2週間の限定公開!日本アニメ業界が激震した、熱い演出が話題の「RWBY」最新作

2016.12.04
アニメ

邦画・洋画、ジャンルを問わない映画好き

いと

ガールズ&パンツァー 劇場版』や『君の名は。』、『映画 聲の形』、『この世界の片隅に』などここ数年日本の映画業界には再びアニメブームが訪れています。

そんななか、12月3日より2週間限定で劇場公開される『RWBY Volume3』も日本のアニメファンには見逃すことの出来ない作品です。

RWBY3

今回は最新作を劇場で鑑賞していただくために「そもそも『RWBY』って何?」「なんで日本のファンにオススメなの?」「Volume3ってことはシリーズ物なの?」という疑問を払拭していこうと思います。

また、今回の記事は後述する日本語吹き替え版音声を収録したDVD・BD及び劇場公開版についても記載させていただきます。

「RWBY」(ルビー)とは

RWBY」はアメリカのルースター・ティース・プロダクションズのモンティ・オウムが製作し、なんとインターネット上で無料で公開されたWEBアニメシリーズです。

完全オリジナルアニメとして製作された「RWBY」は本国以外でも爆発的な人気を浴び、日本では有志による日本語字幕が当てられるなど、熱狂的なファンが国内外で生まれることになりました。

2015年、ワーナー ブラザース ジャパンは日本国内での「RWBY」人気を受け、日本人声優を起用した日本語吹き替え版を製作し、DVD・BDの販売に合わせてシリーズの劇場公開を始めたのです。

あらすじ

人類とグリムと呼ばれる怪物との長い長い戦いが続く世界。

グリムを討伐するハンターと言う職業に憧れる少女ルビー(声:早見沙織)はハンターを養成する学校、ビーコン・アカデミーへの入学が決まる。

しかし、一匹狼を気取るルビーは姉のヤン(声:小清水亜美)以外の知り合いもいないまま入学の日を迎え、初対面の社長令嬢ワイス(声:日笠陽子)と一触即発の状況を作り出してしまう。

ブレイク(声:嶋村侑)と名乗る口数の少ない少女の仲裁で何とかその場をしのぐルビーだったが、不思議な縁からルビー、ワイス、ブレイク、ヤンの4人で組まれた「チームRWBY」のリーダーを務めることになってしまう……。

何故、日本のアニメファンにオススメしたいのか

筆者も何気なく観たこの「RWBY」

この作品は兎にも角にも日本のアニメファン向けの作品で、もっともっと知名度が高くても良いはず……! と最新作の劇場公開を前に悩み続ける毎日。

そんなわけで、この章では「なぜ、日本のアニメファンにオススメしたいのか」を紹介していこうと思います。

キャラクターの掛け合いが日本向け

今シリーズは全編がCGで作成されたCGアニメです。

同ジャンルの海外作品と言えば『トイ・ストーリー』や『ミニオンズ』など子供から大人まで楽しめる作品群が有名ですが、それらの作品と「RWBY」の決定的な違いはキャラクターの造詣や掛け合いが和製アニメに近いと言う部分です。

海外アニメ作品はCG作品になるほどに、どちらかというとキャラの動きがリアルになる印象があり、一部の人はそう言ったリアルな動きや造詣が苦手で海外アニメと言うだけで拒否反応が出てしまう人も多いそうです。

しかし海外製でありながら「RWBY」は日本のアニメを参考にしており、キャラの動きや掛け合いはまさに和製アニメを見ているかのような安心感で日本語吹き替えのクオリティの高さもあり、「和製作品限定の」アニメファンにもオススメできるシリーズになっています。

少年漫画的熱い展開と見せ方

いがみ合う犬猿の仲の2人が戦いや共同生活を共にして、お互いを認め合い共闘する……そんな典型的な展開が大好きな方も多いと思います。

今シリーズもそんな少年漫画的な展開をしっかりと踏襲し、我が強く常に先行しがちなルビーと慎重で高飛車なワイスの関係性が少年漫画を彷彿させます。

そして、少年漫画的と言えば、「RWBY」の要とも言える戦闘シーンの見せ方にもこだわりを感じます。

上記の公式配信されている本編映像動画7分部分から始まるグリムとの戦闘シーンでは、始めて「チームRWBY」としてまとまった4人を斜めに映すことによってチームとして戦っていることが強調されています

このような演出は『アベンジャーズ』などのチームものや戦隊ヒーローもので多用される演出ではありますが、何度見ても熱くなれる効果を生んでいるのです。

これまでのシリーズ

「シリーズに興味は持てたけど、YouTubeの公式動画を覗いてみたら数十話もあってとても追いつける気がしない」と悲観する必要はありません。

前述したワーナー ブラザース ジャパンによる日本語吹き替え版「RWBY」は公式動画を再編集した言わば総集編。

そのため、一切の事前情報無しの状態からでも現状で販売・レンタルが始まっている2作を鑑賞するだけで最新公開作に追いつくことができるのです!

仲間のとの出会いとチーム結成

RWBY1

始動の章にあたる『RWBY Volume1』では主人公ルビーのハンター見習いとしての旅立ちと仲間との出会いが描かれます。

無能を自覚しながら夢を諦めきれない凡人、激しい差別やいじめの対象となる獣人などそれぞれがそれぞれの悩みを抱える米国製らしさも見せながら物語は動き始めます。

成長と挫折、そして動き出す陰謀

RWBY2

悪の思惑が進み始める『RWBY Volume2』。

それぞれの成長が描かれる第2章で注目していただきたいのは、第2の主人公と言われる落ちこぼれの劣等生ジョーンと優等生ピュラの関係性。

劣等生でありながらどこか人を引き寄せるジョーンと、優秀が故に孤独に苛まれるピュラの良き友人であり仄かな恋愛模様の進展に大注目の2章です。

最新作をぜひ劇場で!

いかがでしたか。

海外製アニメ「RWBY」の魅力はまだまだあります。しかし、何せ公式動画は無料で見放題。ここから先は一度ご覧になってから判断していただくことをオススメします。

そして最新日本語吹き替え版『RWBY Volume3』は劇場で2週間限定公開!

この機会にぜひ下記の上映劇場の大画面で「RWBY」をご覧になってください。
 
■ 上映劇場情報

新宿ピカデリー
シネ・リーブル池袋
109シネマズ川崎
109シネマズ名古屋
なんばパークスシネマ
ユナイテッド・シネマ
ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13

■ RWBY 公式サイト

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • スプリングス
    5.0
    〈/別れの物語/〉 【Introduction】 ────駆け上がれ!! 《一歩》 もう、 《一歩》 二度と、 《一歩》 誰も、 《一歩》 失いたくない!! 《一歩》 約束したから、 《一歩》 だから、 《一歩》 私は、 《一歩》 目の前の光へ! 《一歩》 消えてしまいそうな希望へ!! 《一歩》 掴んだ糸を、 《一歩》 手繰り寄せて、 《一歩》 辿り着いてみせる!! 《一歩》 間に合え!! 《一歩》 間に合え!! 《一歩》 間に合え!! 《一歩》 間に合え!! 《一歩》 間に合えッ!! 手を伸ばし、おぼろげな光を掴む。 握った手を開くと。 それはとても光とはいえないような、絶望の色をしていた。 ────頭の中で、世界の崩れる音が響く。 【Review】 あぁ、RWBYシリーズイッキ見とかいうハッシュタグ付けちゃったから嫌でもレビューしなくちゃいけないのだけれど、、正直気乗りしませんわ。。 理由はわかりません。恐らくまだショックから立ち直れていないからだと思います。 今作で初めて、主要キャラが○◆▽◎♢■のです、、。 (ネタバレ回避のためにモザイクを入れらせて頂きます) あぁぁ、、やべぇ思い出すだけで胸が苦しい。。 ...もうなんなんだよこんな感情まとまらない状態でレビューなんか出来るわけねぇよ落ち着いたら書きゃあいいと思ってたけどいっこうに落ちつかねぇというか日増しに胸の痛みが強くなってる気がするよってかこんなんもう泣くわ!! ────ということで感情には一旦麻酔を打って眠ってもらいましたので、フラットな精神状態で改めてレビューを書かせていただきます。不束者ですがどうぞよろしくお願いします。 まずVolume1や2で触れました楽曲の素晴らしさですが、今作はVolume1の主題歌や挿入歌のジャズアレンジver.が戦闘時に流れまして、シリーズ通して観てきた観客には嬉しいサプライズでした。 またRWBYは主題歌がどのVolumeも神曲なのですが、Volume3の主題歌のイントロのピアノの物哀しさは特筆すべきだと思います。そしてその静かなメロディをブチ壊すいきなりのアップテンポなメロディに心震わされ、それに合わせて流れるオープニング映像に酔いしれる。(このオープニング映像、本編を観終えた後に見返すと深く響きます) 1〜3まで観てきましたが、オープニングは今作が1番だと感じましたね。 さらに戦闘シーンの迫力。 今回は他校の生徒とチーム戦をするのですが、前二作と迫力が桁違いなのです。 個性豊かなキャラ多数+種類豊富な武器多数=燃え滾るほど熱いアクションという数式が出来上がってましたね。 バトルフィールドの“環境”がランダムで決定されるのも面白いところ。 そして何よりもストーリー。 前二作で優しさのオブラートに包まれていた毒の棘が今作でやっと顔を出しました。刺さりました痛かったです。 Volume3までの平和があるからこそのインパクトというか、、ッああぁぁぁ!!!とにかく腹立つほどに深くなってやがるんですよ!!!!!!!!!! (感情、起床) もうね、とりあえず皆様...観ましょう!! 迷わず“レンタルDVD” or “YouTube”で観ましょう!! そしてVolume4の上映に備えましょう!!! ぜったい後悔はしないはずです!!!! Volume4のレビューに続く(たぶん)────。 【digression】 一応やっとかなきゃならないかなと思うので、今回も僕の好きなVolume3でのキャラベスト5を発表します。 第5位_ノーラ・ヴァルキリー ....天然怪力少女。 雷に打たれて電力チャージするとかダイハードすぎへん?? 4人まとめて倒すとかチートすぎへん?? あとショートカット可愛いすぎへん?? (↑ただの好み) 第4位_ヴェルヴェット・スカーラティーナ ....兎の耳を持つ獣人少女 ここにきてこのキャラ最強説が浮上! 今までにカメラで撮ったクラスメイトらの武器を、一時的に投影して使うことが出来る...って、、スゴイッ。。(曲の入りかたも絶妙で文句のつけようが無いアクションシーンでしたね) もう“いない”キャラクターの技を繰り出すあたりで何故か鳥肌が立ちました。あと胸がざわめきました。最良の追悼の仕方だと思いますよホント。。 第3位_ヤン・シャオロン ....主人公ルビーのお姉さん。 今まで明るくハツラツとした彼女を見てきただけに、今作の沈んだ姿は心に大きな傷跡を残します。軽い気持ちで頑張れなんて言えないよ。。 第2位_ジョーン・アーク ....強くなりましたよ彼は。 仲間の異変に違和感を感じて助言してあげるとかVolume1のダメキャラはどこへ?? でもこれからどうしていくんだろう。。今後を案じずにはいられないよ( ; ; ) 第1位_ピュラ・ニコス ....ひたすらにいい子だった(/ _ ; ) 運命かぁ、、運命なのかぁ、、。。 あ、泣きそう。。
  • inthefuzz
    4.0
    どんどん女の子が可愛くなってくる
  • DolphinPaprika
    4.3
    RWBYが夏からTVアニメ化するという話を聞き、大変嬉しい思いです。このVol.3までが放送範囲内ということらしく、今から夏が楽しみになってきました。 今回のお話はこれまでのシリーズで丁寧に作り上げてきた土台の上でキャラクターが正しく動いているというようなとても良い印象を受けました。いくつかの伏線がうまく機能していて、かつてないほどドラマティックで映画的な内容になっています。 開始の頃と比べてグラフィックが向上しているのかはいまいち分かりませんでしたけど、カメラワークは格段に良くなっています。特に戦闘シーンは、かっこいいアングルばかりで繋いでいるのに、それでいてがちゃがちゃすることなく分かりやすい画になっているのがいいです。 Team RWBYの面々がなんか馬鹿な会話を繰り広げる感じとても好きだったんですけど、この先はあまりそれを期待してはいけないのかもしれませんね。でも本当におもしろくなってきました。いいですRWBY
  • FT24Chika
    4.0
    2作目で一気に 世界観とストーリー キャラクターにハマりました! この3作目… 一気に今迄の明るく楽しいーって展開から 暗転して重くそして悲しいストーリーに展開しました(泣) まさかあのキャストが腕を。。。 まさかあのキャストが命を。。。 本当にストーリーも まさかまさかの展開で シリーズ中最もシリアスな内容です。 そして結構な数のキャラクターですが全員が結構個性的かつ深く掘り下げてあるので観ていて飽きません… 今後どうなるか? めっちゃ楽しみにしてます! 男の子が好きそうな作品ですが 私でも好きなんで私って 男らしい୧⍢⃝୨のかな?(笑) 『次作あるよね!』
  • ひろ
    4.4
    3作目にしてこんなに重くなるなんて思いもしてなかった、、、今までジワジワ漂っていた不穏な空気がここで一気に吹き荒れる!そしてフォースの覚醒!熱すぎるぜぇ‼︎(*´Д`*)続きを早く見せてくれ(;ω;)
「RWBY Volume3」
のレビュー(70件)