映画初日満足度ランキング(1月第1週)発表!《Filmarks調べ》

満足度ランキング

毎週多くの映画が劇場公開されます。観たい作品はたくさんあるけれど、評判も気になるところ。

今回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年1月第1週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表。第1位になった注目映画とは? 今週もユーザー満足度の高い映画をチェックしましょう。

映画初日満足度ランキング(1月第1週上映スタート作品)

※2017年1月10日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画として登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出。

■1位:『人生フルーツ​​』の評価・レビュー

人生フルーツ

(C)Jill Furmanovksy

自然と向き合い、パートナーと向き合い、仕事と向き合い、死と向き合うこと。向き合う時間の長さが、人生を熟させるのだ、きっと。勉強になります(30代・男性)
・目をみはるような美しい建築が出てくるわけではないけど、言葉にされない優しさや温かさの粒子に満ちていた(30代・男性)
・上映後、自然と拍手が沸き起こった。見知らぬ人たちが突然みんな家族になってしまったようだった(30代・女性)

▼その他のレビューはこちら

■2位:『傷物語III 冷血篇』の評価・レビュー

傷物語Ⅲ 冷血篇

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

アニメ映画が特に注目された昨年でしたが、その勢いを更に感じさせてくれるような今年のアニメ映画に対して更に希望を感じさせてくれるそんな映画でした(30代・男性)
3部作の中で1番よかったと思います。キスショットの凛々しさ、羽川の優しさ本当によかった(20代・男性)
ル・コルビジェの国立西洋美術館や丹下健三の山梨文化会館などのモダニズム建築が使われており、背景を楽しみながら鑑賞できた!(20代・男性)

▼その他のレビューはこちら

■3位:『人魚姫』の評価・レビュー

人魚

(C)2016 The Star Overseas Limited

ベタベタな笑いを素晴らしいテンポと勢いで新品再生していくこの人の手法は、いつだって懐かしさと新鮮味を同時に与えてくるなあと思うのです(30代・男性)
いつものテンポ良い笑いも魅力ですが、今作は人魚役のリン・ユン(ジェリー・リン)のかわいさが最大の魅力でしょう。
とにかくかわいいです(20代・男性)
ヒロインはオーディションで12万人の中から選ばれたリン・ユン!可愛いだけじゃなくあそこまで体当たりの演技をしてるとは勿論知らなかったので凄い女優さんだなぁと(20代・女性)

▼その他のレビューはこちら

■4位:『ダーティ・グランパ

ダーティ・グランパ

(C)2016 DG LICENSING, LLC

■5位:『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

ナーヴ

(C)2016 LIONSGATE ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

特集記事はこちら>>

■6位:『僕らのごはんは明日で待ってる

ぼくごは

(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会

特集記事はこちら>>​

■7位:『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

アイヒマン

(C)2015 zero one film / TERZ Film

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が30件以上の作品を掲載しております。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2017年1月11日時点のものです。

ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarks

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。今回の初日満足度ランキングとあわせて、今後の映画鑑賞の映画選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • よしだ
    5
    劇映画でもドキュメンタリー映画でも、人間対人間の関係を超越した、言葉では到底表すことのできない世界がスクリーンに映し出された時、魂がブルッと震えて涙が溢れる。ドキュメンタリー映画でこの感覚は久しぶりだった。 日常を拡張させて、尚且つ生活に実直な姿に何重にも重ねた言葉と詩があった。歳を重ねることをマイナスに捉えてしまう現代だけれど、ある建築家が言った「長生きすればするほど、人生は美しくなる」まさに2人の人生の晩年はとても美しく見えた。年季の入ったのは食器や平屋だけじゃない、皺や2人の関係にまで刻々と時間が刻まれていた。自分の身体を労り相手を思いやる気持ち、そして自然と共に生きているという事、心の隙間をうまくコントロールして生きていくことを必要としている現代に大きなヒントを与えてくれる豊かすぎる映画だ。どこで過ごしてどこで終えるか、僕の命題だ。
  • はるきゃん
    4.8
    すごく泣いた。 本当に豊かな生活、豊かな心というのはこの2人のような暮らしだと思う。 何が大切で何が自分の中で価値のあるものなのか。 揺るがない芯を持って生きる2人はキラキラしてた。 私もそうなりたい。
  • rino
    5
    こつこつ。 自分だけでできることをみつけてこつこつやればなにかがみえてくる。 お金ではなく、後の世代に残せるもの。 近代建築の三大巨匠のひとり、フランスの建築家ル・コルビュジエの名言、「家は、生活の宝箱でなくてはならない」がすき。 品が良くて、センスも良くて、でも誰かにみられるためでなく、芯をもってじぶんたちのいいと思うものを貫く強さがある、最高の夫婦。 旦那さんが亡くなられたあとも、「お父さんこれ好きだから」と今までと変わらない毎日を過ごしていく奥さん。 ときをためる暮らし。素敵。 個々の庭で里山を作れば、森の中に住宅街が生まれる。 植林するのではなく、1本の木を何十年も育てること。建築にも興味が湧いた。
  • Kazu
    4.5
    もうずいぶん前に見た作品ですが… 夫婦愛に満ち溢れた作品だったと記憶しています。 夫は東大出の建築家、妻は夫を見守り寄り添う古き良き時代の夫婦像です。 なかなか真似する事はできないなぁ〜 お二方ともとても品よくチャーミングなんですよね^_^ お孫さんをこよなく愛し、極め付けはシルバニアファミリーのお家を手作り🏠 いいなぁ〜 この作品の後、ご主人がお亡くなりになって樹木希林さんと奥様とのトーク番組も凄く良かったのを覚えています。 幸せな気持ちになるドキュメンタリー映画でした。
  • SENA
    -
    シアターキノ、どうして毎月この作品を上映するのか、観て理由がよくわかった。自分の人生も、年を重ねるごとにいいものになれたらいいな。
人生フルーツ
のレビュー(6510件)