女優メラニー・ロランと楽しく学ぶ「より良い社会」へのライフスタイル作り

クエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』、また『グランド・イリュージョン』や『複製された男』などにも出演して活躍中のフランス人女優メラニー・ロラン。監督としてもカンヌ国際映画祭で作品が上映されるなど評価が高く、ファッション誌の表紙も飾る女性たちの憧れの存在です。

そんな彼女が、活動家・ジャーナリストの友人のシリル・ディオンと一緒に、未来を幸せに暮らすためのライフスタイルを求めて世界へと旅に出る姿を描いたドキュメンタリー映画が、12月23日(金・祝)より日本でいよいよ公開されます。

フランスで公開されるや口コミが広がり、観客動員数は100万人を突破、フランスで最も権威のあるセザール賞にも輝いた注目作をご紹介します。

幸せに暮らすためにはどんな「ライフスタイル」を送ったらいいか?

パーマンネントライフを探して1

「未来永劫、今のような暮らしができるのか?」「未来の暮らしは今よりもっと豊かになっているか?」「生まれてくる未来の子供たちは、安心して暮らせる世界になっているか?」 そんなことを問いかけられたとき、「何の問題はない」と即答することはできますでしょうか。

「今のライフスタイルを続ければ人類は滅亡する」という衝撃的な事実を知ったら、あなたならどうしますか?

2012年、イギリスの学術雑誌ネイチャーに上記のような主旨の論文が掲載されました。気候変装による地穀の破壊と人口増加などといった問題が挙げられますが、このような問題が起きないためには、今あるライフスタイルを変えることが求められます

未来の生き方を“楽しく学ぶ”「ロードムービー」?

パーマンネントライフを探して2

その直面された問題に衝撃を受けたメラニー・ロランは、共同監督を務めるシリル・ディオンとともに、未来の子供たちのために何とかしたいと新しいライフスタイルのあり方を探るべく、世界中の新しい暮らしを始めている人々に会いに行きます。

ロランは、ヨーロッパ、アメリカ、そしてインドー世界への旅を終えて、本作を作ることで伝えたいことを以下のように述べています。

「誰だって、大変なことを率先してやりたいとは思わない。でも、きちんと向き合うほかない。そうするしか方法はないの。問題に対処するだけの力を得るためには、できるだけ取っつきやすく、しかも楽しんでできる解決法が必要だと思うわけ。

だからこそ、むしろ楽しみながら問題に取り組んでいるような人たちを紹介してゆこうとしたの。全てを捨てる必要もなければ、人生を変える必要もなく、また農場に孤立して自給自足生活をするような必要もない。

映画の中で示した先駆者たちは皆、私たちの手の届くところにいて、私たちと同じような暮らしの中から未来を生み出しているのよ」

映画では、世界で起こっている様々な試みが現地の人のインタビューともにテンポよく、時に手描きの図解やイラストによって効果的に挿入され、楽しく、そして分かりやすく映し出されます。

また、オリジナル楽曲を提供した、今注目のジャズ・シンガー、フレドリカ・スタールの叙情的なメロディと歌声が何とも心地良い気分にもさせてくれます。

そうしたロランとディオンの巧みな編集によって、今世界中のいくつかで起きている未来に対してのポジティブな行動を楽しく学べるかつてない提案型ドキュメンタリーになっています。

ロランが、旅で出会った自然の美しさが何とも美しく、またそこに生きる人々のひたむきな表情や無邪気な子供の笑顔に胸を打たれます。本作は、女優メラニー・ロランが新しいライフスタイルを変えるべく、世界中を旅するロードムービーを見ているかのような気持ちにもさせるのです。

《今実践されていること》世界の「新しいライフスタイル」とは?

本作の魅力は、未来に対して危機感を抱かせるのではなく、それらの解決に向けて力強く前に進もうとしている具体例を見せている点にあります。

「農業」「エネルギー」「経済」「民主主義」「教育」の5つの分野を5章で構成し、パーマカルチャー、トランジション・タウン、ゼロ・ウェストなど世界中の新しい取り組みを行っているパイオニアたちが続々と登場。各分野のカリスマの日常的な姿や彼らの金言を受け取れることも本作の見どころの一つです。

章の終わりには、ロランとディオンの“トーク”が入り、内容のまとめと新たな疑問が提示され、次の章へと流れる必然性が示されます。

パーマンネントライフを探して3

「農業」「エネルギー」「経済」「民主主義」「教育」、それぞれで起こる問題を切り離して取り扱うことはできず、実は全てにおいてつながっています。「農業」モデルを変えることは、同時に「エネルギー」モデルを変えることであり、それを変えるためにはコストがかかるため、「経済」の分野を考える必要が生まれます。

経済の仕組みについて考えると、社会的格差の問題まで波及し、「民主主義」が正しく機能しているかという政治についても学ばなくてはなりません。さらに正しい民主主義を機能するためには、自由で整った「教育」システムが必要になる、といったように5つのことはどれも、より良い社会にするための行動に密接につながっています。

パーマンネントライフを探して4

英国マンチェスター近郊では、町の真ん中に花壇や公共の土地に自由に食べられる野菜やハーブを植え、みんなでシェアするというもので、インクレディブル・エディブル(みんなの菜園)と呼ばれるものができました。病院や駅前通り、警察の敷地でさえ、街の人が自由に何百種類もの果物の木、豊富な種類の大量の野菜を植え、結果地元の自給率が上がるという成果を上げています。楽しく会話できる場所作りという点があるからこそ、街の人はこれに賛同し、このやり方は数十カ国と数百の町にも波及しました。見知らぬ人同士が野菜について会話して楽しんでいる姿が素敵です。

機械や石油を一切使わないパーマカルチャーを行い、フランスでオーガニックの農場として最も成功しているル・ベック・エルアンの試みは、地域コミュニティの合理性をも説いています。

また、トランジション・ネットワークの創始者ロブ・ホプキンスは、彼が暮らす町トットネス独自の通貨(地域通貨)を作り、無利子で貸し出しを行い特定の地域内のビジネスを促進するために積極的にお金が使われ、地域コミュニティを創出する価値を作り出しました。デビッド・ボウイの紙幣などもあったりして、地域の人が楽しみながら作り上げた仕組みになっています。経済がこう回っていくのかと勉強になります。

さらに、小学校に統一テストはないが、学力は世界トップレベルと言われるフィンランドの教育の実例も紹介され、教育関係に携わっている方にも興味深い内容になっています。

パーマンネントライフを探して5

本作で紹介される持続可能な社会を作るための解決策は、きっとこれからの社会のスタンダードになり得ることであるし、地球を救おうという大きなことでなく、私たち一人一人が身近な所から何ができるのかということを示唆してくれるものでしょう。

カリスマから、ごく普通の市井の人々まで、世界を変えようと楽しみながら実践している人がこんなにもいるのだということに喜びと驚きと胸を揺さぶる2時間です。

こだわりのライフスタイルとは?身近な場所での「行動」を起こすこと

大きなことを変えるためには、身近でできる小さな行動から始めること。

社会をより良いものにするために、身近なことから、自分のライフスタイルをどう変えていくべきかを考え、そして行動させるきっかけを与えてくる本作。面白くて楽しいちょっとした行動が、私たちの生活をガラッと変え、新しい未来を創り出します。様々な気づきを与えてくれる本作を観て、今後の自分の生き方について見つめてみてはいかがでしょうか。

映画『TOMORROW パーマンネントライフを探して』は、12月23日(金・祝)より 渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開!

パーマンネントライフを探してジャケット

■『TOMORROW パーマンネントライフを探して』公式サイト
http://www.cetera.co.jp/tomorrow/[リンク
配給:セテラ・インターナショナル

(C)MOVEMOVIE – FRANCE 2 CINÉMA – MELY PRODUCTIONS

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • たろたろ
    3.9
    色々な国の環境問題や国家のシステムを追ったドキュメンタリー風の映画。 メラニーロランに釣られてみただけだけど、とってもよかった。 SDGsを体現している映画。欧米の環境問題に対する真摯な姿勢がよくわかる。すごく合理的に良く考えてる。日本も一先進国として見習って欲しいなあ。 ていうか、こんなオシャレで綺麗なドキュメンタリー映画見たことないわ。 流石おフランス。
  • kit
    3.8
    農業、エネルギー、経済、民主主義、教育の5つに章立てて今とこれからのライフスタイルを考えていくドキュメンタリー。 メラニーロラン姐さんと共に旅に出たスタンスで見るととっても楽しい🏃‍♂️ 地域で一団となって余った小さなスペースを活用して農作物を育てるとか、とても魅力的に感じました。まあこうなってくると自然環境やライフスタイルうんぬんとかよりまず地域コミュニティとの親密さが重要になってきますね😅 ただこれを見て植物を育てたくなりました!なんか緑に囲まれる生活憧れます! 北欧では環境のことを考えて自転車や公共交通機関を利用する人が多いみたいですね。 サイクリングは全く苦じゃないので環境のためにも自転車通学とかしたいんですけど電車に自転車乗せれない場合が多いからなあ。 緑も好きだしサイクリングも好き! やっぱりライフスタイルを変えるにしても、趣味から結びつけたりして環境にも自分にも優しくするのがベストですね👍 世界のため地球のため、そして将来を担う子供たちのためライフスタイルを見直し変えていこうとする人たち。 今日でなくても明日こそは変わることを願って、着実に行動していく彼らに勇気を貰える作品でした! 経済と民主主義のパートが難しかったのでまた見たいです。
  • ハス
    4.5
    世界中で地球のために、地域のために活動してる人達を見てやる気がでたっ 新しい物語を描くにはまだ遅くない って思ってる私も 行動せよ!自分!
  • ゆき
    3.8
    するしかない、周りを見ろ、 ライオンのように、必要な時に必要な分だけ。 地域通貨という発想を初めて知った。 不自由のなさに慣れている鈍感さを痛感する。そして、当たり前に好きな仕事をさせてもらっているありがたみにも。 教育の考え方が印象的だった。 どこかが秀でる分、誰かが我慢してるのかもしれないけど、納得できる環境なんだろう。 世界中がフラットに同じ環境を作るのは難しいからこそ、自分で考えて身近な変化から起こしていきたいと強く学ばせてくれる作品でした。 ××× 「今のライフスタイルを続ければ人類は滅亡する」という科学者たちの予測を基に、 新たなライフスタイルを探すドキュメンタリー。
  • 山前暁
    5
    塚田万理奈監督の『空(カラ)の味』(2016)を観ていて。すごく良いテーマだなと感動すると同時に、登場人物たちがお互いのテリトリー、パースペクティヴ/視点から一歩も踏み出すことがないまま話が終わってしまったし、かなり残酷なシーンもあった。「あなたも無事でいてね」。そんな優しくて絶望的なヒトとヒトとの距離。同世代だし、これから事あるごとに想い出すかもしれない、この映画のことを。 なんて相変わらず、失礼でしかない。 でも女性って本当にすごい: 地球環境問題、対人関係環境問題(笑)について考えてくれる(🙇🏼‍♂️)、女性×男性と女性×女性についても(知り合いの多さ(?))実践者だし(🙇🏿‍♂️)、僕は最近ずっと考えているんです、「妻」とか「嫁」とか「家内」とか「奥さん」とかぜーんぶ 男社会の日本が生み出した言葉なんじゃないの?って。この中からどの呼び方がいいかな?って考えて、じゃあ「妻」かな!って思っても、「人妻」って最悪な熟語があるでしょ💧もうぅなんか、「人(の)妻」って女性が誰かの所有物になってるみたいで、最悪なんです。もうさぁ、「パートナー」って呼び合う関係性が正解なんじゃないの?!なんて自分も負けじと頑張って考えてみました(🙇🏻‍♂️)。 とにかくね、社会・文化・伝統・慣習から「何か」をきっかけにそれらを破壊する存在が、「女性」という存在なのではないか❓という。その「何か」とは、例えば「愛」とかね。 やっぱり相変わらずの、失礼者で。 社会が 女性のモノじゃないのならば、女性は常に越境する者として そこに存在(いる)んです。なんて、んなことあるかい!まー当たってんじゃない?色んな意見聴きたいなあ。自分のこととしても考えているので。更に自分(男性)に引き寄せて考えてみると、自分は割と、反社会的な存在(!)なので、…女性…な…のかな…ぁ、と考えたりします。日本社会 ≒ 男性社会から「ドロップ・アウト」してきているので。 だから逆もまた然り。 この国においては、だよ、 社会に出て稼いでくるのが「the 男性」で、自分自身を生きて身の回りを素敵にするのが「the 女性」なのかな、って。 そういうところも少しずつ変わっていけば良いなと思う。 ゆっくりと変わっていけば良いな、と言うと Cyril Dion, Mélanie Laurentの『Tomorrow』(2015)です。 > > > > https://variety.com/2017/film/reviews/tomorrow-review-demain-1202392425/ (DeepL翻訳↓以下🥳🧐) Jessica Kiang April 21, 2017 5:28pm 1年で何が変わるのか 2015年後半、グローバル化した世界が直面している複雑で、相互に関連した、そして潜在的に終末的な問題を描いた、メラニー・ロランとシリル・ディオンの爽やかで逆説的に明るいドキュメンタリーがフランスで公開されました。教育的で、大陸を飛び回るような調査は驚きのヒットを記録し、100万人以上の観客を集め、2016年セザール賞最優秀ドキュメンタリー賞を受賞し、その実用的で刺激的で、シンク-グローバル-アクト-ローカルな解決策を実践することにコミットする市民の集まりの運動の焦点となっています。 約16ヶ月間、非常に分裂的で論争の多いアメリカの選挙が行われたが、その2日後にはアメリカでも公開され、その2日前には、世界のリーダーたちの中で唯一、ドナルド・トランプ氏のアメリカでの勝利を祝った極右の大統領候補を擁するフランスが投票に行くことになっている。この映画が現在に流れ込む政治的な状況は、激変的に緊急性の高い問題であるにもかかわらず、優先順位を下げているように見えてしまう。 この映画は、ロランとディオンがネイチャー誌で、現在の人口増加、資源消費、環境破壊のペースでは、今世紀末までに人類は絶滅レベルの危機に瀕している可能性があるという科学的研究に出会ったことがきっかけで制作されました。しかしながら、その考えは確かに胸を打つものではある一方、2100年というのは、来週の終わりに間に合うのかどうか疑問に思っている人には、とても贅沢な考えだと思います。 当初、『Tomorrow』は、意図的ではあるが効果的ではない映画ではないかという疑念を払拭することはほとんどできない。 アメリカの観客のために吹き替えられたばかりのローランの魅力的なアクセントの英語は、彼女と彼女の有名な映画監督の友人たちが、レストランでフレンチに熱く語り合う姿を映しながら、「活動家でもグリーンフリークでもなかったが、何かをしなければならないと感じていた」と語っている。ビーチや空港のコンコース、泥沼の原っぱなどを行進するアビーロード風の映像に合わせて、ツイー〔いやにすました〕なライフスタイル・ポップスが流れています。 It’s all a bit〔ちょっと話が出来すぎ、又は、まったく些細なんだけど〕"世界を救いながらインスタ映えする方法"なのだ。 しかし、Snapchatのフィルターや手描きのフォントを使って、本格的なヒップスター主義から遠ざかっているように感じることもある映画作りのかわいらしさを克服しているのは、監督たちの真摯な姿勢 (ロランは、彼女の過去の物語監督作品である『The Adopted』、特に2014年の優れた『Breathe』にも、純粋さの素敵な品質をもたらしています) なのかもしれません。あるいは、冒頭の農業とエネルギーについての章でやや期待された後に、この映画がその役割を拡大していく様子が、鋭くて驚くほど有益なものである。『Tomorrow』が知的で地理的な飛躍を遂げ、マクロ経済、政治、社会的要因を明るい目で見て、親しみやすい軌道に引き込むようになったとき、それはシニシズムが称賛に変わり、称賛がインスピレーションに変わるときである。 後半の3つの章 ー経済、民主主義、教育ー は、まさに『Tomorrow』が飛び立つ場所である。 専門家の巧みな話術と、企業、地域社会、プロジェクトのストーリーを織り交ぜながら、目の前の問題に対する潜在的な解決策を説明し、草の根の活動と市民参加の希望に満ちた描写を展開していく。その好奇心は、トマトの下にバジルを栽培して都会の農場のスペースを節約する方法など、非常に微細で具体的なものから、「お金はどこから来るのか」というような極めて一般的で基本的なものまで、多岐にわたります。 (答えはあなたを驚かせるかもしれません!) どんな問題も大きすぎるものではありません。 牛を神聖視しようっていうのでもない(例えば、工業農業の生産性の高さは嘘だと暴露されている)。 そして、ロランとディオンが消化しやすい概念に分解する方法を見つけるには、因果関係が複雑すぎることはない。 マイケル・ムーア監督の『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』を、より明るく、より悪口の少ないバージョンにしたように、解決策に焦点を当てたこのドキュメンタリーでは、フィンランドの公立学校のモデル校、サンフランシスコの都市全体での堆肥化プロジェクト、独自の貨幣を印刷するイギリスの町、地元の民主主義的なプロセスが不正なカースト制度に反対する連帯につながったインドの村、株主に支払うのではなく利益を再投資するリールの封筒工場、コペンハーゲンの自転車計画、アイスランドの政治的断絶への先駆的な対応などが取り上げられている。これらの物語に共通点があるとすれば、一般的な「できる」という態度を除けば、それぞれの物語には、国の政府から小さなコミュニティや自治体への権力と富の移譲、そして多国籍企業、銀行、産業界から地元企業への権力と富の移譲が表れているということである。 この種の擁護映画はいつものように、改心した人たちにしか説教しない危険性がある。 だからこそ、この映画の制作者たちのアプローチはとてもスマートなのかもしれません。『Tomorrow』は、この世界が終わりを迎えようとしていることを私たちに納得させようとしている時間を少しも無駄にしていません。それを既知の事実として受け止め、それを阻止するために小さくても評価できる方法で戦っている人々にスポットを当てている。 ほとんど無意識のうちに、この作品は、どのようにして人類が生き残るべきかということだけではなく、人類が生き残るべきであるかなり良い理由を体現しています。だってこんな人たちが出てくるのだ、普通の人たちですよ。かつてはこういう場でとても理想化されていたような。ってことは2017年以降の明日は、ちっとも暗くないのでは。(以上↑DeepL翻訳🤓🙏) アメリカ映画ではないけれど、オプティミスティック/楽観的でいて 映画のマジックに満ち溢れ それぞれの分野の「マスター」たちとの「対話」 = 話を聴いて、音楽と映像で、こちらの気持ちを伝えること を何度も何度も繰り返して魅せる。 きっと誰もが "無意識にやっている" 最も優れた表現活動を、やっと 誰かが 映画にした。今回はMélanie Laurent, Cyril Dionだっただけの話。 という前提を踏まえて、彼女らが素晴らしかったのは、気持ちを伝える時に、音楽、映像、The Beatlesの『Abbey Road』(1969)を完璧に使いこなした事だ。それぞれのアートフォームを効果的に使いこなす。彼女らもまた「マスター」なのだ。 過去の技術を現代的な解釈によって使い直すこと。 結局言いたいことはそれなのだが、そこが自分にとってはとてもフレッシュなアイデアだった。 そして 始めに「アイデア」は人間が何かをはじめる際に共有していくもので、「アイデア」は言葉になったり、手紙になったり、音楽になったり、映画になったり、している。 我々は「アイデア」をキャッチボールしている。 でも 終末時計* によると人類滅亡まで残り100秒だという。 * 日本への原子爆弾投下から2年後、冷戦時代初期の1947年にアメリカの科学誌『原子力科学者会報』(Bulletin of the Atomic Scientists) の表紙絵として誕生した。(Wikipedia) 世界人類の滅亡の時に訪れるのは、ゴジラかもしれないし、Thanosのスナップかもしれないし、The Night Kingかもしれない。どれも勘弁だ。だけれど実際はそんな事は起こらない。 「問題は行動に移さない人間だ。 何かを失ったり奪われると考えてしまう」 ーーRob Hopkins, Transition Network, Totnes, U.K. ここで一句。ピントずれ 行動のヒント 失う ここまで書き尽くしてやっぱり大事なのは行動なのだと感じる。think-global-act-local なのだ。行動。行動。行動。時にはideasも共有しないといけない。知の共有…ん?…ですよ…ん?すみません……?? 🕛 🐾 え? ☄️ 遂に… 🌪 スィ…スィンク-グローバル…アクト うわぁぁ💨💨 🌫🌫🌫 ゴジラだ!!!! Thanosだ!!!! The Night Kingだ!!!! うわー!!!
TOMORROW パーマネントライフを探して
のレビュー(699件)