2週間の限定公開!日本アニメ業界が激震した、熱い演出が話題の「RWBY」最新作

2016.12.04
アニメ

邦画・洋画、ジャンルを問わない映画好き

いと

ガールズ&パンツァー 劇場版』や『君の名は。』、『映画 聲の形』、『この世界の片隅に』などここ数年日本の映画業界には再びアニメブームが訪れています。

そんななか、12月3日より2週間限定で劇場公開される『RWBY Volume3』も日本のアニメファンには見逃すことの出来ない作品です。

RWBY3

今回は最新作を劇場で鑑賞していただくために「そもそも『RWBY』って何?」「なんで日本のファンにオススメなの?」「Volume3ってことはシリーズ物なの?」という疑問を払拭していこうと思います。

また、今回の記事は後述する日本語吹き替え版音声を収録したDVD・BD及び劇場公開版についても記載させていただきます。

「RWBY」(ルビー)とは

RWBY」はアメリカのルースター・ティース・プロダクションズのモンティ・オウムが製作し、なんとインターネット上で無料で公開されたWEBアニメシリーズです。

完全オリジナルアニメとして製作された「RWBY」は本国以外でも爆発的な人気を浴び、日本では有志による日本語字幕が当てられるなど、熱狂的なファンが国内外で生まれることになりました。

2015年、ワーナー ブラザース ジャパンは日本国内での「RWBY」人気を受け、日本人声優を起用した日本語吹き替え版を製作し、DVD・BDの販売に合わせてシリーズの劇場公開を始めたのです。

あらすじ

人類とグリムと呼ばれる怪物との長い長い戦いが続く世界。

グリムを討伐するハンターと言う職業に憧れる少女ルビー(声:早見沙織)はハンターを養成する学校、ビーコン・アカデミーへの入学が決まる。

しかし、一匹狼を気取るルビーは姉のヤン(声:小清水亜美)以外の知り合いもいないまま入学の日を迎え、初対面の社長令嬢ワイス(声:日笠陽子)と一触即発の状況を作り出してしまう。

ブレイク(声:嶋村侑)と名乗る口数の少ない少女の仲裁で何とかその場をしのぐルビーだったが、不思議な縁からルビー、ワイス、ブレイク、ヤンの4人で組まれた「チームRWBY」のリーダーを務めることになってしまう……。

何故、日本のアニメファンにオススメしたいのか

筆者も何気なく観たこの「RWBY」

この作品は兎にも角にも日本のアニメファン向けの作品で、もっともっと知名度が高くても良いはず……! と最新作の劇場公開を前に悩み続ける毎日。

そんなわけで、この章では「なぜ、日本のアニメファンにオススメしたいのか」を紹介していこうと思います。

キャラクターの掛け合いが日本向け

今シリーズは全編がCGで作成されたCGアニメです。

同ジャンルの海外作品と言えば『トイ・ストーリー』や『ミニオンズ』など子供から大人まで楽しめる作品群が有名ですが、それらの作品と「RWBY」の決定的な違いはキャラクターの造詣や掛け合いが和製アニメに近いと言う部分です。

海外アニメ作品はCG作品になるほどに、どちらかというとキャラの動きがリアルになる印象があり、一部の人はそう言ったリアルな動きや造詣が苦手で海外アニメと言うだけで拒否反応が出てしまう人も多いそうです。

しかし海外製でありながら「RWBY」は日本のアニメを参考にしており、キャラの動きや掛け合いはまさに和製アニメを見ているかのような安心感で日本語吹き替えのクオリティの高さもあり、「和製作品限定の」アニメファンにもオススメできるシリーズになっています。

少年漫画的熱い展開と見せ方

いがみ合う犬猿の仲の2人が戦いや共同生活を共にして、お互いを認め合い共闘する……そんな典型的な展開が大好きな方も多いと思います。

今シリーズもそんな少年漫画的な展開をしっかりと踏襲し、我が強く常に先行しがちなルビーと慎重で高飛車なワイスの関係性が少年漫画を彷彿させます。

そして、少年漫画的と言えば、「RWBY」の要とも言える戦闘シーンの見せ方にもこだわりを感じます。

上記の公式配信されている本編映像動画7分部分から始まるグリムとの戦闘シーンでは、始めて「チームRWBY」としてまとまった4人を斜めに映すことによってチームとして戦っていることが強調されています

このような演出は『アベンジャーズ』などのチームものや戦隊ヒーローもので多用される演出ではありますが、何度見ても熱くなれる効果を生んでいるのです。

これまでのシリーズ

「シリーズに興味は持てたけど、YouTubeの公式動画を覗いてみたら数十話もあってとても追いつける気がしない」と悲観する必要はありません。

前述したワーナー ブラザース ジャパンによる日本語吹き替え版「RWBY」は公式動画を再編集した言わば総集編。

そのため、一切の事前情報無しの状態からでも現状で販売・レンタルが始まっている2作を鑑賞するだけで最新公開作に追いつくことができるのです!

仲間のとの出会いとチーム結成

RWBY1

始動の章にあたる『RWBY Volume1』では主人公ルビーのハンター見習いとしての旅立ちと仲間との出会いが描かれます。

無能を自覚しながら夢を諦めきれない凡人、激しい差別やいじめの対象となる獣人などそれぞれがそれぞれの悩みを抱える米国製らしさも見せながら物語は動き始めます。

成長と挫折、そして動き出す陰謀

RWBY2

悪の思惑が進み始める『RWBY Volume2』。

それぞれの成長が描かれる第2章で注目していただきたいのは、第2の主人公と言われる落ちこぼれの劣等生ジョーンと優等生ピュラの関係性。

劣等生でありながらどこか人を引き寄せるジョーンと、優秀が故に孤独に苛まれるピュラの良き友人であり仄かな恋愛模様の進展に大注目の2章です。

最新作をぜひ劇場で!

いかがでしたか。

海外製アニメ「RWBY」の魅力はまだまだあります。しかし、何せ公式動画は無料で見放題。ここから先は一度ご覧になってから判断していただくことをオススメします。

そして最新日本語吹き替え版『RWBY Volume3』は劇場で2週間限定公開!

この機会にぜひ下記の上映劇場の大画面で「RWBY」をご覧になってください。
 
■ 上映劇場情報

新宿ピカデリー
シネ・リーブル池袋
109シネマズ川崎
109シネマズ名古屋
なんばパークスシネマ
ユナイテッド・シネマ
ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13

■ RWBY 公式サイト

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • FT24Chika
    4.0
    2作目で一気に 世界観とストーリー キャラクターにハマりました! この3作目… 一気に今迄の明るく楽しいーって展開から 暗転して重くそして悲しいストーリーに展開しました(泣) まさかあのキャストが腕を。。。 まさかあのキャストが命を。。。 本当にストーリーも まさかまさかの展開で シリーズ中最もシリアスな内容です。 そして結構な数のキャラクターですが全員が結構個性的かつ深く掘り下げてあるので観ていて飽きません… 今後どうなるか? めっちゃ楽しみにしてます! 男の子が好きそうな作品ですが 私でも好きなんで私って 男らしい୧⍢⃝୨のかな?(笑) 『次作あるよね!』
  • ひろ
    4.4
    3作目にしてこんなに重くなるなんて思いもしてなかった、、、今までジワジワ漂っていた不穏な空気がここで一気に吹き荒れる!そしてフォースの覚醒!熱すぎるぜぇ‼︎(*´Д`*)続きを早く見せてくれ(;ω;)
  • さいらー
    4.3
    今まで明るく楽しい雰囲気の影に隠れ、密かに蠢いていた敵がついに動き出す。 不穏な空気から始まり、最後は今までにない終わり方をするRWBY Volume3。 ここで初めてRWBYに泣かされた人も多いのではないだろうか…。 メインとなるのは学園バトル物において、それもこと日本のアニメや漫画においては絶対に欠かせないキャラクターたちの力や想いのぶつかるバトル大会。 使い古された王道がどうして面白いのか。やはりどこまでも日本のこのジャンルの事を研究なさってる… 毎回この作品には感心させられるばかりだ。
  • Tommy
    3.0
    話はおもしろい。 動きが苦手。 なぜこんなに評価が高いのだろう🤔
  • ヴァンダミストチェン
    3.6
    召喚術など、ファンタジー要素が増えております。
  • 健多郎
    4.0
    日常が崩れ去るはなし アクションがとってもスタイリッシュなアメリカ産のCGアニメ第3弾 以前から薄々気付いてはいたけど、演出・シナリオ・アクションにかなりNARUTOっぽさが増してきた 僕も好きなので別にいいんですけど、外国人ってほんとにNARUTO好きですよね! 誤解なきよう書いておくと、この作品においてはNARUTOっぽさがマイナスではなくプラスに働いていると思う ここまで日常シーンに力を入れていたので、似てはいるけど差別化も出来てるしね RWBYが全体で何部作なのかは知らないけど、恐らく起承転結の転に当たると思われる本作 敵の狙いが判明したり、味方サイドの大人キャラも活躍したり、とうとうメインキャラから退場者も出たり… 新キャラ含め敵味方入り乱れてガンガン動くバトルに激動のストーリーと見応え充分だった!
  • もるがな
    4.8
    明るく激しく潔く、だった前作とは打って変わり、不穏なトーンのOPから物語は始まる。モンティ・オウム氏の亡くなった影響は大きく、アクションは前作ほどのキレはないが、その代わりに、戦闘時のアングルや撮り方を変えることで全く別の表現にして、より大きな視点で全体像を捉えることにより、濃密かつ変態的だったアクションとの差別化を図っている。 アクション面での多少の翳りがあっても、今作は前二作で蒔いた種が芽吹いており、端的に言えばストーリーが今までで一番面白い。数々の伏線や世界観が、ようやくその全容を見せた感じが。良くも悪くもアクションの評判のみが先行していたRWBYだが、今作でより理想的なアニメに近づいた気がする。 特に後半の怒涛の展開は衝撃的で、今作をもってRWBYは新たな冒険のステージへと突入する。遠い将来、シリーズを振り返ることがあるならば、このvol.3はターニングポイントと呼ばれているだろう。
  • aqua
    4.2
    記録
  • SeiichiTanaka
    -
    劇場2 Dー5 17:10〜
  • 140字プロレス鶴見辰吾ジラ
    4.6
    ”帝国の逆襲” NARUTOがハリウッドで実写化という話を聞きつけ、まったくもって成功の未来が見えないと感じてしまった。NARUTO自体は縦横無尽のアクション描写に感銘するが、それを実写化するとなると、あまりにリスキーすぎる。主要メンバーを子役もしくは青年キャラで固められるかどうかということとデティール上、やはりアニメ向きな作品であることは間違いないと思う。そして今年に入り「RWBYシリーズ」に出会ってからはNARUTOを輸入しなくとも、とっくに理念あるクリエイターは、それにアメリカンテイストを混ぜて「RWBYシリーズ」を世に送り出していると感じている。 かつてはアニメを週25本見ていた時期もあったが、今ではアニメは全く見ていない。そんな中で「オススメなアニメは?」と言われたら、「アイカツ」と今作「RWBYシリーズ」を上げるであろう。 「RWBY Vol.1」では、出会いと仲間、物語の下ごしらえ。 「RWBY Vol.2」では、高揚感抜群のアクションと仲間として結束を増した彼らの冒険と新たな期待と希望。 そして「RWBY Vol.3」は、陽から陰へと崩落していく彼らの日常・友情・感情を彼ら学生(ティーンエイジャー)としての青春の1ページとなるべき”トーナメント大会”にてその事象が発生し、止まることのない奈落への道が舗装されていく。学園対抗トーナメントという場に相応しい物量作戦によるキャラクターの大盤振る舞いは嬉しい限り。それこそ「NARUTO」中忍試験での”木の葉崩し”を髣髴とさせる陽を貴重としたトーナメントのバトルシーンから一転し、崩れ出す日常とクライマックスに向けて配置された爆弾が起爆していく、ワクワク感と喪失感と「そこまでは望んでない」と言いたくなる描写。そして虚構と現実のイタチごっこがゼロ距離まで来たにもかかわらずそれが永遠と手の届かない距離となってしまうロマンスの悲劇。 「シビル・ウォー」のラストも髣髴とさせる最後、彼らの一歩前に広がるそれぞれの決断、そして”フォースの覚醒” アメリカは建国前の神話が存在しないお国柄、「スター・ウォーズ」的な家族の不在と継承というのが何とも面白い。 特に目を見張ったのは、イラク戦争後のアメリカならではなのか、アニメでは見たことのなかった”PTSD描写”、正確にはPTSDではないのだが、「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」でもあったように、その本人にしか理解することができないPTSDと孤独をそれに近い描写として描いたことに腹にボディブローを受けたようなドスーンとした衝撃を受けた。 ファニーな面も多く、ジャズミュージックをバックにしたバトルシーンや「ディープ・ブルー」のサミュエルのシーンのオマージュ?さらに「シャークネード」のオマージュ?的なシーンまで隙のないようなアクションと「ズートピア」的な人種差別、スクールカーストのような普遍的な作用の描き方は、私にはたまならい高揚感を感じさせてくれる。 今年は新作映画116本で鑑賞終了です。 ランキングは 1位「シンゴジラ」 2位「この世界の片隅に」 3位「オデッセイ」 4位「アイ・アム・ア・ヒーロー」 5位「ヒメアノ~ル」 6位「葛城事件」 7位「RWBY Vol.3」←もってけ泥棒!! 8位「ハドソン川の奇跡」 9位「キャロル」 10位「ボーダーライン」 今年は明日死んでも悔いのない豊作でした。
  • 横須賀アット
    3.8
    ボリューム3にして一部完 五分に一度はあるアクションシーンはさすがの演出!そして、折り重なったキャラクター達の物語が新たな展開へと発展して行く! ますます面白くなってきたRWBY クリエーター達の面白いものを作りたいって熱意がビッシビシ感じられますます目が話せない! 現地ではボリューム4まで作られてるのかな? 早く続きが見たい!
  • つね
    4.0
    ここからの展開が楽しみ。
  • 山本の中の人
    3.8
    いくら映像に引き込まれるから、ストーリー面白いからといってもこの時間は長い…と感じてしまった。 ただしっかりクオリティも上がって、「ほれほれこういうのが好きなんだろう?」って言われてる感じがする。たまらない。
  • masaakib
    3.8
    アニメーションはポリゴンちっくながら、作り手のセンスが思い描く世界観がよく伝わってくる。ストーリーもそれなりによくできていて、アメリカ映画ながら、非の打ち所がないハッピーエンドで終わっていないのがおもしろい。
  • grandpeutetre
    3.5
    ハンター養成学校からはじまるおはなし 今作から劇場で観ました 話のおもしろさと戦闘シーンの出来に牽引される感じ 表情豊かだけど3DCGモデルが割と節約してる感じのビジュアルなので、ゆっくり見せるシーンには向かない 特に主要キャラクター以外にはそれが顕著なため、グリムが大挙して襲ってきてもいまいち迫力がないため、見せ場を盛り上げて行くための絶望感にかけました あと劇場で見ると確かに臨場感有りますが、デザインのチープさのおかげでストリーミングレンタルでもいいかなとは思ってしまいます 悪い点はとにかく3DCGモデルの見た目に集約される その欠点を補って余りあるのが、戦闘シーンの動きで、よく動くだけでなく多彩 武器と体術の殺陣の魅せ方がスローで見たいくらいすばらしい サンのライフル棍戦がお気に入り お話は大きく展開してくる1番楽しい時をしっかりと盛り上げてくれました 悩めるシーンはストーリーやキャラの深化には不可欠ですが、視聴者が不快感を感じる手前で引き上げるのがうまいですよね 日本アニメ的会話展開とアメリカンな会話の間の組み合わせはやはり新鮮で楽しい
  • くるっぽー
    3.5
    やはり娯楽作で3時間は長い。上映回数も結果として減るので、映画館で観たくても観れない人が出そう。 ストーリー的にはだいたい「炎のゴブレット」からの某シリーズだが、演出においては唐突な過去回想も含めて分かりやすさが良い方向に出ている印象。次回作は90分くらいでの公開をなにとぞ。
  • てけてけ
    4.2
    相変わらずのかっこよさが光るアクション! そして、大きな区切りとなるこの展開…これからどうなっていくのかますます気になりますね
  • 叡福寺清子
    4.0
    前半トーナメントで( 0w0)ノ ウェーイのヾ(*´∀`*)ノキャッキャ.あぁいつものRWBYだ,楽しいカッコいいかわぇぇ. それがヤンVSマーキュリーからのシリアス展開.ドキがムネムネ止まらない. 何この展開,これMCUじゃん.しかも○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○(ネタバレ回避).さらにはヤンがぁぁぁぁ.ちょっと泣きそうなんですけど.ラスボス登場?また17歳さん.最近(2016/12/11現在)悪役続いてるなぁ17歳さん. あぁ続きが早く観たい.次シーズンはチーム再生になるのかしら.
  • 斎藤氏
    3.5
    三時間は長いが引き込まれる。この後の展開どうなるんだろう。早く続きが観たいです。
  • わたべ
    4.1
    この『RWBY』というCGアニメのシリーズは公式動画がYouTubeなどで配信されている。もし少しでも気になるなら早いとこ検索して視聴をはじめた方がよい。無料ですし。 まあたしかにルックはややチープに見えるかもしれない。それでもキャラクターは表情豊かでキュートだし、アクションは見応えあるし、友情努力や恋愛だけでなく差別問題だのスクールカーストだのアメリカ的な……いや、普遍的な題材を取り込んだストーリーはバッチリ推進力があって、印象としては日本のアニメ、マンガにアメコミやハリウッド映画的なケレン味をこちゃ混ぜた学園&冒険活劇という感じだ。 このVol.3の展開はおおむね朗らかだったそれまでとは明らかにムードが変わり、物語はダイナミックにドラマティックに広がりを見せる。 繰り返しになるけれどこのVol.3も配信済みでわざわざ劇場に足を運ばなくても楽しめる。 のだけど、大画面でこそより映える音響やアクション、日本語吹き替えなど付加価値は充分で、180分超という、劇場の席を押さえる勇気がなかなか沸いてこない上映時間の長さをさっぴいてもお釣りがくるはず。 でかいスクリーンで観たい人は2週間限定なので急ぐのが吉。
  • 久保田汰壱郎
    -
    観た。 キャラクターとアクションと声優の熱演で3DCGアニメはこの一本で十分です。 いよいよ3時間の大作になったこの作品、明るく強く戦う主人公達を取り巻く黒い陰がいよいよ濃くなり、一人ひとりと減っていく仲間たちと新たな展開の始まりに驚愕しつつも最後まで見届けなくてはと思ったんですよ僕は。
  • なりたゃん
    5.0
    RWBY史上最高傑作。3時間越えの超大作、RWBY版帝国の逆襲!! スターウォーズ、MARVEL、ハリーポッター、ジャパニメーション、様々な文化的遺伝子が絡み合い王道ながらも見たことのない唯一無二の作品として仕上がっている とにかくアツい。ひたすらアツい! 帝国の逆襲文法ってやっぱり燃えるしズルい、今年でいうとちはやふる下の句とかシビルウォーがそれに該当するわけだけれど、ぼくはその名だたる作品群の中で本作が1番大好き。勢いでいえば今年トップをつけたいくらいには好き。 vol2吹替版を見てすぐYouTubeでこちらの字幕版は拝見していたわけだけれども、それでも劇場で見ると新しい発見なんかがあって、そしてなによりアクション、劇伴、全てが1000割増くらいによく感じる というか吹替版の早見沙織演じるルビーは早見沙織のベストアクトなんじゃないかとすら思えてくるレベルで素晴らしい 語り始めると止まらない あれオーダー66だよねとかハガレンだよね(実際スタッフの机の上にマンガが置いてあったらしい)とかダブルオークアンタじゃんとかアダムのメンヘラヤンデレクソ粘着質っぷりやばいよねとかジャズ最高だよねとかヤン姉の彼氏面やべーよなとかやっぱりwhiteroseなんだよな推しカプには別離をさせるべきなんだよなとかとかとか!!! vol9までの構想のある超大作、今はあまり話を聞かないけれどそのうち絶対もっと売れる。これが埋もれてしまっているのは勿体無い、とりあえず文頭に挙げたような作品が好きな方々は見るべし
  • mito
    -
    話自体はYouTubeでも配信してるので既に知ってるが、相変わらず動く、動く。 サイボーグ009観に行くなら、断然こっちの方がオススメ。
  • いと
    3.8
    ‪トーナメントがついに開催。ルビーたちのチームも頂点を目指し奮闘する。しかし、その裏で確実に崩壊は始まっていた…。 初日舞台挨拶で鑑賞。前2作に比べ驚くほどダークな展開で主要キャラがバタバタと死ぬ。推しが死んでしまったので悲しみしかないです。‬
  • kochab
    -
    RWBY VOLUME 3<日本語吹替版> 公開前夜 原作スタッフ舞台挨拶に行ってきました。監督、脚本家方々からのメッセージをお聞きするとやはり気持ちも盛り上がります。仕事後着いたのが上映開始10分前、さらに明日休日出勤なのに午前様確定だけど来てよかったわ〜。d(^_^o) 本編の方は今までの監督さんが亡くなった後の新作1本目、ということでしたが、今までのお話が序章、としか思えなくなるほどの大きな展開に。話が動いた、以上の展開です。日本語スタッフ、そしてキャストの力もあって楽しく見てますが、今後の展開も楽しみにるvolume 3でした。
  • Yuki
    4.7
    Volume1が2時間で、Volume 2になって2時間半になり、ついにVolume 3で3時間。 現在進行形でWebに公開されているVolume 4が吹き替えで出たら、きっと3時間半なんだろうと勝手な想像。 おそらく、RWBYのシリーズで今作が一番面白い。 といっても、Volume 3だけを見た場合の話ではなく、1と2があってこその面白さ。むしろ、今作だけ見てしまうのは勿体無く思えるほど。 追っかけて見るならば、過去シリーズを見てからの方が余すところなく楽しめる。 毎回毎回思うところではあるけど、見るたびに3Dのクオリティが上がって驚き。 ルビーのパニエってあんなにふわふわしてたっけ? とか思ったり、仕草ってあんなに細かったっけ? とか。 戦闘シーンはいわずもがな。最高。 クロウやウィンターの登場や、シンダーの目的判明で、より深みを増すストーリーが今までにはないRWBYを楽しむ事もできた。 だが、今まで監督を手掛けてきたモンティ・オウムが逝去のため今作が最後の監督作品に。 アクション好きのツボを完璧と言っていいほどに抑えたバトルシーンはとても好きだっただけに、とても残念。
  • fani
    4.5
「RWBY Volume3」
のレビュー(60件)