No、アイスピック!No、電気ショック!愛と芸術で人を癒す、精神病院の女医の闘い

2016.12.20
洋画

映画系文筆/映画館勤め/映画祭好き

大久保渉

――私の武器は、愛と絵筆――

第28回東京国際映画祭グランプリ&最優秀女優賞をW受賞したブラジル映画の傑作『ニーゼと光のアトリエ』が、2016年12月17日(土)より渋谷ユーロスペースほかにて全国公開中である。

アイスピックや電気ショックが最新の治療道具としてもてはされた1940年代。暴力的な心理療法の常識に屈することなく、アートや動物を介して人を癒した実在の女医、ニーゼ・ダ・シルヴェイラの気高き魂を描いた本作。

真っ白なスクリーンに映し出されるのは、ニーゼの怒り、哀しみ、喜び、楽しみ……。

ポスター

例え周りから理解が得られなくとも、同僚たちから妨害にあおうとも、次第に落ち着きと生きる活力を見せ始める精神病患者たちを前に、自分の信じる診療を続ける彼女の表情は気高く、美しく、その眼差しは、観るものに力と安らぎを与えてくれる。

ドキュメンタリー出身の奇才、ホベルト・ベリネール監督が構想に13年を費やした渾身の1作を、ぜひ劇場でご堪能いただきたい。

「あなたがやっていることは治療じゃない。サディスティックな治療をしているだけ。私の道具は絵筆、あなたのはアイスピックよ」

<STORY>1943年、郊外の病院からリオデジャネイロに戻り、ペドロ2世病院の扉を叩くニーゼ。そこで彼女は、同僚医師が行う電気ショック療法で患者が絶叫する姿に衝撃を受け、以後、暴力的な治療を断固拒否する。

それにより、彼女は「作業療法」部門へ配置されるが、そこは「壊れたモノの修理」「トイレの清掃」といった、患者たちをただ働かせるためだけの寂れた一室だったのである。

アトリエ

「彼らを病院の外へ出したら人を殺す」「ケダモノ」。汚れた衣類を着させられ、医師たちの意にそわないと暴力を加えられ、監禁され、ただうつろに院内を歩きまわる患者たち。

ニーゼはそんな彼らの数人を自らの部門に招き入れ、観察し、言葉をよく聞き、見守る中で、同僚の提案と協力の元、患者が自由に絵の具を使ってアートを親しむアトリエをオープンする。

絵のそば

そこで描かれる絵の数々が、時の精神科医・心理学者のユングから思いがけない言葉を貰い、そしてブラジルの著名な美術批評家からは絶賛の声を受け、患者たちには人間としての尊厳と芸術家としての才能が、ニーゼにはその献身的な活動と結果に光が当てられるかに見えたが、事件は不意に訪れる……。

絵の前

数々の賞を受賞!ブラジルを代表する大女優による、静かな、燃えるような瞳が心に焼きつく

グロリア・ピレス(主人公・ニーゼ役)

顔

1963年、リオ・デ・ジャネイロ生まれ。1968年より女優業を始め、以来40年以上に渡りTV、映画で活躍。これまでに『愛の四重奏』にてハバナ映画祭最優秀女優賞を、『Smoke Gets in your Eyes』にてブラジル映画祭最優秀女優賞を、本作にて第28回東京国際映画祭最優秀女優賞を受賞している。

本作のニーゼ役では、94歳でこの世を去るまで明るく活発に動き回った実在の人物を、エピソードの列挙に留まる偶像的な偉人としてではなく、時に声を荒げ、歯を見せて大きく笑い、深く悩む、ひとりの女性として繊細に生き生きと演じている。

キャンバスに描かれる美しい色や形。言葉にならない思いが胸に迫る

劇中で語られる物語はニーゼの生涯の一部ではあるけれども、それと同時に、実在の入院患者でありアーティストである人たちの生涯もここでは丁寧に描かれている。

モデルとなった人物への入念なリサーチの結果が、時間の経過順に撮影されていく現場の中で、自然な感情のうつろいとして表れ始め、患者たちの変化に魅了させられてしまう。

庭犬

カメラはまるでドキュメンタリー映画のように、人物が動き出すその一歩を映し撮り、ゆるやかに追っていく。

歴史の闇と光を丹念に演じきった役者とスタッフの力が、患者自身の心の内を描いた絵画と同じように、倫理を超えた無意識に訴えかけてくる魅力となって、心にするりと入り込んでくる。

メイン

映画のラスト、ほんの一瞬だけ晩年のニーゼの映像が映し出される。その時の彼女の表情に、何を感じ取るか?

――ドン、ドン、ドン、ドン。心が激しく、打ち鳴らされる。

(C)TvZero

『ニーゼと光のアトリエ』公式HP

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 恵雅樹MowHenry
    4.4
    ●'17 4/1〜7&12〜14単館公開 ※4/8〜11機器整備の為、休館 (首都圏等: '16 12/17〜公開) 配給: ココロヲ・動かす・映画社 後援: ブラジル大使館 ワイド(ビスタ) 音声仕様表示無し 4/3 11:00〜→11:12〜メトロ劇場にて観賞 DCP上映 LPCM パンフ未購入 ※映写位置が悪い為、画面左に黒味有り。 映写機の不具合により横方向のノイズが出た為、12分遅れで開始。 予告篇割愛。 本篇スタート3分くらいに上記のノイズが発生するが、以後無事映写。 若干、画面ソフトフォーカス気味。 正直、頭のおかしい人に関わるのはごめんだ。 意思の疎通が出来ないし(コミュニケーションする際のアウトプットに障害があるのは理解していた)、次の行動が予想通りにならない。 そんな考え方を改める道標になる映画だった。 主人公が戻ってきた病院は酷いものであった。 ロボトミー手術の成果を自慢げに発表する医師。 電気ショック療法の実演を行う医師。 ロボトミー手術なんかは治療とは言えないではないのか?「臭いものには蓋を」的なものだし、電気ショック療法は単なる拷問。 看護士たちは治療(元々、治療というものも存在しないが)の補助をやる気はないし、患者を格闘させて楽しんだりしている。 主人公ニーゼは非協力的な病院側とつかみどころのない患者たちに板挟みになりながら少しずつ「治療」の仕方を模索し始める。 肉体が怪我をしたなら治癒しようとする力が働くのだから、精神でもそれがあるのではないか?という発想は目から鱗。 少しドタバタするものの芸術の創作と動物との関わりあいによる治療を続ける。 物語の終わりに悲惨な出来事は有るものの治療過程での失敗例があまり明確に描かれていなかったのは少しどたばた気になった。例えば、動物を可愛がるあまりに抱きしめすぎて殺してしまうとか、癇癪を起こして投げつけてしまうとか、有り得ないことでは、ないかと。
  • うちだ
    2.9
    1940年代 ブラジル。久しぶりに戻ってきたニーゼが目にしたのは、荒れ果てた病院の姿だった。 異臭漂うその病棟で行われていたのは、ロボトミー手術や電気ショックで脳を破壊することにより、患者の奇行を抑えるといういたって暴力的な治療。それに賛同しなかったニーゼは、まったく別の方法で患者たちを癒し、回復へ向かわせる活動を始める。それは"アート"(芸術活動)だった。 人の言葉が耳に入らず、ブツブツと何度も同じことを呟き続けたり、突然叫んで走り出すなどの行為は一発で"異常者"と判別されるだろう。でも大きな赤ん坊のようになった彼らにも当たり前人権があり、過去の傷を見つけ出す為に患者と向き合うという姿勢を貫いたニーゼ。 その結果、患者には少し回復的な兆しが見え、愛の溢れる空間になった。でも最後の彼女の表情を見る限り、守りきれなかったのだろうと思われて、切なかった。あの犬たちも、彼らの"心"を司る脳も。 今もロボトミー手術を行っている国はもう無い。代わりに何の変わり映えもしない医療施術が続いているだけだ。ただ、医者が患者の立場に立って最善を尽くそうとする事が当たり前になった現代、この時代のように医者というよりも研究者としての意向が強すぎて、盲目的な実験を患者に平然と施してきた頃よりは?平和?なかんじがする…?ような 平和という温室でぬくぬく育って、8020も実現させて、何事もなく穏やか〜に人生終えれたらいいね!!(クソレビュー
  • ふくいけん
    3.0
    そういう患者たちへの画期的(感動的)な治療を始めた歴史的な意味は十分描かれてますね。知らない人は映画の内容を耳にしても。現実なのか映画なのかすら理解出来ないかも?広まっていけば良いですね
  • byrd
    -
    @深谷シネマ
  • たろっぺ
    2.3
    芸術を通し、心の再生を描いた作品。 患者達の演技が恐ろしく上手で、日頃からこんな感じなのではと密かに疑っている。 映像と音響は殆ど作っておらず自然な演出だが、手持ちカメラの揺れが気になるのと、偶にある挿入曲が合わない感じがした。 また物語の締め括りとして、その後の院内の変化を描いて貰いたかった。 現代社会で心に問題を抱えていない人間は、ごく僅かなのかも知れない。 そのような中で、真心をもって相手に接する事は難しいし、それを強要するのは筋違い。 ならば我々は能動的に芸術に触れていこう。 その先に再生はある。
「ニーゼと光のアトリエ」
のレビュー(270件)