No、アイスピック!No、電気ショック!愛と芸術で人を癒す、精神病院の女医の闘い

2016.12.20
洋画

映画系文筆/映画館勤め/映画祭好き

大久保渉

――私の武器は、愛と絵筆――

第28回東京国際映画祭グランプリ&最優秀女優賞をW受賞したブラジル映画の傑作『ニーゼと光のアトリエ』が、2016年12月17日(土)より渋谷ユーロスペースほかにて全国公開中である。

アイスピックや電気ショックが最新の治療道具としてもてはされた1940年代。暴力的な心理療法の常識に屈することなく、アートや動物を介して人を癒した実在の女医、ニーゼ・ダ・シルヴェイラの気高き魂を描いた本作。

真っ白なスクリーンに映し出されるのは、ニーゼの怒り、哀しみ、喜び、楽しみ……。

ポスター

例え周りから理解が得られなくとも、同僚たちから妨害にあおうとも、次第に落ち着きと生きる活力を見せ始める精神病患者たちを前に、自分の信じる診療を続ける彼女の表情は気高く、美しく、その眼差しは、観るものに力と安らぎを与えてくれる。

ドキュメンタリー出身の奇才、ホベルト・ベリネール監督が構想に13年を費やした渾身の1作を、ぜひ劇場でご堪能いただきたい。

「あなたがやっていることは治療じゃない。サディスティックな治療をしているだけ。私の道具は絵筆、あなたのはアイスピックよ」

<STORY>1943年、郊外の病院からリオデジャネイロに戻り、ペドロ2世病院の扉を叩くニーゼ。そこで彼女は、同僚医師が行う電気ショック療法で患者が絶叫する姿に衝撃を受け、以後、暴力的な治療を断固拒否する。

それにより、彼女は「作業療法」部門へ配置されるが、そこは「壊れたモノの修理」「トイレの清掃」といった、患者たちをただ働かせるためだけの寂れた一室だったのである。

アトリエ

「彼らを病院の外へ出したら人を殺す」「ケダモノ」。汚れた衣類を着させられ、医師たちの意にそわないと暴力を加えられ、監禁され、ただうつろに院内を歩きまわる患者たち。

ニーゼはそんな彼らの数人を自らの部門に招き入れ、観察し、言葉をよく聞き、見守る中で、同僚の提案と協力の元、患者が自由に絵の具を使ってアートを親しむアトリエをオープンする。

絵のそば

そこで描かれる絵の数々が、時の精神科医・心理学者のユングから思いがけない言葉を貰い、そしてブラジルの著名な美術批評家からは絶賛の声を受け、患者たちには人間としての尊厳と芸術家としての才能が、ニーゼにはその献身的な活動と結果に光が当てられるかに見えたが、事件は不意に訪れる……。

絵の前

数々の賞を受賞!ブラジルを代表する大女優による、静かな、燃えるような瞳が心に焼きつく

グロリア・ピレス(主人公・ニーゼ役)

顔

1963年、リオ・デ・ジャネイロ生まれ。1968年より女優業を始め、以来40年以上に渡りTV、映画で活躍。これまでに『愛の四重奏』にてハバナ映画祭最優秀女優賞を、『Smoke Gets in your Eyes』にてブラジル映画祭最優秀女優賞を、本作にて第28回東京国際映画祭最優秀女優賞を受賞している。

本作のニーゼ役では、94歳でこの世を去るまで明るく活発に動き回った実在の人物を、エピソードの列挙に留まる偶像的な偉人としてではなく、時に声を荒げ、歯を見せて大きく笑い、深く悩む、ひとりの女性として繊細に生き生きと演じている。

キャンバスに描かれる美しい色や形。言葉にならない思いが胸に迫る

劇中で語られる物語はニーゼの生涯の一部ではあるけれども、それと同時に、実在の入院患者でありアーティストである人たちの生涯もここでは丁寧に描かれている。

モデルとなった人物への入念なリサーチの結果が、時間の経過順に撮影されていく現場の中で、自然な感情のうつろいとして表れ始め、患者たちの変化に魅了させられてしまう。

庭犬

カメラはまるでドキュメンタリー映画のように、人物が動き出すその一歩を映し撮り、ゆるやかに追っていく。

歴史の闇と光を丹念に演じきった役者とスタッフの力が、患者自身の心の内を描いた絵画と同じように、倫理を超えた無意識に訴えかけてくる魅力となって、心にするりと入り込んでくる。

メイン

映画のラスト、ほんの一瞬だけ晩年のニーゼの映像が映し出される。その時の彼女の表情に、何を感じ取るか?

――ドン、ドン、ドン、ドン。心が激しく、打ち鳴らされる。

(C)TvZero

『ニーゼと光のアトリエ』公式HP

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ふくいけん
    3.0
    そういう患者たちへの画期的(感動的)な治療を始めた歴史的な意味は十分描かれてますね。知らない人は映画の内容を耳にしても。現実なのか映画なのかすら理解出来ないかも?広まっていけば良いですね
  • byrd
    -
    @深谷シネマ
  • たろっぺ
    2.6
    芸術を通し、心の再生を描いた作品。 患者達の演技が恐ろしく上手で、日頃からこんな感じなのではと密かに疑っている。 映像と音響は殆ど作っておらず自然な演出だが、手持ちカメラの揺れが気になるのと、偶にある挿入曲が合わない感じがした。 物語が終わった後、他の医師がどう対応を改めたのか、また責任を負ったのかが抜け落ちている。 これでは締めくくりとは言えないのではないか。 現代社会で心に問題を抱えていない人間は、ごく僅かなのかも知れない。 そのような中で、真心をもって相手に接する事は難しいし、それを強要するのは筋違い。 ならば我々は能動的に芸術に触れていこう。 その先に再生はある。
  • Natsumi
    3.8
    鉄格子と対照的に、窓から差す光や木漏れ日が、開放的で綺麗だった。 美術を学んだ訳でなく、また既成概念にとらわれない作品を描けるのが本当にすごい。
  • oshiroisan
    4.7
    ロボトミーや電気ショックなど、今では考えられない暴力的な治療が行われていて、日常生活も人権無視の精神病院。医療従事者も患者も病んでいたのだと思う。そこに、ニーゼのような精神・心を大切にする医師が現れ、ニーゼの周りの患者も看護師たちも穏やかで明るくなっていく。そのプロセスの中で、人は大切にされることがなければ誰かを大切にできないし、自分自身も大切にできないのだというメッセージを感じた。 そして、芸術を愛したり、自分が良いと感じたり惹かれたものをそのまま大切にする心を持ちたいと思った。 素晴らしかった。
  • matsubo
    -
    シネマ・チュプキ・タバタにて鑑賞。 事情があり、映画に集中できない状況での鑑賞だったため、もう一度ゆっくりと観たい。
  • -
    2015年の第28回東京国際映画祭の東京グランプリ上映会にて鑑賞。 犬たちが…のシーン、とてもとても心がくるしかった。
  • Tirol
    4.0
    実話。冒頭カメラの揺れがドキュメンタリーを彷彿させる。 精神疾患者が人としてまともに扱われていない時代。ニーゼは辛抱強く患者に尊厳を持って諦めずに接っしていたが彼女の信念や強さ自体はどこから生まれてきたのだろう。 1万通りの生き方があるのなら、普通、人並みという事に囚われなくて楽になれるのかもしれない。
  • みやざきゆり
    4.8
    日頃精神分析を学んでいるので、たいへん興味深かったです。暴力的な治療法の場面は辛かったけれど、芸術療法によって徐々に心が解放されて、言葉や笑顔をこぼすようになっていく登場人物たちが愛らしく、またその患者たちを支える人々の愛と優しさが理想でした。(ただニーゼはユング派でした。ユングにお手紙を書いてました。まあフロイトは1939年に亡くなってしまったから) 「そうです、まさに私はこうやって生きたいんです」と劇中の節々で思った。 ニーゼが患者を“患者”と呼ばず、“顧客(クライアント)”と呼ぶこと。 出会ったらまず名前を聞くこと。 触れ合うこと。 自由にさせること。 人間として扱うこと(オシャレや化粧をさせたり、恋をさせたり、人と話す場を設けたり)。 自分自身も常日頃、相手の名前を呼んだり、触れ合うことを当たり前にしてる。先日久しぶりに会った友人に、「ジェンダーレスが増してない?」と言われたのだけど、たぶんジェンダーレスが増したのではなくて、個人を人格的存在と考える気持ちが増したということなのかも、、しれない??
  • NC
    3.8
    実話 エグいところもあるけど、絵や自然が綺麗で癒される。
  • Ayah
    3.9
    先日観てきた「ニーゼと光のアトリエ」は、ブラジルで、精神疾患患者に対して、ある種暴力的な治療がなされていた時代に、芸術療法の力を訴え続け、戦った実在の女性医師、ニーゼ・ダ・シルヴェイラを描いたノンフィクション映画。 「治る」かどうか分からない、時に自分も暴力を振るわれるようなななかで、それでも、一人一人の”クライアント”(患者ではなく、顧客と彼女は呼ぶ)の心を信じ、辛抱強く耳を傾け、周囲の冷遇から彼らを守る盾となり続ける彼女の姿は、ただただ「すごい」の一言に尽きる。 でももしかしたら彼女は、「治る」こと自体を目的としてなかったのかもしれない。そもそも何が”正常”で何が”異常”かなんて、分からない。 ただただ、目の前の人たちが、笑顔で、穏やかな気持ちで、幸せそうになってくれることだけを目指していたのかもしれない…。 ”クライアント”と一緒に朗らかに笑うニーゼの表情を見ているという、そんなふうにも思えてくる。 そしてこの映画は「喪失(グリーフ)」についてもすごく考えさせられる。 誰もが人生で何かを喪い、傷を負う。喪うモノも傷の深さや形も人それぞれで、その癒し方も、癒えるのにかかる時間もみんな違う。光のあるほうに出てこられたと思ったら、また洞窟のなかに戻ってしまう時もある。もう傷つかないようにと、心を鋼で覆おうとすることもある。 ニーゼのように「焦らなくていい。でも、いつでもこの光が当たる場所に来ていいのよ」と待ち続けてくれる存在、そういう空間の大切さを、この作品を見ると、しみじみ感じる。 ✴︎ ・カウンセリングや心理学に関心がある人 ・芸術関連の取り組みをしている方 はもちろんのこと、 ・深い傷を負い、そこから再び光のあるほうに向かった経験がある人(傷の真っ只中にある方には、ちょっと向かないかも…) ・既存の社会構造の矛盾や問題に立ち向かっていこうとしている人 などにも、オススメの一作🎥
  • さち
    4.3
    2017.2.12 期待通り凄くよかった!!ロボトミー手術のことを知ったのはお恥ずかしながらMOZUなんだよなぁ。 クライアントさんたち、本当に…なのかと思ったらちゃんと最後に本人映すんも◎ あのいやーな部下(♂)も最後のほうよくなってたしなぁ。いやぁよかった⑅◡̈*
  • ライアンゴズリング2世
    4.3
    〝 人生の生き方は1万通りある、可能性がある限り私は諦めない 〟 世間はドランの新作を観に行ってますが、 田舎は1ヶ月後なので、泣く泣くこちらを。 …めちゃめちゃ良かったです◎ 今年映画館で12本観ましたが暫定で1番揺さぶられました〜〜!! 1944年はブラジル・リオデジャネイロの精神病院。 そこでは人間として見られなくなった患者たちを 嵩高い態度で暴力的に治療していた。 そこに女医のニーゼがやって来た、 ニーゼは何とか患者に生きる希望を与えようと 〝絵を描かかせる〟事をさせ、 「無意識の中に潜む、表現の豊かさ」を 人々に知らしめ、奮闘した実際の作品 2015年の東京国際映画祭のグランプリ作品でもあるんですが、 構想に13年、撮影に4年も掛かってる大作らしくて。 ブラジル映画ってこれが初?ですが、 本作は重たい題材を明るい前向きな強い女性の話で、 あの【レナードの朝】を彷彿させられました〜!! こちらも実話の話なのでエンドロールでは、 ニーゼや患者の実際の映像が出てきますが胸熱でした… ニーゼを演じたのはブラジルの大女優らしく、 熱量があって台詞ひとつひとつに説得力がありました。 患者を演じた人たちも圧巻の一言です。。 絵を描くコトってすごい良いコト。想像力・創造力◎ 自分も子どもの頃はよく描いてたな〜〜ってしみじみ ユーモアもあり思わず映画館で声出して笑ってしまいました(笑) 各所シーンでビビッといい構図だな〜〜ってシーンが あって魅せ方も上手いな〜って感じさせられました◎ 重ための作品なので、好みでは無いのですが とても良い作品なので機会があれば是非♩
  • KotaroKudo
    3.6
    重たかったなー。 今では当たり前のことが、昔は、、 それを変えたニーゼの向き合い方が素晴らしかった。 患者の演技も演技と思わせない迫真のもの。
  • toko
    3.5
    ミニシアターCINEMA Chupki TABATAで鑑賞。
  • annblanc
    3.5
    『むかしMattoの町があった』と続けて観たので、収容所のような精神病院へ新しく赴任した精神科医が初めは戸惑い、しかし彼らと対話して心を解放をしていくなかで改革を起こすというストーリーが重なり、既視感を覚えてしまったのが少し残念 光の写し方、ニーゼや患者たちの表情の見せ方がとても印象的だった 途中のパーティーのシーンで流れたブラジルのリズムにこっそりテンションが高まった
  • clari
    -
    記録用
  • Maaar
    4.2
    現代では心理療法として当たり前のように取り入れられているアートセラピーやドッグセラピーを取り入れた実在する女医の物語です。 序盤は重くて恐ろしいシーンが多いですが、芸術療法が取り入れられてから希望が見えていきます。 患者が描く絵や自然の映し方がとても綺麗でした。
  • W
    4.0
    たった70年前なのに、精神疾患がどう捉えられていたのか。 「治療、悪いものを治す」という固定観念のなか、作業療法が「患者を遊ばせる」「なんの成果も出せない」と軽んじられ、医師でなく看護師の担当になっていた現実に驚いた。 そのなかで、ニーゼ医師がどのように奮闘したかが、本当に控えめに丁寧に描かれていた。 1つ1つのセリフが深くて、「観察が必要。彼らの声に耳を傾けて」とか、「精神にも治癒能力がある」とか、作業療法の、というか人と向き合うすべての職業に当てはまる名言がたくさん。 主演の女優さんはじめ、患者さんたちひとりひとりもすごい演技力。 僕は、さりげなく描かれる男性看護師の変化していく様子に心が温かくなる。 ドキュメンタリー出身という監督の、綿密な取材に裏打ちされた演出も良かった。
  • 大久保渉
    3.5
    映画『ニーゼと光のアトリエ』。TIFFグランプリ&最優秀女優賞を受賞したブラジル映画。周囲の無理解、圧力に屈することなく、暴力ではなく愛と芸術で精神病患者と向き合う実在の女医を描いた一作。例え目の前が暗くとも、手を動かせば、世界は変わる。塗って、重ねて、その経験は、深みに変わる。
  • haru
    4.0
    ニーゼという女性がもし芸術療法を発見していなかったら。 考えるだけで胸が張り裂けそうになりました。 当時の精神治療法としてはあり得なかった『自由』という権利と、聖母のような愛を患者に与えた偉大な名医ニーゼ・ダ・シルヴェイラ。 光の差し込む映像もまた美しく、個々の生命を感じました。
  • こう
    2.9
    映画館で予告を観て良さそうだったので、2週間限定公開で観てきました! 1940年代のブラジルの精神病棟は過激な治療法が横行していた。絵を描くことで治癒させようとする女性の実話に基づく話。 作品としては…荒削りな感じ。 盛り上げ方が雑でコロコロ話が転がっていく感じ。 やたらと光を誇張したり。 題材はいいんだけどなぁ。。 この監督、前作もニーゼを取り上げて作ってるんだなぁ…。 同じように精神疾患者が個性の能力を発揮する作品としては『人生、ここにあり!』の方が明暗がしっかり描かれていてオススメです!
  • かがわ
    3.8
    「ユングも女性差別主義者なのね」 「人道主義を持って自説の正しさを証明するのは共産主義者のやり方だ」 など、(うろ覚え)メイン以外のセリフがよい。 人間の無意識について、見ながら変に気が散ってかんがえてしまった。
  • やた
    4.0
    誰もが知るべきなのに、きっとほとんどの人が知らない史実を物語として作り上げてくれた、この映画に関わった人たちに感謝の気持ちがこみ上げてくるような作品。
  • つき
    4.4
    出演者のリアリティある演技とニーゼの存在感が、本当にあった話というよりドキュメンタリーを見てるよう
  • norisuke
    4.0
    1940年代のブラジルの精神病院に、当時知られていなかった芸術療法を導入した、実在の女性医師ニーゼ・ダ・シルヴェイラを描く。 ロボトミーという言葉は耳にしたことがあるが、具体的にどのような治療であるのか知らなかった。精神疾患のある患者の頭蓋に直接アイスピックを打ち込み、前頭葉の神経繊維を切断するのだという。1930年代に研究が進み、当時は患者の同意もなく施術された例も多いそうだ。この映画が描く病院では、ロボトミーや電気ショック療法の研究に力を入れていた。院内の研究会ではデモンストレーションとして、抵抗しようと暴れる患者を無理矢理ベッドに押さえ付け、電気ショックを与えている。患者が人間扱いされておらず、暴力が当然視されている様がとても恐ろしい。 ニーゼは、「身体と同じように精神にも自己治癒力がある」というユングの言葉に共感し、芸術を通して患者の自己治癒力を高めようとする。「凶暴」というレッテルを貼られていた患者たちが、ニーゼのアトリエに通うようになり、絵を描き、粘土をこねて造形する作業を繰り返すことにより変化していく。その様子に励まされた。 ニーゼの行動は、同僚医師たちからは理解されず、さまざまな妨害に遭う。ある同僚は、ニーゼに対して「君は共産主義者と同じだ。自分の主張を人道主義的な言葉で飾り立てる」と非難する。一瞬、なかなか痛烈な言葉に聞こえたが、人道的であることをかなぐり捨てたかのような医師に言われても、反発心が燃え上がるだけだ。一方で、ニーゼのやり方が強引すぎるようにも感じた。時間はかかるが、規則を変えることから取り組めていれば、あまりにも悲しい事件を避け得たのではないか。 患者の人格を尊重する、今日では当然の精神医療のあり方へと道を開いた、一人の女性医師の葛藤を描く人間ドラマとして非常に興味深い。ニーゼや患者を演じた俳優たちの演技が素晴しく、カメラの構図や採光を工夫した映像も魅力的だ。
  • しゅん
    -
    冒頭の鉄の扉を何度も叩くところが、ニーゼの性格説明とこれから起こる物語の予告になっていてカッコいい。不安定に揺れ続けるカメラもいいし、特に統合失調症の患者(ニーゼが言うところの「クライアント」)たちが自由に動き回る時に、カット割りを最低限に抑えながら縦横無尽に撮影する演出のカオス感は観ていてかなり楽しい。 ただ、事実に基づいていることを劇中で強調するのなら、善悪は明確に区別すべきでないのではないか。現実を善悪二元論で語るのは危険なことだし、複雑な環境に置かれているはずの医師たちを単純な悪として描くのはストーリー的にも勿体無いように感じる。もちろん、単純化したことで話がスッキリするとは思うのだが。 作家の選択を安易に否定してはいけないといつも肝に命じているのだけど、この部分はどうしても疑問として残った。 とはいえ、成長していく登場人物たちを見守って爽やかな気持ちになったし、甘さだけでなくビターな味を残したラストもよかった。
  • 林檎
    -
    木漏れ日が眩しくて輝かしくて希望に満ち溢れてた。 とにかくニーゼの行動はすごいなぁと思わされることの連続だった。 実話だと知らなかったから最後はすごくびっくり… 人には一万通りの道があるという言葉が胸に響く。
  • りりー
    3.8
    冒頭の”1944年”というテロップはとくに気に留めなかったのだけれど、劇中でニーゼがユングと文通するシーンに愕然とした。ユングが生きている!もちろん当然のことではあるけれど。「ユングも女性差別者なのね」とニーゼがちゃかすところ、なんだか寂しかったな。 大学で心理学を専攻していたので、といっても詳しいとは言えないのだけれど、なかなか興味深く観た。ニーゼ(だけではない、もちろん)のような人々がいなかったら、と思うと恐ろしくなる。劇中の病院の様子は直視できなかった。少々大げさなのではと思ったけれど、それっていまだから、あんな風に扱われて生きていた人々を知らないから、そう感じたのかもしれない。 光のアトリエ、という題のように、光の描写が美しい映画だった。とくにエミジオが病院を出て、森の中で木々の揺らぎを見上げるシーン。彼はそのあとから絵を描き始めるのだけれど、あの光景が彼にとってどのような存在だったかに思いを馳せた。風邪で病院に行ったら、こんな症状があって、何日前からで、その日にこんなことをした、と話をする。精神障害のときだって同じはずで、一人一人に思うこと、体験してきたこと、たくさんあるはずなのだ。暴力で症状を抑え込み、人でないものにする、あるいはそう扱おうとしてきた病院で、クライアントと対話をしようと奮闘してきたニーゼの苦闘はどれほどのものだったか。彼女が女性であるというだけで、しなくていい苦労もたくさんあったはず。彼女がアトリエを開設するきっかけになったアルミールも、きっと病院に居場所がなかったのだろうな。結局のところ、女性にも男性にも壁はなく、善良な人々は結託することができるはずなのだ。わたしもそちら側に立っていたい。話はずれたけれど、そういう想像力と良心についての映画でもあると思う。
  • chizuru
    4.0
    ニーゼという人がとても好きになった。ほんと憧れる。あんな時代に芸術と心理療法を結びつけた功績は大きすぎる。 初っ端からショッキングなシーンでつらくて涙が出た。ロボトミー手術や電気ショック療法が当たり前で精神病患者の人権が無かった時代に、彼らのことを患者でなく”クライアント”と呼び、人間らしい生活を取り戻させようとした彼女は本当に素晴らしい。世間の流れに流されず圧力にも屈せず、さらに行動に移すことは本当に大変なことだと思う。 彼らを抑えつけず好きに行動させることは、今ではわりと一般的になってきているが、最初に行動を起こすには勇気がいったはずだ。また、今現在そのような形で精神病患者を支援している人のなかに、ニーゼほど彼らの内なる力を信じている人はどれだけいるのか、と疑問にも思う。 また、クライアントを演じた人々の演技も圧巻だった。彼らのやり場の無いエネルギーや、純粋さがよく伝わってきて心が震えた。 ラストのニーゼ本人の映像での彼女の言葉には重みがあり、心にずしりときた。彼女のユーモアのある人柄も現れていてすごく素敵な人だと思った。 人生の生き方は一万通りある。頑張ろうと思える作品だった。
「ニーゼと光のアトリエ」
のレビュー(187件)