『ローグ・ワン』だけじゃない!もう1つのスター・ウォーズ関連作が満を持して公開

2016.12.16
洋画

気づいたら映画ファンになっていた

松平光冬

「スター・ウォーズ」シリーズの『エピソード3/シスの復讐』と 『エピソード4/新たなる希望』の間をつなぐサイドストーリー、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。

帝国軍の兵器デス・スターの設計図を奪うというミッションを遂行する、「ローグ・ワン」と呼ばれる反乱軍チームの活躍が描かれる。

ローグワン

(C) 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

2017年の正月映画の目玉の一つとなっているこの作品が12月16日に公開されたが、実は翌17日に「スター・ウォーズ」のドキュメンタリーも日本公開される。

それは、『エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街』。

2016年8月に新宿シネマ・カリテで先行公開されたが、このたび満を持しての全国公開となった。

『エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街』:もうひとつの『スター・ウォーズ』サイドストーリー

エルストリー

(C)ELSTREE 1976 LIMITED, 2015

 1976年、イギリスの老舗撮影スタジオの一つだったエルストリースタジオに、奇抜な衣装に身を包んだキャストが集結。彼らの多くは、自分たちがどんな映画を撮っているのかよく把握していなかったが、後にそれは『エピソード4/新たなる希望』として、映画界の歴史に名を遺す1本となった――

本作では、全身衣装に覆われているため素顔が映らないキャラクター、あっという間に瞬殺されるキャラクター、素顔で出ていても数秒しか映らないキャラクターなどなど、主にエキストラとして参加していた面々に焦点を当てる。その中には、ファンの間で特に名が知られる、「エピソード4~6」でダース・ベイダーのスーツアクターを演じたデヴィッド・プラウズ、ボバ・フェット役のジェレミー・ブロックも含まれる。

彼らの中にも、「スター・ウォーズ」という作品に対する考え方の違いや、ファン参加のコンベンションでは彼らだけにある“人気の格差”が存在することなどが知れて面白い。

 「スター・ウォーズ」がいかに彼らの人生にどのような影響を与えたのかを探る、現在の眼から見た別の意味でのサイドストーリーともいえる。

I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』:ダース・ベイダーの“中の人”の光と影

近々公開される「スター・ウォーズ」のドキュメンタリーはもう1本ある。

自他ともに認める「スター・ウォーズ」ファンという2人のスペイン人監督が撮った、『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』がそれ。

ユアファーザー

こちらは、『エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街』にも出演するダース・ベイダー役のデヴィッド・プラウズ個人にスポットを当てており、彼の俳優としてのキャリアやベイダー役に選出されるに至った経緯、そして彼とジョージ・ルーカスとの“確執”を振り返っていく。

共同監督の一人、マルコス・カボタがプラウズに密着していくと同時に、ある壮大なプロジェクトを遂行しようとしていく過程にも注目。

11月にWOWOWで放映されたのですでに観た人もいるだろうが、2017年にヒューマントラストシネマなどで改めて劇場公開されるそうなので、未見の人や気になった人はチェックしてみてはいかがだろうか。

『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』予告編

まだまだある、『スター・ウォーズ』関連作品

『ファンボーイズ』:友のために『エピソード1』のフィルムを奪え!オタクな「ローグ・ワン」チームが出動

ファンボーイズ

ファン待望の新作『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』が公開される1年前の1998年に、「死ぬ前に「エピソード1」を見たい」と願う末期ガンに侵されたファンのため、仲間たちがチーム「ローグ・ワン」ばりにルーカスフィルム本社があるスカイウォーカー・ランチに侵入し、デス・スターの設計図ならぬ「エピソード1」のフィルムを盗もうと企てるコメディ。

ルーカスフィルム協力の下で製作されており、内部公開が極めて少ないスカイウォーカー・ランチ内でのロケ撮影や、「スター・ウォーズ」ファンと“トレッキー(トレッカー)”と呼ばれる「スター・トレック」ファンとの頭の悪いケンカシーンなど、見どころも多い。

なお昨年、末期がんで余命2カ月を宣告されたテキサス在住の男性ファンの、「『フォースの覚醒』を観るまでは生きたい」という願いを叶えようと運動が起こり、最終的に監督J・J・エイブラムスのはからいで12月の本上映より早い11月に男性宅での上映が実現したという、まさに「ファンボーイズ」を彷彿とさせる出来事が起こったのも記憶に新しいところ。

『ピープルvsジョージ・ルーカス』:「スター・ウォーズ」はルーカスのもの?それともファンのもの?

ピープル

「スター・ウォーズ」を愛してやまない世界中の熱狂的ファンが、シリーズの生みの親ジョージ・ルーカスに対する愛憎を洗いざらい吐露するドキュメンタリー。

「特別編」や「エピソード1~3」のプリクエルに対する感想の相違や、スター・ウォーズに人生の全てを捧げた末の現状など、ファンの悲喜こもごもがかいま見え、『フォースの覚醒』にもカメオ出演している某コメディ俳優が、一人のファンとして何食わぬ顔で出演しているのが面白い。

ファン側の目線で追った、『エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街』や『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』と対になる作品ともいえる。

関連作ともども「スター・ウォーズ」文化に浸ろう

2017年は「エピソード4」公開から40年というメモリアルイヤーとなり、12月には正規シリーズ最新作「エピソード8」も公開される。

他にも主要キャラのハン・ソロの若き日を描いたスピンオフの製作も発表されており、「スター・ウォーズ」ストーリーはまだまだ続く。

それと同時に、『エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街』や『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』といった関連作も、今後も製作されていくことは間違いないだろう。

というのも今回取り上げた4作品は、製作に「スター・ウォーズ」のファンだったスタッフが絡んでいる。もっと言うと、『フォースの覚醒』の監督J・J・エイブラムスも、もともと熱狂的ファンだった1人。

新たなフィルムメーカーを生む効果を担っている「スター・ウォーズ」は、もはや文化の一部となっていると言っても過言ではない。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』はもちろんのこと、他の関連作も込みで「スター・ウォーズ」文化に浸ってみるのはいかがだろうか。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • toriton1978
    -
    スターウォーズ好きとしては見とかないとと思ったけど、恐ろしくつまらなかった。。
  • 芋羊甘
    3.1
    1月19日木曜日
  • sideBatsu2015
    3.6
    スターウォーズの裏方の人たち〜という軽い気持ちで見に行ったら、そこにまつわる人の業を見せられた。 現実の延長。
  • ずん
    3.3
    題材は興味をそそるんですがインタビューがバシッバシッと切れて進んでいく単調な感じが残念 作り手側がもうちょっと工夫すれば楽しめたのかもしれぬ ただ皆さん中の人として誇りを持っていて立派でした
  • うらぺるを
    3.6
    前半、延々と続くインタビューはけっこう眠かった。 スターウォーズほとんど関係ないし…。 でもコンベンションのとこはやっぱテンションあがる♪ 僕が持ってるSWフィギュアでお気に入りの太っちょパイロット役の人は出てこなかった。 あの人、誰なんだろ…。
  • あーち
    3.7
    中の人たち!!! サイン会あったら駆けつけますわ!
  • 3.5
    字幕不明(出てない) 耳いま調子悪いので低音すごくしんどかった 旧三部作あたりに出てる方たち(主に顔が出てない人々)のドキュメンタリー 冒頭でKennerの3.75が出てきたのすっごいテンション上がった いま役者から引退しているひと、ディズニーのイベントに出禁になってるひと、名前がクレジットされてるひと・されてないひと ほんとに脇役でもピンキリで クレジットされてないくらいの端役のひとがイベントに来てサインしたりすることに対して許さないと主張するひと・まぁいいんじゃないというひとに分かれてたり役者業界のシビアな面とか 個々の役に対する捉え方が見えてくる スターウォーズのファンからすれば どんな形であれ作品に出てる方に会えるというのはうれしいのではないのかなとおもうんだけど でもやっぱりDプラウズやジェレミーブロックが出てきたら おっ、となってしまうのはイベントに来てるファンの心理と同じなのかなとおもった スルーされるのが悲しいと言ってるひともいたし 全員に共通してるのは SWに出演したことを生き生きと語っていること(Dプラウズは例外だけど) みんなSWすきなんだろうし なんだかんだいって超大作に出られたことを いまもずっと誇りにおもってるんだろうなと カットされた未公開シーン(ルークの友達の)ってもってるDVDとかブルーレイに入ってたっけなとかおもった また確認したい SWはカットされた場面でも大事なこと言ってたり重要なキャラが出てきたりするので ファンがそこに対して盛り上がっててびっくり みたいな話もすごくわかるなとおもった リーブル梅田で今度I AM YOUR FATHERやるみたいなので ぜったい観に行く 全体的にインタビューが羅列されて切れ目がないので 誰が誰だかわからなくなるししんどくなった 適度に当時の映像とかもっと挟んでほしいけど端役すぎて残ってないんだろうな、、、 というかこれSWすきじゃないひとがみたら面白いのかな?とおもったり あとケニーベイカーが亡くなるまえにつくられた映像なので 彼のことが語られるとそれだけで泣きそうになる 個人的にオビワンがマインドトリック使うあのシーンだいすきなので そのなかに入ってるひと観れたのすごくうれしい でもそれがフォースの覚醒だとレイがマインドトリック使うのはダニエル・クレイグなので 時代も変わったのだなとおもわされる、、、 ていうかあのイベント行きたいよ
  • takywalker
    4.0
    I AM YOUR FATHER同様、スター・ウォーズの中の人、端役、エキストラにスポットが当てられた内容。あちらがやや見方の誘導される映画であったのに対比して、こちらはより中立的な映画という印象。率直な彼らの心情がありのままに吐露されている感じがした。しかしそれ故、エキストラの方達が最後まで報われない感じの印象を残してしまっていて、少しやりきれない感じがした。もちろん、それがむしろ監督の狙いなのかもしれないが。もう一つのローグ・ワンとも言える映画だったと思う。
  • せんべい
    -
    あんまり「スター・ウォーズ」のって感じもしないけれどもまぁ良し。去年のコミコン、楽しかったな。
  • gagadx
    3.9
    スターウォーズEP4に出演した役者、エキストラのドキュメンタリー映画。 ダースベイダー、ボバフェットなど有名な役から、グリード、ビッグスの様な脇役、更にはゴールドリーダー、サンドトルーパー、Xウイングパイロット、神殿の守衛などを演じたエキストラまで出演しており、三者三様のコメントが楽しめた。 ファンなら誰でも知ってる、デススターの駐機場の司令室に入る際に頭をぶつけたストームトルーパーを演じた人もいて、ファンとしては大興奮だった。(ファンじゃない人にはつまらない映画だろうな...と思ったけどファンじゃなきゃ見ないか...) 未だに彼らはコンベンションに参加するとファンからサインを求められるらしく、ダースベイダーとかならまだしも、端役のパイロットまで人気があるとは流石スターウォーズの影響力と言ったところか。 エキストラとしてでもスターウォーズに出られた人は幸せだなあと1ファンとして思うことしきりであった。
  • 実之
    3.9
    劇場 字幕版
  • TOT
    3.3
    新たなる希望の誕生にエキストラとして立ち会った人たちの人生。 作品に参加する前と後の十人十色。 顔出てる役より被りものしてる方が人気があるとか、そもそも役者でもないのにコンベンションに参加してと批判されたり、とかとか。 父がおらず母に育ててもらったけど、演劇を学びたくても導いてくれる人がいなかった、演劇学校に行きたかったと語っていた方が切ない。 少しのお遊びが暖かいエンドロール後には旧三部作を改めて見直したくなる。 それと監督の前作、レディオヘッドやスーパーグラスも出演するオックスフォードのミュージックシーンを追うドキュメンタリー『Anyone Can Play Guitar 』も観たい観たい。
  • かくわ
    3.0
    スターウォーズep4に出演した“中の人“のドキュメンタリー かなりマニアックな映画。 中の人は、ストームトルーパーの様な何人もの人が演じたキャラクターから、ボバ・フェット、ダース・ベイダーなど。 よく考えれば、特に旧三部作は中の人が必要なキャラクターが多く、ストーリーに欠かさないキャラクターばかり。 旧三部作をもう一度見たくなる作品。 ストームトルーパーの頭をぶつけたエピソードで、自分以外の人が名乗りを上げた話は面白かった。 2017年 4本目
  • SACCO
    2.8
    エピソード4に出演したエキストラにスポットを当てたドキュメンタリー。 普通に映画を観てたら出てた事すら気付かなかったり、よっぽどコアなスターウォーズファンで無ければ調べもしない様なキャラを演じた方達がどう言うきっかけでスターウォーズにエキストラとして出る事になったのか、出演前や出演後はどういう生活をしているのかを語っている。普段サラッとしか目に入らないキャラでもこう言ったドキュメンタリーが作られる事で次に映画を観る時にエキストラにも興味が湧いてきたり、例え台詞が無かったり顔がはっきり映らなくともエキストラはとても大事な役目なんだと考えさせられる。
  • あげだし
    4.0
    デイブ・ブラウスの現状やコンベンションのくだりなど下世話な興味はもちろんですが、ショウビズとは限らなくても思うことのある、また若い方には指針になるかもしれないと感じる映画でした。 複数の発言にあったよく出来たセットにテンションあげるのはエイリアンのメイキングでも言ってたね。 あと、やっぱりスターウォーズってすごいなとも。
  • レスター
    3.0
    第1作目のスター・ウォーズに出演している、脇役たちの当時の心境を語るドキュメンタリー。 またの名を、名も無き脇役たちの唄。 「ローグ・ワン」が「もうひとつのスターウォーズ」ならば、この映画は「もうひとつのローグ・ワン」だ。 頭をぶつけたトルーパー、コミュ障害のあるパイロット、声を差し替えられたベイダー卿。 後にこの映画が世界的にヒットするなど、誰一人として思っていなかった。 どんなにマイナーなキャラでも、サインも求められる本場のコミコン。 コミコン界でもカースト制度のようなものがあるらしく、マイナーキャラ過ぎると、主役級から「なぜ名前もないのに参加してる?」と圧がかかるという。 新たな「コミコン詐欺」という言葉も。 脇役も大変である。 ドキュメンタリーとしては、まあ普通で、役者のインタビューや撮影当時のエピソードなどが大部分。 完全にSWファン向けの映画と言える。 この作品を見た後は、確認のためまた、EP4-5を見たくなるのだ。
  • Toshiya
    3.0
    ルークやハンソロといった主演俳優ではなく、マスクを被った人やエキストラの人々がスターウォーズに出演した経緯や出演したことで変わった人生、変わらなかった人生を語るドキュメンタリー。 次々に人物が切り替わることで感傷的な気分にならずに見れた。 ファンの一人として観ていたスターウォーズと違う、新たな視点が提示されていた。 スターウォーズだからこそ作れたドキュメンタリーだと思う。
  • nwbot
    4.2
    「スター・ウォーズ エピソード4」の脇役、端役、エキストラへのインタビュー。 冒頭で自分の役のアクション・フィギュアについて語られるところからグッとくる(スター・ウォーズはほとんどどんな役でもフィギュアが出ているのだ)。 名前のあるキャラクターもいれば、画面にほとんど一瞬うつっただけのキャラクターもいる。俳優として仕事をしているひともいれば、全然違う仕事をしているひともいる。後者なんてそれこそ、スター・ウォーズにエキストラでちょこっと出ただけの、そこらにいるオッサンやオバサンだ。そういうひとたちが自分の越し方行く末や、そこにどうスター・ウォーズが関わったかを語ってくれる。 劇的なことがあるわけでもなく、話は淡々とすすんでいくのだけど、ひとの人生にそっと触れるような、じんわりとした面白さがある。
  • ヤマラハルヒ
    -
    76年の夏にロンドン郊外にあるエルストリースタジオで『スター・ウォーズ』の撮影が行われていた。そこで、ヘルメットやぬいぐるみをかぶってキャラクターを演じた人たちのドキュメンタリー。当時の撮影風景もみられる。 「映画の映画」が好きなので、よかった。 ストームトルーパーのヘルメットを撮った長髪の男女がぼけーっとタバコ休憩してるとことか、じんわり幸せになる。 「新たなる希望が生まれた街」というのは、もちろんさつえいされていたエピソード4にかけてあるわけだけど、もうひとつ、キャリアや夢を諦めかけていた俳優達に生まれたもののことでもある。 知らない世界だったが、スター・ウォーズファンにとっては、主演俳優たちだけでなく、キャラクターの中にいた人もまたスターで、世界中のコミコンでサイン会とかやっている。 そんな余生を楽しんでいるひともいれば、自尊心と葛藤している人もいる。 映画見終わった後、どっかのシニアエキストラに登録して、老後は映画の中で生きようと思った。 この映画のインタビュイーの中に、ルーカス・フィルムとディズニーに出禁をいいわたされたというダース・ベイダーの中の人だったデビッド・ブラウズがいる。その経緯や真相にせまるドキュメンタリー映画『I AM YOUR FATHER』が年明け公開されるというので絶対みなきゃとおもってたのに、あっという間に年は明け、公開も終わってしまった。 と思ったら、まだ2月3月も上映うるたいだった。 よかった! ヒューマントラストシネマ渋谷。
  • YoshihiroKubo
    3.0
    今年の劇場での映画鑑賞初めは「エルストリー1976」。スターウォーズの第1作である「エピソード4 新たなる希望」に出演していた脇役の人たちへのインタビューを編集して作ったドキュメンタリー。またマニアックな作品で映画初めだなぁ。 上はダースベイダーやボバフェットの中に入っていた人から、下は反乱軍のパイロットたちの中のその他大勢まで、立場にある程度に差こそあれ、端役にも関わらずフィギュア化されていたり、スターウォーズ・コンベンションでサイン会をして稼いだり、他の映画のエキストラとは違って、スターウォーズに出たというだけでその後の人生が大きく変わってしまったという人たちばかりだ。 インタビューとその人が扮したキャラクターが映っているエピソード4の場面が交互に挟まれるが、「ローグ・ワン」の後に「エピソード4」を見たばかりの私は「ああ、この人がグリード(酒場でハン・ソロに撃ち殺される宇宙人)だったのか」とか「この人がゴールド・リーダーだったのね」とか、見ていて楽しい。 スターウォーズ後、彼らの収入源になっているというコンベンションについても「端役の我々にまでサインをもらうために並んでくれるなんて」と驚きながらも、そういうファンとの触れ合いが彼らの生き甲斐にもなっている。かくいう我々もこの作品を見ている段階でコンベンションに行く人たちと同じ土俵にいるのだろう。主演した彼らも、40年以上「スターウォーズ」を追い続けている我々もスターウォーズに取り憑かれたものたちなのだ。 ヘビーなスターウォーズ・マニアにだけオススメします。
  • naoki
    3.3
    66点
  • ゆーじぃー
    3.0
    知っていますか?「スター・ウォーズ エピソード4」(旧1作目 )の中に登場するキャラクター達のマスクの下の役者さん達の事。 あの有名なダース・ベイダーの声は吹き替えで、役者さんと声は別々なんだってこと。 実はみんなあまり知らないキャラクターのマスクやヘルメットの下の、役者さん達の当時と今に焦点を当てたドキュメンタリー。 スター・ウォーズが与えた影響は良くも悪くも彼らの人生を変えたんです。
  • MasahiroOhta
    3.3
    新年一発目の映画の日は、軽めのドキュメンタリーでした。スターウォーズに「何らかの形で」出演した、一般的にはそれほど有名じゃない人たちの「その後」と今。概ねみんなSWには感謝してるんだけど、それぞれの立ち位置(出演の仕方)によって色々ズレがあって、全くリユニオン的じゃな いのが面白い
  • 2.5
    冗長。退屈。 サインコレクターなら楽しめるのか?
  • RyoS
    3.4
    さすがにマイナー過ぎた気もするけど、いろいろな立場でスターウォーズに関わった人の本音が聞けて興味深かった。撮影の裏話というよりは撮影時の本音に重きが置かれてたので、もう少し具体的な事についての言及があればもっと面白かったかも。
  • 5234
    3.0
    スターウォーズに関する話じゃないところは寝ちゃったけど、スターウォーズの裏話は面白かった。でも1800円払って観るほどではなかったかなぁ。Tシャツ買った。
  • aya
    2.0
    新しくなった新宿武蔵野館 暖かいし椅子の背もたれが頭まであるから ほぼ寝ちゃったよ もうちょっと撮影時のドキュメンタリーかと思ったら 個々の生い立ちとかから始まったので睡魔に勝てず9割寝てしまった 新宿武蔵野館の椅子は寝心地最高
  • れい
    3.0
    ほとんどスター・ウォーズのエキストラのインタビューなので、スター・ウォーズファンのファン向け。 エキストラ同士でも色々と問題があるようで、その辺もお互い語っていた。 ダース・ベイダーのデビッド・プラウズはディズニー関連のスター・ウォーズイベントは出入り禁止だそうだけど、近々公開の彼の自伝映画の影響なのか?
  • captainfunk
    2.9
    キャリーフィッシャー追悼 と言う気持ちで観てきました。 元々、観る予定だったが この作品が今年の劇場映画 見納めです。 まさかの訃報と重なるとは 映画自体は 観る側の想いと 作りての想いの距離感があったなと こちら側は作中に出て来る コンベンションのファンと同じで 新しいウラ話が聞きたい 作りては出演者のスターウォーズ前と スターウォーズ後の 人生観、人生論を見せたい この差はあったね しかし観ていて退屈じゃなかった 名も無き出演者にもランクや役者としての 意地もあるのは伝わった 映画は夢を売る商売 それに出ている人達はいつまでも 夢を追いかける人達なんだなって
  • ガス子
    3.0
    今年最後の映画館鑑賞は東京コミコンで前売り券買っておいたエルストリー1976でした~笑 序盤はほとんど知らない人たちの生い立ちとかライフスタイルについての語りだったのと絶妙なBGMが相まって睡眠欲との闘いだったけど後半は割りと面白かった…かな?? エキストラ同士の確執とかね…クレジットあるなしでも格差があったりで。 スター・ウォーズによって人生が変わった人、特に変わらなかった人、心の病気になったり、俳優の道へは進まなかったり色々。 監督が死ぬほどスター・ウォーズが好きなことはよくわかった笑 セレブレーションとかコンベンションとかめっちゃ行った人は結構おもしろいと思う!
「エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街」
のレビュー(142件)