物事が上手くいかない時に!心を浄化してくれる6本の「ファンタジーテイスト」な映画

人生とは時にうまくいかないもので、時に心が蝕まれ余裕が全くなくなってしまう時があります。そんな時に、映画が少しでも心を浄化してくれるのであれば映画に2時間身を委ねてみるのはいかがでしょうか?是非チェックして頂きたい6本の映画を紹介します!

1.『ビッグフィッシュ』

ビッグフィッシュ

ホラ話が得意だった父親の真実を知りたい息子が本当の父親を知ろうとするストーリーですが、最後まで見て頂くとわかるように愛情溢れたファンタジーテイスト満載の感動物語になっています。

詳しく魅力を説明してしまうことが罪なのでは無いかと思う程。愛と勇気を持って若き日を全力で生きた父親の姿を少しずつ知っていく息子。父親は言葉で多くを語らずとも、息子は父親の思いや真実を知るラストには涙が止まりません。

『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督が意地悪さをほぼ封印しつつも彼の世界観全開で描いた父と子、父と母の物語はせかせかしている心を落ち着かせてくれることでしょう。

2.『魔法にかけられて』

魔法にかけられて

ディズニーアニメのプリンセスが突如実写の世界へ迷い込んでしまい、大騒動を巻き起こすディズニー自虐コメディです。ディズニープリンセスがそのまんま実写に出てきてしまったような主人公・ジゼルがぶっ飛んでいながらも、チャーミングで私たちの心に魔法をかけてくれます。

せかせかしている時はジゼル中心に見るよりも、ジゼルを居候(一応)させるロバートの内面を探ると温かい気持ちになれると思います。ロバートは典型的な子供心を忘れた大人で、笑顔は多く見せず、合理的にしか物事を考えられない男。

しかし、ジゼルに文字通り「魔法にかけられて」しまったのでしょう。クライマックス、キャリー・アンダーウッドの"Ever Ever After"の曲に乗せて踊る彼のように、あなたも「魔法にかけられて」みてはいかがでしょうか。

3.『ルビー・スパークス』

ルビー・スパークス

若手作家カルヴィンが書いた小説のヒロイン・ルビー・スパークスが現実世界に登場して、小説の通りに次々と行動していくファンタジーテイストな物語です。

現実に起こりえない設定はファンタジーテイストゆえ。せっかく目の前に理想の女性ルビー・スパークスが現れたのに、不器用な作家のカルヴィンは愛ゆえに彼女との距離感に苦慮します。

何でもできてしまうのに何もできない。そのもどかしさが心を打ち切なさに支配されますが、その切なさや映画の持つ魅力が私たちの凝り固まってしまった心をほぐしてくれます。

4.『ショコラ』

ショコラ

絵本に出てきそうなフランスの小さな村の物語。ジョニー・デップが表紙にいますが主人公ではなくおいしい脇役といったところ。

カトリックの厳格な街にオープンしたチョコレート屋さんを巡る騒動の物語がユーモラスにファンタジーテイストに描かれます。「むかーし、むかーし、あるところに」のように始まり、「おしまい」のように終わるファンタジーテイストのおとぎ話。

実写なのに可愛い世界観と厳格なカトリック神父の最後の姿にほんわかさせられ、子供の頃寝る前に絵本を読んでもらっていた、あの頃のような童心を取り戻すことができます。

5.『シンデレラ』

シンデレラ

6月13日現在も大ヒット中のディズニーアニメ『シンデレラ』の純粋実写化『シンデレラ』。昨年公開された『マレフィセント』のように「新たなる解釈」などはしていません。純粋にあのまま『シンデレラ』を実写化しています。

しかしこの2015年という時代に『シンデレラ』が存在する意義を十分に感じることができる感動的な映画に仕上がっています。「大切なのは勇気と優しさ」とこの映画は繰り返し繰り返し唱えます

その言葉は私たちの心を文字通り「勇気と優しさ」で満たしてくれて、映画という魔法にかけられて劇場を出てから新たなる一歩を踏みだそうと思える軽やかな心持ちにしてくれるのです。

6.『千と千尋の神隠し』

千と千尋の神隠し

最後の1本は『千と千尋の神隠し』を推しましょう。日本で最もヒットしたこの『千と千尋の神隠し』もまた心を浄化してくれる魔法の映画だと思います。

前半から中盤にかけては一騒動、二騒動、三騒動と湯屋で度々事件が置きますが、水上を走る電車のシーンで訪れる静寂に「はっ」とさせられます。千尋を応援し、千尋に共感し、クライマックスを迎えた時、私たちは千尋と同じく「今まで見ていたものは夢だったのか?」と突き放されます。

しかしその突き放しは「さあ、ここからは現実の世界で頑張るんだよ。」と宮崎駿監督が背中を押してくれてるようにも思えます。映画が終わって私たちを待っているのはいつも現実。その現実を映画によって「よし、がんばろう!」と思える。それはこの日本を代表する映画『千と千尋の神隠し』の真の魅力なのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか?物事が上手くいかない時、ゆとりがなくて自分を見失ってしまっていると感じた時には、映画を見ながら一息ついてみるのもいいですよ!

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • yf
    3.4
    水仙のプロポーズシーンが好き 最後のホラ話もすごい素敵
  • saki
    4.4
    ティムバートンらしい世界観でとっても綺麗な映画だった。大切なことに気づく主人公、最後のシーンは感動でしかない。
  • きたの子
    -
    記録
  • いなよしたけひろ
    3.5
    不思議であり、とても優しい話。 真実を伝えることが大事とは限らない。時にはホラが人を幸せにする。
  • rkasai
    3.8
    不思議な話だったけど、最後はいい話、感動の話だった。ティムバートンの世界観がすごい。 お父さんが息子に自分の話をするときに、こんなに脚色して話せるか。自分は話を守るのが得意じゃないから、この辺練習しないとな。 でもとにもかくにも、お父さんの生きた証がすばらしい。こんなに関わった人たちに見送ってもらえる人生はいい人生ですね。
ビッグ・フィッシュ
のレビュー(61432件)