常識破り!ダークでホラーなクリスマス映画『クランプス 魔物の儀式』

2016.12.23
洋画

劇場未公開作品を愛してやまない田舎人

フレスコの傘

1年に1度の大イベント、クリスマス。聖なる夜に悪いことなんて起きやしないと思っていませんか? 

10月5日よりレンタルが開始された『クランプス 魔物の儀式』は明るく楽しいクリスマス映画ではなく、80年代のホラー映画のスタイルと精神で作られたクリスマスのダークな側面を描いた作品です。

クランプス

(C)2015 Universal Studios.All Rights Reserved.

今年のクリスマスには、ぜひともこのちょっぴり変わったクリスマス映画を鑑賞してみてはいかがでしょうか?

『クランプス 魔物の儀式』あらすじ

少年マックスの家では今年もクリスマス・イブに親戚が集まった。いとこにサンタへの手紙を見つけられた挙げ句、その内容をみんなの前で暴露されたマックスは悔しさから手紙を破り捨ててしまう。

すると翌朝から豪雪が降り続き、彼らは家の中に閉じ込められてしまう。やがて、不審な物音に皆が怯え始めるなか、マックスの祖母オミは静かに語りだす・・・。

この話をする時がきたわ。始まりは、嵐の夜だった・・・

クランプスとは?

タイトルにもなっているクランプス( Krampus)とは、ドイツ、オーストリア、ハンガリーなどの一部の地域に古くから伝わる伝説の怪物のこと。子供たちにプレゼントを与えるサンタとは正反対で、悪い子供たちを罰するために存在する、言わばサンタの影のようなものです。

クランプスの伝説はクリスマスより古いと言われていますが、一説ではサンタやクリスマスに対抗して17世紀に生まれたとも言われていますし、その逆でクランプスに対抗してサンタが作られたとも様々な説が存在しているようです。

アメリカではこういったクリスマスの暗い側面が浸透していないためか、本作は大変ウケが良かったそうです。

Wetaワークショップによる魔物たちの造形がすごい!!

クランプスとその手下たちの造形は、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズや「ナルニア国物語」シリーズなどの特殊メイクやミニチュア製作を手掛けたWetaワークショップの職人たちの手によって緻密に作り上げられ、非常にクオリティの高いものに仕上がっています。

全てにおいてCGを使うのではなく粘土、石膏、ゴム、ラテックスなど初期の映画で使われた旧式のフィジカル・エフェクトを使用することで、生き生きとした魔物たちの姿を楽しめる点には注目して欲しいところ。

衣装ももちろんひとつひとつ手作りで、特にクランプスが羽織るサンタをイメージした巨大なガウンは圧巻。なんでも約30メートルの手染めした重いベルベットで作ったそうで、芸術的な美しさを放っています。こういった魔物たちが身に着けている衣装や小道具なども細部まで凝っているので、ぜひじっくりと観察していただきたいです。

また、魔物たちのリアリティ溢れる動きも必見! 熟練の人形師たちが、手動や棒を使用した単純な技法のみで生み出すその動きは、CGでは絶対に出せないものです。違和感のない動きと、どこか懐かしささえ感じる魔物たちの描写には誰もが釘付けになるはずです。

でも一番怖いのは・・・

大きくて邪悪なクランプスももちろん恐ろしいのですが、マックスの母親を演じたトニ・コレットの絶叫顔もそれに負けないくらい怖い。本当にものすごい顔で絶叫しているので、ある意味では一番怖いかも?

しかしこの素晴らしい絶叫も、職人たちの手によって作られたリアルな魔物たちを前にして最大限に引き出されたものなのではないでしょうか。改めてWetaワークショップのすごさが分かるかと思います。

トニ・コレット

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Toni_Collette

クリスマスの精神を忘れた大人たちへ・・・

クリスマス

「まだサンタを信じてる?」
「もちろん」
「でもサンタの解釈はあなた次第なのよ サンタを信じるのはクリスマスの精神を信じること 優しさと犠牲の精神をね」

というマックス少年と祖母オミのやり取りは、大人になった今だからこそ胸に響くものがありますよね。

子供の頃に夢見ていたことや、純粋に信じていたことが「奇跡なんて信じるな」とまわりの大人たちから囁かれ、少しずつ打ち砕かれていく。これは心の成長という意味では避けて通れない道なのですが、本当に儚いことです。

そもそもクリスマスってなんだっけ? この作品はクリスマスの精神を忘れてしまった大人たちへ贈る、クランプスからの唯一のクリスマスプレゼントなのかもしれません。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • mao
    -
    24
  • ちゃみ
    3.0
    クリスマスの怪物に wwwってなるけど後味もなかなか悪く子供は死なないっていうのが破られててよかった、
  • Rinako
    -
    ふつーにこわい
  • jerry
    -
    引き続き、勝手にトニコレ祭り開催中。シャイニングのシェリーデュヴァル並みの絶叫顔、堪能しました。映画の中身も案外面白く、本国でヒットした理由が何となく分かります。後味悪い系のダークファンタジー。クランプスの造形は「あ、そっち?」という感じ。 あと主役の子がシェフ(フードトラックの方)の男の子で、やっぱり可愛かった。
  • unzin1
    3.5
    クリスマスファンタジーホラー ! モンスター達のクオリティが微妙かと思いきや意外にパンチがある!笑 ジャケ微妙だけど、 アニメぢゃないよ(^ ^)
  • 悟れアナンダ
    3.6
    これは子供のいる家族はクリスマスにみんなで見てほしいオススメのクリスマス映画! クリスマスの奇跡を信じない家族の元へサンタの変わりにやってくるものとは… 「サンタさんはホントにいるの?」「サンタなんているわけねー」 ってお子様をお持ちのパパママから子供達に向けてクリスマスプレゼントとしてこの物語を送って上げてください 面白かった!マックスいい子可愛い!オチもよかった!
  • ユウポン
    3.2
    サンタクロースを信じている幼き主人公。しかし、家族のいざこざなどがあり、サンタがいることをもバカにされた主人公は願い事をやめてしまう。しかし、その行為はアイツラを呼び寄せてしまうものだった…! 設定、モンスターデザイン全て良し! 洋風版ナマハゲみたいw バラバラだった家族もそのモンスター達と戦うことによって絆を深めていく成長にもなってる(ちょっと緩いが) グロいシーンもないのでちょっとホラー好きという子供とかとも一緒に観れる。 クリスマスは聖なる夜なんだから喧嘩しないでねっていうそんなお話
  • KENJI
    3.4
    クッキーの人形かわいい
  • コヘ
    3.0
    えっ、何故?と思うようなストーリー展開もありましたが、逆にどのようなオチに向かうのか気になる映画でした。 誰かと観るには楽しめる作品ではないでしょうか*
  • のだ
    3.5
    レアエクスポーツに並ぶ佳作クリスマスホラーかと 回想シーンのアニメが素敵
  • YURIA
    3.1
    おとぎ話なのかな? 夢オチかと思いきや クランプスに捕まったらクリスマスに閉じ込められる的な?? 解釈少し難しい
  • oooo
    -
    ドロシーおばさんはすごく嫌な奴だったけど、最後まで一貫してファッキンなキャラだったのはよかった。ラストシーンのオミとのアイコンタクトもよかった。でももうちょっとグロくてもよかった。
  • アイザック69
    3.8
    個人的にすごくB級臭く感じてて 見るのを躊躇ってた映画 いざ見てみたら予想を遥かに越えて 面白い 最高のクリスマスホラーだった クリスマスに見るんだったと ちょっと後悔してる クリスマスの新しい定番映画の誕生だと思う
  • あさひ
    4.0
    2017.3.6-92 クリスマスは仲良く過ごさないといけないなあと思いました。
  • tonu
    3.3
    Blu-ray DTS Neural:Xで見ました。 画質は良くないですが、音質は普通です。 吹雪のシーンや、家の上のほうでドンドン言うシーンなど、音場感がなかなか良く、TOPスピーカーも活躍します。音の環境で、相当怖さ感が違ってくる感じです。 映画(監督?)自体はうまいと思うのですが、細かいところがなんとなく残念な部分が多い気がします。 むしろ、もう少し予算が有って演出がよければ、もっと面白くなった気もします。 いろいろな意味で興味深い映画でした。
  • 缶詰
    3.0
    悪趣味モンスターはよかった
  • たこやきまんとまん
    4.1
    ぜひ、純粋無垢な子供たちにクリスマス直前に見せてやりたい。
  • niko
    3.0
    2017年 記録 21/100 クリスマスホラー グレムリンほどのキャッチーさはないけどわりと面白い
  • 3.0
    ちょうどいいモンスターデザイン
  • OneEyedJOKER
    -
    監督:マイケル・ドハティ 出演:アダム・スコット、トニ・コレット、デヴィッド・ケックナー、アリソン・トルマン 他 季節外れのクリスマスもの映画。 2015年アメリカ作品。 ヨーロッパの中部に伝わる伝説『クランプス』を題材としたホラー映画で、ある少年がサンタに願い事をしなかったことから起こる恐怖を描いている。 【Krampus(原題)】は映画【X-MEN 2】や【スーパーマン リターンズ】の脚本家として知られ、日本劇場未公開の【ブライアン・シンガーのトリック・オア・トリート】で長編監督デビューを果たしたマイケル・ドハティの2本目の監督作である。 「クリスマスを信じなければ、こうなるぞ」という様な、教訓映画となっている。 1.サンタの代わりにやってきた妖精?があたり一帯大虐殺する 2.突然現れたクリスマスモチーフの悪霊たちの造形のまがまがしさ 3.とにかく後味が悪い話 とその他、色々揃っている。 ファンタジー(コメディ?)ホラーの部類のはずなのだが、予告編を見る限り『クランプス』はユーモアのカケラも持ち合わせていない様だが…。 序盤はコミカルな感じでストーリーが展開していくのだが、少年を絶望させる親戚一家(どんな作品にも出てくる様な)が「そりゃこんな人らと毎年過ごしてたら絶望するわ」的、やたらと下品でムカつく連中で、お決まりなのだが、観ていてホントにイライラしてしまう。 クランプスも中々登場せず、イライラはさらにつのる。 だが、中盤以降はホラーテイストが強くなり、クランプスとその手下の『凶暴化したオモチャ』や『闇の精霊』等は、ビジュアル的にも面白く襲撃シーンも非常にインパクトがあり、良い感じに。 結論としては、悪くは無いし、よく出来てはいるが何か物足りない『モヤっとした気分になるファンタジーホラー映画』的なカンジの作品だった。 ファンタジーならファンタジー。 ホラーならホラー。 と、住み分けしてしまえば良かったのにと 思ったが、それを言ってしまうと本作の意味合いが変わってしまうし、本末転倒か。
  • ただっち
    3.0
    やっぱり子供にはサンタを信じさせよう(笑)
  • ゆずちび
    3.2
    ダークファンタジー
  • ひゃっぽん
    1.8
    後悔してからでは遅い。 よく何を言いたいかわからないB級映画だった。
  • スプリングス
    3.0
    〈/魔なる聖夜が理不尽すぎる件/〉 【Introduction】 “クリスマス” ...虐げられし僕たちが、惨めな2日間を過ごす魔のイベント。 その2日間、僕らはひたすらに祈り狂う。 《リア充爆発しろ》 と。 ただの僻みでしかない事は分かっている。だが、祈らずにいられない。 そして、その願いは叶えられた。 ────違う形で。 暖炉から、プレゼント箱から、雪の中から、魔物が這い出てきて、僕らを闇へ連れ去っていく。 なんで?なんでリア充じゃないの? 驚愕の表情を浮かべ引きずられていく僕たちに、リア充は嘲笑いながらこう呟く。 『クリスマスは楽しむためにあんだよ』 ...んな理不尽な、、。 非リア充にその要求は厳しすぎるよと思いながら、僕らは闇に飲まれた。 【Review】 上のはあらすじじゃないのでお気になさらず。笑 この映画、もっとスッキリする映画だと思っていました。。(まわりの評価も高かったですし...) なんか、、理不尽じゃないですか?ターゲット無差別じゃん!街の住民全員がターゲットとかどういうこったよ!! あの親戚のクソガキ共だけでいいやんか、、。 なんでお姉ちゃんやお婆さんが? スッキリしねぇ〜!! ...まあ、ホラーだから仕方がないか。。 ...クリーチャーの造形も凝ってるし、そこらへんは楽しめました。 (ビックリ箱ピエロや目が赤く光る機械などなど...) ただやっぱり、全員ターゲットなのはどうかと思うな。 リア充だけを連れ去ってくれよ。。 【digression】 主人公のおばさんが、僕がもといた演劇部の先生にソックリでビビりました、、。 体型&発言&メイク、、。 まるで生き写しのようでした。
  • ちゆうプリセツキー
    3.0
    クリスマスを楽しまない物にはクランプスが迎えに来るぞ。 子供からだとホラーで大人からだとファンタジー。 大人だから余裕で観れるもの。 怖くはなかった。でも人形の作りが気持ち悪い 某ネズミ作品みたいな感じの物語展開。 最後の最後に謎が残ったかな。あれは結局????
  • shirase
    3.2
    子供向けホラーかな?笑えるしっておもってたら人形とかの作り怖すぎ笑 グロ描写もないし安心してみんなが観れるクリスマスホラーコメディでしたね
  • norimin
    3.4
    ホラーなの?ファンタジーなの? ふつうにこわいしクッキー笑ったw
  • 小田泰輔
    4.0
    仲の悪い親戚と過ごす、嫌なクリスマス。そんなクリスマスを楽しまないやつらにはクリスマスが転じてお仕置きにくる! 連れ去ったり攻撃してくるクッキーやオモチャ達。人間を丸のみにするやつまで出る始末。 面白いけど不気味な造形のキャラクターがこれでもか!と登場するので楽しい。 ラスト~オチに教訓めいた何かを考えさせられる辺りファンタジー映画なんだよね。そういった意味では一作目のグレムリンと同じだ。
  • クンペー
    3.8
    ストーリー的にはありがちなクリスマス映画の展開とあまり変わらないけど、雰囲気とビジュアルがかなり好み ストーリーとかゴアを求めてる人には物足りなさがあるかも 燃えるジンジャークッキーたちの動きと、エルフが来た時のびっくり箱ピエロの拍手と抱擁、パチクリお目々がクソキュートすぎて、それを見るだけでも価値がある ピエロに関してはかなりエグい見た目してるくせにそんな行動したら可愛いに決まってるじゃん… お食事のあとはちゃんとハンカチで口拭ってるしお行儀いいじゃん… エルフ達の中ではペストマスク君がNo. 1 ただ肝心のクランプス自体はそんな好きじゃなかったな デカい角と大きく曲がった背中、ボロボロのローブは素敵なんだけど、顔だけは人間寄り 角と足と同じく羊寄りだったらもっと好きになれたと思う
  • hnkmr
    3.0
    ホラーというよりはファンタジー。
「クランプス 魔物の儀式」
のレビュー(480件)