【途中退席厳禁】モデル業界を描いた問題作『ネオン・デーモン』が解き放つ悪夢とは?

2017.01.28
洋画

映画と音楽は人生の主成分

みやしゅん

毎年、年明けには衝撃的な話題作が“必ず”と言っていいほど公開されます。今回ご紹介する『ネオン・デーモン』も、2016年の東京国際映画祭でチケットが即完売…さらに、公開前から様々なメディアに取り上げられていたほどの話題作です。

メイン

(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

それもそのはず…この『ネオン・デーモン』は、ライアン・ゴズリング主演作『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督の最新作!本作は2016年のカンヌ国際映画祭のコンペティション部門にも出品されており、主演には『マレフィセント』で純真なプリンセスを演じたエル・ファニングが抜擢され、劇中では、今まで誰にも魅せたことのない彼女の新たな一面を覗かせています。

では「途中退席厳禁」とはどういうことなのでしょうか…今回は注目の衝撃作『ネオン・デーモン』について、掘り下げていきたいと思います。

その才能にひれ伏し、その才能に嫉妬するー。

田舎暮らしのジェシーは、トップモデルになることを夢見て、ロスへとやって来る。誰もが目を奪われる美しさを武器に、彼女は次々とチャンスを掴んでいく。

女の園とも言える業界でのし上がっていく彼女に、周囲の人々は次第に翻弄されていく。そして、彼女がトップに上りつめた時、悪魔の宴がはじまるー。

いくら努力をしても敵わない才能が目の前にあったら…今、あなたの想像力が"悪夢"を創り出す。

多くは語られない。あなたの想像力が"悪夢"を創り出す。

毎年、東京国際映画祭ではチケットが即完売する作品がいくつかあります。この『ネオン・デーモン』もその1つ…レフン監督の最新作ということもあって、期待値MAXの状態で2016年の東京国際映画祭に登場したのです。しかしながら、想像をはるかに超えた世界観に、映画祭にも関わらず途中退席をされた方も見受けられました

さらに「これは映画ではない」との声も数多く寄せられ、物議を醸し出しています。では、多くの観客が戸惑い、そして、映画の定義をも掻き乱す『ネオン・デーモン』とはどのような作品なのでしょうか?

悪趣味全開の"芸術的な"世界観がジャンルの区分を掻き乱す?

『ネオン・デーモン』は、簡潔にいえば、トップモデルを夢見るジェシーの物語です。モデル業界ということもあって、作品全体の映像・音楽もとにかくハイセンス…まさに芸術的な仕上がりになっています。オープニングからその世界観に惹き込まれるはずです。

そんなハイセンスな作品なのですが、ジャンルの区分をめぐっての議論も絶えません。サスペンスと区分されてはいますが、観ると分かるのですが、ホラーとみることも出来る…しかし、本作は通常のホラー作品とは異なり、霊的なものは一切登場しません。では、なぜホラーにジャンル分けすることが出来るのでしょうか?

「霊的なものが登場しないホラー」と聞けば、勘の鋭い方は気づくと思います…そう、本作では"人間"が恐怖の根源となっているのです。特に、モデル業界は典型的な"女の園"…妬み、憎しみ、様々な感情が渦巻く恐ろしい世界と言えます。

しかし、一番肝心なことはこの映画では「多くは語られない」ということです。本作では台詞はごく僅かなうえに、理解し難いシーンにも当たり前のように説明はありません。そのため、観客は目の前の出来事を想像するしかないのです。

top

(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

その代表的な例が、このオープニングシーン…実はこのシーンが映画のポスターに使用されているのですが、このワンショットから私たちは物語の大枠を想像してしまいます。

全篇を通して、説明がない不可思議なシーンに、私たちは自らの想像力で説明を付け足していくしかありません。そのため『ネオン・デーモン』は私たちの想像力を介して恐怖を引き出し"悪夢"を創り上げていく作品だと言うことが出来ます。想像力を必要以上に掻き立てる“ホラー”という区分にジャンル分けされる理由はここにあるでしょう。

新たな"Cool"の代名詞が映画の定義を掻き乱す―。

"ネオン・サイン"と言うと皆さんはどのような色を思い浮かべるでしょうか?おそらく鮮やかなピンクやイエローなどの色ではないでしょうか?「人工的に創られた色」という表現が適切かは分かりませんが、本作では全篇がその色で埋め尽くされています。

眼がチカチカするだけで、表情の乏しそうな人工色ではありますが、不思議なことに秒単位で表情を変えていきます。時に美しく、ときには残酷に表情を変えていくその色に、そして圧倒的な映像美に、あなたは釘付けになることでしょう。

サブ1

(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

さらに、その映像美を引き立てるのが、独特な映画音楽です。レフン監督の世界観にマッチする映画音楽は、映像美と相まって、ミュージック・ビデオを観ているかのような感覚を与えます。必要最低限な台詞しか存在しない本作において、映像と音楽、そのどちらが主役なのか分からなくなる場面が多々あるほどです。

ここが「これは映画ではない」と言われ、物議を醸し出している要素なのです。しかしながら、言葉は少なくても女優たちの微妙な表情や動きによって、感情の波が見事に表現されています。

映画は総合芸術と言われていますが、この『ネオン・デーモン』は映像と音楽…その黄金比率を指し示す作品であり、ミュージック・ビデオとは一線を画すものだと私は感じています。こういう作品を"Cool"と呼ぶのではないでしょうか?

美しい花には棘がある~計算し尽くされた"悪魔の宴"~

悪趣味全開とは言え『ネオン・デーモン』が"Cool"だと感じる人が多いのはなぜでしょうか。映像や音楽がスタイリッシュであることは言うまでもありませんが、この"悪魔の宴"…実は最初から最後まで綿密な計算がなされているのです

美しい花には棘がある

生まれながらの美人…言わば"ナチュラル・ビューティー"の主人公ジェシーは、思ったことを口にしてしまいます。

「そのままで綺麗なのにー。」

ある日、ジェシーは内に秘めていた心の声を、整形したことを自慢する周囲のモデルにぶつけてしまうのです。16歳の少女に「社会における御法度を理解しろ!」と言っても無理な話でしょう。しかし、彼女の長所であった純真無垢さが仇となり、自らを追い詰めることになります

しかしながら、彼女もヤワではありません。幼いながらも日に日に業界を理解していきます…そして、ランウェイが彼女の全てを変えてしまいます。そう、ジェシーは悪魔に魂を売ってしまうのです。

そう言い切れる理由は、印象的なランウェイのシーンに使われた音楽のタイトルが関係しています。タイトルは"The Demon dance(悪魔の舞)"…まさに、彼女の本性が露わになる瞬間を表現しているのです。

サブ2

(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

このシーンのあと、しばらくして、映画で最も印象的な台詞「I'm dengerous...(私は危険な子)」が登場するのです。この台詞は予告篇でも使用されていますが、劇中で、彼女は、幼い時から母親に「あなたは危険な子だ」と言い聞かされてきたと告白しています。しかし、そう言われた理由や、彼女の過去は一切語られることはありません。

その言葉の真意は分かりませんが、もし、昔から自身で火種を巻いていくような“悪魔”だったのなら…たった16歳で、整形話を得意げに話すモデルたちを見下していたとしたのなら…。自分自身に対する周囲の嫉妬の情が強くなっていくこと…それも想定内だったのではないでしょうか?

では、分かっていたにも関わらず、煽ったのはなぜなのか…『ネオン・デーモン』は、一つ一つの言葉を拾って、考えれば考えるほど、奥が深まっていく作品だと言えるでしょう。

人工と自然。そして、異常を際立たせる平凡。

本作に凡人は存在するのでしょうか?きっと作品をすでに観た方は口を揃えて「ノー」と言うはずです…しかし、たった一人、凡人は存在します。それが、ロスでカメラマンになることを夢見る青年・ディーンです。

幻想的かつ妖艶なオープニングが終わった瞬間に、衝撃的な場面に切り替わるため、彼のことを凡人だと感じる人は非常に少ないと思います。特に、様々な異常事態が発生する本作では、無条件で全てが異常なものとして目に写ります。

しかし、一歩さがって冷静に観ていくと、ディーンの言動はとにかくまともです。観客が唯一安心することのできる存在が彼…しかし、とあることをきっかけに彼はスクリーンから姿を消します。そして、衝撃的な展開が私たちを待ち受けているのです。

本作には、人には言えないけれど、私たちが日常生活の中で一度は抱いたことのある感情が、ストレートに登場します。登場人物たちはそれを過剰に表現しているかもしれませんが、何となく他人事のように思えない部分も多々あります。もしかすると、私たちは全員、凡人ではないのかもしれない…そう考えてしまうほどです。

静が動へと変わる時。

何度も言っていますが、本作は台詞がごく僅かな作品です。これも計算されたものだと考えられます。

さらに、女性同士の会話が大半をしめるため、言葉だけでは本心がわかりにくい…そのため、とても淡々としていて静かな印象があります。しかし、1つ1つの動きや表情を見ると、感情が浮き彫り…一瞬たりとも見逃せないのです。

ですが、劇中には"静"から"動"へと劇的に変わる瞬間があります。ここがこの作品の肝と言っても過言ではないので、具体的には伏せますが、誰もが「ここだ!」と分かる場面が存在するのです。感情がむき出しとなる唯一の瞬間を見ずして、この作品を語ることはできません

サブ3

(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

“I'm dengerous...”

ジェシーが放ったこの言葉…ロスへと出てきたばかりの彼女、そして、悪魔に魂を売った彼女…果たして、どちらが本当のジェシーだったのでしょうか?

新たな悪夢は、13日の金曜日からはじまる―。

レフン監督の作品はどれもそうなのですが、とにかく中毒性が高いものばかりです。今回の『ネオン・デーモン』は、その中でもかなり上位に食い込む中毒作…鑑賞後に映画の余韻が尾をひくようにして、ジワジワとせまってきます。

“Get Her out of Me...”

こんな言葉も劇中に登場しますが、ジェシーの姿や眼差しは鑑賞後も頭に刷り込まれるほどのもの…鑑賞後も、ジェシーが私たちの記憶に絡みつき、頭の中から離れることはないことでしょう

最後に…いくら努力をしても敵わない才能が目の前にあったら…あなたは"禁断の果実"に手を伸ばしますか?

狂気と美しさで満ちた芸術的な問題作『ネオン・デーモン』は、1月13日から絶賛公開中です。新たな悪夢は、13日の金曜日からはじまっています…皆さん、くれぐれもご用心を。

公式ホームページ:http://gaga.ne.jp/neondemon/

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 血まみれ犬
    3.7
    シナリオを読もうとしてはいけない プッシャーを観ればそれは理解できるだろう レフンの中の1人、研ぎ澄まされた、 オンリーゴッドとは別の人格 コルクやコルクスクリュー、ワインそのものでもない、 瓶に映るワインの色を想像させる
  • Kana
    2.9
    「ドライヴを超える衝撃」にまんまと踊らされ、鑑賞。 衝撃的な映画を作るぞ!と意気込んで作られた作品のように思えて、どうにも好きにはなれなかった。 映像・音・女の子たちの可愛さは、とても良い。
  • ?
    3.0
    チカチカとラストシーンで具合が悪くなった。エルファニングの可愛さを愛でるならアリな映画
  • ちひろ
    3.7
    ちやほやされるだけ内面が腐っていくと感じていたけれど、腐っていくと思った内面が素だったりする。意外と簡単に可愛い可愛いと言われるのがどうせ若いからだから、それなら若いうちに精一杯生き急いでやる。と思っている。 エルファニング目当てで観たけれど、モデルとしては綺麗目でスタイル良くて大人っぽい女の子の方が売れそう…それにしても本当に可愛い。可愛い。ずっと見てられる。あと映像とテクノがオシャレ!
  • 水の街
    4.8
    涎垂らすほどに美しく、ものにするほど狂おしい。 ネオン好きのモデル好きの悪魔憑き、貪欲に最前列で鑑賞してしまう単純な頭が、イカれちまった…。
  • ちよめ
    3.8
    奇妙で不気味でぶっとんでる なんといっても映像が素晴らしい 光と色の使い方が美しくてひたすらかっこいい エレクトロな音楽も世界観に合ってた 『ヘルタースケルター』とも『ブラック・スワン』ともまた違う、"美"に対する異常な執着心とそれが生み出す狂気 消化中だけど消化し切ることはできなさそう しばらく引きずる作品だ、、
  • 恵雅樹MowHenry
    3.6
    ●'17 3/11〜24単館公開 (首都圏等: '17 1/13〜公開) 配給: ギャガ ワイド((シネスコ) DOLBY DIGITAL 3/20 15:00〜 メトロ劇場にて観賞 DCP上映 LPCM パンフ未購入 ※映写設定が悪い為、画面上下左右に黒味有り。 耀度設定が悪い為、真っ暗なシーンはざらつきが滲んだようになり、明るいシーンは飛び気味。 骸骨人間(またはノスフェラトゥ)、 全身改造人間(フランケンシュタインの怪物)、死化粧するメイクアップアーティスト(魔法使い)、素性不明の美女が戦うモデル業界の東宝チャンピオンまつり。
  • 小林沙和子SAWACO
    4.5
    衝撃的 麻薬のような映画だった 映画が終わってから家に着くまで、細胞がギュルギュルした 承認欲求、虚栄心、醜い気持ちが正当化されて出すのを厭わなくなり、それがパワーになる。そんな感じ 映像も美しく、音楽効果も心臓が壊れるほどマッチしてた。 言葉が少ない映画だったからか、世界に陶酔していく感覚がなんとも心地よかった
  • Ryuto
    4.3
    表層的。悪い意味で無く。いつも通り人物の描写は最低限。その内容は仮面を被った作り物の美女たちを描いている。 クラブで吊り下げられていたのは、日本的な緊縛というよりベルメールの「人形」。 山猫、ネオン、柔らかい壁など、象徴的なシーンが多い。 あと、曲がとてもかっこいい。
  • mg
    2.8
    2017.03.25@UPLINK
  • 8さん
    3.5
    厳しいファッション業界の、美と官能と裏切りを描いたサスペンススリラー作品。 誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた16歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶える為に、田舎町からロスへとやってくる。 既に一流デザイナーやカメラマンの心をとらえチャンスを掴むジェシーを、ライバル達が異常な嫉妬で引きずりおろそうとする。 やがて、ジェシーの中に眠る激しい野心もまた、永遠の美の為なら悪魔に魂も売り渡すファッション界の邪悪な毒に染まっていくのだが… 『無垢な夢が邪悪な毒に染まる』 正直ドライヴ程のインパクトは無かったと思います(溺愛)。しかし序盤、中盤、終盤にかけてキャラクターの美しさが増していく色彩表現と変態ぶり、そして自我を蝕んでいく妖艶な奇麗さなど目を見張るシーンが沢山ありましたね。 命懸けで挑む夢への挑戦。一流モデルを夢見てやって来た若者は多く、並大抵の努力をもってしても掴む事は困難極まりない。初々しい頃の自分は何処へやらと思わんばかりのあの手この手を駆使して、悪魔の光がストロボや奇抜なカラーリングによって奇麗に放たれる物語。驚愕の展開と静かな気持ちの中にある幻想的でエキセントリックな映像美に魅入ってしまう作品でした。
  • りたお
    4.0
    好き嫌い分かれそう。レフンまだドライブしかみたことないけど、めちゃ「作家性!!!!」て感じだね。癖が強すぎて途中笑いそうになっちゃったw 綺麗な女の子たち2時間も眺められて幸せでした。( ‘▿’ 三 ‘▿’ 三‘▿’ ) でも絶対にエルファニングよりもアビーリーの方がモデルとしてはできてるでしょうよ!!! あんなん観たら鏡みるの辛くなる。
  • さはら
    -
    エルファニングになりたい。 途中から現代美術のインスタレーションみたいになってきて、あれれ?→その後の展開にも多少戸惑ったが、音楽と色は終始かっこよさげ。
  • j
    4.0
    ストーリーを楽しんでもらうというよりも映像美が監督の観てほしいところなのかなあ〜 だけど気味悪い映画でした。
  • KatsukiHirota
    4.7
    好きか嫌いかがハッキリ分かれるのがレフン作品。スプラッターシーンも大丈夫な方はぜひトライですね。クリフ・マルティネスの音楽がかっこいいです。
  • Emily
    5.0
    究極の美の追求。 「真の美しさはガラスのなかのダイヤ」 なるほど〜 グロオシャレ。エルファニングは妖精みたいに可愛い。美への執着を描いた映画大好き。
  • ぴーわた
    3.4
    なかなか狂気に満ちた話。 まぁまぁグロいラストシーンでは結構きます。 全体的に映像の撮り方や、BGMが好みでした! グロ耐性のない人や、エルファニングー、キアヌがでてるーみたいな感じで見た人にはきついんじゃないでしょうか!笑 とにかくエルファニングがとても美しくかわいかったです。
  • habatapan
    4.0
    この映画が面白かったのか面白くなかったのか、好きなのか嫌いなのか、未だによくわからない。 けどDVD出たらもう一度観てしまうだろうな。 とりあえずサントラはあの日から毎日聴いてます
  • aneragas
    -
    途中からなんとなく予想はしていたけれど、ラストの衝撃にもはや笑うしかない。吐き気を催す気持ち悪さと臭気がそこら中に漂っているが、観終わって思い返してみると何故かニヤついてしまう。これこそレフンマジック。彼が生み出す特有の色味が視覚から、音が聴覚から脳を直接刺激して、侵食される感覚。エル・ファニングの七変化感も凄い。ショーの自己陶酔シーンは目が離せない。 この映画を一つのジャンルに括るのはあまりにも難しい。コメディ要素もあり、ホラーっぽさもあり、更にはSF的な匂いもする。監督の理想は、全てが混在するカオスの世界なのだそうで、カオス世界を創る天才かな、と思う。ホドロフスキーと仲が良いっていうのは初めて知りましたが、そう言われてみれば、似たような匂いがする。 美悪女三人組が終わりには宇宙人に見えた。
  • miosium2
    2.0
    やっと観れた。 いや、観なくてよかった。観なくてよかったという感想は、観ないと言えないから、とりあえず観てよかった。 後半に行くにつれて、スクリーンからの光と血飛沫が強すぎて、薄眼で見てました。どうしても、私は受け入れられないタイプのもの…うぅ…
  • eternal
    -
    オカルトすぎん? 笑ってしまった
  • Aya
    3.4
    私はいったい何を見せられているんだろう・・・な2時間! いや、好きか嫌いかで言ったら断然好き!! もうレフン色が炸裂してますよね。 ポスタービジュアルもオープニングも音楽もセットも衣装も役者の身体でさえレフン!て感じでした。 ラメが凄い・・・一瞬レフンて女?と思ってしまった。 エル・ファニング身長が伸びてほんとよかった! 確かに可愛いけど・・・まだ幼くてモデルっぽい顔じゃないよなーと思っていたらまあメイクや服でバケるバケる! 他の女優さん、モデル仲間の二人も顔が説得力あるというか・・・整形の人とかほんと整形してるようにしか見えない(笑) ジェナ・マローンがまた凄いですよね! 思い切った! そこに華を添える男性陣。 変態写真家、好事家のデザイナー、アコギなロリコンフォビアキアヌ・リーヴスに私が好きだったのは最初に写真を撮ってくれた彼。 可愛いじゃない! 良いじゃない! アイツにしときなさいよ! アメリカってロリコンに対してめちゃくちゃ風当たり冷たいですよね。 日本がロリコン多いだけって感じもするけど。 あの山猫?ていうか虎じゃん!どうやって追い払ったのー?! えー?! 追い払えるもんなわけー?! とかほんとえー?!って箇所がめちゃくちゃ多くてほんと楽しかったです。 田舎から出てきた天涯孤独のかわい子ちゃんエル・ファニングがモデルとして業界に慣れてゆき、先輩モデルに嫉妬されて大変なことに・・・ってちゃんとお話もあるし、ラストの展開なんかもう全然ついていけてないしそれ自体どうでもいいんだけど、見やすいと思った。
  • 結城
    3.4
    主演のエル・ファニングがとても美しい。 映像もとても綺麗で、引き込まれました。後半の展開は気持ち悪かった…
  • わに
    3.4
    登場人物たちの心情が全然理解できないっす
  • すえ
    4.0
    私この映画めちゃくちゃ好き 映像美がどんぴしゃやった 白い肌の女の子がうっすいワンピースきたり、血だらけなったり、ラメラメなったりすんねんで どんだけ美しいねんな キアヌがもったいないのと、 途中のマークが意味わからんのと、 突然のゴア表現が、びみょかったね
  • watac.
    3.9
    グリム童話のような教訓があります.
  • Theよこやま
    3.4
    ウロボロスみたかった
  • fumwater
    3.7
    「腐った牛乳より新鮮な肉」 若さと美しさへの嫉妬や羨望と、それを受けて美の自覚を増長させるエル・ファニングの退廃的な変貌に引き込まれる。 耽美主義的な作品。トランスでサイケでエログロな映像も良かった。 あんなフォトジェニックなモデル使いたい
  • YukoToriyama
    3.0
    エルファニングがカワイイ♡
  • ぐっすり
    3.6
    全力で走るモデルは心底怖いということがわかった。
「ネオン・デーモン」
のレビュー(3822件)