映画初日満足度ランキング(1月第1週)発表!《Filmarks調べ》

満足度ランキング

毎週多くの映画が劇場公開されます。観たい作品はたくさんあるけれど、評判も気になるところ。

今回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年1月第1週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表。第1位になった注目映画とは? 今週もユーザー満足度の高い映画をチェックしましょう。

映画初日満足度ランキング(1月第1週上映スタート作品)

※2017年1月10日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画として登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出。

■1位:『人生フルーツ​​』の評価・レビュー

人生フルーツ

(C)Jill Furmanovksy

自然と向き合い、パートナーと向き合い、仕事と向き合い、死と向き合うこと。向き合う時間の長さが、人生を熟させるのだ、きっと。勉強になります(30代・男性)
・目をみはるような美しい建築が出てくるわけではないけど、言葉にされない優しさや温かさの粒子に満ちていた(30代・男性)
・上映後、自然と拍手が沸き起こった。見知らぬ人たちが突然みんな家族になってしまったようだった(30代・女性)

▼その他のレビューはこちら

■2位:『傷物語III 冷血篇』の評価・レビュー

傷物語Ⅲ 冷血篇

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

アニメ映画が特に注目された昨年でしたが、その勢いを更に感じさせてくれるような今年のアニメ映画に対して更に希望を感じさせてくれるそんな映画でした(30代・男性)
3部作の中で1番よかったと思います。キスショットの凛々しさ、羽川の優しさ本当によかった(20代・男性)
ル・コルビジェの国立西洋美術館や丹下健三の山梨文化会館などのモダニズム建築が使われており、背景を楽しみながら鑑賞できた!(20代・男性)

▼その他のレビューはこちら

■3位:『人魚姫』の評価・レビュー

人魚

(C)2016 The Star Overseas Limited

ベタベタな笑いを素晴らしいテンポと勢いで新品再生していくこの人の手法は、いつだって懐かしさと新鮮味を同時に与えてくるなあと思うのです(30代・男性)
いつものテンポ良い笑いも魅力ですが、今作は人魚役のリン・ユン(ジェリー・リン)のかわいさが最大の魅力でしょう。
とにかくかわいいです(20代・男性)
ヒロインはオーディションで12万人の中から選ばれたリン・ユン!可愛いだけじゃなくあそこまで体当たりの演技をしてるとは勿論知らなかったので凄い女優さんだなぁと(20代・女性)

▼その他のレビューはこちら

■4位:『ダーティ・グランパ

ダーティ・グランパ

(C)2016 DG LICENSING, LLC

■5位:『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

ナーヴ

(C)2016 LIONSGATE ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

特集記事はこちら>>

■6位:『僕らのごはんは明日で待ってる

ぼくごは

(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会

特集記事はこちら>>​

■7位:『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

アイヒマン

(C)2015 zero one film / TERZ Film

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が30件以上の作品を掲載しております。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2017年1月11日時点のものです。

ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarks

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。今回の初日満足度ランキングとあわせて、今後の映画鑑賞の映画選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • もも
    4.1
    素敵な生きた方だなぁと思いました。
  • ポンヌフ
    4.3
    緊急事態宣言で殆どの映画館が休館中だからこそ、出会えた映画館。ポレポレ東中野。 マスクをしたまま泣き続け、少し息苦しさを感じ ましたが、観てよかった。とても良かったです。 私の両親も田舎で畑をやって、半分自給自足のような生活をしていますが、この映画のご夫婦は、生活自体にとても品があって、着る物、食器、家の中、自分たちで作った庭、森。 とても素敵でした。 庭で取れたものや作った料理を孫のためにせっせと段ボールに詰めて送るとき、きっと40、50になった頃に美味しく感じると言っていました。ずっと小さい時から食べている味だから。 確かに、40を過ぎてから私も食がだいぶ変わってきたように思います。 若い時はあまり美味しいと思えなかった、豆腐や辛味大根、茄子や季節の野菜のシンプルな味のもの。美味しくなってきました。 花や植物も好きになってきました。 緊急事態で飲みに行けなくなってから、家で美味しく食べれるようにと料理のレパートリーも増え、家族にも好評の日がだいぶ増えてきました。 ご主人が生きたい生き方を尊重し、ご主人が好きな物を毎日作り、清潔な服を着せてあげ、寄り添いながら生きていく。見習わなくてはと思いました。 空にたくさんの旗がはためいて、私が行くまで待っていてくださいねと言い、毎日当たり前のようにご主人のご飯をお供えする。 ご主人の教え通り、 自分でできることは自分でする。 何かが見えてくるから。 そしてまた、葉っぱを集めて次の世代のために栄養豊かな土を作る。 本当に素敵なご夫婦でした。
  • 排路
    -
    素敵なドキュメンタリーだった、朝からいい時間を過ごせておだやかな1日になりそう
  • DJLastChristmas
    4
    建築を志す者として観ておかなければならないと思いサービスデーのポレポレ東中野へ。 レーモンドに師事した建築家・津端修一さんとその妻英子さんを描いたとても丁寧なドキュメンタリー。修一さんは90歳。思考、スケッチやイラスト、文字、思想、生活の隅々に至るまで明晰。 プラスチックのシルバニアファミリーが欲しいという孫に対してそれを軽く超える木工模型を孫にプレゼントしたくだりは建築家にしかできない職能を感じてこちらまで嬉しく、感激して涙でそうになりました。 建築家はなんでも自分で一からやりたがる人がすごく多いです。そうすることでしか見えてこない世界が確かにあるので、失敗恐れず自分の手で確かめながら何事にも向き合うことは大切。 買ってから気づきましたがパンフに藤森照信さんが寄稿されてる。 とても良い映画でした。 私も毎日こつこつがんばります。
  • MaoKodera
    5
    病気をして、人間らしい生き方とは…長生きとは…家族とは…豊さとは…と考えるようになったこのタイミングで見れて良かった。 歳をとることを素敵に思えたのは初めてかも。 私もこんな風に大切な人と穏やかに長生きして、好きな家で草むしりしてお昼寝の途中で死にたい。。
人生フルーツ
のレビュー(6972件)