンが国内外で生まれることになりました。

2015年、ワーナー ブラザース ジャパンは日本国内での「RWBY」人気を受け、日本人声優を起用した日本語吹き替え版を製作し、DVD・BDの販売に合わせてシリーズの劇場公開を始めたのです。

あらすじ

人類とグリムと呼ばれる怪物との長い長い戦いが続く世界。

グリムを討伐するハンターと言う職業に憧れる少女ルビー(声:早見沙織)はハンターを養成する学校、ビーコン・アカデミーへの入学が決まる。

しかし、一匹狼を気取るルビーは姉のヤン(声:小清水亜美)以外の知り合いもいないまま入学の日を迎え、初対面の社長令嬢ワイス(声:日笠陽子)と一触即発の状況を作り出してしまう。

ブレイク(声:嶋村侑)と名乗る口数の少ない少女の仲裁で何とかその場をしのぐルビーだったが、不思議な縁からルビー、ワイス、ブレイク、ヤンの4人で組まれた「チームRWBY」のリーダーを務めることになってしまう……。

何故、日本のアニメファンにオススメしたいのか

筆者も何気なく観たこの「RWBY」

この作品は兎にも角にも日本のアニメファン向けの作品で、もっともっと知名度が高くても良いはず……! と最新作の劇場公開を前に悩み続ける毎日。

そんなわけで、この章では「なぜ、日本のアニメファンにオススメしたいのか」を紹介していこうと思います。

キャラクターの掛け合いが日本向け

今シリーズは全編がCGで作成されたCGアニメです。

同ジャンルの海外作品と言えば『トイ・ストーリー』や『ミニオンズ』など子供から大人まで楽しめる作品群が有名ですが、それらの作品と「RWBY」の決定的な違いはキャラクターの造詣や掛け合いが和製アニメに近いと言う部分です。

海外アニメ作品はCG作品になるほどに、どちらかというとキャラの動きがリアルになる印象があり、一部の人はそう言ったリアルな動きや造詣が苦手で海外アニメと言うだけで拒否反応が出てしまう人も多いそうです。

しかし海外製でありながら「RWBY」は日本のアニメを参考にしており、キャラの動きや掛け合いはまさに和製アニメを見ているかのような安心感で日本語吹き替えのクオリティの高さもあり、「和製作品限定の」アニメファンにもオススメできるシリーズになっています。

少年漫画的熱い展開と見せ方

いがみ合う犬猿の仲の2人が戦いや共同生活を共にして、お互いを認め合い共闘する……そんな典型的な展開が大好きな方も多いと思います。

今シリーズもそんな少年漫画的な展開をしっかりと踏襲し、我が強く常に先行しがちなルビーと慎重で高飛車なワイスの関係性が少年漫画を彷彿させます。

そして、少年漫画的と言えば、「RWBY」の要とも言える戦闘シーンの見せ方にもこだわりを感じます。

上記の公式配信されている本編映像動画7分部分から始まるグリムとの戦闘シーンでは、始めて「チームRWBY」としてまとまった4人を斜めに映すことによってチームとして戦っていることが強調されています

このような演出は『アベンジャーズ』などのチームものや戦隊ヒーローもので多用される演出ではありますが、何度見ても熱くなれる効果を生んでいるのです。

これまでのシリーズ

「シリーズに興味は持てたけど、YouTubeの公式動画を覗いてみたら数十話もあってとても追いつける気がしない」と悲観する必要はありません。

前述したワーナー ブラザース ジャパンによる日本語吹き替え版「RWBY」は公式動画を再編集した言わば総集編。

そのため、一切の事前情報無しの状態からでも現状で販売・レンタルが始まっている2作を鑑賞するだけで最新公開作に追いつくことができるのです!

仲間のとの出会いとチーム結成

RWBY1

始動の章にあたる『RWBY Volume1』では主人公ルビーのハンター見習いとしての旅立ちと仲間との出会いが描かれます。

無能を自覚しながら夢を諦めきれない凡人、激しい差別やいじめの対象となる獣人などそれぞれがそれぞれの悩みを抱える米国製らしさも見せながら物語は動き始めます。

成長と挫折、そして動き出す陰謀

RWBY2

悪の思惑が進み始める『RWBY Volume2』。

それぞれの成長が描かれる第2章で注目していただきたいのは、第2の主人公と言われる落ちこぼれの劣等生ジョーンと優等生ピュラの関係性。

劣等生でありながらどこか人を引き寄せるジョーンと、優秀が故に孤独に苛まれるピュラの良き友人であり仄かな恋愛模様の進展に大注目の2章です。

最新作をぜひ劇場で!

いかがでしたか。

海外製アニメ「RWBY」の魅力はまだまだあります。しかし、何せ公式動画は無料で見放題。ここから先は一度ご覧になってから判断していただくことをオススメします。

そして最新日本語吹き替え版『RWBY Volume3』は劇場で2週間限定公開!

この機会にぜひ下記の上映劇場の大画面で「RWBY」をご覧になってください。
 
■ 上映劇場情報

新宿ピカデリー
シネ・リーブル池袋
109シネマズ川崎
109シネマズ名古屋
なんばパークスシネマ
ユナイテッド・シネマ
ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13

■ RWBY 公式サイト

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ミスター
    4.3
    中心人物のモンティ・オウル氏の急逝により、作品のテイストがかわってるのでは?と不安だったが、抜群のできだ! コミカルだった前作と比べ、今回からかなりシリアスな展開。しかし、前半後半ともに、息を呑むようなアクションシーンは最高としかいいようがない。 今作から、急に出てきた設定や事実に戸惑ったが、シリーズ史上最も盛り上がったので、よかったです。次回も引き続き鑑賞したい。
  • P銀
    4.0
    レンタル前編。 ボーナスに後編の盛大なネタバレが。レンタルだけかこの仕打ちは! 後編を見てから見ましょう。 トーチウッド一味の件が片付き、いろんな地域のハンター候補が登場。 ビーコンに軍が派遣された理由とその問題も説明されて、物語がグッと動く。 レンタル後編。 OMG。なんという衝撃。 誰か彼女たちを抱きしめてやってくれ(ノД`)・゜・。 今までのあれこれはこの大襲撃の準備だった。あらゆる絶望の中でも同志・仲間に勇気付けられる。
  • vivi
    4.7
    これは文句なしに面白い! vol1,2はこの1本のための伏線でしかなかったんですね…! 全編とにかく感情を揺さぶられる。 楽しくて、可笑しくて、熱くて、怖くて、悔しくて、可哀想で、哀しくて、辛くて。 こんなに惹き込まれて観た作品も久々でした。 演出も良いし、 核心に迫るシーンが多くて目が離せないし、 バトルシークエンスが理詰め(勢いの勝敗じゃなくてちゃんと理由がある)とこもすごく良いです。 RWBYの皆でヤンを囲むシーンと、 ハンター見習いが皆して立ち上がるところが好き。 続き物だし、 トータル6時間掛けてる訳だからいくらでも面白くできるのはそうなんですけど、 それにしても満足度高かったです。 あー楽しかった!
  • カモメ
    4.5
    仲間たちとずっと続くかと思っていた学園生活、勉強に冒険にワクワクする事がたくさん! 不運は脈略も無く起きるもの 少女達の希望を打ち砕くVolume3 モンティ・オウム監督が亡くなった後の作品ですが、スタッフの方の尽力で無事作品を継続出来る事となりました。 物語の転換となるVolume3 レビューを書くために見直しましたが、鬱展開過ぎて、初回はVolume3を見た後にもう見るのやめようかなぁと一度は思った程。スタッフ方の一人が制作当時、虚淵玄にハマっていたらしく…… ストーリーの展開以外にも、 今回の主軸はヴァイタル・フェスティバル!! トーナメント方式の学園対抗バトルなんですが、ここら辺も日本のアニメを参考にしてる感がありますよね。 主人公チームや今まで出てきたキャラクター、初登場のキャラクターなど様々なバトルが見られて見もの!! それにしても、Volume1と比べるとVolume3の3DCGは線が柔らかくなってより自然なCGになっています。 完成され切った作品じゃないだけ、こういう所の変化だったりも楽しめます。
  • Pivote
    4.5
    “不幸は脈絡無く訪れる” 目に見えるものは本当に真実なのか―― これは「ハンター」を目指す4人の少女達の物語… どうしてこんなにも自分の心をえぐってくるんだよ、この作品は… Volume3はヤバいとは聞いてたけど、ホントにヤバかった。 アクションシーンや音楽などももちろん死ぬ程カッコいいんだけど、今作ではそれ以上にシナリオ、演出が神懸かってる。 恐らくこの展開にアツくならないアニヲタは居ない!(と、とりあえず言っておくw) 今作は今までよりかなりシリアス要素強めと言うか、恐らく作中でも佳境なんだろう。 興奮、感動、衝撃、、、、様々な感情が次々に押し寄せてくる。 過酷な運命と対峙していく彼女たちは勇敢であり、儚くもあり、切ない…、そして何より美しい。その姿すべてが自分の胸に響く。 ラストもなんと言うか…正直こんなにも続きが気になる作品は久々ですねー あと新キャラのクロウ。しぶいねぇ〜 やっぱ平田さんイイ仕事しますね♪さすがっす!! 狂い始めた歯車は果たして元に戻るのだろうか… 『貴女は運命を信じる?』
「RWBY Volume3」
のレビュー(137件)